名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三上延の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三上延のプロフィール

三上延、みかみ・えん。日本の小説家。神奈川県出身。武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て『ダーク・バイオレッツ』でデビュー。代表作に『ビブリア古書堂の事件手帖』。

三上延の名言 一覧

どんなジャンルの本を書くにしても、お金を出して本を買っていただくので、そのぶんだけでも読者の方に満足していただくことが最も大事だと思っています。


僕の場合、ある程度時間をかけないとアイデアが出てこないんです。深く考えておいて、いったん頭の隅に置いたまま、ほかのこともやりつつ、また考えるというやり方です。


私の中には、自分の小説を厳しく吟味する「内なる読者」が常に存在します。小説によってその「読者」は異なるのですが、ビブリア・シリーズの場合は、3人います。「50代の偏屈な親父で無類の古書好き」「あまり本を読まない20代女性」。そして「小説家になっていない40代のもう1人の私」。この3人が執筆中にいちゃもんをつけてくるんですね。ディテールが甘い、リアリティーがない、話がたるい、独り善がりだ、などと。小説を100点満点で出せたことはありません。内なる読者のお眼鏡にかなうよう、次作も念を入れて構想中です。


三上延の経歴・略歴

三上延、みかみ・えん。日本の小説家。神奈川県出身。武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て『ダーク・バイオレッツ』でデビュー。代表作に『ビブリア古書堂の事件手帖』。

他の記事も読んでみる

空知英秋

あんまり13年やった、という感じはないですね。体感としては5年ぐらい。ずっと1週間単位で生きているというか、常に目の前のことしか見えてないので、あっという間なんですよね。ラクになるわけでも全然なくて、いまも毎週つらいです。


吉山勇樹

近くの特定分野に詳しい人との関係、言ってみれば、人材のポートフォリオを充実させることで、他人のノウハウや脳みそを活用できるのです。自分のナレッジ(知識)をより広くより深くレバレッジ(拡張)できるとも考えられます。そうやって周囲の人の力を活用し、全体のパフォーマンスを当初の10倍以上にするようにコントロールするのが自分の役割です。


後藤忠治

自分自身との戦い、そして競争相手と競って勝利を獲得するわけですが、自らの限界を超えるほどの成果を挙げるためにはライバルの存在が欠かせない。


中原淳

部下を育てるためには、部下にとって耳が痛いこともきちんと伝えて、軌道修正を繰り返すことが必要。自分だけで正しい方向に走っていける部下はいません。上司が教えることは不可欠。


川上徹也(コピーライター)

論理的で情熱的なスピーチは、人の心を揺さぶります。けれど、それは絶対の条件ではありません。普段から部下と信頼関係を築き、伝えるべきメッセージを持っていれば、たとえ拙いスピーチでも、部下の心を掴むことができるはずです。


碓井稔

私が社長に就任してから撤退をした事業分野があります。それは、他社と激しく競争をしていて、お客様から「エプソンのものでなくてもいいよね」と言われてしまいかねない事業分野。


安めぐみ

何かに挑戦するとき、本当に嫌だったら迷わず「やりたくない!」って気持ちになりますよね。でも迷った末にチャレンジしなかったら、後悔だけしか残らないと思うんです。実際、いままで経験した中で「やってよかった」と思うことはあっても「やって後悔した」ということはないですから。今回の舞台も、どう評価されるかはともかく、私にとって前向きなチャレンジと考えています。


津坂純

私個人としてはまだ日本では大きな仕事を成しえていません。やはり、あっと驚くようなことをしないと、影響力はないというのが日本ですから。また一方で、そういうことをすれば叩かれます。でも私はそれを恐れていません。いいチャンスでは動きたい。


田川博己

余裕を持ってスケジュールを組むやり方は、添乗員時代に学びました。旅行には、飛行機の遅延やお客様のご病気など突然のスケジュール変更がつきものです。これらの不測の事態にも、フリータイムなどバッファとなる時間帯を組み込んでおけば、対応しやすくなります。何事も起きなければその時間帯を情報収集にあてればいいのです。


藤村忠弘

下請けに無理な値引きを求めてコストを削減していたり、従業員に過度な労働を強いたりしていれば、企業は成長を持続させることはできない。


星野佳路

帰国して会社を継ぎましたが、さすがに銀行にラフな格好で行くのはマズイかと思い、金融機関に出向くときだけはスーツ着用を続けていました。しかし、それも徐々にやめていったところ、周りも慣れていくようで、意外に平気でしたね。


鵜澤静

今年で日清紡は創業107年目を迎えました。なぜ潰れもせず、しぶとく今も生きているのか。考えてみれば、経営そのものがあまりブレていないからではないかと思います。