三原淳雄の名言

三原淳雄のプロフィール

三原淳雄、みはら・あつお。日本の経済評論家。満州国生まれ、大分県育ち。九州大学経済学部卒業、ノースウェスタン大学経営大学院留学。日興証券ロサンゼルス支店長などを経て三原淳雄事務所(のちのインパルス)を設立。そのほか、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会特別顧問、社団法人日本商品投資販売業協会理事などを務めた。

三原淳雄の名言 一覧

バフェットの有名な言葉に「買うのは企業であって株ではない」があります。ピーター・リンチも同じような発言をしているので、これを株で資産形成するための鉄則と位置づけてもいいでしょう。ほとんどの投資家は、株価の動きや経済動向に目を奪われ、発行している会社の価値をきちんと把握していない。バフェットは自分がオーナーになったつもりで徹底的に調べます。そして将来性があるとなれば、一生持ち続けることを前提に買うのです。


強調したいのは、株式投資の3つの基本スタイル。「インベストメント」は売りを考えない長期投資。「トレーディング」は売買差益を得るためのテクニック。「スペキュレーション」はより賭けの要素が強い投機。漠然と「株をやる」ではなく、どういうスタンスで市場と向き合うかを考えてください。


日常生活で得た情報を見つめなおすと、投資に役立つということがあります。たとえば、自分が転職したい会社を探せばいいんです。転職先となると目先の給料のよさではなく会社の将来性が気になるはず。事業内容や経営者の人柄にだってこだわって探すのではないでしょうか。そこで本当に転職したい会社が見つかったら、それこそが投資対象にふさわしい銘柄です。


三原淳雄の経歴・略歴

三原淳雄、みはら・あつお。日本の経済評論家。満州国生まれ、大分県育ち。九州大学経済学部卒業、ノースウェスタン大学経営大学院留学。日興証券ロサンゼルス支店長などを経て三原淳雄事務所(のちのインパルス)を設立。そのほか、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会特別顧問、社団法人日本商品投資販売業協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤原和博

世の中には「信用される人」と「信用されない人」とがいます。人は、「あの人の言うことは間違いない」と、理性によって相手を「信頼」し、また「彼(彼女)の取った行動はもっともだ」と、感情面で「共感」することによって、相手を「信用」します。つまり「信用」とは「他者から与えられる信頼と共感の関数」と定義することができます。仕事で言えば、他者からの信用が大きければ大きいほど、より重要なミッションを任せられる可能性が高まり、裁量の範囲や自由度も拡がっていくのです。


高岡浩三

今、短時間で生産性を上げる、働き方改革が国を挙げて推進されています。企画書にしろ、報告書にしろ、目的が不明確で時間を奪うだけならば、一度やめてみてはいかがでしょうか。


清水亮

プログラミングを学ぶと「論理的な思考」「情報を適切に分類し、活用する方法」「最少の手間で正確な仕事をこなすための思考法」「知らない人と知恵を共有する方法」などが身につきます。


安達稔

過去何度となく襲われた厳しい状況を乗り越えられてこられたのは、経営者に志があったからです。その志のもとに全社員が結集し、一丸となって難局を乗り切っていく。そうした機運が会社の中にみなぎっていましたし、日本の企業社会全体がそういう空気に満ちていました。


八田英二

総合学園というと、学校が寄り集まっているイメージがあるかもしれませんが、同志社の場合は、単に集まっているだけでなく、教育の根本のところでつながっています。どの学校に入ろうとも、同じ教育の理念のもと、学生たちは育っていきます。また、幼稚園から大学まで一貫して同志社という一団だけでなく、大学から同志社に入学する一団が存在するのも、学校全体に大きな活力をもたらしています。


茂木健一郎

日本はいま、社会的にも経済的にも厳しい状況にあります。従来経済をけん引してきたはずの製造業も、いまは苦しい立場に陥っています。この局面を乗り越えるには、創造性のスキルを身につけることが何より大切になってきているのです。


北尾吉孝

私は経営理念として「金融業界のイノベーター(革新者)たれ」、投資事業については「新しい産業を興していく」と掲げています。いかなる状況であれ、どちらもそうあり続けなければならない。


寺尾玄

自分を偽らず、貫く。それで世の中が認めてくれないなら仕方ないと思うしかない。


福島文二郎

東京ディズニーランドのオープン当初、園内の清掃を担当するカストーディアルという仕事は「きつい、きたない」と見なされて、配属された従業員のなかには泣いて嫌がる人もいるほどの不人気職種でした。これでは、とても高いモチベーションで働くことなどできません。ところが現在では、カストーディアルはアルバイトの採用募集に人が詰めかけるほどの人気職種です。なぜなら上司や先輩たちが、後輩たちにこの仕事の重要性を繰り返し伝えたからです。「カストーディアルはただの清掃担当ではない。パークを自由に歩き回れる立場を活かして、困っているゲストのお手伝いをしたり、パークを清潔に管理してゲストに喜んでもらうための大切な仕事なんだよ」と。自分の仕事の重要性を認識したことで、配属された人たちは誇りをもって働くようになり、当然モチベーションも高まりました。


宮田孝一

グローバル化が進む中で、自分の国の歴史や文化、価値観を理解できていなければ、異文化の人々の立場を的確に認識できないと思います。


工藤公康

具体策と、なぜそれをするのかという根拠を丁寧に話してくれる人は信用できる。


中澤佑二

高校卒業後、スポーツバッグひとつでブラジルに行きました。すると、「裸でやれ」って言うんですよ。「いや、それはムリ」って断ったら、ボロボロの練習着を渡された。「オマエは日本人だからこれを着ろ!」ってね。他の選手たちは皆、ピカピカのユニホームを着ているんです。オレだけ破れたシャツやインナーが見える裂けたパンツ。まるでチャイナドレスですよ。そんなことばかりだから、最初の3か月はずっと日本に帰りたいと思っていた。サッカーもうまくならないし。でも夢があったからランニングにしても、ずっと先頭で走っていた。すると、いつの間にかほかの選手が声をかけてくれるようになり、練習でもパスがくるようになったんです。そのときに思いました。ふてくされずにまじめに頑張っていたら、いつかは認めてくれるんだなって。それは日本もブラジルも同じかもしれないですね。


冨安徳久

全ての出会いは縁によって成り立っている。


村尾隆介

一般的に会社のブランディングってロゴを変えたりとか、印刷物をきれいにするとか思われているみたいですけど、それはちょっと違います。それだけでは足りないです。もちろん、それだけで会社のプレゼンテーションの仕方も、随分変わってはくるんですけど。社員さんがそれについてこない。そういうケースは多々あります。


鈴木喬(経営者)

重要なことは、経営トップに会うことです。下の人に会って人脈を作っても、人事異動でどこかに行ってしまい、それまでの苦労が水の泡になります。いかに経営トップに会うか、新人の時から心がける必要があります。


ページの先頭へ