名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三原淳雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三原淳雄のプロフィール

三原淳雄、みはら・あつお。日本の経済評論家。満州国生まれ、大分県育ち。九州大学経済学部卒業、ノースウェスタン大学経営大学院留学。日興証券ロサンゼルス支店長などを経て三原淳雄事務所(のちのインパルス)を設立。そのほか、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会特別顧問、社団法人日本商品投資販売業協会理事などを務めた。

三原淳雄の名言 一覧

日常生活で得た情報を見つめなおすと、投資に役立つということがあります。たとえば、自分が転職したい会社を探せばいいんです。転職先となると目先の給料のよさではなく会社の将来性が気になるはず。事業内容や経営者の人柄にだってこだわって探すのではないでしょうか。そこで本当に転職したい会社が見つかったら、それこそが投資対象にふさわしい銘柄です。


バフェットの有名な言葉に「買うのは企業であって株ではない」があります。ピーター・リンチも同じような発言をしているので、これを株で資産形成するための鉄則と位置づけてもいいでしょう。ほとんどの投資家は、株価の動きや経済動向に目を奪われ、発行している会社の価値をきちんと把握していない。バフェットは自分がオーナーになったつもりで徹底的に調べます。そして将来性があるとなれば、一生持ち続けることを前提に買うのです。


強調したいのは、株式投資の3つの基本スタイル。「インベストメント」は売りを考えない長期投資。「トレーディング」は売買差益を得るためのテクニック。「スペキュレーション」はより賭けの要素が強い投機。漠然と「株をやる」ではなく、どういうスタンスで市場と向き合うかを考えてください。


三原淳雄の経歴・略歴

三原淳雄、みはら・あつお。日本の経済評論家。満州国生まれ、大分県育ち。九州大学経済学部卒業、ノースウェスタン大学経営大学院留学。日興証券ロサンゼルス支店長などを経て三原淳雄事務所(のちのインパルス)を設立。そのほか、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会特別顧問、社団法人日本商品投資販売業協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

青野慶久

現在は、優秀な経営者が一人ですべてを差配することで勝てる時代ではない。私はそう見ています。


内藤誼人

謝ることで株を上げるチャンスは、自分がミスしたときだけに限りません。目の前で後輩が上司に怒られている……そんなときに、絶妙なタイミングで助け舟を出してあげるのです。例えば、「僕の指示が悪かったかもしれません……」「僕がちゃんと見てあげられなかったので……」といった感じ。上司は、当事者ではないあなたを強く怒ることができません。たちまち怒りが治まると同時に、かばってもらった後輩からは厚い信頼を、さらに社内では「あいつは男気のあるやつだな」という高評価をガッチリ得ることができます。もちろん、社内でうまく立ち回る力=「社渡り力」も高まります。


平野耕太郎

製品力を強化することはもちろんですが、新車販売のみならず、部品・サービス、中古車、レンタル、ファイナンスなどのバリューチェーンを拡充することも重要。世界中の建設・鉱山現場では現場環境、用途や工期など、お客様の多様なニーズに見合う最適解をバリューチェーン全体から提案できることが重要です。


江上剛

銀行員時代、年を取っても変わらず、上の人に言いたいことを言っていましたね。これだけズケズケ言えば、普通は干されると思いますよね。でも、じつはそれでも出世したんですよ。最終的には支店長になり、役員一歩手前まで来ていたことも人事から聞きました。なぜ認めてもらえたのか。それは、単純に熱かったからだと思います。私は、何でもかんでも空気を読まずに反発していたわけではありません。反論するのは、本当に疑問に思ったり、銀行のためにならないと考えたりした時。上司を個人攻撃しようという気はまったくありませんでした。だから、必ず反対するだけでなく、対案を出すようにしていましたね。また、何か提案した時に1回否定されたとしても、諦めずに何度も言っていました。アフター5に酒を飲んでいる時でも、「あの件ですが……」としつこく話題に出していました。こういうことをしていたら、上司や年長者から、「言うこと聞かないけど、熱くて、面白い奴だ」といわれるようになった。それで、いろいろな役職を任せてもらえたのです。


中山マコト

企画立案のタブーは自分の想像、つまり思い込みでつくることです。自分の頭のなかだけで無理やり企画をひねり出そうとするのは、驕りであり、これほど相手に対して失礼なことはありません。


名越康文

イソップ寓話の「すっぱい葡萄」をご存じでしょうか。キツネが木に実った葡萄を見つけます。何度もジャンプして、取ろうとするものの届かなかったため、最後は「あの葡萄はどうせ酸っぱい」と自分を納得させるというお話です。他人がうらやましく見えるときは、この寓話を活用してもいいと思います。周りの人気者を見たら、「あの人は、すっぱい葡萄だ」と考え、自分は自分にできることをやるのです。


山口悟郎

どこの会社だって数字は厳しく追求します。おかしなことになる可能性はどこにでもあるといっていい。だから、当たり前のことでも指針を理解し、常に確認することが大切。


荻野勲(経営者)

世界の人々の健康をサポートするには、まずは自身が健康でなければならない。


原田泳幸

大事なのは「客数×客単価」の結果である「既存店売上高(新規店を除いた売上高)」を伸ばすことです。値上げによって客単価を引き上げるときに、客数が落ちますね。その客単価上昇による売上の上げ幅と、客数減による売上の落ち幅が等しければ、成長はできません。2つの指標を上下させながら、少しずつベースラインを上げていくナビゲートが必要なんです。もちろん、値上げに欠かせないのは、その価格に見合うまで「価値」を上昇させることです。


金川顕教

僕の行動と目標達成が早い理由はCAPD(検証・改善・計画・実行)だと思います。何かやりたいことがあっても計画倒れか三日坊主で終わっちゃってる人って多いですよね。それは計画を立てるところからはじめているからなんです。僕も起業するとき、計画から立てようとしたら厳しかったと思います。起業したこともないのに、どんな事業をやればいいのか、何からやればいいのかわからないですよね。計画って自分主体になるので、目標を立てても方法がわからないとか不安があるとか、そういうところで止まってしまいがちなんです。それなら成功している人を探して、どんなことをどういう風にやっているのか評価・検証してから、自分流に実行していくほうが断然早く進みます。


中原淳

経験学習をよしとする理論家や実務家は、経験の力を絶対視しがちです。しかし、それは間違いです。


クリスティアン・クルツケ

マイセンは、18世紀にアウグスト国王の命によって設立されて以来、つねに磁器製作のパイオニアとなることをめざしてきました。今回、300周年の記念事業のために来日しましたが、次の300年のビジョンについてもすでに準備が進められています。マイセンの歴史は研究の歴史でもあります。