名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三上博史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三上博史のプロフィール

三上博史、みかみ・ひろし。日本の俳優、歌手。東京都生まれ、神奈川県育ち。映画『草迷宮』で俳優デビュー。テレビドラマ、映画、舞台活躍。エランドール賞新人賞、放送文化基金賞男優演技賞、コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞を受賞。

三上博史の名言 一覧

中庸。やっぱり、真ん中は大事だなと思います。真ん中を大事にしないと。やっぱりね、破滅しますし、偏ったことに熱中すると、体も壊すし、精神も壊す。すると何もしたいことできないですよ。考え方でも、これは絶対正しい、なんて思いついたら、必ず逆の良さを考えるようにしています。


みなさんが物語を楽しんでもらえるように、意識的にリアルにアプローチしたつもりなんですが、みなさんは果たしてどう見てくれたのだろうかと。作品は観客のためにあるのですからね。


大事なのは周りの人の自分に対するイメージをなるべく普段から付けないようにすること。バラエティに出ないとか、クイズ番組に出ないとかね。本性が出るんですよ(笑)。僕はだから年齢も言っていない。若く見られたいとかいうのではなく、○歳というだけで何らかのイメージがついてしまうのが嫌なんです。


スターであることを選ぶのか役者として生きることを選ぶのか、どちらかしか選べない。スターであるということは、役は二の次で、役よりはその人がどれだけ輝いているかということですよね。他方、役者というのはやっぱり役が輝く人。両方は無理なんです、本当は。


役に向かう時、まず自分の考え方とか美学とか、好きなものとかを全部消していきます。例えば僕が歴史小説を好きだとすると、歴史小説断ちを(撮影に入る前から)意識的に始める。そして撮影に入って自分の時間が無くなってくると、好きなことができなくなりますからますます自分が消える。そこに台本を何回も何回も読み込んでいくと、憑依というのか洗脳というのか、そんな状態になる。中身が入れ替わっていくんです。そういう作業をしています。


僕は基本的に役作りという言葉が大嫌いで。作るものではないと思っているんですよね、役って。役者には顔や体など「自分」という制約があります。僕にはこれ(自分の体)しかないわけですから。でも理想は大きく持っている。98歳の老婆を演じたいし、動物までも演じてみたい。そういう難しいところに向かおうとすると、「作る」というアプローチでは知れていると、若い時に気が付きました。では何をするか。せめて自分を無くす作業をしようと思ったんです。中身、外側の両方から。


三上博史の経歴・略歴

三上博史、みかみ・ひろし。日本の俳優、歌手。東京都生まれ、神奈川県育ち。映画『草迷宮』で俳優デビュー。テレビドラマ、映画、舞台活躍。エランドール賞新人賞、放送文化基金賞男優演技賞、コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

佐藤有美(経営者)

お客さま感覚でものごとを考えるのは女性のほうが優れていると思うので、雇用形態にかかわらず、どんどん女性のアイデアを取り入れたほうがいいと思います。人を見る目も女性のほうがシビアですし。


吉田典史

上司に言葉で伝える努力も必要だ。例えば、報告、連絡、相談などをする時に「課長から教えていただいた○○を実践しています」と話すといいだろう。「仕事ぶりを見てもらえれば分かるだろう」という考えは捨てた方がいい。上司の仕事のやり方を受け入れて頑張っていることを、積極的に伝えていこう。


市田清兵衛

奉公人の中に、たとえ相当の技量がある者がいたとしても、支配人や番頭の指示に従うことなく、我がままで高慢な者は、速やかに暇を与えて、替わりの奉公人を採用すること。


石田衣良

なかなか仕事が進まないときは、まず第一歩を踏み出す。執筆の仕事でいえば、誰が見ても駄目だという駄文でいいから、とりあえず一文書いてしまうんです。すると、その一文から次の一文が浮かんでくる。じっと考え込んでも、たいがいは思考停止状態ですからね。


タッド・バッジ

たとえば友人から映画に誘われたのに、「その時間は読書の予定だから無理なんだ」と断るのは、あまりにも馬鹿げています。目標や計画は絶対的なものではなく、あくまで自分の人生を豊かにするためのものです。その目的から外れていなければ、柔軟に対応すべきでしょう。


堀史朗

最も脳内伝達物質が減ってしまうのが「同じことばかり考えているとき」です。仕事でも家事でも、ずっと同じことばかり考えていると脳内伝達物質が減ってしまうのです。しかし現実的には、仕事の多くは「同じことを考える」ことが求められます。さらに最悪なのは「答えが出ない」問題。「仕事でトラブルがあり、解決策がまだない段階で謝罪に追われる」「どう考えても無理なノルマに向けて仕事をさせられる」などです。


石渡美奈

人に認めてもらいたい、褒めてもらいたいという承認欲求は誰にでもあるものだ。自分の仕事を高く評価してもらえるとやっぱりうれしいし、次の仕事への活力となる。だから、成果を出した部下を褒めることは、上司にとって重要になる。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

新卒社員に限らず、若い社員に接する場合には、その人の現状だけでなく、その人の「将来性」を感じ取る、鋭い感覚が経営者には求められる。


スティーブン・コヴィー

人間関係において効果的なコミュニケーションを図りたければ、テクニックだけではだめなのだ。信頼を築き、相手が本音で話せるような人格の土台の上に、感情移入の傾聴のスキルを積み上げていかなければならない。


岩瀬大輔

問題のありかを見極めるには、問題を分解し、掘り下げていく必要があります。いま起こっている問題の裏には、それを引き起こしている別の問題が潜んでいるはずです。それをひたすらたどっていけば、根本的な問題がどこにあるのかを必ず見出すことができます。


小松美羽

私の絵を理解し、力を貸してくださる人が増えたからこそ、私は純粋に絵を描くことに集中できた。今振り返っても、こんなに多くの人と仕事ができたご縁の奇跡と、だからこそ感じる宿命に魂が震える。さらにもっと多くを巻き込んで絵を描き発表し続けていきたいという気持ちに燃えている。


定保英弥

トップアスリートたちも基礎がしっかりできている選手は長く活躍することができ、良い成績を残していると感じます。これはホテルマンも同じです。基本的なことをしっかり身に付けることができて、初めて応用編に入っていけます。ここはとにかく一生懸命やっていこうとスタッフにも言っています。