名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三ツ木孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三ツ木孝のプロフィール

三ツ木孝、みつぎ・たかし。日本の経営者。「調布みつぎ不動産研究所」社長。

三ツ木孝の名言 一覧

社員が経営者的な感覚で自分の仕事にあたることは、会社のためというよりもむしろ、自分自身の成長に大変役に立つこと。


私が船長役を担うことになりましたが、正直なところ、どのように舵を取っていったらいいかわからなかった。そこで初めて、経営者としての勉強をするようになったのです。その中で「経営理念」の大切さを知り、経営理念を策定しました。新しくつくったというよりは、当社の事業のベースに元々あった考え方です。ただ、それを明文化したのは初めてでした。


父はほとんど個人の力量で事業を推進してきました。同じようなことが私にできるかというと、とてもできない。そこで私は、組織の力を高めることによって会社を経営していくという選択をしたのです。


三ツ木孝の経歴・略歴

三ツ木孝、みつぎ・たかし。日本の経営者。「調布みつぎ不動産研究所」社長。

他の記事も読んでみる

薮崎敬祐(藪崎敬祐)

情報を動かしているだけでは社会になくても困らない。ITによって、ヒト、モノ、カネがきちんと動いて価値を生み出す必要がある。


東平豊三

お客様からの値切り交渉を受けてその分、利益を減らす会社も多いようですが、それでは仕事を受ける意味がない。ちゃんと利益を得ないと、何か不備があった場合に対処するおカネも用意できません。自社の利益を上げることがお客様のためにもなるのです。


藤田晋

過去の選択を嘆くのは、はっきり言って時間のムダ。「時」は常に流れていて、今も何らかの選択を迫られているはず。過去を嘆く暇があるなら、今後の選択をどう決めていくか、考えるべきだ。


森川亮

制度やルールはどちらかというとダメな人を救う仕組みです。優秀な人は堅苦しくなってしまう。僕たちはトップで走る人に合わせます。


石破茂

やはり共に日本を語るとか、政治を語る仲間を増やしていかないと。いくら偉そうなことを言っても、仲間を増やしていかないと、実現させるのは難しい。


小宮一慶

お金が寄ってくる人は情報を幅広く受け止められる人。


平井伯昌

自分の目で見たものだから納得できる。自分で考え、目で見てきたからこそ、信憑性は教科書やマニュアルよりも高い。


樋口武男

大和団地の経営再建において、人員削減はいっさい行ないませんでした。人件費を減らせば、確かに短期的には財務状況を改善できるでしょう。しかし、「人減らし」をするということは、優秀な社員たちから先に辞めてしまうことにつながります。それでは、その先の再建が遠のく一方です。人員整理こそしませんでしたが、猛烈な改革を進めるうちに、バブル期に入社して「ぬるま湯」に浸かっていた世代の社員が、大量に退職していきました。その結果、本当にやる気のある社員だけが残り、強い組織へと生まれ変わっていったのです。


田中良和(GREE)

昔からネットの世界にいる人は初体験には慣れっこなんです。当時は業界もなく、初めてのことをやるのは当たり前。だから、ゲームを誰も作ったことがなくても、何とかなるだろうと。


相葉光輝

行動に移した瞬間からメモは「過去のもの」になる。だから、メモ自体を捨ててしまうことが大切。重要な案件ほど、すぐに捨てる。直前に見返したら、その場で捨てて行動する。大切なのは、その先にある成果です。初めは不安で確認したくなると思います。でも、忘れたっていいんです。メモの中身をすべて忘れてしまうことは、そんなに多くない。そして、忘れて失敗してしまっても構わない。それでクビになることなんて、ありませんから(笑)。それよりも、能動的に考えて行動したことの方が、はるかに価値があります。


金田博之

日本人以外の英語を母国語としない非ネイティブは、そもそも完璧な英語を目指していません。テキスト中心の学習などそこそこに、現場で片言の英語を駆使し、気づきや失敗を繰り返しながら、「すべきこと」や「したいこと」を英語を使ってできるようになっていきます。


平尾誠二

私は、リーダーが怒るということは、あまりいいことだとは思いません。よく、「うちのチームは、俺が怒るからいいプレーができるんだ」という指導者がいますが、だから怒った方がいいというのは理屈に合わないでしょう。怒られたからできたというのは、もともとそれができるだけの力があったのです。だから、この場合は、怒られるまで力を出さない個人やチームにこそ問題があると考えなければいけません。