名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三原淳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三原淳のプロフィール

三原淳、みはら・じゅん。日本の経営者。コインランドリーチェーン「mammaciao(マンマチャオ)」社長。東京都出身。専修大学経営学部経営学科卒業後、ファイザー製薬、東急ストア、ダイワコーポレーションなどを経て独立。コインランドリーチェーン「マンマチャオ」を設立。

三原淳の名言 一覧

自分も様々な挫折を経験してきたので、マンマチャオブランドに懸けてくれる情熱のある仲間と共に、社会に必要とされるインフラとして成長していきたい。


元の会社の経理だった妻と2人で起業しました。「自分1人で会社の売り上げの半分を稼いだ」という自信と勢いだけで始めてしまったので、企業経営に関しての無知さは融資をお願いした信用金庫の方があきれるほどでしたね。


本部と加盟店、どちらが上ということはなく、FCビジネスは相互理解や信頼関係によって成り立つものだと考えています。「FC(フランチャイズ)=仲間づくり」という想いを大切にしたいのです。そうした想いから私は年に2回、オーナー会を開いています。大事なのは、加盟店さん同士のつながりをつくること。


加盟店のつながりを構築するため、年に2回オーナー会を開いています。経営勉強会や立食パーティーを通じ、加盟期間の異なる方々で交流することで、先輩オーナーからノウハウを継承することができる。加盟店は家族みたいなもの。家族だったら盆と正月の2回くらい会って、元気かどうか顔を見せてよという気軽なものです。


年商は順調に上がり、社員も増えましたが、リーマンショックの影響もあって、なかなか利益が出ない。転機は2013年に出版した自著『はじめてのコインランドリー投資負けナシバイブル』でした。今までコインランドリーは、貸店舗の大家向けに手間のかからないビジネスとして提案されてきた。ですがこの本は、個人投資コーナーに置かれたため、サラリーマン投資家の目に留まったのでしょう。出版後の事業説明会では在職中のサラリーマンが増え、多くが実際に起業。翌年には、売り上げが前年比で倍の6億円に成長し、事業が軌道に乗ったのを実感しました。


起業後、自信はあったものの、卸売りの後発では、値引きしないと勝負にならない。悩みに頭を抱えていたとき、コインランドリーを起業したいという個人の方に何人も出会ったんです。そこで、コインランドリー開業の支援をする事業に注力。日本の働くお母さんが元気になってほしいという願いを込めて、「マンマチャオ」と名づけたんです。


現場作業に直に携わるパートさんこそ大切にしたいとの思いから年に一度、全国のパートさんを横浜本社近くの中華街に招待しています。もちろん、交通費や宿泊費は弊社持ち。そのときに皆で交流を図るとともに、効率的な掃除の方法や集金の仕方などを直に伝えています。孤立無援ではなく350店舗あるパートさんの皆が仲間であり、同じ組織に属しているのだという気持ちを持っていただけたら嬉しいですね。


無人店舗だからといって、「投資用として洗濯機を並べるだけ」という姿勢では、あまりにも血が通っていませんよね。確かに店舗は無人かもしれませんが、お客様も経営する側も同じ人間です。どうやったらよりお客様に喜んでいただけるかを考え抜いて初めて対価を頂戴できるわけですから、もし「仕組みがいいのだからからどうせ儲かるだろう」と考えている人がいたとしたら、それは驕りでしかありません。


三原淳の経歴・略歴

三原淳、みはら・じゅん。日本の経営者。コインランドリーチェーン「mammaciao(マンマチャオ)」社長。東京都出身。専修大学経営学部経営学科卒業後、ファイザー製薬、東急ストア、ダイワコーポレーションなどを経て独立。コインランドリーチェーン「マンマチャオ」を設立。

他の記事も読んでみる

井上義久

西日本豪雨災害で国はプッシュ型の支援をしましたよね。ニーズがあったらこちらから行くんじゃなく、必要だと思うものを水から食糧からプッシュ型でどんどん運び入れると。しかし、ある程度たったら今度はミスマッチが起きてきます。そこにはきめ細かくマッチングをするような、国と市町村や県との連携が必要です。災害支援とか復旧とか復興には、もう少しリアリティが必要ですが国にそれが足りない。ずっと続けているとミスマッチが起きて結局被災地に不満が出てきます。


赤羽雄二

新事業を進める時、既存事業のメンバーが新事業部門の足を引っ張ることが起きるはず。表だって引っ張らなくても、土地勘のない領域での新事業で不安な立ち上げメンバーの心を折る発言は容易にできます。本人たちに自覚はなくても、悪意のある発言となる場合もあります。従って新事業は既存事業から隔離した場所で立ち上げを進め、他事業のメンバーとの接触を絶つことが大事です。


宮内義彦

アメリカでは日本に比べて気軽に開業し、そして気軽にやめています。日本では開業率も廃業率も年間3から4%くらいですが、アメリカではともに年間12から14%くらいということです。どうして気軽に開廃業できるかというと、アメリカでの企業は株式組織の一番基本的なことに忠実だからです。ほとんどの場合アメリカでは「個人保証をしてまで事業をする」という考え方はないようです。多くの場合、会社が倒産しても、経営者の自宅や不動産はそのままです。このように有限責任の原則が守られている。


生瀬勝久

そもそもお金ってそんなに大事ですかね。僕には生活できて少し趣味に使えるくらいでいい。昔もいまもそこは変わりませんね。


藤原和博

一度会社から離れ、コミュニティでの活動や被災地支援、最貧国の子供たちを支える取組みに参加するなど、会社以外の活動に目を向けるといいでしょう。そうした活動から、これまで取り組んできたこととは大きく異なる「自分がやりたいこと」や「やるべきこと」が見えてくるものです。


ムーギー・キム(金武貴)

成功している多くの人を見ていると、自分が好きなこと、面白いと思うことをやり続けています。好きなことだからこそ頑張り続けることができるのです。


出口治明

コミュ二ケーションの要諦は、「あくまで上司から部下へ」です。


三浦知良

日々の目標に向かって努力する先に、夢の実現があると思います。今日を頑張り抜く、今日を乗り越えていくことしか考えていません。


粟田貴也

弊社は「お客さまに喜んでいただきたい」という思いを常に具現化してきた会社です。お客さまを捌くとか合理化を優先するのではなく、どうすれば、お客さまに来ていただけるかだけを考え続け、形にしてきました。


山崎敦彦

フィリピンは人件費が安いのですが、派遣さんを使うとさらに安いというのがあるので、正社員より派遣の方が多かった。それでコストを抑えていると思っていたのですが、でも派遣さんは半年で交代というルールなんですね。せっかく作業に習熟したところで、はい終わり、となり新しい人が入ってくる。すると不具合とか不良品が増えるんです。完成品になってからボツというのでは歩留まり(を低下させる要因の)の極みですよね。なので正社員の比率を上げて、生産工程の要所には作業に熟練した、正社員を配置するようにした。働く方々からしても正社員の方がハッピーなわけですが、会社もその方がハッピーということが今回分かりました。


兒玉圭司

仕事をすぐやるために必要なのは決断力。この仕事をやるか、やらないかを即座に判断し、決断しないと、どんどん時間が経ってしまい、仕事を溜め込むことになる。瞬時に判断し、決断しなくてはいけない。


天毛伸一

モノ作りには時間がかかりますし、良いモノができてもすぐ売れるとはかぎりません。すると、心が折れるし、食べていけないから、やめてしまう会社も多い。だからこそ、松下幸之助さんも言うように、モノ作りで成功するためには、成功するまでやめなければいいのです。