名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三原淳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三原淳のプロフィール

三原淳、みはら・じゅん。日本の経営者。コインランドリーチェーン「mammaciao(マンマチャオ)」社長。東京都出身。専修大学経営学部経営学科卒業後、ファイザー製薬、東急ストア、ダイワコーポレーションなどを経て独立。コインランドリーチェーン「マンマチャオ」を設立。

三原淳の名言 一覧

自分も様々な挫折を経験してきたので、マンマチャオブランドに懸けてくれる情熱のある仲間と共に、社会に必要とされるインフラとして成長していきたい。


元の会社の経理だった妻と2人で起業しました。「自分1人で会社の売り上げの半分を稼いだ」という自信と勢いだけで始めてしまったので、企業経営に関しての無知さは融資をお願いした信用金庫の方があきれるほどでしたね。


本部と加盟店、どちらが上ということはなく、FCビジネスは相互理解や信頼関係によって成り立つものだと考えています。「FC(フランチャイズ)=仲間づくり」という想いを大切にしたいのです。そうした想いから私は年に2回、オーナー会を開いています。大事なのは、加盟店さん同士のつながりをつくること。


加盟店のつながりを構築するため、年に2回オーナー会を開いています。経営勉強会や立食パーティーを通じ、加盟期間の異なる方々で交流することで、先輩オーナーからノウハウを継承することができる。加盟店は家族みたいなもの。家族だったら盆と正月の2回くらい会って、元気かどうか顔を見せてよという気軽なものです。


年商は順調に上がり、社員も増えましたが、リーマンショックの影響もあって、なかなか利益が出ない。転機は2013年に出版した自著『はじめてのコインランドリー投資負けナシバイブル』でした。今までコインランドリーは、貸店舗の大家向けに手間のかからないビジネスとして提案されてきた。ですがこの本は、個人投資コーナーに置かれたため、サラリーマン投資家の目に留まったのでしょう。出版後の事業説明会では在職中のサラリーマンが増え、多くが実際に起業。翌年には、売り上げが前年比で倍の6億円に成長し、事業が軌道に乗ったのを実感しました。


起業後、自信はあったものの、卸売りの後発では、値引きしないと勝負にならない。悩みに頭を抱えていたとき、コインランドリーを起業したいという個人の方に何人も出会ったんです。そこで、コインランドリー開業の支援をする事業に注力。日本の働くお母さんが元気になってほしいという願いを込めて、「マンマチャオ」と名づけたんです。


現場作業に直に携わるパートさんこそ大切にしたいとの思いから年に一度、全国のパートさんを横浜本社近くの中華街に招待しています。もちろん、交通費や宿泊費は弊社持ち。そのときに皆で交流を図るとともに、効率的な掃除の方法や集金の仕方などを直に伝えています。孤立無援ではなく350店舗あるパートさんの皆が仲間であり、同じ組織に属しているのだという気持ちを持っていただけたら嬉しいですね。


無人店舗だからといって、「投資用として洗濯機を並べるだけ」という姿勢では、あまりにも血が通っていませんよね。確かに店舗は無人かもしれませんが、お客様も経営する側も同じ人間です。どうやったらよりお客様に喜んでいただけるかを考え抜いて初めて対価を頂戴できるわけですから、もし「仕組みがいいのだからからどうせ儲かるだろう」と考えている人がいたとしたら、それは驕りでしかありません。


三原淳の経歴・略歴

三原淳、みはら・じゅん。日本の経営者。コインランドリーチェーン「mammaciao(マンマチャオ)」社長。東京都出身。専修大学経営学部経営学科卒業後、ファイザー製薬、東急ストア、ダイワコーポレーションなどを経て独立。コインランドリーチェーン「マンマチャオ」を設立。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

僕は商談で遠慮せずに申し上げるのですが、日本のメーカーは成功体験が長すぎたのではないかと思います。もっと消費者視点を掘り下げる必要があります。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

給料日はお金の「使い時」ではなく「貯め時」。まずは貯蓄分を別口座に移し、さらに自分のご褒美用の予算を積み立てる。そして、最後に残ったお金でやりくりしてください。


小倉昌男

私は従業員と言う言葉があまり好きではない。会社が雇っている人々のことは、必ず社員と呼ぶことにしている。それほど深い意味があって使い分けているわけではないが、従業員の「従」という語感がどうも好きになれないのだ。社長が社員を従業員と呼べば、それは相手を会社の業務に従う者としか認識していないと言うことにもなる。そういうことでは、彼らの人生に対して担っている責任を自覚できないではないだろうか。


辻本春弘

社員から急を要する報告や相談があれば、夜ではなく朝の始業前や昼のランチの時間に来てもらいたい。私が昼に外に出ないのは、そういう意味もあります。


高田明(ジャパネットたかた)

自分を信じ、できることを考え続ければ、あとはほとんど気力で達成できる。


大江英樹

銀行や証券会社の窓口担当者や営業マンは「投資のプロ」ではなく「販売のプロ」。判断が難しいからといって、人に委ねたら失敗する。


安原弘展

京都に本拠地を置く利点の一つは、東京発の流行が京都に届くまでに、ほどよく「ろ過」されることです。東京で最新のブームだといわれ、華々しく登場しても、一過性のものであることが少なくありません。同じ情報を京都で一歩遅れてキャッチすることで、一過性なのか、本物なのかが判別しやすくなるのです。


末木紳也

MBAについては30年前から箔がつくと人気でしたが、ビジネススクールが乱立し、供給過多気味に。たとえMBAを持っていても結局は何ができるかを問われるため、企業はあまり重視していないようです。日本の企業文化にも根付きませんでした。


川村隆

悪い事業は悪くはっきり見せて、直すか潰すかしなきゃいけない。良い事業がそれを補っちゃって、何となく、そこそこいいような格好にしておくのが一番良くない。


間川清

謝罪で一番大切なのはガス抜きだと思います。感情をストレートに出してくるタイプは実は怖くない。言いたいことを言ってもらってガス抜きできれば、相手の心に空間が生まれ、そこに謝罪の言葉が入り込む余地ができるからです。まず心のキャパシティを空けてもらい、それから謝罪の言葉を述べる。これが一連の流れです。一番やってはいけないのは、過失の理由や自分たちの事情を一方的に話すこと。相手がこちらの話を聞くばかりでは、むしろ怒りが大きくなります。


木本茂

組織においてはリーダーが大事であり、トップのリーダーシップによって1+1が3にも4にもなるような舵取りが大事。


小山昇

自分の仕事や部署の数字を知っているだけでは駄目です。様々なデータと成績を分析して重要な成功要因を見つけてこそ、初めて数字を読んだといえます。因果関係を見つけ出すことが、数字を読むということなのです。