名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

三原脩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三原脩のプロフィール

三原脩、みはら・おさむ。日本のプロ野球選手、監督。巨人・西鉄・大洋・近鉄・ヤクルトの監督を歴任し通算26年間プロ野球球団の監督を務めた。

三原脩の名言 一覧

選手を掌握するといっても、虎を飼い慣らして羊にしてしまったのではどうにもならない。虎は虎として十分に働いてもらわんといかんというのが、勝負の世界を勝ち抜く管理者の要諦ですな。


選手を掌握すると言っても、トラを飼いならして羊にしてしまったんではどうしようもない。虎は虎として十分に働いてもらわんといかんのが勝負の世界を勝ち抜く管理者の要諦。


三原脩の経歴・略歴

三原脩、みはら・おさむ。日本のプロ野球選手、監督。巨人・西鉄・大洋・近鉄・ヤクルトの監督を歴任し通算26年間プロ野球球団の監督を務めた。

他の記事も読んでみる

駒崎弘樹

もちろん会社のために一生懸命働いてもいいと思います。でも僕らは、会社に所属すると同時に、社会の住人でもあるという多元的な所属をするべきだと思います。多元的に所属していれば、会社が社会に対してよろしくないことをしたときにも、迷うことなくいさめたり、内部告発できます。


瀧本哲史

人は影響されやすい。だから、まわりに成功している人が多ければ、成功することが当たり前だと思って努力します。ところが、まわりに成功者がいない場合には「成功するというイメージ」がもてないために、努力ができず、むしろまわりが成功に縁遠い人間ばかりだと、「成功すると人間関係が悪くなる」と考えて自滅的な行動に出てしまうことすらあるのです。


ウォルト・ディズニー

あなたがやれる最善を尽くしたなら、心配したって事態は良くならない。私もいろいろなことを心配するが、ダムからあふれる水までは心配しない。


澤田貴司

人間として、仕事人として、悩む時期は必ずある。そんなときに偉大な経営者の本から学ぶことは数多い。私は自己中心的な人間なので、本当に自分が幸せになりたいと考えている。「そのためにはまず、他人を幸せにできなくてはいけない」。そんなことも本が教えてくれた。


中山悠

牛乳はコップに注いだらどこのメーカーかわからないと言われましたが、一昨年全国発売した「明治おいしい牛乳」は消費者に違いを分かっていただけた。コマーシャルで流したら怒られますけど、一番うれしかったのは、嗅覚の鋭い犬に選ばせると必ず「おいしい牛乳」を飲むんですよ。それほど味覚がフレッシュということ。デフレでも高い値段を維持し、2003年度の販売額は6割伸び、まだ増えます。


宮沢俊哉

自分が改善提案をするときでも、合理性だけでは不足です。気配りをして、相手に心を開いてもらう。そうすれば、段取り八分ですよ。


藻谷浩介

私は運動神経についてはかなりゼロに近く、小中学校時代の運動会では徒競走はつねにビリでした。ところが、高校2年生のマラソン大会のときに一念発起をして死ぬほど練習をしたところ、上位3分の1に入ることができました。私のような運動神経がゼロに近い人間がイチローみたいなトップアスリートになることはとうてい不可能ですが、平均以上のレベルに達することなら努力次第で十分に可能なのです。同じように地頭についても、努力次第で平均以上に達することができます。


今井繁之

営業の現場では、行動量を重視する傾向がありますが、行動の前に立ち止まり、本当にその方法しかないのか、どんなリスクがあるのかを検討し、判断することが必要なのです。


野尻哲史

資産形成はダイエットみたいなものだ、とよくいわれます。すぐには成果が出ないけど、続けていくことでいつか成果につながるという意味では、確かにダイエットに似ています。ただ、ダイエットのように苦しみ抜かなければならないわけではありません。半面、ダイエットよりはもっと長い時間の努力が必要でもあります。投資の効果は20年、30年たってから表れるわけですから、ダイエットよりはかなり息の長い活動が必要ということになります。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

朝礼の席でも、あなたがみんなを呼び集めた席でもいい。ともかく褒めたい人については大勢の前でまずあなたがその人の取り組みを紹介し、そのうえでみんなで拍手喝采したり本人を持ちあげたりして身も心も舞いあがらせよう。本人は照れるだろうが、そうされて嬉しくないはずがないのだ。その演出によってメンバーが多くの人の称賛を浴びるようになればそれぞれが自分の仕事に一層誇りを持ってくれるようになる。そしてあなた自身はチームにヒーローを生みだすことが楽しくてたまらなくなっているはずだ。


小林義雄(経営者)

人を育てるにはどうしたらいいか。自分なりに考えてみると、私は支店長時代から社員の誕生日にポケットマネーでネクタイを買ってプレゼントしていました。日頃は社員に対して厳しく接しています。しかし、社員を大切にしなければならないというのが私の信念でもあります。


阿部川久広

もはや英語はネーティブだけの言語ではなく、非ネーティブ同士が英語でコミュニケーションする機会が増えています。そう考えると、もはやグローバルな土俵で「流暢な英語」「パーフェクトな英語」をしゃべらなければならない、ということ自体、ナンセンスなのです。