名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三原邦彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三原邦彦のプロフィール

三原邦彦、みはら・くにひこ。日本の経営者。東京出身。「ビー・スタイル」社長。芝浦工業大学工学部機械工学科卒後、「インテリジェンス」に入社。エンジニア派遣事業部執行役員、子会社「ECサーブテクノロジー」社長などを経て「ビー・スタイル」を設立。

三原邦彦の名言 一覧

厳しい状況を一緒に乗り切ってもらうには、「未来」を見せないとダメ。


僕らのようなベンチャーは立ち上げの時こそ、優秀な人材が必要です。でも、立ち上げたばかりの会社が求人を出しても、なかなか応募してもらえない。だから直接、自分で口説きに行きました。やろうとしている事業が、どれだけ魅力的なことかをまず伝える。そして入社を決断してもらううえで、もう1つ大事なのは、計画が絵に描いた餅ではないことを説明することです。


リーマンショックで危機に瀕したとき、成長が期待できる新規事業を立ち上げるなどして、「この状況は何年も続かせないし、絶対に社員を辞めさせない」というメッセージを社員に伝えました。おかげでほとんどの社員が残ってくれたし、業績も急速に回復しました。


私は会社を立ち上げた時から、いい時も悪い時も毎月、会社の懐事情を説明してきました。そしてオフィス家賃の値下げ交渉をするなど、販管費を下げる取り組みの経過と結果も見せてきた。それが、社員が厳しい状況を受け入れてくれる土壌になっていたと思います。


はじめに企業の人事部門に営業したのですが、前例のない提案だったので上手くいきませんでした。一番、決定権の強い人、つまり経営者へのアピールです。そこでまず、東証1部上場企業の社長全員に「私たちの話を聞いてください」と手紙を出しました。私たちのサービスが珍しかったこと、直接手紙を出す理由を正直に書いたことが効いたのか、思った以上に多くの会社で好意的に受け止めていただけました。


昭和20年代の発売当初、日本人はコカ・コーラを「醤油みたいな色で薬臭い」と嫌いました。その時、営業担当者は「味はうまい」ということをわかってもらうために、とにかく人が飲んでいるシーンを見せてPRしたそうです。「隣の人が飲んでいるなら、うまいのだろう」と心理のハードルを下げさせたのですね。うちもそれを利用しました。まずA社で実績を挙げたら、それを取材して事例を作り、それを持ってB社、C社へ営業する。そうして何十社も続け、広げていったんです。


雇用機会均等法が施行されて以降、男女のキャリアは結婚するまでは同じになった。でも結婚後の状況は20年前と変わりません。それを変えるべきだ、変えていこう。そう思ったのです。そこで既婚女性を中心とした人材派遣会社を立ち上げたのですが、業界を調べてみると、同じような派遣業を目指して挫折した「屍」が見つかった。実は、それほど難易度の高いビジネスというわけです。でも、だからこそ、命を賭して挑戦していこうと、改めて心に誓ったのです。


三原邦彦の経歴・略歴

三原邦彦、みはら・くにひこ。日本の経営者。東京出身。「ビー・スタイル」社長。芝浦工業大学工学部機械工学科卒後、「インテリジェンス」に入社。エンジニア派遣事業部執行役員、子会社「ECサーブテクノロジー」社長などを経て「ビー・スタイル」を設立。

他の記事も読んでみる

藤田純孝

関係部署、そして丹羽(宇一郎・社長)さんとも相当やり合いましたが、まったく禍根を残さず、最適解にたどり着けたのは、相手が誰であろうと意見を言い合う会社の伝統があったから。


太田肇

さまざまな論説等でよく引用される「マズローの欲求階層説」において、承認の欲求は、最高位の自己実現の欲求に次ぐ、二番目の欲求に位置づけられる。人が仕事をする際、もちろん自己実現の欲求も大きな動機となるだろう。しかしそれ以上に、承認の欲求を満たすことは、やる気を高める原動力となりうる。


高城幸司

稼げる力があるビジネスパーソンというのは、まず例外なく「むちゃぶり」がうまい。新しい仕事に次々取り組みながら、ビジネスを軌道に乗せ、「稼ぎ」を大きくしていくには、人の手をどれだけ借りられるかがカギ。時にはむちゃぶりだって厭わない「任せる力」を身につけなければ、自分や組織の「稼ぐ力」も伸びません。


菊地哲(経営者)

いつも明るくすることを心がけています。お客さまだって明るい人と仕事がしたいはずです。笑顔が大事です。


高田明(ジャパネットたかた)

最初から言葉を発しなくても伝わると考えたら、何も始まりません。欧米人は自分の意見をどんどん言いますが、日本人も伝えたいことをしっかり言葉にして、しっかり伝えることが重要だと思います。


柳生宗矩

無刀とて、必ずしも人の刀をとらずして敵わぬという儀にあらず。また刀を取りて見せて、これを名誉にせんにてもなし。わが刀なき時、人に斬られじとの無刀なり。


尾﨑正直(尾崎正直)

地産外商と言いましても、最初はそんなの無理だという反応がたくさんありました。そもそも地産そのものが、最も衰えていました。高知で優位性があるのは1次産業ですが、農林水産業の現場ほど担い手がおらず衰退が著しい。地産外商という理屈はそうかもしれないが、できない構造的な課題があったのです。ですから私たちの取り組みを一言で言えば、地産外商を阻む制約要因を取り払い、地力をつけたということです。


箭内道彦

仕事がつまらないというと、「自分を変えるか仕事を変えるか、そのどっちかだ」みたいなことがよく言われます。でも僕は、自分と仕事の配線の問題だと思うのです。その配線をいじらずに、自分革命だとか転職だとかいっても意味がない。自分と仕事の間に興味という線をいかに開通させるかが、すべてだと思います。


吉永賢一

新しい分野を学ぶときは、入門書→専門書の順で読み、余裕があれば仕上げに用語集に目を通すとよいでしょう。専門書については古めの本を選ぶとよいと思います。最新の理論やフレームワークが本当に正しいかは、ある程度の時間を経てからでないと検証できません。逆にいえば、かなり前に出版されて、いまでも読み継がれている本は、内容に安定感があるということです。


宮内誠

父(オリックス会長・宮内義彦)が教えてくれたことはほんの5つくらいしかありません。父のすごいところは、同じことを何十年も言い続けていることです。しかもその言葉の背景も教えてくれる。


ジャック・ドーシー

真の発明というのは、2つの異なる要素がミックスされ、その交わりを理解するところから生まれると思っている。誰かの求める課題を解決した時、それを発明と呼ぶのかもしれない。だが、実現してしまえば、その課題は消え去ってしまう。多くの人がそれに共鳴してくれるが、我々はそれを発明とは気づかない。


金丸恭文

自分が起業したときの感覚でいえば、猛烈に働き、徹夜の連続というのが実態でしたけどね(笑)。それで今日の当社があるんです。ですから、全部を一律で規制することはおかしい。守るべき対象の人をきちんと定義して、その方々に対してはもっと厚い保護をすべきだと思います。