名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三井高利の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三井高利のプロフィール

三井高利、みつい・たかとし。江戸中期の豪商。三井財閥の基礎を作った人物。伊勢国(のちの三重県)出身。呉服店・越後屋(のちの三越)を経営し、当時主流であったツケでの販売を止め、現金での安値販売を行った。また、反物の切り売りなど新しい販売方法を実践し店を繁盛させた。その後、両替商も開業し、商売を大きく成長させた。

三井高利の名言 一覧

商売は見切り時が大切であることを心に留め置け。


勤めを苦労と心得ては、おびただしき間違えに候。


商売は決断力を最も必要とする。見切ることによって、たとえ一時的な損失があっても、後日にいたってより大きい損失を受けるよりは良い。


主人は一家のことについては、上下大小の区別なく、すべてに通じるよう心掛けよ。


賢く有能な者を登用するよう最大の注意を払うこと。登用に当たっては、不平や怨嗟の声が上がらないようにせよ。


同族の子供は、一定の年齢に達するまで奉公人と同様に扱い、番頭・手代の下で働かせよ。決して主人のような待遇をしてはならない。


単木は折れやすく、林木は折れ難い。汝ら相協力して家運の強固を図れ。


堅く奢侈(しゃし)を禁じる。厳に倹約を心掛けよ。


三井高利の経歴・略歴

三井高利、みつい・たかとし。江戸中期の豪商。三井財閥の基礎を作った人物。伊勢国(のちの三重県)出身。呉服店・越後屋(のちの三越)を経営し、当時主流であったツケでの販売を止め、現金での安値販売を行った。また、反物の切り売りなど新しい販売方法を実践し店を繁盛させた。その後、両替商も開業し、商売を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

桜井正光

新しいことにチャレンジし、付加価値を増大させていくしかない。古いものは捨てて、新しいものに入れ替えていく。


江上治

売れない営業マンが売れる営業マンに変われない5つの理由

  1. 自分の価値を知らない。
  2. 売れない状態を、自分が選択してきたものとの自覚がなく、他の人、他のもののせいにする。
  3. 自分が提供できる価値と社会の望んでいる価値がミスマッチしている。
  4. 仕事や人生の設計図をつくらず、なんとなく毎日を過ごしている。
  5. メンターやロールモデル(お手本)がいない。

喜多あおい

情報感度をアップさせたいならデパート巡りがお勧めです。私は、欲しい商品が置いてある売り場だけでなく、最上階からデパ地下まで時間の許す限り、すべてのフロアを見て回ります。長いときは、4〜5時間滞在することもありますね。デパート全体を見れば、時代のムード、世の中の風を感じ取れます。


富岡賢治

国からの交付金をあてにして、横並び意識の強い自治体は多いです。これも結局は市民から追いつめられた時に、首長さんが「国が言っているから仕方ない」と言い訳できるというのが一番なのではないでしょうか。


田原総一朗

私は滋賀県の出身で近江商人の末裔なのですが、「運・鈍・根」というのを幼いころからよく祖母に聞かされました。一番大事なのが運。その運を開くには、鈍、つまりバカになる。近道をしない、要領よくやらない、小賢しいことをしない、ということです。そして、根、根気よく。鈍になって根になれば、運は開けてくるものだと。


宮内謙

ニュースを世に送り続け、常にユーザーの関心が集まるよう努めることも、企業努力のひとつ。


古賀信行

新人時代、私は人事の仕事が長かったのですが、その後、引受部に移りました。部内会議に出席すると、そこで交わされる話は、言葉の3から4割程度しか理解できませんでした。意味不明の打ち合わせをしている。新しい部署に移って2から3か月は、わからない苦しみを味わいました。顧客からの電話を受けたときは最悪です。相手は当然、こちらが理解しているものとして話を進めてくる。とにかく冷や汗ものでした。しかし、あるとき「そんなことを急に言われてもわかりません」と言ったときに、自分の中で踏ん切りがつきました。つまり、きちんと調べて、改めて連絡すればいいという踏ん切りです。


椎木隆太

トーク、動画、資料など、プレゼンツールそれぞれに情報をすべて盛り込むと、冗長になって相手は退屈します。それぞれのツールで役割分担させ、何を伝えるのかを絞ること。実績や作品事例を無理に詰め込むより、別途用意しておき、必要に応じて参照してもらえばいい。すべて書き込まないほうが、相手の反応次第でフレキシブルに対応できますし、実際、そのほうが面白いものが生まれることが多い。


加藤順彦

資本の参画先を選ぶときに決めている条件があります。それは、自分より若い起業家に投資することです。若い世代に投資して、新しい産業をアジア規模、世界規模でつくっていく。それが、いまの自分の使命だと思っています。


小川賢太郎

ゼンショーホールディングスでは、イレギュラーな事項について「1時間以内報告」を義務付けています。その趣旨は「1時間」という時間が問題なのではありません。即刻という意味です。綺麗に整えられた報告書を作成してから情報を届けたのでは遅すぎます。そこでゼンショーでは「こういう問題が起きました」と即刻に報告するルールなり、仕組みになっているのです。しかしそれでも正直に申し上げて、報告が遅れたりすることがあるわけです。ですから、言うは易しで、実際に、全組織に徹底することは難しいものなのです。


神野直彦

我々が考えなくてはならないことは物事の本質をどう捉えるか。貨幣とは何だったのか、社会とは何だったのか、最終的には人間とは何だったのかという基本的な問いを発しないと抜けられないような、非常に根源的な危機の時代にあるのではないか。


岡素之

社長業は大変と言えば大変ですが、社員の皆さんも、持ち場、持ち場で同じ気持ちだと思います。社長と部長と若い社員では役割が違うだけで、会社を良くしようと思っているところは同じです。