名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三井高利の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三井高利のプロフィール

三井高利、みつい・たかとし。江戸中期の豪商。三井財閥の基礎を作った人物。伊勢国(のちの三重県)出身。呉服店・越後屋(のちの三越)を経営し、当時主流であったツケでの販売を止め、現金での安値販売を行った。また、反物の切り売りなど新しい販売方法を実践し店を繁盛させた。その後、両替商も開業し、商売を大きく成長させた。

三井高利の名言 一覧

商売は見切り時が大切であることを心に留め置け。


勤めを苦労と心得ては、おびただしき間違えに候。


商売は決断力を最も必要とする。見切ることによって、たとえ一時的な損失があっても、後日にいたってより大きい損失を受けるよりは良い。


主人は一家のことについては、上下大小の区別なく、すべてに通じるよう心掛けよ。


賢く有能な者を登用するよう最大の注意を払うこと。登用に当たっては、不平や怨嗟の声が上がらないようにせよ。


同族の子供は、一定の年齢に達するまで奉公人と同様に扱い、番頭・手代の下で働かせよ。決して主人のような待遇をしてはならない。


単木は折れやすく、林木は折れ難い。汝ら相協力して家運の強固を図れ。


堅く奢侈(しゃし)を禁じる。厳に倹約を心掛けよ。


三井高利の経歴・略歴

三井高利、みつい・たかとし。江戸中期の豪商。三井財閥の基礎を作った人物。伊勢国(のちの三重県)出身。呉服店・越後屋(のちの三越)を経営し、当時主流であったツケでの販売を止め、現金での安値販売を行った。また、反物の切り売りなど新しい販売方法を実践し店を繁盛させた。その後、両替商も開業し、商売を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

石渡美奈

広告代理店の営業のアルバイトは、消極的な気持ちで始めた仕事でしたが、意外にも営業の仕事は性に合っていました。私にもできることがあったと嬉しくなり、のめり込んでいきました。


齋藤孝(教育学者)

話し上手な人が雑談上手というわけではありません。雑談力とは流暢に話すスキルではありません。雑談とは場の空気を作り出す技術のこと。たとえ口下手でも、朴訥な話し方で場を和ませる人もいますし、自分はほとんど話さず、相づちを打つだけで雑談を盛り上げる人だっているのです。


草刈貴弘

円高が企業収益に影響を与えるのは間違いありません。でも、それが本質的な企業価値にどう影響しているのかをきちんと見なければなりません。円ベースでは価値が下がっていても、実際にビジネスを展開している現地通貨ベースで伸びているかもしれませんから。


猪瀬直樹

新しい現象が出てきたら、アタマで判断をくだして否定する前に、まず試してみる。たとえば話題の新商品があったら、実際に買って使ってみる。人気のスポットがあったら、ひとまず足を運んでみる。こうやって自分から流行の中に入れば、新しい何かが見えてくるはず。


藤巻健史

極的な資産運用とは「今後、強くなる国は、どこか」を見極められるかどうかの勝負なのである。日本だけで運用を考えている人は、後塵を拝することになる。


森岡毅

消費者を理解するために重要なのがマーケティングです。業種は何であれ、企業は今すぐマーケティングの大切さを理解する必要があります。消費者の根源的な欲求を理解すれば、解決策、つまりイノベーションは起こせるはずです。


村石久二

何と言っても、男女区別なく、若手にもどんどん仕事を任せる風土が自然に人を育てているのだと思います。人事部を中心に社員一人ひとりと面談し、把握することで、個々の能力や持ち味を最大限に発揮できるような配置に努め、グループ間の人事異動なども積極的に進めています。


吉野真由美

アポイントは、商談の約束を取りつけるためではなく、最後に契約をいただくための活動です。そのためには、「自社の商品やサービスが足りないがために悩んでいそうなのは誰か」を考えることです。そうした「現場で悩んでいる人」こそが、アポがとれて、最終的に契約に結びつく人なのです。


前田東一

計画の実現には、何よりも経営者の強い意志が不可欠です。私も「やり抜く」という強い意志を持って、当社グループの成長を牽引していきます。


国部毅(國部毅)

よく銀行ってあまり成長しないとか、いわれるじゃないですか。僕はそんなことないと思うんですよ。面白いと思いますね。エキサイティングですよ。もちろん簡単な環境じゃないけど、非常に取り組みがいがある。


大串亜由美

一生懸命話しているのに、聴き手はみんな下を向いてしまっている。それをみて心が折れ、「とにかく早めに終わらせよう」と投げやりになってしまう。そんな失敗を経験したことはないでしょうか。聴き手の顔が下がっていたら、上げさせる工夫をしなければいけない。


小山五郎

最近は仕事即人生ということで立ち向かおうとする人が多いですが、こういう人は案外挫折してしまうものです。人間というのはそんなに強いものではない。自分に割り当てられた時間をうまく配分して、逃げ込み場所にどう使うかということが大事なのです。私にとって、逃げ込み場所は画なのですが、登山でも、ゴルフでも、酒でも、何でもいいから逃げ込み場を作ることです。しかし、それらにのめり込み過ぎると、せっかくの逃げこみ場所がそうでなくなってしまう。そのへんは欲しくても我慢する克己心が必要になってくるということだと思います。