名言DB

9413 人 / 110706 名言

三原淳雄の名言

twitter Facebook はてブ

三原淳雄のプロフィール

三原淳雄、みはら・あつお。日本の経済評論家。満州国生まれ、大分県育ち。九州大学経済学部卒業、ノースウェスタン大学経営大学院留学。日興証券ロサンゼルス支店長などを経て三原淳雄事務所(のちのインパルス)を設立。そのほか、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会特別顧問、社団法人日本商品投資販売業協会理事などを務めた。

三原淳雄の名言 一覧

日常生活で得た情報を見つめなおすと、投資に役立つということがあります。たとえば、自分が転職したい会社を探せばいいんです。転職先となると目先の給料のよさではなく会社の将来性が気になるはず。事業内容や経営者の人柄にだってこだわって探すのではないでしょうか。そこで本当に転職したい会社が見つかったら、それこそが投資対象にふさわしい銘柄です。


バフェットの有名な言葉に「買うのは企業であって株ではない」があります。ピーター・リンチも同じような発言をしているので、これを株で資産形成するための鉄則と位置づけてもいいでしょう。ほとんどの投資家は、株価の動きや経済動向に目を奪われ、発行している会社の価値をきちんと把握していない。バフェットは自分がオーナーになったつもりで徹底的に調べます。そして将来性があるとなれば、一生持ち続けることを前提に買うのです。


強調したいのは、株式投資の3つの基本スタイル。「インベストメント」は売りを考えない長期投資。「トレーディング」は売買差益を得るためのテクニック。「スペキュレーション」はより賭けの要素が強い投機。漠然と「株をやる」ではなく、どういうスタンスで市場と向き合うかを考えてください。


三原淳雄の経歴・略歴

三原淳雄、みはら・あつお。日本の経済評論家。満州国生まれ、大分県育ち。九州大学経済学部卒業、ノースウェスタン大学経営大学院留学。日興証券ロサンゼルス支店長などを経て三原淳雄事務所(のちのインパルス)を設立。そのほか、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会特別顧問、社団法人日本商品投資販売業協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

仕事しかない人生を送ってきた人は、定年を迎えた瞬間に何もかも失います。その後に待っているのは、寂しい老後です。私はそれが嫌だったから、管理職時代から毎日夕方6時に退社し、病気の妻の看病と3人の子供の世話をしながら、家族ときちんと向き合ってきた。家族だけでなく、会社以外の友人や地域社会とのつながりも大事にしてきました。70代になった今、そうした人たちとの横の結びつきが、私にとって非常に大きな財産になっています。


シャルル・ド・ゴール

人間は偉大になろうと決意して初めて偉大になれる。


エディ夫人

真理は不滅である。過失は致命である。


織田大蔵

あれもこれもに手を出す奴は、器用貧乏といって、大きな金儲けはできない。人間的にも大成はしないだろう。小さな儲けは、小さい者にくれてやれ。小さい儲けを見つけて、あれも欲しい、これも欲しいでは、大きな儲けが逃げてしまう。


五木寛之

自分で考え、ケアしないで、いったい誰が助けてくれるのか。


堀史朗

心の疲労の原因が「上司との関係」だった場合、一番の解決策はその上司と違う部署に移ることです。ただ、そう簡単にはいきませんので、その場合は「上司の言うことを適当に聞き流す」ことをお勧めしています。


山崎元

結構バカに出来なくて、オヤジ殺し(たらし)ができると時間を短縮できる。取引先や自社の社長などに上手に取り入っていると、直接えこひいきはしなくても、人を紹介してくれるとか仕事のヒントをくれるとか、何かと助かることに。


加藤進(住友商事)

いい会社にしよう。そうすれば、賃金も、働く環境もよくなる。時間をかけて、言葉を尽くして話し合った。そして従業員は納得してくれたのです。その結果、会社の経営は軌道に乗り、黒字になった。最後は、和気あいあいとした素晴らしい会社になりました。
【覚書き|アメリカのミシガン・スティール・プロセッシングに出向し経営再建を成し遂げた当時を振り返っての発言】


小倉昌男

自分に合った理想の仕事を探すのではなく、目の前にある仕事に惚れることが大事だ。最初は意に染まないと思っていた仕事でも、やっているうちにおもしろくなるということはいくらでもある。与えられた仕事に惚れようと思ったら、まずはその仕事と社会との接点に目を向けてみるのも一つの方法だと思う。


モンテーニュ

運命は我々を幸福にも不幸にもしない。ただ、その材料と種子とを、我々に提供するだけだ。


スティーブン・コヴィー

自然界において相乗効果はいたるところで見られる。2本の木材を重ねれば、一本一本で支えられる重量の和より、はるかに大きな重量を支えることができる。つまり、合計が各部分の和を上回っているということであり、1+1が3、あるいはそれ以上の結果になっているということだ。


渡辺謙

先輩から学ぶことは大切だけど、100%真似ることはできません。やっぱり最後は、それを自分なりにどう消化して仕事や人生に活かしていくかでしょう。


桐山一憲

重要なのはセグメントによって微妙に異なる消費者の姿を本当に理解することです。我々の事業の基本はそれに尽きるのです。


ロバート・キャプラン

経営会議では、業務や戦術といった短期課題の議論に終始してはならない。業務上の関係者が問題を議論し、解決することは大切です。しかし、当面の課題にばかり時間を投じると企業は過ちをおかします。業務上の問題を扱う会議と、戦略をレビューする会議とを分けることが戦略の遂行には不可欠です。


大橋未歩

取材で何よりも大事なのは、「お話をお聞きしたい」という気持ちを、ストレートに伝えることです。一流の方でも、真剣に向かっていけば、真剣に応えてもらえるものです。