名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三上俊輔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三上俊輔のプロフィール

三上俊輔、みかみ・しゅんすけ。日本のヘッドハンター。「ジーニアス」社長。早稲田大学法学部卒業後、サーチファーム・ジャパンを経てジーニアスを設立。

三上俊輔の名言 一覧

交友関係が広く、定年の数年前から「何かお役に立ちそうなことがあれば、ぜひお声掛けください」と知り合いに営業する人は、すぐに新しい仕事に就いていますね。一方、内向的な性格のせいで、高いスキルを持ちながら、それをアピールできず、駐車場やマンションの管理人をしている大企業の元社員が大勢います。


管理職はいい意味で二重人格になることが重要。立場によって性格を使い分けるということです。経営者の共感を得られなければ、仕事を進められないので、経営者に対しては論理性・スピード・説得力を重視したプレゼンをします。一方、現場に対してはフォローしなければならないので、協調性・調和・対話という姿勢で臨むのです。


三上俊輔の経歴・略歴

三上俊輔、みかみ・しゅんすけ。日本のヘッドハンター。「ジーニアス」社長。早稲田大学法学部卒業後、サーチファーム・ジャパンを経てジーニアスを設立。

他の記事も読んでみる

和田裕美

日経新聞を隅から隅まで読んで、みんなと同じ情報を持っていても、話は弾まない。それよりも、心に引っかかった「ワンフレーズ」や、「本に書かれていたエピソード」などを一つでもいいので覚えておいて、いつでも話せるようにしたほうがいい。一つでもすごく詳しく語ると、みんな感心して、「よく勉強している」と勝手に誤解してくれる。


菅原勇継

やる気を引き出すための人事評価として、一風変わった能力主義を導入しています。50%の力で100点を取った社員よりも、100%の力で80点を取った社員を高く評価しています。つまり、一生懸命やった社員により報いるのです。それにあたって360度評価を採用していますが、経営幹部や上司よりも、先輩や同僚など周囲にいる社員の評価のウェイトの方が大きくしています。いつも一緒にいる社員の方が、よくわかっているからです。


水田正道

今の働き改革は、どちらかというと長時間労働の是正にいっていますが、働く人が楽しくなければ長続きしないので、長時間労働以外のところで、いかに生き甲斐を持って楽しく働けるようになるのかを考えていかなければいけないと思います。


一瀬邦夫

ブームが来ているという感じもしますが、ブームでは終わらせない。我々が「いきなり!ステーキ」を出すまで、高級牛肉を厚切りで、リーズナブルに食べられるところはなかった。我々が新しい食文化を創造したわけです。お客様も様々な年齢層の方々がいらしてくださいますが、特にお年寄りの方が大勢来られています。また女性のお1人のお客様も多い。自分たちで新しい食文化を創り、従来は足を運んでいただけなかった方々にも来店していただけるようにしたという自負があります。


中山讓治(中山譲治)

大事なことは、肩書とか、立場を離れて議論して、結論が出たらとにかくそれを全員でやるのです。人様からいずれ、「第一三共ウェイ」と言われるような、我々の流儀を生み出していこうと思っています。


森山透(経営者)

組織は人で決まる。お客様の要求に応えられる人材、その育成が大事。


森永雄太

日頃、「やらされ感」を持ちながら、あるいは、退屈だと感じながら仕事をしている人は少なくないと思います。そのままでは、仕事にやりがいを感じられませんし、生産性も向上しないでしょう。こうした問題を解決するための一手法として、「ジョブ・クラフティング」が注目されています。従業員が、与えられた仕事の範囲や他者との関わり方を、主体的に変えていくことです。従業員が、組織から与えられた役割をこなすだけでなく、持っている能力を活かして、自ら仕事をつくり変えていくことは、いきいきと仕事をすることにつながると考えられています。


白井一幸

伝えるための方法をたくさん考えることは、指導者が自分自身を高めるためでもあります。選手や部下ができるようになるために、どう伝え、どうかかわっていくのか。試行錯誤しながら、相手とのかかわり方の引き出しを増やしていくのが、指導者としての一番の醍醐味だと私は思います。


小室淑恵

様々な企業を見ていると、仕事の役割分担を細分化しすぎたために、効率を損なっているケースが多いと感じます。作業量が多くて人も大勢配置されていた時代には、その人たちが混乱せずに仕事を進めていくうえで、役割分担をきっちり区分けしておいたほうがよかったのですが、いまはひとつのプロジェクトにいろんな分野が関与していて、仕事の内容そのものが細分化できなくなっています。


桜井章一

不安は、何かを守ろうとしたり損をしたくないという心理から生まれる。そうした現実的な損得にかかわることを一つ行ったら、損得の入らないことを二つ、三つ行うとよい。バランスが取れ、不安を押し込めることができる。


北尾吉孝

世の中にはハウツー本があふれています。しかし、それらは、彗星のごとく現われて、彗星のごとく消えていってはいないでしょうか。お金儲けの方法を一冊書いて当たった人はいます。でも、そうした人で、恒常的に儲けている人はいるのでしょうか。


佐藤義雄

自分の仕事が金儲けだけでなく、何らかの形で世の中の役に立っていると思えなければ、どれほどプロフェッショナルな仕事でも成り立たないのではないでしょうか。