名言DB

9412 人 / 110637 名言

三ツ木紀英の名言

twitter Facebook はてブ

三ツ木紀英のプロフィール

三ツ木紀英、みつき・のりえ。アートプロデュサー。「芸術資源開発機構」副理事長。実践女子大学文学部美学美術史学卒業。

三ツ木紀英の名言 一覧

自分なりに解釈を生み出すことと、根拠を考えることが鑑賞力の基礎になる。これを繰り返すうちに、アート作品に限らず、物事や情報を批判的に解釈する思考パターンができてくる。


三ツ木紀英の経歴・略歴

三ツ木紀英、みつき・のりえ。アートプロデュサー。「芸術資源開発機構」副理事長。実践女子大学文学部美学美術史学卒業。

他の記事も読んでみる

寺島実郎

日本人が持つ宗教観で世界で際立って特徴的なのが、宗教に対する寛容性と対応性です。日本人は葬式は仏教、結婚式はキリスト教、新年は神社にお参りするという人もいますが、良く言えば、宗教に対する寛大さを持っていることが日本人の特色だと思えばいいんです。


高柳健次郎

いかなる苦難にも負けず、苦難を友とし、苦難をわが師とする。


松井道夫

執念がないと、可能性を信じないで困難ばかり考えるようになります。できない理由を一所懸命探す。挙句の果てに何をするかというと、必ず他人のせいにするんです。誰だって、自分を失って後ろ向きになんてなりたくないですよね。まあ楽ですけど。


江上治

人生や社会そのものの展開は、「今日」の続きが「明日」で、明日は明後日につながっている。一切、切れ目がない。今日の現実が、完全に独立した存在であって、明日には無関係な存在として消滅しているということはあり得ない。人生で今日、努力したことは、何日かしてからの結果に反映するし、世の中で今日起こったことは、明日、明後日、あるいはもっと後の出来事に影響する。そこで社会で起こることのすべてがつながっているという事実を考えれば、将来、起きるであろうことの種(タネ)は、現在に播かれていると考えて間違いではないだろう。


林要(経営者)

子供の成長とは、無意識から意識が芽生えるプロセスそのものですよね。だから子供を育てるというのは、どう無意識と意識が相互に影響しながら脳の回路を組み替えて発達していくのかというっていう物語になっていて、とても面白いです。また不思議と子供は可愛いですよね。それも論理的な説明は難しい無意識レイヤーの反応と言えますよね。だから自分に生じる変化も含めて観察できるので、子供に接する事で学ぶ事はとても多いです。


藤田晋

困難な仕事を抱えると、どうしても気持ちが落ち込みます。ですが、そういう仕事こそ、自分を大きく成長させるチャンスと考えてみてはどうでしょう。困難を乗り越えた先に、大きく成長した自分がいる。そう思えば、将来への希望を感じられ、仕事も前向きに取り組めるのではないでしょうか。


松本晃(経営者)

企業には多くのステークホルダー(利害関係者)がいます。中でも最も重視すべきは顧客です。彼らへの責任の1番目は安心・安全を前提にした品質、次に価格、3番目が商品の供給、すなわちサプライチェーンです。カルビーは1番目と3番目は本当によくできていました。ただし、コスト意識が低かった。代表商品のポテトチップスなどは、競合商品よりも価格が10円以上高かったのです。


渡部肇史

会社と人の関係は、器と中身ではない。例えるならクルマの両輪。ですから両者の成長は同時進行する。それを念頭に置くことが、人財育成において大切。


澤口俊之

いま、すべきことは何か。成し遂げたい目標がはっきり見えれば、余分なことを遮断し、しなくてはいけないことに集中できる。


江島優

アメリカ留学から帰った私の手元には、事業計画書がありました。ただ、独立資金はありません。私は3年と期限を決め、資金作りに奔走しました。会社勤めでは何年かかるか分かりませんので、完全歩合制の英会話の教材販売会社に入り、1年目から全社トップの売り上げを記録しました。そして3年間で貯めた資金で、日本で初めてとなるエグゼクティブ・サーチ会社を設立したのです。


鈴木博之(経営者)

ベンチャーが求めるものといえば資金や販路が中心になると思われがちですが、精神的なサポートを必要としている起業家が想定よりも多いことにも気付きました。そこで、グランフロントの「大阪イノベーションハブ」と連携し、2か月に1回のメンタリングを実施しています。


沢渡あまね

ムダな会議を減らすには、まず会議の「目的」を明確にしましょう。何かを決めるためか、アイデア出しか、単なる報告会か。「報告や通達であればメールで十分なはず」というように、会議の時間や回数を絞り込みます。


宮津純一郎

経営者としての教訓を語るような柄ではありませんが、ただひとつだけ言わせていただくなら、経営者の仕事は大きな時代の流れを読んでタイミングよく掉(さお)さすことに尽きるということです。川には流れが速いところもあればよどみもある。あちこちで渦も巻いている。その流れをじっと見て、ここぞというときに棹をさす。バチッと決まれば船の向きがぐいっと変わる。


ナポレオン

苦しみに耐えることは、死ぬよりも勇気がいる。


北尾吉孝

はっきりとモノを言うタイプなので、若いころは生意気だとよく言われました。それは会社のためになっているのか。社会正義と照らして正しい選択なのか。きちんと判断したうえで言うべきことを言うのなら、上司との摩擦や軋轢をあまり気にする必要はないと思います。