名言DB

9419 人 / 110788 名言

三井悠加の名言

twitter Facebook はてブ

三井悠加のプロフィール

三井悠加、みつい・ゆか。日本の経営者。「三井エージェンシーインターナショナル」代表。東京都出身。ジュエリーデザインの専門学校を経て芸能事務所・三井エージェンシーに入社。米国留学を経て三井エージェンシーインターナショナルを設立。

三井悠加の名言 一覧

浮世絵を世界に広めるアイデアはいろいろあります。最先端のメディアアートと組み合わせて、日本の伝統工芸とテクノロジーを紹介するのも面白い。いろいろなやり方で世界に「UKIYOE」を広めたい。


当時はまったく休みがなくて、ちょっと立ち止まりたかったんです。自分のキャリアを考えると新しい世界を経験したかったし、30歳になってからでは一歩踏み出せなくなる気がして。行くなら、29歳のいましかないなと。

【覚え書き|29歳のときにロサンゼルスに留学したことについて】


アメリカの日本総領事館が主催したパーティでホリプロさんと出会いました。ホリプロさんはアメリカではライセンスビジネスを展開していますそこで海外スターの浮世絵をつくりたいと話したら、ライツを持っているアーティストを挙げてくれ、そのなかにキッスの名前があって、彼らしかいないと。ホリプロさんの紹介でマーチャンダイジングの権利を持つ会社に連絡したところ、「明日社長と副社長がいるから来てくれ」と。本当は家庭教師ときちんとプレゼンの練習をしてから行きたかったのですが、このチャンスを逃したらたぶん次はない。通訳の手配も間に合わず、結局、自分のつたない英語でプレゼンしました。幸い、浮世絵の世界観への反応も良く、キッスのメンバーも快諾してくれ、「半年後に日本に行くから、そのときまでにつくってほしい」とトントン拍子で話が進みました。


戦後の浮世絵は、一部の風景画を除き、過去の作品の復刻版しか出ていない状況でした。でも、復刻版をつくるだけでは業界が廃れて、技術が継承されなくなってしまう。浮世絵は元の絵を描く絵師、版木を彫る彫師、色を載せる摺師といった職人さんによる総合芸術。職人さんが食べていける環境をつくりたくて、新作に取り組み始めました。


三井悠加の経歴・略歴

三井悠加、みつい・ゆか。日本の経営者。「三井エージェンシーインターナショナル」代表。東京都出身。ジュエリーデザインの専門学校を経て芸能事務所・三井エージェンシーに入社。米国留学を経て三井エージェンシーインターナショナルを設立。

他の記事も読んでみる

石倉洋子

いち早く手を付けるか、どうしようもなくなるまで先送りするかは、トップの考えと力量にかかっています。やっと重い腰を上げたのはいいが、そのときにはすでに遅く、市場から退場せざるを得なくなった企業の事例はいくらでもあります。


前野隆司

年収が低くても幸せになるための秘訣は人間関係であることが見て取れます。異性、友人、家族など人間関係を良好に保つのは幸せの王道といえそうです。


藤田田

為政者の景気回復政策の無策を拱手傍観・悲憤慷概することを止め、ハイリスク・ハイリターンを覚悟の上。1995年を”マクドナルド強襲の年”と呼称し、力闘を開始する。勝利か凋落か我々が双肩に懸かる。


斉藤恵一(セルフマネジメントプロデューサー)

誰でも仕事や人間関係のグチを聞いてほしいもの。話しにくいことだからこそ、聞ければ一気に親密になれる。


樋口廣太郎

社長に就任した当初、業績的には最悪の時でしたが、ところが社内を見まわしてみると、驚いたことに、社員たちはとにかく猛烈に明るかった。これは大きな発見でした。それは結局、前社長の村井さんが社内ムードを変える準備を全部しておられたんですね。村井さんも苦心されてマツダの再建を成し遂げた後、昭和57年からアサヒビールの社長をされていました。


孫正義

チャレンジしようというスピリットが大事なんだと思うんです。日本全体が変わっていかなきゃならないんです。ただじっと待つんじゃなくて、みんなが行動を起こさなきゃならない。


荒俣宏

32歳のときにサラリーマンを辞めたのですが、それも仕事で身につけたコンピュータの知識があれば、会社を辞めてもなんとかやっていけるだろうと考えたためです。相変わらず、自分のやりたいことで生計を立てられるとは考えていませんでした。


カーリー・フィオリーナ

両親にとって成功とは、有名になることでも大金持ちになることでもない。知性と人格がすべてだった。人格の面で両親が大切にしたのは正直、誠実、信頼であった。絶対に嘘をついてはいけない。間違ったことをしてはいけない。自分の信念に常に忠実でなければならない。と教えられた。成功とは外側から測るものではなくて、内側から見るものだったのである。その点では絶対に妥協しない二人だった。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

単なる報告だけの報告書は書かせません。報告が必要なのは、当初の提案や前提に変更が生じた場合のみです。進捗の気になる案件は、電話や携帯のメールで「あれ、どうなってる?」と直接問い合わせます。報告書では取り繕えても、不意打ちだと都合の悪いことを隠し通すのは難しいのです。部下の嘘を見破るのは上司の義務です。私自身、一切ごまかしが通じない厳しい上司に恵まれたから、いまの自分があると感謝しています。


猪瀬直樹

営業マンにも、カンがよくて最初からそれなりに成績を出せる人がいます。しかしそういう人ほど、ある一定のところまでいくと成績が頭打ちになってしまう。伸び悩むのは、カンに頼って基本を学ばなくなるからです。我流では、結局は、基本を固めて実力を蓄えてきた人に追い抜かれてしまいます。