名言DB

9429 人 / 110879 名言

三上延の名言

twitter Facebook はてブ

三上延のプロフィール

三上延、みかみ・えん。日本の小説家。神奈川県出身。武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て『ダーク・バイオレッツ』でデビュー。代表作に『ビブリア古書堂の事件手帖』。

三上延の名言 一覧

どんなジャンルの本を書くにしても、お金を出して本を買っていただくので、そのぶんだけでも読者の方に満足していただくことが最も大事だと思っています。


僕の場合、ある程度時間をかけないとアイデアが出てこないんです。深く考えておいて、いったん頭の隅に置いたまま、ほかのこともやりつつ、また考えるというやり方です。


私の中には、自分の小説を厳しく吟味する「内なる読者」が常に存在します。小説によってその「読者」は異なるのですが、ビブリア・シリーズの場合は、3人います。「50代の偏屈な親父で無類の古書好き」「あまり本を読まない20代女性」。そして「小説家になっていない40代のもう1人の私」。この3人が執筆中にいちゃもんをつけてくるんですね。ディテールが甘い、リアリティーがない、話がたるい、独り善がりだ、などと。小説を100点満点で出せたことはありません。内なる読者のお眼鏡にかなうよう、次作も念を入れて構想中です。


三上延の経歴・略歴

三上延、みかみ・えん。日本の小説家。神奈川県出身。武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て『ダーク・バイオレッツ』でデビュー。代表作に『ビブリア古書堂の事件手帖』。

他の記事も読んでみる

平野友朗

相手に何かを尋ねるメールでは、聞きたいことを整理して相手が答えやすくすることも大切です。返事を急ぐときはとくに、イエス・ノーで答えられる質問にすることです。自由記述式の答えを求める場合も「○○のサイトについてアドバイスをお願いします」といった大づかみな質問よりは「サイトの色使いについて意見をください」や、「文字の見やすさについてアドバイス願います」とポイントを絞り込んだ質問の方が、相手も返事をしやすくなります。


横田正夫

現代は情報を持っていることの価値がより高くなっている。自分にはお金がないと卑下することはせずに、情報への感度を高める。お金はなくとも、情報戦で自分が勝っていれば、自信も付き余裕も持て、嫌な感じも与えません。お金がなかろうが、爽やかに振る舞うほうがいいというもの。


小林喜光

誰もが変わらなくてはならない大転換の時代に、変わろうとはしない、変われない人々が数多く存在します。彼らは、なぜ変われないのでしょう?それは、なぜ生きるのかということを、真剣に問うていないからです。生きることを真剣に向き合っていれば、人間はおのずと変わっていく存在なのです。


山西健一郎

自分の役職の階層が上がるほど、不条理というものを理解できるかどうかが非常に重要になってきます。世の中というものは、数字や論理で割り切れない、不条理なことの方が多いのですから。とくに経営者になると、不条理に満ち溢れた情報や現実を賢く料理し、いかに情熱をもって最終目的へと向かう解を見出していくかが、ビジネスの成否を分けると言っても過言ではないでしょう。


谷口恒

いきなり数億円規模の大きなプロジェクトを動かそうとすると、事業計画をつくり、予算を立ててと身構えてしまいますが、少人数で数千円を折半するような形ならさっとスタートできます。


尾崎元規

弊社の商品に食器用洗剤の「キュキュット」があります。最初、このネーミングを提案されたとき、私はイエスと言いませんでした。ブランド名には普遍性と継続性が必要ですが、擬音語を使ったネーミングはこの点で問題があると、いささか保守的な判断を下したのです。しかし、担当者はこの提案を頑として引き下げませんでした。真剣な面持ちで、これしかありませんと言ったのです。最後は、「わかった。お前に任せよう」とこちらが折れました。思いつきの提案ではなく、商品ストーリーの中で、これしかないと考えたからこそ、一歩も引かなかったのでしょう。実際、キュキュットは大成功しました。


小笹芳央

まずは組織や上司から与えられた「やるべきこと」ができるよう、懸命に努力せよと言いたいです。そうして「やるべきこと」に打ち込んでいくうちに、「やれること」も多くなります。さらには、「やれること」の中から、「自分は仕事のこんなところにやりがいを感じる」などと、「やりたいこと」も出てきます。


山上晶則

マーケティング用語でいえば、賃貸住宅市場はライバルがひしめく「レッド・オーシャン」の真っ只中にあります。こうした競合の多い既存市場では、いずれ賃料を下げる価格競争に巻き込まれる可能性が高いと私は考えます。しかし、ライバル不在の未開拓市場、つまりは「ブルー・オーシャン」を切り開くことができれば十分に成功のチャンスがあります。


花井陳雄

30代の頃、私は、抗体を使った新薬を開発すべきではないかと思いつつも、なかなか決心がつきませんでした。なぜなら、新薬の開発は並大抵のことではないからです。新薬ができるまでには10年や20年もの長い年月がかかりますし、開発を始めても実現に至らないことのほうが多いくらいです。また、当時は化学合成で作る医薬品が主流で、抗体から医薬品を作ることは大きなチャレンジでもありました。そんなころに発売されたのが井上靖の『孔子』でした。最初は、小説仕立てなら『論語』の言葉が頭に入るかと思って読み始めたのですが、読み終えて感じたのは、「あの孔子も、真理を求めて、10年以上も苦労しながらさまよったのか」ということでした。その姿に勇気づけられ、「苦労するけど、みんなでやるか」と、新薬作りに取り組む覚悟が決まりました。


松田悠介

多くの先生が学級崩壊の問題に真剣に取り組まないのは、学級崩壊しても給料が下がったりクビになったりしないからではないでしょうか。先生方はみな、はじめは情熱を持って現場に入ります。けれど、文化や制度によって悲しいことに情熱が消えていくのかもしれません。