名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三井悠加の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三井悠加のプロフィール

三井悠加、みつい・ゆか。日本の経営者。「三井エージェンシーインターナショナル」代表。東京都出身。ジュエリーデザインの専門学校を経て芸能事務所・三井エージェンシーに入社。米国留学を経て三井エージェンシーインターナショナルを設立。

三井悠加の名言 一覧

浮世絵を世界に広めるアイデアはいろいろあります。最先端のメディアアートと組み合わせて、日本の伝統工芸とテクノロジーを紹介するのも面白い。いろいろなやり方で世界に「UKIYOE」を広めたい。


当時はまったく休みがなくて、ちょっと立ち止まりたかったんです。自分のキャリアを考えると新しい世界を経験したかったし、30歳になってからでは一歩踏み出せなくなる気がして。行くなら、29歳のいましかないなと。

【覚え書き|29歳のときにロサンゼルスに留学したことについて】


アメリカの日本総領事館が主催したパーティでホリプロさんと出会いました。ホリプロさんはアメリカではライセンスビジネスを展開していますそこで海外スターの浮世絵をつくりたいと話したら、ライツを持っているアーティストを挙げてくれ、そのなかにキッスの名前があって、彼らしかいないと。ホリプロさんの紹介でマーチャンダイジングの権利を持つ会社に連絡したところ、「明日社長と副社長がいるから来てくれ」と。本当は家庭教師ときちんとプレゼンの練習をしてから行きたかったのですが、このチャンスを逃したらたぶん次はない。通訳の手配も間に合わず、結局、自分のつたない英語でプレゼンしました。幸い、浮世絵の世界観への反応も良く、キッスのメンバーも快諾してくれ、「半年後に日本に行くから、そのときまでにつくってほしい」とトントン拍子で話が進みました。


戦後の浮世絵は、一部の風景画を除き、過去の作品の復刻版しか出ていない状況でした。でも、復刻版をつくるだけでは業界が廃れて、技術が継承されなくなってしまう。浮世絵は元の絵を描く絵師、版木を彫る彫師、色を載せる摺師といった職人さんによる総合芸術。職人さんが食べていける環境をつくりたくて、新作に取り組み始めました。


三井悠加の経歴・略歴

三井悠加、みつい・ゆか。日本の経営者。「三井エージェンシーインターナショナル」代表。東京都出身。ジュエリーデザインの専門学校を経て芸能事務所・三井エージェンシーに入社。米国留学を経て三井エージェンシーインターナショナルを設立。

他の記事も読んでみる

山田隆持

私はそもそもNTTにいた人間ですから、NTTとの関係は是々非々で行けばいいと考えているのです。NTTが右へ行けといって、右の方が正しいと判断したら右へ行けばいいし、違うと思ったら左へ行けばいい。まずはドコモ内部でのベクトル合わせが重要であって、NTTグループの中では、ベクトルを合わせるべきだと思えば合わせればいいし、合わせる必要がないと思えば合わせなければいいのです。


高田明(ジャパネットたかた)

もし売れなかったときは、お客様の支持が得られなかったと反省が必要。商品がダメなのか、値付けがダメなのか、それとも提案の仕方が悪いのかを、徹底的に考える。


吉松徹郎

「自分と同じような考え方を持ってほしい」とか「理解してほしい」というのは社長のエゴだと感じるようになりました。社長の行動は他の人に見えていないインプットがあるからです。たとえ同じインプットをしても、同じ判断になるとは限りません。私のイメージを共有することが正しいとは限らないのです。そこで、社長の考えは分からないところもあるが、社員がしていることが間違った方向に行き始めたときは社長が修正すればよい。


澤田秀雄

成功している会社は、オフィスや工場がきれいです。逆に整理整頓ができていない会社は、低迷していく。環境の乱れが、社員の士気低下を招き、投げやりな雰囲気を作り出す温床なのでしょう。


中山マコト

街で拾ったネタをメモにしている人は多いかもしれませんが、そのとき気をつけたいのは、ネタを加工しないことです。ある女子高生の会話を聞いて「この会話は女子高生向けの企画に使える」と考え、「女子高生の声」という属性の縛りをかけて整理してしまうと、あなたが感じて拾ったネタは企画としての広がりを失ってしまいます。あくまでも一個人が発した会話としてそのままメモし、感動の記憶としてストックしておくべきです。


細谷功

ダメな会議でよくあるのは、「○○の報告」などの議題に代表されるように、そこで最終的に何がしたいのかという目的が共有されていないパターンです。合意をとりたいのか、単に状況を共有したいのかが明確になっていない。これでは時間ばかりが取られ、結局は何も決まらなかったということになりかねません。


飯野謙次

「ダブルチェック」の際も一工夫を。複数の人間が同じ方法でチェックしても、同じ箇所を見落とす可能性大。見る人ごとにやり方を変えてこそ、二人で確認する意味があるのです。


江川達也

無能な教師たちが「ゆとり」を「怠けること」と勘違いしたものだから、効果があがらないばかりか、基礎学力の低下まで招いてしまった。


ムーギー・キム(金武貴)

最初のうちはリーダーだけが「やりたい」と思っていたことを、チーム全員が「やりたい」と思うことに共有できたとき、その物事は実現へと向けて動き出す。多くの人が共鳴できるパッションを持っているリーダーの周りには、優秀な人が集まる。その優秀な人たちに対して、いかに適材適所な働く場を与え、意欲や能力を引き出していくかを、常に考えられるリーダーが求められていく。


神野元基

大事なのは、好きなことをとことんやらせること。子供が関心のあるものを聞いて、目標を設定させて、目標を達成するために必要なことを考えさせ、PDCAを回していく。それによって目標を達成したり、近づいた実感を得られれば、子供は自信とチャレンジ精神を手に入れて自ずと能動思考になっていく。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

私たちが悩んだり、不可解に思ったり、とまどったりしている疑問とそっくり同じ疑問を昔から賢者も抱いてきたのであり、例外は一人としていない。そしてそれぞれ能力に応じて自分の言葉や生き方でそうした疑問に答えてきたのである。


三喜俊典

製造の側にとっては当たり前のことが、販売の立場からするととても新鮮な情報で、知っているだけで販売に活きるということはあり得ます。その逆に、販売の情報が製造の改善に活用できることもあるでしょう。そうした有用な情報は、自分の現場だけに留まっていては決して得られません。積極的に「他人の庭(他部署)」に踏み込んでいくことが必要なのです。