名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三井高房(三代目三井八郎右衛門)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三井高房(三代目三井八郎右衛門)のプロフィール

三井高房(三代目三井八郎右衛門)、みつい・たかふさ。江戸中期の豪商。のちに「三井財閥」を形成した「三井家」の基礎を固めた人物。

三井高房(三代目三井八郎右衛門)の名言 一覧

人の心は、元小(もとちい)さくもって、その業(わざ)にいたって、大きく延ばし、畢竟(ひっきょう)、傘のように心得申すべく候。


三井高房(三代目三井八郎右衛門)の経歴・略歴

三井高房(三代目三井八郎右衛門)、みつい・たかふさ。江戸中期の豪商。のちに「三井財閥」を形成した「三井家」の基礎を固めた人物。

他の記事も読んでみる

溝口勇児

「どんな課題を解決するのか」を考え続けること。ビジネスの外枠より、中身のあるビジョンを持つことが大切。


栗山浩一(経営者)

当社は顧客が多岐に広がっています。お客様からご相談を受けると最初の企画コンセプトの段階から議論を深めて最高の解決策を導き出します。長年積み上げた経験とノウハウを駆使して理想の姿を具現化させるのが当社の企画力です。またデザインや施工も社内スタッフだけでなく、優秀な外部人材や協力企業のネットワークが全国にあり、あらゆる課題解決に応えられる自負があります。


浅野秀則

諦めないこと。でも、諦めるべきことは諦めなきゃいけない。一番まずいのは、自分のアイデアに溺れてしまうことです。自分がウーロン茶の輸入業で失敗した時と同じです。うまくいくことだけじゃなくて、うまくいかなかった場合のことも考えられるようにしておかないとだめですね。


大八木成男

58歳になってから猛烈に仕事をしたんです。もう第4コーナーを回ったんだから、最後の直線を全速力で駆け抜けるんだと。12時前には家に帰らない。ともかく仕事をやるんだと。過去、年上の上司をそう言ってたきつけてきたので、自分も最後は駆け抜けなければ。そんな思いでこの数年を生きてきました。


神田正

先日、アルバイトの女子大生から「瓶ビールがよく売れている理由、会長は分かりますか?」と聞かれました。生ビールより割高な瓶ビールが、よく注文されていることは私も知っていました。しかし、理由までは分からなかった。答えを聞いてみると、「瓶ビールは互いに注ぎ合ったりして、自然にコミュニケーションができるからです」と教えてくれました。現場の目というのは確かです。複数人でちょい飲みをするお客様の動向をしっかりととらえていて、ほんとうに感心しました。


大江英樹

誰にでもあてはまる正解がない中では、何より経験を重ねて自分なりの方法を見つけていくことが重要になる。


川邊健太郎

評価が1カ月単位だと、「1力月の間に何とかしよう……」と、夏休みの宿題にも似た状態に陥ってしまう。でもこれが1日単位になれば、毎日15時頃には、「今日の目標を達成するために何とかしなくては」と考えるでしょう。こうすると、仕事にスピードとリズムが生まれます。その結果、サイトの改修など以前は半年かかっていた仕事が1カ月でできたり、取引先から「レスポンスが早くなった」と褒められたり、目に見える効果が出始めています。


須田将啓

一人のパーソナルショッパーだけならプロには太刀打ち出来ないかもしれませんが、世界中の人が出すことで良いものが集まり、それがトレンドになっていく。個人が束になって、プロを凌駕してしまっているのがバイマの強みです。


松本大

昔はボールペンで手帳に書き込んでいましたが、いまはシャーペンを愛用しています。社会人になり、経営者になってリスケジューリングが多くなりましたから、書いては直しができるほうがいい。ボールペンは文字がにじんで潰れてしまうことがあるので、ほとんど使いません。


高橋浩一(ビジネスコーチ)

役職や職場に関係なく、本気で周囲の協力を得るには、まずは自分から言い出しっぺになって、率先して行動することです。人に働きかけるには、少なからず自分に責任を伴うことが必要なんです。ただし注意したいのは、いきなり偉大なリーダーの行動を目指すのではなく、まずは、自分にできる小さな一歩からでも、行動していくことが大事なのです。


山口周

世の中はグローバル化が進んでいると言いますが、世界の貿易統計を見ると明らかにローカル化が進んでいる。併せて、「ポピュリズム」「保護主義」「人種差別」も台頭している。こうしたことに気づくことが教養であり、「グローバル化が必要だ」と言っている発信源に対して、検証や批判が必要になる。そのためには「1人で学ぶ力」をつけることが大切だと思うのです。


永持孝之進

私は無理に勉強したのではなく、立場立場におかれた時、必要に迫られてやる勉強。仕事に成長させてもらうんですね。