名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

三原淳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三原淳のプロフィール

三原淳、みはら・じゅん。日本の経営者。コインランドリーチェーン「mammaciao(マンマチャオ)」社長。東京都出身。専修大学経営学部経営学科卒業後、ファイザー製薬、東急ストア、ダイワコーポレーションなどを経て独立。コインランドリーチェーン「マンマチャオ」を設立。

三原淳の名言 一覧

自分も様々な挫折を経験してきたので、マンマチャオブランドに懸けてくれる情熱のある仲間と共に、社会に必要とされるインフラとして成長していきたい。


元の会社の経理だった妻と2人で起業しました。「自分1人で会社の売り上げの半分を稼いだ」という自信と勢いだけで始めてしまったので、企業経営に関しての無知さは融資をお願いした信用金庫の方があきれるほどでしたね。


本部と加盟店、どちらが上ということはなく、FCビジネスは相互理解や信頼関係によって成り立つものだと考えています。「FC(フランチャイズ)=仲間づくり」という想いを大切にしたいのです。そうした想いから私は年に2回、オーナー会を開いています。大事なのは、加盟店さん同士のつながりをつくること。


加盟店のつながりを構築するため、年に2回オーナー会を開いています。経営勉強会や立食パーティーを通じ、加盟期間の異なる方々で交流することで、先輩オーナーからノウハウを継承することができる。加盟店は家族みたいなもの。家族だったら盆と正月の2回くらい会って、元気かどうか顔を見せてよという気軽なものです。


年商は順調に上がり、社員も増えましたが、リーマンショックの影響もあって、なかなか利益が出ない。転機は2013年に出版した自著『はじめてのコインランドリー投資負けナシバイブル』でした。今までコインランドリーは、貸店舗の大家向けに手間のかからないビジネスとして提案されてきた。ですがこの本は、個人投資コーナーに置かれたため、サラリーマン投資家の目に留まったのでしょう。出版後の事業説明会では在職中のサラリーマンが増え、多くが実際に起業。翌年には、売り上げが前年比で倍の6億円に成長し、事業が軌道に乗ったのを実感しました。


起業後、自信はあったものの、卸売りの後発では、値引きしないと勝負にならない。悩みに頭を抱えていたとき、コインランドリーを起業したいという個人の方に何人も出会ったんです。そこで、コインランドリー開業の支援をする事業に注力。日本の働くお母さんが元気になってほしいという願いを込めて、「マンマチャオ」と名づけたんです。


現場作業に直に携わるパートさんこそ大切にしたいとの思いから年に一度、全国のパートさんを横浜本社近くの中華街に招待しています。もちろん、交通費や宿泊費は弊社持ち。そのときに皆で交流を図るとともに、効率的な掃除の方法や集金の仕方などを直に伝えています。孤立無援ではなく350店舗あるパートさんの皆が仲間であり、同じ組織に属しているのだという気持ちを持っていただけたら嬉しいですね。


無人店舗だからといって、「投資用として洗濯機を並べるだけ」という姿勢では、あまりにも血が通っていませんよね。確かに店舗は無人かもしれませんが、お客様も経営する側も同じ人間です。どうやったらよりお客様に喜んでいただけるかを考え抜いて初めて対価を頂戴できるわけですから、もし「仕組みがいいのだからからどうせ儲かるだろう」と考えている人がいたとしたら、それは驕りでしかありません。


三原淳の経歴・略歴

三原淳、みはら・じゅん。日本の経営者。コインランドリーチェーン「mammaciao(マンマチャオ)」社長。東京都出身。専修大学経営学部経営学科卒業後、ファイザー製薬、東急ストア、ダイワコーポレーションなどを経て独立。コインランドリーチェーン「マンマチャオ」を設立。

他の記事も読んでみる

松川孝一

社内の定例会議はなるべく火、水、木の午前中に入れるようにしています。というのは、月曜日は振替休日になることが多いので定例行事には適さないからです。また金曜日は客先に出向くことが多いので、会議は入れないでおきたい。また、金曜は顧客の重要な案件をクローズするのに好都合なんです。


河辺よしろう

小規模ビジネスの経営者においては、「仕事」と「経営」を混同しているケースが非常に多いです。目の前の仕事に追われているだけでは、自分の手足として動いてくれる従業員と変わりはない。利益を生むためには経営者の視点で戦略を考えることが重要なのです。


山下和美

漫画は、まだまだ分からないですね。まだまだこれから暗中模索で、その先どうなるのか分からないなっていう、なんとなく泳いでいる感じです。


星野佳路

欧米の大手ホテルでは、どのホテルも現地スタッフをたくさん雇用してはいますが、彼らを労働力としかみていない。一方、我々の「日本旅館メソッド」では、現地の人々をサービスのクリエイターとして位置づけています。彼らのこだわりこそが、サービスの源泉だからです。


米山公啓

1つの行動をやり続けることで充実感や達成感を得られれば、脳の中のドーパミンが出て、意欲が継続する。これは脳が効果的に学習するための仕組み。


石橋善一郎

インテルの事業絞り込みのルールは、私が新卒で入社した日本のメーカーとは対照的でした。社内の偉い人が手掛けたプロジェクトであるという理由で、だらだらと続けているケースがたくさんありました。本当にいっぱいあり、若い財務担当者だった私としては、「こんなことをやっていたら絶対にまずい」といつも思っていたものです。


友田雅己

トップは危機管理を周囲に相談したら駄目です。集められる情報はすべて集めても、結局判断するのはトップでしかありません。


鈴木喬(経営者)

3分考えても結論の出ないことは、3年考えても結論は出ない。


村尾和俊

私のデスクは社内の誰よりもきれいだと自信があります。きれいというよりも、物がありません。我が社の幹部の中には、山のように書類を積み上げて仕事をしているふりをしている人もいますが、そういう人に限って仕事は遅いと思われます。


山崎直子

仲間の宇宙飛行士やインストラクター、管制官や家族など、いろんな人の存在も大きかったのです。一人だったらやめようと思ったあっても、みんながいたからこそ続けることができました。


須藤憲司

トラブルが深刻であればあるほど、当事者は「自分を正当化したい」と考える。そのため、情報を断片的にしか伝えてこないことも多いので注意してください。聞き取り時に「大体」「たぶん」「~くらい」などの言葉が混じる場合は、確認が不十分だったり、主観が混じっていることを疑いましょう。こういう場合は1人を追及しても、時間がかかるだけで有益な情報が得られないことが多い。複数の関係者に話を聞いて情報の確度を上げてください。


星野陽子

ユダヤ人が小さいときからタルムード(ユダヤ教の聖典)の個々の説話について「これはどういう意味か」と話し合うことがディベートの訓練になっています。例えば、「あるラビ(ユダヤ教の聖職者)が卵を食べていいと言い、別のラビが食べてはいけないと言った。これについてどう思うか?」という問いに対していろいろ意見を言わなきゃいけません。だから、絶えず考え、どうアプローチするかをいろいろな側面から考える。日本とは異なり、どんどん質問していったり、先生と違う意見を言うと褒められます。