名言DB

9412 人 / 110637 名言

三井孝昭の名言

twitter Facebook はてブ

三井孝昭のプロフィール

三井孝昭、みつい・たかあき。三井工作所(現:三井ハイテック)創業者。旧制中学卒業後2年で起業した起業家。東証一部上場企業へと成長する。なお、三井ハイテックの社名は三井財閥(グループ)とは関係なく、創業者の名前から取っている。

三井孝昭の名言 一覧

できそうもないことをできるようにするからこそ、製品が当たる。そこに飛躍のチャンスがある。できない理由を考える前に、できるための方法をとことん考え抜くのが経営だ。【覚書き|頭のよい社員が「できません」と言うのを聞いての発言。】


世の中、やってみなければわからないことだらけ。やってみないうちに可能とか不可能とか言ってはいけない。


三井孝昭の経歴・略歴

三井孝昭、みつい・たかあき。三井工作所(現:三井ハイテック)創業者。旧制中学卒業後2年で起業した起業家。東証一部上場企業へと成長する。なお、三井ハイテックの社名は三井財閥(グループ)とは関係なく、創業者の名前から取っている。

他の記事も読んでみる

マリリン・ファーガソン

誰も説得によって人を変えることはできない。すべての人は堅くガードされた心の変化の扉を持っており、その扉は自分で中からしか開けられない。説得や感情に訴えることによっても、その扉を他人が外から開くことはできない。


小笹芳央

私自身、不本意な人事異動に不満を抱いた1人でした。リクルート入社以来、人事畑を歩いてきた私は、8年目にして営業所への異動を命ぜられたのです。辞令を聞いた時、私の頭にはまつ先に「何で?」という文字が浮かびました。人事部のエースだと思っていた私は、ショックで体調を崩したくらいです。ただ、いつまでも腐って何もしないわけにもいかない。「人事の連中は大したことがない」と、営業部門の人間に思われるのも悔しい。そこで考えを変えました。人事のノウハウを生かし、求人広告の新しい売り方を自分の手で生み出してみよう、と。


貴志祐介

今の世の中、ある程度まではインターネットで情報を得られるわけですが、やはり現場でないとわからないディテールはあります。専門家の意見を聞くと、漠然とできるだろうと思っていたことが全然できなかったり、逆にかなり難しいはずだと考えていた部分が当たり前のようにできたりすることがわかりました。やはり、きちんと話を聞くのがいいですね。想像だけだと現実には不可能なこともできてしまいますので。


澤田秀雄

ビジネスにはバランスも重要です。たとえば、すごくいい商品を開発したとしましょう。値段も適切だし、広告宣伝も完璧。でも、それを売る販売店の店員の数が足りていなければ、いくらお客様が来店されても対応しきれないということが起こります。すると業績はあがらない。あるいは、店舗には十分な人数の店員がいて、商品もいいし値段も適切だとしても、広告宣伝ができていないために、お客様が来てくれないということもあります。つまり、様々な要素のうち、「一番低いところに業績が合ってくる」ということです。だから、業績を引き下げる要素が出てこないように、バランスをとるべきなのです。


望月実

数字に強くなるということは、背後で起きているメカニズムを考えられること。


カール・ヒルティ

人は怠惰、逸楽(いつらく)、浪費、無節度、吝嗇(りんしょく)などの習慣を養えるように勤勉、節制、倹約、寛容の習慣も養える。


村上太一

小説にしても、ストーリーのパターンはもう出尽くしたということは良く話題になる。でも、たとえ100年前と全く同じストーリーでも、現代人が書き直すと印象が大きく変わる。その時代で、作り手の感性は違いますから。


蒲島郁夫

県民も本当に知事の給料を100万円カットするとは思わなかったでしょう。退職金も返上したので約4千万円、県に返したことになります。でもその効果は絶大です。4年で県の借金を1千億円減らしました。これで財政再建の道筋ができた。普通補助金をカットするのは大変なことですが、補助金カットを県民が納得してくれたのは、知事はお金のために仕事しているのではないということを認識してくれたからです。この政治的信頼があったから、いろいろな決断ができたと思うんです。


福嶋康博

一般的なことをずっと続けているようでは、進歩しません。


内藤誼人

脳は騙されやすい性質を持っています。最初は楽しい気分ではなくても、ニコニコしていると、脳がそれに引っ張られて楽しい気分になる。これを顔面フィードバック仮説といいます。


坂根正弘

誰もが当たり前と思っていることを「本当にそうか」と問い直し、本質を見抜くと、そこに問題を解くカギや宝の山が隠されています。これをファクトファインディングと呼び、コマツ社員の行動規範のひとつに入れています。


澤田秀雄

思考の枠を外すにはまず、世の中にはいろいろな考え方の人がいるということと、自分には物事の一面しか見えていないということを絶えず認識する必要があります。そのうえで、同じ物事をどういう角度で見ているのか、他の人の意見を聞くことで思考の枠が外れていく。


加藤進(住友商事)

「人は育つのではなく、育てるのだ」。これが人材教育に関する私の考え方です。この考えに沿って、我が社では現在、人材育成システムのさらなる拡充を図っています。たとえば、指導員制度の拡充です。指導員への研修も充実させています。


西村英俊

社長はあらゆるリスク、危険を頭に入れ、次に起こる場面を想定しながら、いま何が一番危険な因子なのか、四六時中見張り続けなければなりません。財務的に弱いところはどこか、金融市場の変調に耐えうるのか、いまあるビジネスモデルが誰かにとってかわられないか、会社のエースに次ぐ第二第三の柱は育っているか、当社のビジネスモデルはグローバル市場で十分に闘えるか、気まぐれなマーケットは変化していないか、技術の陳腐化は当社のビジネスモデルを否定しないか、当社は社会的に有用か、違法性が出る部署はどこか、いまは違法ではなくとも社会的な指弾を受ける恐れはないか、会社内の不届きな人間が会社の評価を傷つけるようなことをしていないか。


田崎ひろみ

当社の財産は何といっても人。人材育成は永遠の課題です。