名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三井悠加の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三井悠加のプロフィール

三井悠加、みつい・ゆか。日本の経営者。「三井エージェンシーインターナショナル」代表。東京都出身。ジュエリーデザインの専門学校を経て芸能事務所・三井エージェンシーに入社。米国留学を経て三井エージェンシーインターナショナルを設立。

三井悠加の名言 一覧

浮世絵を世界に広めるアイデアはいろいろあります。最先端のメディアアートと組み合わせて、日本の伝統工芸とテクノロジーを紹介するのも面白い。いろいろなやり方で世界に「UKIYOE」を広めたい。


当時はまったく休みがなくて、ちょっと立ち止まりたかったんです。自分のキャリアを考えると新しい世界を経験したかったし、30歳になってからでは一歩踏み出せなくなる気がして。行くなら、29歳のいましかないなと。

【覚え書き|29歳のときにロサンゼルスに留学したことについて】


アメリカの日本総領事館が主催したパーティでホリプロさんと出会いました。ホリプロさんはアメリカではライセンスビジネスを展開していますそこで海外スターの浮世絵をつくりたいと話したら、ライツを持っているアーティストを挙げてくれ、そのなかにキッスの名前があって、彼らしかいないと。ホリプロさんの紹介でマーチャンダイジングの権利を持つ会社に連絡したところ、「明日社長と副社長がいるから来てくれ」と。本当は家庭教師ときちんとプレゼンの練習をしてから行きたかったのですが、このチャンスを逃したらたぶん次はない。通訳の手配も間に合わず、結局、自分のつたない英語でプレゼンしました。幸い、浮世絵の世界観への反応も良く、キッスのメンバーも快諾してくれ、「半年後に日本に行くから、そのときまでにつくってほしい」とトントン拍子で話が進みました。


戦後の浮世絵は、一部の風景画を除き、過去の作品の復刻版しか出ていない状況でした。でも、復刻版をつくるだけでは業界が廃れて、技術が継承されなくなってしまう。浮世絵は元の絵を描く絵師、版木を彫る彫師、色を載せる摺師といった職人さんによる総合芸術。職人さんが食べていける環境をつくりたくて、新作に取り組み始めました。


三井悠加の経歴・略歴

三井悠加、みつい・ゆか。日本の経営者。「三井エージェンシーインターナショナル」代表。東京都出身。ジュエリーデザインの専門学校を経て芸能事務所・三井エージェンシーに入社。米国留学を経て三井エージェンシーインターナショナルを設立。

他の記事も読んでみる

大橋徹二

世界中で動きが速い。どれだけ素早く対処できるかというのが大事。


ベンサム

おそらく快楽は、苦痛の半分の印象も我々に与えない。


阿部祐二

僕の姿を何人の人が見てくれているかはわかりませんが、朝、僕が何かを伝えることで、「見ると、元気が出るよ」とか、「阿部さんが出てくるのを待っているんだよ」と言ってもらえることがあります。これは、僕の何よりの喜び。それを味わうためには、疲れている場合じゃありません。


山中伸弥

私が外科医を目指していた頃のことですが、指導医がとても怖い人で、鬼軍曹みたいだったんですよ。でも、その人に言っていただいたことで、いまだに体に染みついていることがあります。「ごちゃごちゃ考えず、手を動かせ」です。「お前は頭がええか知らんけど、ごちゃごちゃ考えているうちに患者さんが死んでまうやないか!」と怒鳴られた(笑)。全くひどい言われようですが、でもその通りなんです。考えているばかりでなく、とにかく何かしないと患者さんは亡くなってしまう。それをすごく叩き込まれました。研究の道に入ってからも、その言葉に助けられたと思っています。


豊臣秀吉

人はただ、さし出づるこそ、よかりけれ。戦のときも先駆けをして。【覚書き|信長の配下になり知恵と行動で出世する秀吉を周囲の者が妬んだ。嫉妬した者の一人が「人は皆、さし出でぬこそ、よかりけれ。戦のときは先駆けをして」という皮肉を歌にした。上記はその歌への返歌】


細谷功

私はひとつひとつの意思決定のスピードは、普通の人よりむしろ遅いかもしれません。そのぶん、思考の後戻りをしないことと、思考の無駄を省くことはかなり強く意識しています。そのおかげで、仕事の生産性自体は高いのではないでしょうか。


カーリー・フィオリーナ

顧客と直接会って話せば、必ず何かを学べる。何か新しい知識が得られる。実際に何が起きているのかを知りたかったら、現場に行かなければ駄目だ。本社から離れれば離れるほど、現場の事実に近づくことができる。


高城剛

時代が確変(確率変動)モードに入って、見たものを瞬時に判断しないと生き残れない時代になったのに、デジタルツールで情報収集しているようでは、遅すぎるのです。


吉田松陰

今人、大眼目(だいがんもく)なし、好んで些事末節を論ず。この弊(へい)読書人もっともはなはだし。
【覚書き|大眼目=ものごとを大局的に見ること】


小泉文明

ビジネスでも博打に近いトライは少なくない。当然、ビジネスでは博打を博打で終わらせてはいけない。そうした大博打を打つ時ほど、最大限の準備をすべきです。そうすれば、博打の成功率は上げられる。最悪、「大成功」とは言えないまでも「7割」は達成できるもの。少なくとも、失敗して大やけどにはならない。


村上太一

どんなビジネスモデルも、最初は確固たるものでも成長していく過程で、どこかしら脇が甘くなっていく。そこに新興企業が挑む。その意味で歴史は繰り返されるのだと思います。


廣瀬光雄

私も80歳の傘寿を迎える歳になりました。これまでを振り返ってみると、1つは大きな巡り合わせに恵まれていたこと。そしてもう1つが人に助けられてきたこと。この2つが挑戦を続けてきた自分の人生に励みを与えてくれたのだと感謝の気持ちでいっぱいです。「出会い」、この一言に私の人生は集約されているようにも思います。