名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三井孝昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三井孝昭のプロフィール

三井孝昭、みつい・たかあき。三井工作所(現:三井ハイテック)創業者。旧制中学卒業後2年で起業した起業家。東証一部上場企業へと成長する。なお、三井ハイテックの社名は三井財閥(グループ)とは関係なく、創業者の名前から取っている。

三井孝昭の名言 一覧

できそうもないことをできるようにするからこそ、製品が当たる。そこに飛躍のチャンスがある。できない理由を考える前に、できるための方法をとことん考え抜くのが経営だ。【覚書き|頭のよい社員が「できません」と言うのを聞いての発言。】


世の中、やってみなければわからないことだらけ。やってみないうちに可能とか不可能とか言ってはいけない。


三井孝昭の経歴・略歴

三井孝昭、みつい・たかあき。三井工作所(現:三井ハイテック)創業者。旧制中学卒業後2年で起業した起業家。東証一部上場企業へと成長する。なお、三井ハイテックの社名は三井財閥(グループ)とは関係なく、創業者の名前から取っている。

他の記事も読んでみる

三森久実(三森久實)

我々の仕事は家庭食の代行業です。家庭でお母さんやおばあちゃんが作る料理の基本は、家族の健康の維持と促進。いわばこれが家庭料理の理念です。お母さんやおばあちゃんは家族を代表し、家族の健康を思って、バランスを考えて献立を決め、手間がかかっても料理をするために買い物へ行く。その時、ただ安いだけでは買い物をしないでしょう。おふくろの料理は家族を思いやる料理です。我々はその代行業であるかぎり、安さだけで競争することはありえません。


吉田たかよし

受験ではケアレスミスが命取りになりますが、問題文に指をさせばこれを防げます。人間の脳には、ヤリやキバから身を守るため、尖ったものの先端に注意を向ける性質があり、指を差せば集中力が自動的に高まるのです。右利きの方は、試験中、左手が余っているので、重要な箇所を左手で指しながら解けば、効率良くケアレスミスを防げます。


児玉教仁

外国人を接待するとき、相手の好き嫌いも聞いておきたいところです。「外国人は自己主張が強いから、食べたいものがあれば向こうから言ってくるはず」という先入観は捨ててください。普段ははっきりモノを言うアメリカ人でも、招かれたときは遠慮する場合も多々あります。


今井賢一

単純に米国に追いつくだけでは勝てないのは明白なのですから、アジアの特徴に徹底的に絞って力を集中すべきでしょう。日本の悩みは、中国をはじめ、アジアの各国が共通して悩んでいることでもあります。日本だけでなくアジア全体のインターネット革命を促したら面白いでしょう。


ソクラテス

友と敵とを持たねばならない。友は忠告を、敵は警告を与えてくれる。


エリック・シュミット

他人の意見を聞くことが重要だ。様々な人の考えを聞いた上で、最後は自分で判断するのだ。


出口治明

多くの日本企業では、若手・中堅がベテランを上手に活用することさえ現実できていない状況です。それなのに、外国人従業員を連れてきてダイバーシティ(多様性)を推進するといっても、本当にできるのでしょうか。従来の雇用形態を維持したままで、海外の人材を増やせば、グローバル化が図れるというのは考えが甘いでしょう。


菅谷定彦

50歳になったとき、仲間と「実年齢から一回り引いて行動しよう」と決めました。


若林克彦(経営者)

当社では毎日、全社員で工場の清掃をし、ラジオ体操をしています。健康には心の健康と身体の健康の2つの意味があると思いますが、清掃は精神的な土台づくり、ラジオ体操は身体づくりということです。


赤塚保

BSE(狂牛病)問題が起きたときの社員数は1300人。1人が3人の家族を支えていると計算すると3900人。それだけの人の命を預かっていて、もし駄目だったらどうすると考えると、玉砕するくらいのつもりでやらないと、それだけの人を助けることはできません。けれども、そこまでふんぎれたのも商売の経験があったからです。18歳からいくつもの危機を乗り越えてやってきた自信があったからなのです。そして、従業員が一生懸命になって働いてくれたのが大きかった。


宋文洲

大事なのは現場感覚です。日本の経営者と政治家は「現場」という言葉が好きですが、なぜかグローバル化を進めようというときには「現場」を見ない。不思議です。日本のリーダーは「外」を知らなすぎる。くだらない出張でもいいから、町を歩いてみればいい。その肌感覚がないまま議論しても現実からどんどん離れていく。


坂東眞理子

自分の思いや考えを本という形で提示できるようになったことが、心の安定を保つ上で大いにプラスになりました。役所の仕事はチームプレーで、一定の枠が求められます。そこで自分の意見のすべてが通らないことは多いのですが、別の世界で発信すればいい。そう自らに思い聞かせることで、いい意味での割り切りが可能になりました。