三井高利の名言

三井高利のプロフィール

三井高利、みつい・たかとし。江戸中期の豪商。三井財閥の基礎を作った人物。伊勢国(のちの三重県)出身。呉服店・越後屋(のちの三越)を経営し、当時主流であったツケでの販売を止め、現金での安値販売を行った。また、反物の切り売りなど新しい販売方法を実践し店を繁盛させた。その後、両替商も開業し、商売を大きく成長させた。

三井高利の名言 一覧

商売は見切り時が大切であることを心に留め置け。


勤めを苦労と心得ては、おびただしき間違えに候。


商売は決断力を最も必要とする。見切ることによって、たとえ一時的な損失があっても、後日にいたってより大きい損失を受けるよりは良い。


主人は一家のことについては、上下大小の区別なく、すべてに通じるよう心掛けよ。


賢く有能な者を登用するよう最大の注意を払うこと。登用に当たっては、不平や怨嗟の声が上がらないようにせよ。


同族の子供は、一定の年齢に達するまで奉公人と同様に扱い、番頭・手代の下で働かせよ。決して主人のような待遇をしてはならない。


単木は折れやすく、林木は折れ難い。汝ら相協力して家運の強固を図れ。


堅く奢侈(しゃし)を禁じる。厳に倹約を心掛けよ。


三井高利の経歴・略歴

三井高利、みつい・たかとし。江戸中期の豪商。三井財閥の基礎を作った人物。伊勢国(のちの三重県)出身。呉服店・越後屋(のちの三越)を経営し、当時主流であったツケでの販売を止め、現金での安値販売を行った。また、反物の切り売りなど新しい販売方法を実践し店を繁盛させた。その後、両替商も開業し、商売を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

古田茂美

中国人は一番身近な家族に高い価値を置きます。本人ではなく奥さんや子供さんに贈り物をすることも効果は絶大です。贈られた人が喜べば、相手との距離は少しずつ縮まり、自己人の領域(自己領域の人。血縁・地縁・業縁等々)に入っていけるはずです。


倉益幸弘

部下は会議が状況共有の場という意識が薄く、他のメンバーが話していても、自分の業務に関係しない限り、たいていは聞き流してしまいます。これでは会議を長く感じても仕方がないでしょう。


石坂典子

中でも私がすごいことだなと思ったのは、(産廃処理工場見学をしたことで)今まで自分の子供を就職させたくないと言われていた私たちのような会社にお世話になりたいと親御さんが言ってくれるようになったことです。この活動を通して「いつかこの会社にお世話になりたい」とまで言ってくれるようになりました。


牧和男

各店舗にはiPadが用意されていて、お客様が持ち込まれた靴や鞄を見せながら、リアルタイムに修理ができるかどうかを相談できるようにしています。お客様をお待たせすることなくすぐに結果をお伝えできるので、時間短縮にもなり、スタッフにとっても心強いサービスです。


北尾トロ

一つの専門分野を突き詰めていくタイプなら先生や評論家になっていてもおかしくない年齢だけど、僕は権威になりたくない。それよりも、新しいことをどんどん吸収したい。もう59歳だけど、面白いことを思いついたときはまっさらなスポンジになれるんだよね。


小山勝弘(経営者)

漁師だった父親は、「いつ死ぬか分からない。自分がやりたいことにその都度一生懸命に打ち込め」と言っていた。そういう「打ち込む人生観」みたいなものが自分の中にあって、経理部でも、フィリピンでも、シンガポールでも、東北でも、アメリカでも、常にそういう軸で生きてきた。


真壁刀義

タレントになりたいわけではないし、タレントとして通用するとも思ってない。芸能界は、そんなに甘い世界じゃないからね。俺がテレビに出られるのは、現役バリバリのプロレスラーだからです。


藤野英人

社員に愛情を持って接することと経営者としての厳しい決断は別のもの。


田中孝司(経営者)

要望やクレームなどの情報を社内の一握りの人たちだけが知っているのではなくて、みんなでシェアして、商品やサービスを考えていくことが大切。


久保田一美

様々な企業で女性管理職研修や女性活躍推進セミナーなどの講演を行なってきましたが、企業側が女性管理職を増やそうと躍起になっても、一方では「管理職になるために仕事を頑張ってきたわけではない」という女性社員がいるのも事実です。本来のステップとしては、性別に関わらず、目の前の仕事を楽しくやっていたらやりがいが生まれ、少しずつ大きな仕事を任され、まわりからの信頼の評価が役職につながっていくものです。しかし、女性の管理職を増やすことが目的となり、当事者の女性の気持ちとのギャップが生じることがよくあるのです。また、今の上司の働き方を見ていて「管理職にはなりたくない」「自分には向いていない」と考える女性も多いかと思います。こうした現状を変えていくには、まず「管理職」に対する認識を変えていく必要があります。


福岡伸一

生命は常に揺らいでいます。押せば押し返しますし、引っ張れば逆に引っ張りかえそうとします。情報とエネルギーを投入し、あるとき効率がアップしたとしても、別の個所でダウンしてしまいます。


田中良和(GREE)

完璧なプランニングのもとに人生設計をして、40歳になって失敗に気づいても15歳からやり直すというわけにはいきません。でも毎年、自分の可能性を少しずつ試しながら生きてきた人なら、失敗しても常にその直前まで戻ればいいだけだから、いくらでもやり直しがきくじゃないですか。


塚本隆史

みずほフィナンシャルグループでは、人事評価の中に共通評価軸と呼んでいる5つの行動規範があります。「お客様第一の徹底」「変革への挑戦意欲」「合理的で公正な行動」「スピードの重視」「主体的で責任ある行動」の5つです。


石田淳(コンサルタント)

達成感は人を動かします。「アポを月1件増やす」「書類作成時間を毎回10分短く」など、達成しやすい小さなゴールを多く設定すれば、部下の意欲も高まっていきます。


藤田晋

誰からも好かれるリーダーなどいません。先が見えにくい状況下でも、指示を出さざるを得ないリーダーは、嫌われるのが当たり前。誰しも部下に好かれて、頼られるリーダーに憧れますが、それはあくまで理想でしかありません。チームとして成果を上げたうえで、結果として「好かれるリーダー」が出来上がるだけと考えた方がいいでしょう。そう考えておかないと、好かれるリーダーを目指して、リーダー本来の役割を忘れてしまう危険があります。


ページの先頭へ