名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三ツ木孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三ツ木孝のプロフィール

三ツ木孝、みつぎ・たかし。日本の経営者。「調布みつぎ不動産研究所」社長。

三ツ木孝の名言 一覧

社員が経営者的な感覚で自分の仕事にあたることは、会社のためというよりもむしろ、自分自身の成長に大変役に立つこと。


私が船長役を担うことになりましたが、正直なところ、どのように舵を取っていったらいいかわからなかった。そこで初めて、経営者としての勉強をするようになったのです。その中で「経営理念」の大切さを知り、経営理念を策定しました。新しくつくったというよりは、当社の事業のベースに元々あった考え方です。ただ、それを明文化したのは初めてでした。


父はほとんど個人の力量で事業を推進してきました。同じようなことが私にできるかというと、とてもできない。そこで私は、組織の力を高めることによって会社を経営していくという選択をしたのです。


三ツ木孝の経歴・略歴

三ツ木孝、みつぎ・たかし。日本の経営者。「調布みつぎ不動産研究所」社長。

他の記事も読んでみる

高橋智隆

今のニーズに応えることよりも、常に新しい提案を行い、時代の先を行く姿勢を大切にしています。


加藤智治

勝負にこだわるからこそ、負けることでも多くを学ぶ。


山田隆持

携帯電話の市場はすでに成長期を過ぎて成熟期に突入しているわけですが、成長期は新しい機能を次々にアピールしていくことが重要でした。しかし成熟期のお客様は、ある程度携帯電話を使いこなされています。となると、大切なのは、お客様満足度の向上なのです。


茂木健一郎

ひとりの人間が、ずっと生きてきた、その軌跡の中からにじみ出る言葉は、時に人の心を打つ。たくさんの経験に裏付けられた短い言葉の中に、凝縮された「叡智」がある。


門昌央

上司など、断りづらい相手からの頼みなら、条件つきで引き受けるという方法もあります。22時ごろまでかかりそうな残業を頼まれたら「20時くらいまでならできます」と答えるのです。「できる」「できません」ではなく、その中間をとるわけです。曖昧さを好む日本人に対しては、有効だと思います。


髙橋ツトム(高橋ツトム)

変更することも楽しむんですよ。そういうもんじゃないですかライブって。(漫画を描くことは)ライブですから。


小笹芳央

コンサルティング部門の顧客は、企業の経営者です。その人たちに対してプレゼンテーションや商談を重ねるうちに気づいたのは、「視界」と「時間」の感覚を相手と同一にすることが重要だ、ということでした。視界を同じくするというのは、その人が関心を持っている範囲を把握し、相手が見ている空間に入り込むということです。その経営者が今見ているのは、「国内の店舗展開を拡大する」という世界観なのか、「アジアに店舗を拡大する」という世界観なのか。それを自分と相手で一致させないと、論点のズレた話し合いになってしまいます。時間についても同様です。その経営者が今見ているのは、これから先3カ月の範囲なのか、1年なのか、10年なのか。それによって提案する内容が変わるのは当然です。ですから、時間の物差しを相手と揃えることも不可欠。


安部徹也

自分の価値観ではなく、他人の価値観に影響を受けて目標を定めている人は意外と多いのではないでしょうか。当然ながら、自分の価値観に合わない目標で、モチベーションを保てるはずがありません。自分の願望よりも世間体を気にした目標を立てている人、会社の目標をそのまま自分の目標にしている人にも、同じことが言えます。


福沢諭吉

楽の一方にだけ心を奪われ、俗に言う丸儲けしようとしては、丸損してしまうことを忘れてはならない。


原田泳幸

社員からのミーティングの要請があって私に時間がない場合は、固定的な予約にせず随時空いた時間を活用します。ですから、歩いている時間やエレベーターの中で社員からの相談に応じることも珍しくありません。


田中仁(経営者)

悩み抜いていたからこそ、人の話を真摯に受け入れる準備ができていたのでしょう。大事なのは、本当に謙虚になって、アドバイスを受け入れる準備ができているかどうか。


松本紹圭

不安や恐れで自分にしがみついている人は、会社組織を自分の確かさを強固にするための装置にしてしまう。しかし、その延長線上で殻を破るような大きな仕事に踏み出すことはできません。