名言DB

9490 人 / 112001 名言

三上延の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三上延のプロフィール

三上延、みかみ・えん。日本の小説家。神奈川県出身。武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て『ダーク・バイオレッツ』でデビュー。代表作に『ビブリア古書堂の事件手帖』。

三上延の名言 一覧

どんなジャンルの本を書くにしても、お金を出して本を買っていただくので、そのぶんだけでも読者の方に満足していただくことが最も大事だと思っています。


僕の場合、ある程度時間をかけないとアイデアが出てこないんです。深く考えておいて、いったん頭の隅に置いたまま、ほかのこともやりつつ、また考えるというやり方です。


私の中には、自分の小説を厳しく吟味する「内なる読者」が常に存在します。小説によってその「読者」は異なるのですが、ビブリア・シリーズの場合は、3人います。「50代の偏屈な親父で無類の古書好き」「あまり本を読まない20代女性」。そして「小説家になっていない40代のもう1人の私」。この3人が執筆中にいちゃもんをつけてくるんですね。ディテールが甘い、リアリティーがない、話がたるい、独り善がりだ、などと。小説を100点満点で出せたことはありません。内なる読者のお眼鏡にかなうよう、次作も念を入れて構想中です。


三上延の経歴・略歴

三上延、みかみ・えん。日本の小説家。神奈川県出身。武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て『ダーク・バイオレッツ』でデビュー。代表作に『ビブリア古書堂の事件手帖』。

他の記事も読んでみる

藤森義明

社風や文化を変えるには長い時間が必要だ。社長の職は激務であり、本来なら外の時間、内の時間をこなすだけで精一杯かもしれない。しかし私は、次世代や次々世代のために、この会社の文化を変えていかなくてはならない。だから持ち時間の三分の一を社風を変えるためのコミュニケーションに充てるのは、当然のことなのだ。


藤田晋

多くの苦境は、意外と「自分の努力」で何とかなるものです。それなのに、あれこれ言い訳を重ね、自分で「負ける流れ」を作り、それに乗ってしまう。これが「負ける人」のパターン。


粟飯原理咲

NTTはとても働きやすく、周囲もいい人ばかりで、後ろ髪を引かれる思いでした。
【覚書き|コンテンツビジネスを行うため、NTTコミュニケーションズからリクルートに転職した当時を振り返っての発言】


小林一雅(小林製薬)

工場の不満を聞くのも、経営陣に聞く耳があり、実際に不満を改善する意思があると社員が理解することで、組織の風通しが良くなると思うからです。


三上博史

大事なのは周りの人の自分に対するイメージをなるべく普段から付けないようにすること。バラエティに出ないとか、クイズ番組に出ないとかね。本性が出るんですよ(笑)。僕はだから年齢も言っていない。若く見られたいとかいうのではなく、○歳というだけで何らかのイメージがついてしまうのが嫌なんです。


東英弥

いろいろな経営者の方々を見ていると、皆さん物事に対して気を配っています。


立花陽三

東北6県で、いかに1000万人のファンをつかむか。これが私が掲げた目標でした。そのために2013年は一軍の試合を、青森を除く5県で開催しました。正直、単独で見れば赤字の部分も出てきています。でも、これをやり続けていかないと、ファンとの距離は縮まらない。青森は球場の関係でできないのですが、いずれは青森を含めて東北6県でやりたいと思っています。


高橋忠仁

半導体業界は競合他社からのヘッドハンティングが多く、高い技術力を持つ当社社員には好条件の誘いがあったようですが、ほとんどがそれに応じることはありませんでした。社員一人一人が当社の経営理念「社員、お客様、仕入れ先、株主といった関係者との共生」に誇りを持って仕事をしてくれているからでしょう。


浅野茂太郎

面白いことを思い切ってできる社風が、異なる組織をまとめる求心力になります。そんな社風を作り上げるのが、経営者の仕事だと思います。


大石昌明

ラーメンだけでなく、鶏の空揚げ、餃子などのサイドメニューを充実させました。そして、プリン、ケーキ、持ち帰り用に調理パン、菓子パンなども置きました。そうして、客単価を上げたのです。


堀江貴文

気づいている人間にはチャンスがたくさん巡ってくるわけです。この時代の転換期に旧来の社会システムの破たんに気付かず、ぼんやりしていれば他人から搾取されるだけなのです。それが良い悪いという話ではありません。僕が言いたいのはこれは歴史上で繰り返されてきた事実だということです。


木村惠司(木村恵司)

20代のころ、一戸建ての提案型住宅を売るプロジェクトで失敗しました。日本人は、家の細部にまで自分の思いを染みこませて、「私の家」にしたがります。そんな生活者の思い入れを十分考えに入れていなかった結果でした。考える過程も、お客様にとっては大切な商品だということに気づきませんでした。考えが浅かったのです。