名言DB

9419 人 / 110788 名言

三原脩の名言

twitter Facebook はてブ

三原脩のプロフィール

三原脩、みはら・おさむ。日本のプロ野球選手、監督。巨人・西鉄・大洋・近鉄・ヤクルトの監督を歴任し通算26年間プロ野球球団の監督を務めた。

三原脩の名言 一覧

選手を掌握するといっても、虎を飼い慣らして羊にしてしまったのではどうにもならない。虎は虎として十分に働いてもらわんといかんというのが、勝負の世界を勝ち抜く管理者の要諦ですな。


選手を掌握すると言っても、トラを飼いならして羊にしてしまったんではどうしようもない。虎は虎として十分に働いてもらわんといかんのが勝負の世界を勝ち抜く管理者の要諦。


三原脩の経歴・略歴

三原脩、みはら・おさむ。日本のプロ野球選手、監督。巨人・西鉄・大洋・近鉄・ヤクルトの監督を歴任し通算26年間プロ野球球団の監督を務めた。

他の記事も読んでみる

山下孝一

私たちは、幼稚園・保育園で体操や跳び箱など体育指導の授業をしています。跳び箱を例に取れば、園児全員が6、7段を跳べるように指導しますが、真の目的は技能の向上ではありません。道徳や礼儀など人間としての基礎を教えることが重要。


村田諒太

金メダルを獲る前は、大学の職員をしていました。当時は仕事とボクシングのかけもちで時間のやりくりが大変でしたね。残業もしてましたし、学生部の職員だから入学式など催しがあるシーズンは、ボクシングより仕事が優先でした。だから、限られた時間を有効に使うため、練習の質を高めようと必死でした。そんな環境だからこそ、ボクシングの練習だけに専念できる選手には、「負けてたまるか」って気持ちがありました。


長澤信吾

自分が担当している仕事の意味を理解して、お客さまの要望の1つ先を見越して実現し、お客さまの期待を超える仕事をすることが大事。


小泉文明

アウトプットが苦手な人もいるでしょう。私も20代はそうでした。そこで当時始めた解決法が、ブログの活用です。毎朝多い時で10紙以上の新聞や経済誌に目を通し、感じたことや「記事の内容を踏まえると、社会は将来こうなる」という仮説を、毎週末に自分でメモにまとめてアップ。自分の頭で考えていることはそのままで終わらせず、「言葉」に落とし込む作業が肝心だと思っています。


鍵山秀三郎

払ってくれそうだったら日参しなさい。しかし、おそらく時間の損をするだけで、その900万円のために、あなたは時間もエネルギーもどんどん使って消耗するばかり。それをもう思い切ってあげるのです。明日すぐにそのお得意先に行って、「もう売掛金はいりません。その代わり、2度とあなたとは仕事をいたしません」と言いなさい。
【覚え書き|売掛金を一向に払ってくれないお得意様をどうすればいいのかと聞かれての発言】


清水金之助

人には必ず天職ってものがあるから、それを見つけられる人は幸せ。それには与えられた目の前の仕事を何があってもきちんとやることだよ。


高城幸司

たいがいの人は、上司や先輩から「商談前にシナリオを用意すること」を教わっているはずです。それなのに、面倒くさがって出たとこ勝負で商談に臨む人が大半です。「落としどころはどこにするか」「質問されそうな個所はどこか」「どんな反対意見が想定されるか。それにどう切り返すか」……。様々なやり取りを想定しておくことは、基本中の基本です。商談前に十分程度でもかまいませんから、やりとりをイメージしましょう。


小林一雅(小林製薬)

当社の商品のネーミングは特徴的だと言われます。「のどぬ~るスプレー」「ナイシトール」「ハレナース」など、当社の商品はコマーシャルやパッケージを見ただけで効能を理解できる。その原点にあるのは「分かりやすさ」です。


鈴木高広

高校を出て地元である名古屋大学の農学部へ。微生物、そして藻の研究を始めたんです。微生物や藻は短時間に大量に増える特徴がある。たとえば藍藻(らんそう)という藻類は、光合成して半日で2倍に増える。この性質を利用してエネルギーを生産しようと研究していました。たしかに大量培養は可能。しかし、藻は水中で培養するため太陽光がどうしも反射してロスが多い。石油や石炭に対抗しうる価格でのエネルギーが生成できなかった。「このままではブレイクスルーは得られない!」と限界を感じて、ずっといた大学や国の研究室を辞め、2000年に民間企業に入ったんです。そこで合成マイカという化粧品のおしろい、いわゆるファンデーションに使う粉体の研究を4年間した後、日本ロレアルにスカウトされ、メイクアップ製品の研究に5年間従事しました。これが大きな転機でした。メイクアップ用品の機能は「光と色の調整」なんです。だから肌と光の関係を徹底的に調べた。すると、まず紫外線が人間のみならず、植物にも有害だということを知りました。人は紫外線を浴びるとメラニンを出すけど、植物もリグニンという物質を作り出して、光を吸収し弱める仕組みが働く。先に述べた光合成で6%しか光を使えてないことはここで気づいた。さらにファンデーションは、肌の表面に、凹凸を生むことで光を散乱させ美しい色を出します。これを応用して光を反射させるように植物を「多層」で栽培する発想になった。いわば地球のファンデーションを作れば効率的に作物がつくれる、と気づけた。そこに以前からのエネルギー利用の研究がリンクしたんです。


松本恭攝

人の限界を決めるのは能力じゃなくて想像力。どんなに頭が良くても、想像できない人には可能性がない。