三原脩の名言

三原脩のプロフィール

三原脩、みはら・おさむ。日本のプロ野球選手、監督。巨人・西鉄・大洋・近鉄・ヤクルトの監督を歴任し通算26年間プロ野球球団の監督を務めた。

三原脩の名言 一覧

選手を掌握するといっても、虎を飼い慣らして羊にしてしまったのではどうにもならない。虎は虎として十分に働いてもらわんといかんというのが、勝負の世界を勝ち抜く管理者の要諦ですな。


選手を掌握すると言っても、トラを飼いならして羊にしてしまったんではどうしようもない。虎は虎として十分に働いてもらわんといかんのが勝負の世界を勝ち抜く管理者の要諦。


三原脩の経歴・略歴

三原脩、みはら・おさむ。日本のプロ野球選手、監督。巨人・西鉄・大洋・近鉄・ヤクルトの監督を歴任し通算26年間プロ野球球団の監督を務めた。

他の記事も読んでみる

小川晋平

人と会うときは自分が得るだけでなく、こちらが提供できる情報や知恵も携えておきます。到底及ばないような大先輩なら、「今後の可能性への期待」を提供します。


堤剛

ヤーノシュ・シュタルケル先生と指導者のあるべき姿について話をした時、先生がおっしゃったのが「生徒が何かを望んでいたら、それをすぐに出せるようでないといけない」という言葉です。つまり、指導者は博覧強記の「resource person」になる必要があると。齋藤秀雄先生は「引き出し」という言葉をお使いになりましたが、意図するところは同じです。生徒が最も必要としているものを最も効果的な方法で見つけ出し、一緒になって解決なり結果なりへと導いていく――。と考えると、教えることは、演奏と同じくらい創造的な活動なんですね。


鈴木義幸

人間が変化を遂げる動機のもとには、「何かを手に入れたい」とか、「何かを失いたくない」という強烈な欲求があります。別の表現をすれば「ポジティブ追求型」か「ネガティブ回避型」のどちらかですが、すべての動機の源泉は欲求にあります。この源泉を大切に扱うことが、将来的なビジョンを描くためには必要です。


沢村一樹

もし失敗したら失敗したで、「本当に舞台は向いていないからやらない」と言えますし。失敗しても自分が楽しめたら、「もう1回やりたい」と言えばいい。どっちに転んでも、ありだと思うんです。まずは動くこと。これは自分の中でずっと変わっていないシンプルなルールですね。


佐藤天彦

名人戦で羽生(善治)先生に挑戦するとき、「勝ちたい」とはやる気持ちをできる限りおさえて、一将棋ファンとして「大舞台で憧れの人と指せる」というやり甲斐にフォーカスしていった。


原田武夫

本当にずる賢い人は、ずる賢く見えないもの。ずるいと思われたら、その時点で負けです。


蜷川幸雄

自己模倣するようになったらみっともない。人ってハードルを越えていくことで成長するものでしょ。


オグ・マンディーノ

もしあなたの求めているものが、仕事ではなく、豊かに時を過ごすための余暇であるなら、勇気を奮い起こして行動しなさい。行動すればするほどもっと行動できるようになり、忙しくなればなるほどますます多くの余暇を楽しめるようになる。


松本大

そこまでして創ったから大切なのではなくて、マネックスで頑張れば自分の人生がちゃんと充足できるように創ったから、僕はマネックスという会社が 大切なんです。要は僕が持っている、ビジネスマンとしてのものとか、一市民としての思いとか、ミッション、使命感とか、いろんなものがあるじゃないです か。それを全部まとめてマネックスに表現したつもりなんです。プライベートでも、あるいは市民としても、あるいは経営者としても、ビジネスマンとしても、 一市民としても、個人としても、マネックスにすべてエネルギーを費やすことで、たとえ1日20時間働こうが、何しようが、満足できるように、会社をデザイ ンしたんです。だから、大切というか、もう、マネックスが「僕」なんです。


松田公太

私は常に、より困難な道を選んできました。なぜなら、茨の道を行く方が人間は成長できるからです。


田崎太郎(経営者)

ビジョンを明確に話し、共感してもらう。そうすることで、全員で同じ目標に向かっていくことができる。


村岡恵理

挨拶というのは、自分の存在を相手に示すこと以上に、心と身体を吸収性の良い状態に整えること。自分自身の「初心」のリセット・ボタン。


岡田元也

どんどん変化に対応することを強調するのは、社員の心のエネルギーを膨らませてやる必要があるからです。ポジティブなエネルギーを奪われれば、現実に対応できなくなり、気がついたらお客様は離れて、組織のダイナミズムも失われる。


岸本正壽

人事を堤に例える考え方があります。山の湧水をためておき、田植えのときに開け放って水を流す。あの堤です。かけがえのない水も、あまり長くとどめておくと藻が生え腐ってしまう。だから人事は停滞させることなく、流していかないといけない。メーカーの場合、それには何よりも新製品、新事業を立ち上げることが重要です。


金子高一郎

10年前に事業会社(カナック企画)社長に就いた頃はとにかく会社を大きくしたいと考えていましたが、最近ではやはり「継続」が一番と考えるようになりました。


ページの先頭へ