三ツ木紀英の名言

三ツ木紀英のプロフィール

三ツ木紀英、みつき・のりえ。アートプロデュサー。「芸術資源開発機構」副理事長。実践女子大学文学部美学美術史学卒業。

三ツ木紀英の名言 一覧

自分なりに解釈を生み出すことと、根拠を考えることが鑑賞力の基礎になる。これを繰り返すうちに、アート作品に限らず、物事や情報を批判的に解釈する思考パターンができてくる。


三ツ木紀英の経歴・略歴

三ツ木紀英、みつき・のりえ。アートプロデュサー。「芸術資源開発機構」副理事長。実践女子大学文学部美学美術史学卒業。

他の記事も読んでみる

大川隆法

会社が一定以上の大きさになったならば、「怖さ」というか、「恐ろしさ」を感じなくてはいけない。「はたして自分の能力がついていけるかどうか」ということに対する怖さを感じ始めたら、経営者としては本物。


安岡正篤

不健康、早く老いることの原因は、肉体より精神にあります。精神に感激性のなくなることにあります。ものに感じなくなる、身辺の雑事、日常の俗務意外に感じなくなる、向上の大事に感激性を持たなくなる。これが一番いけません。無心無欲はそういう感激の生活から来るもので、低俗な雑駁(ざっぱく)から解脱することに他なりません。


イセオサム

経験上、メモは見返さない。すぐ発信し、有効活用を心がけています。


亀井民治

所詮その時に使わないものは、いつまで経っても使わない。大事なのは、「使える」か「使えない」かではなく、今「使っている」か「使っていない」か。


村上恭和

低迷が続いていた日本の卓球界には、世界で戦える選手の育成が必要でした。大きなきっかけとなったのは、小学生の全国大会を作り、小さいうちから各都道府県の代表として競い合うようにしたことです。この階段を一歩ずつ上ってきたのが福原(愛)で、「次は自分だ」という選手が後に続きました。


須田将啓

私は、会社も人と同じように気風を持っていると考えており、そのカルチャーに合わない人が増えてくると危険です。そのため、エニグモが間違った方向に進まないよう、自分と社員の価値観に溝が無いかには常に気を払っています。


大江英樹

起業は目的と自分ができることを明確にして臨まなければ、まず失敗する。


横川竟

よく、「会社は誰のものか」という議論がありますよね。僕は少なくともそれは株主ではなく、本当に尊重すべきは会社の価値を表現して、お客様から対価としてお金をもらっている社員であるべきだと考えています。お金ですべてを解決する経済は、金融資本主義と言えると思います。悪いとは言いませんが、行き過ぎると株主が偉いということになってしまう。だったら上場しなければいいと意見もあるでしょうが、残念ながら今の日本では、中小企業が何かやろうとしても資金を調達できる仕組みが他にあまりないんです。だからこの会社で、従業員を株主にして、将来的に上場できるならして、こういうやり方でもちゃんと世の中に出ることができるんだと証明したいんです。


安藤百福

経営者は一度借り入れの味を覚えると抜け出せなくなる。経営に緊張感がなくなり、そのツケは必ず自分に戻ってくる。企業にとって借金は麻薬のようなものである。一度その味を覚えたら抜け出せなくなる。高い山の後ろには、必ず深い谷が待ち受けている。順調な時ほど危機が訪れる。問題ないと考えること自体が問題である。


堀坂明弘

ヒントは現場にある。マーケットに近い現場に解決策がある。


福原有信

見せかけの模倣は駄目だ。やるなら徹底的に根本から始める。


杉山健(経営者)

子供は日ごとに成長します。長女の誕生をきっかけに「この娘に負けないくらいに、自分も成長したい」と強く感じました。そして、社会人生活が40年間だとしたら、残りの20年間を経営者として突き抜けていきたいという思いを強く持ちました。


所ジョージ

私はモノを作る時、最初の段階では完成形なんて見えてません。とにかく作り出して、イジってると、どこかで「こんなもんかな」って思える瞬間が来るのね。そうやって作業の終わった時が、私の完成です。最初から完成形なんて用意しなくていいし、計画通りなんて面白くないよ。


横田響子

男性はムダな作業だと思っていても、そういう仕事なのだと言い聞かせて、残業してでも処理しようとします。しかし、早く帰らなくてはいけない女性は、「そもそも必要か?」と考える。男性も女性目線を身につけたほうが、国の働き方改革も進むのではないでしょうか。


福嶋康博

事業の成功を左右するのは人の能力よりも、自らの企画が消費者のニーズを捉えたかに因ります。つまり、「事業は企画なり」です。なぜなら、いくら社長や社員が優秀でも、事業企画が悪ければその会社は伸びないからです。


ページの先頭へ