名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三原邦彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三原邦彦のプロフィール

三原邦彦、みはら・くにひこ。日本の経営者。東京出身。「ビー・スタイル」社長。芝浦工業大学工学部機械工学科卒後、「インテリジェンス」に入社。エンジニア派遣事業部執行役員、子会社「ECサーブテクノロジー」社長などを経て「ビー・スタイル」を設立。

三原邦彦の名言 一覧

厳しい状況を一緒に乗り切ってもらうには、「未来」を見せないとダメ。


僕らのようなベンチャーは立ち上げの時こそ、優秀な人材が必要です。でも、立ち上げたばかりの会社が求人を出しても、なかなか応募してもらえない。だから直接、自分で口説きに行きました。やろうとしている事業が、どれだけ魅力的なことかをまず伝える。そして入社を決断してもらううえで、もう1つ大事なのは、計画が絵に描いた餅ではないことを説明することです。


リーマンショックで危機に瀕したとき、成長が期待できる新規事業を立ち上げるなどして、「この状況は何年も続かせないし、絶対に社員を辞めさせない」というメッセージを社員に伝えました。おかげでほとんどの社員が残ってくれたし、業績も急速に回復しました。


私は会社を立ち上げた時から、いい時も悪い時も毎月、会社の懐事情を説明してきました。そしてオフィス家賃の値下げ交渉をするなど、販管費を下げる取り組みの経過と結果も見せてきた。それが、社員が厳しい状況を受け入れてくれる土壌になっていたと思います。


はじめに企業の人事部門に営業したのですが、前例のない提案だったので上手くいきませんでした。一番、決定権の強い人、つまり経営者へのアピールです。そこでまず、東証1部上場企業の社長全員に「私たちの話を聞いてください」と手紙を出しました。私たちのサービスが珍しかったこと、直接手紙を出す理由を正直に書いたことが効いたのか、思った以上に多くの会社で好意的に受け止めていただけました。


昭和20年代の発売当初、日本人はコカ・コーラを「醤油みたいな色で薬臭い」と嫌いました。その時、営業担当者は「味はうまい」ということをわかってもらうために、とにかく人が飲んでいるシーンを見せてPRしたそうです。「隣の人が飲んでいるなら、うまいのだろう」と心理のハードルを下げさせたのですね。うちもそれを利用しました。まずA社で実績を挙げたら、それを取材して事例を作り、それを持ってB社、C社へ営業する。そうして何十社も続け、広げていったんです。


雇用機会均等法が施行されて以降、男女のキャリアは結婚するまでは同じになった。でも結婚後の状況は20年前と変わりません。それを変えるべきだ、変えていこう。そう思ったのです。そこで既婚女性を中心とした人材派遣会社を立ち上げたのですが、業界を調べてみると、同じような派遣業を目指して挫折した「屍」が見つかった。実は、それほど難易度の高いビジネスというわけです。でも、だからこそ、命を賭して挑戦していこうと、改めて心に誓ったのです。


三原邦彦の経歴・略歴

三原邦彦、みはら・くにひこ。日本の経営者。東京出身。「ビー・スタイル」社長。芝浦工業大学工学部機械工学科卒後、「インテリジェンス」に入社。エンジニア派遣事業部執行役員、子会社「ECサーブテクノロジー」社長などを経て「ビー・スタイル」を設立。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

ビジネスの競争は、パワーとパワーのぶつかり合いです。相手が自分と同じくらい、あるいは自分よりも大きければ、まともにぶつかっても勝てません。そこで、成長している市場や自分の得意分野に、ヒト・モノ・カネを集中させる必要があります。戦力を集中させることで、自分よりも大きな相手に勝つことができます。


ボブ・マーリー

たとえ何が起ころうと構わない。いま殺されてもいい。俺は人々のためにパフォーマンスをしているんだ。


丹羽宇一郎

自分の仕事に関することを、一流のレベルになるまで勉強すること。残業が多いのもいいとは言えませんが、早く帰って遊んでいてもいけない。毎日、30分でも、勉強の時間を取るべきです。


中野克彦(経営者)

社長に就任してからの十年間、毎月、川崎の研究所に通い続けました。所員の話を聞くと、このテーマが商売になるのか、事業になるのかということはすぐわかるんです。「君、これ、どこから聞いてきたの」「コストはどうなの」「市場はどのくらいあるの」と聞くと、意外に答えられない。研究のための研究だからです。そこで、「学生が教室で研究しているんじゃないぞ」と言うわけです。


西岡壱誠

本と対話するような、「能動的」な読み方が肝。たとえば教科書に、「○年に○○王朝が誕生しました」と書かれていたとします。以前の僕は、「ふーん、そうなんだ」となんの疑いもなく、受動的に読んでいました。それに対して、「なぜこの時期にこの王朝ができたのだろう?」と疑問を持ちながら、能動的に読む。教科書の記述を鵜呑みにせず、「なぜそう言えるのだろう?」「本当にそうなのだろうか?」と本と会話するつもりで読んでいくのです。すると、自分で立てた問いの答えを探しながら読むので、本の内容をより深く理解することができます。また、自分の頭で考えながら読むことで、自然と地頭が鍛えられていくのです。


川田尚吾

そもそもエンジェル投資家になろうと考えた背景には、大学時代に学生ベンチャーに関わっていたという体験があります。80年代の終わりから90年代初頭の頃であり、バブル全盛期でお金は余っていたはずなのですが、銀行は学生にお金を貸してくれません。ベンチャーキャピタル(VC)にしても、出資の前提条件は担保となる土地の保有というケースもありました。そのため学生ベンチャー起業家たちは資金繰りに困ると、何枚もクレジットカードを作ってカードローンに頼っていたのです。しかし、当時から米国は違っていました。将来有望な技術があると資本家やVCが着目し、「テクノロジー×資本主義」という形でマネーが付き、ベンチャーが続々と創出されるというダイナミズムが生まれていました。一方で、日本にはそうした「真の資本家」「プロの投資家」が存在していませんでした。そして、20歳のときに学生ベンチャーで挫折した私は、「それなら自分がプロの投資家になろう」と心に誓ったのです。


坂根正弘

会社が悪くなるときは、あっという間。それを防ぐため、コマツウェイを浸透させようとしています。


菊原智明

営業マンは顧客の納得や信頼を得て初めて、話を真剣に聞いてもらえるようになります。商談ではやみくもに数字を出すのではなく、顧客にとってリアリティがあり、納得できる数字を厳選して使うことが大事なのです。


水野和也

ライフスタイルの変化は、新しい需要となる。市場の変化、需要に対応していかなければならない。


リンダ・グラットン

有形資産については2つの取り組みが必要です。一つは、長い人生に備えて貯蓄を増やすこと。もう一つは、収入がいつ減っても困らないようなライフスタイルを構築することです。マルチステージの人生においては例えば探索にふけるステージのように、その期間はあまりお金を稼ぐことができないステージがあります。資産運用以外のことに多くの時間を振り向けられるように資産運用自体も柔軟なものにすることも必要でしょう。


ウィリアム・エックハート

取引上の大罪の二つは『損失に幅を与え過ぎること』それから『早々に利益を確定してしまうこと』だ。しかし、いずれも現在のポジションを成功させようとして犯してしまう罪なんだ。


菊地敬一

ヴィレッジヴァンガードは、僕が本と雑貨を「融合して」つくった店です。「複合」じゃなくて「融合」ね。本と文房具、本とCD、これらを「複合的に」扱っている業態は以前からたくさんありました。それぞれ売り場が独立してる店。でもそれってまったくカオス感がない。僕はそのことがずっと不満だったんです。それで僕が考えたオリジナルの店舗形態がそれらを「融合」させることでした。つまり、売り場をジャンルごとに独立させずに本の隣に関連した雑貨、CDがある。単純なことだけど、これがほかの店にはまったくない発想だったんです。ここで重要なのが「アナロジー(連想)」。本をキーにして、そこから連想される雑貨を並べるわけです。そうすることでパノラミックな売り場ができあがる。しかも本より雑貨のほうが粗利が高いので、両方扱うことでマージンミックスで粗利を上げて経営を安定させたいという目論見もありました。