名言DB

9490 人 / 112001 名言

三井高利の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三井高利のプロフィール

三井高利、みつい・たかとし。江戸中期の豪商。三井財閥の基礎を作った人物。伊勢国(のちの三重県)出身。呉服店・越後屋(のちの三越)を経営し、当時主流であったツケでの販売を止め、現金での安値販売を行った。また、反物の切り売りなど新しい販売方法を実践し店を繁盛させた。その後、両替商も開業し、商売を大きく成長させた。

三井高利の名言 一覧

商売は見切り時が大切であることを心に留め置け。


勤めを苦労と心得ては、おびただしき間違えに候。


商売は決断力を最も必要とする。見切ることによって、たとえ一時的な損失があっても、後日にいたってより大きい損失を受けるよりは良い。


主人は一家のことについては、上下大小の区別なく、すべてに通じるよう心掛けよ。


賢く有能な者を登用するよう最大の注意を払うこと。登用に当たっては、不平や怨嗟の声が上がらないようにせよ。


同族の子供は、一定の年齢に達するまで奉公人と同様に扱い、番頭・手代の下で働かせよ。決して主人のような待遇をしてはならない。


単木は折れやすく、林木は折れ難い。汝ら相協力して家運の強固を図れ。


堅く奢侈(しゃし)を禁じる。厳に倹約を心掛けよ。


三井高利の経歴・略歴

三井高利、みつい・たかとし。江戸中期の豪商。三井財閥の基礎を作った人物。伊勢国(のちの三重県)出身。呉服店・越後屋(のちの三越)を経営し、当時主流であったツケでの販売を止め、現金での安値販売を行った。また、反物の切り売りなど新しい販売方法を実践し店を繁盛させた。その後、両替商も開業し、商売を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

日本的経営の長所は、長期的な視点で物事を判断する点にある。短期の業績に多少のしわ寄せがあっても、長期で企業が成長できればいいという考え方は決して間違っていない。


笹山尚人

職場のパワハラを訴えることは健全なことですが、それによって本人が望む「いい職場環境で働く」ことに必ずしも結びつくとは限りません。ご本人が精神的、経済的に困窮した立場に追いやられるのであれば、転職などが次善の解決策となる場合もあります。


川上一郎(ライフプランナー)

最初、保険の説明はもちろんしますが、それよりも「お客様が気がかりなこと」をうかがいます。仕事のことでも実家のご両親のことでも、とにかくその方が一番不安に思っていることは何かを知ることが第一歩です。


湯川れい子

スーパースターだって一人の人間であることに変わりはありません。流す涙は同じ色ですし、別れのつらさにもだえることもあります。普段は他人に決して見せない姿を垣間見せたり、悩みを打ち明け合ったりした時に、初めて心の「ひも」が解けるんでしょうね。


道尾秀介

作家になってから心に決めているのは、自分が読み返したときに気持ちよくない作品にはしたくない、ということです。営業マンのときもそうでしたが、ひとつひとつの仕事で何かやり残したことがあると、あとで面白くないでしょう。だから、すべてをやりきって、その本を現時点での最高傑作に仕上げたい、といつも考えています。


五郎丸歩

誰がスタメンでも、日本代表チームの根底に日本人の特性があることに変わりはありません。その一つが、根気強さだと思います。これは、世界一でしょう。


苅谷道郎

私が仕事の中で最も大事にしているのは、「考える時間」です。それは一週間のスケジュールを見ればわかります。定例会議の類はすべて月曜日と金曜日に集中させ、水曜日は強制的に何も予定は入れない。とことん考えることに集中するためです。


一川誠

仕事というのはすべてうまくいくことは稀ですから、常に見直しを迫られます。不測の事態が起こったときには、あまりに細かく時間を決めていると対応できないケースが出てくる。適当なタイプのほうが、臨機応変に物事に対応できるというメリットもある。


西水美恵子

日本に在留する期間は短いですが、メル友たちが全国にいっぱいいます。インターネットで検索して、ブログなどに私の本の感想を書いている方を見つけるとメールを出します。社会人は変な遠慮が出るようですが、高校生や大学生はじゃんじゃんメールを返してくれます。中には小学6年生もいます。日本人は何を考えているのか、ネットエージャーから感触を得ることができます。


村山由佳

自分はどういう状態が最も幸福なのかをあらかじめ自覚しないと、幸せにはなれない。イメージを持っている人にしか、幸せはやって来ない。


ジェームズ・ダイソン

若いエンジニアは皆、世界を変える技術を開発したいというエネルギーを持っています。私の役割は、彼らのやりたいことを聞いて「頑張ったらいいんじゃないか」と背中を押してあげることしかありません。すごくシンプルなことです。


伊藤隆行

僕の場合、飲みの席での雑談が多い。いいことを聞いたら、すかさずカバンから手帳を出して、「僕、すぐ忘れちゃうんで、メモさせてください~」なんて言いながら、書くようにしています。