名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

三ツ木孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三ツ木孝のプロフィール

三ツ木孝、みつぎ・たかし。日本の経営者。「調布みつぎ不動産研究所」社長。

三ツ木孝の名言 一覧

社員が経営者的な感覚で自分の仕事にあたることは、会社のためというよりもむしろ、自分自身の成長に大変役に立つこと。


私が船長役を担うことになりましたが、正直なところ、どのように舵を取っていったらいいかわからなかった。そこで初めて、経営者としての勉強をするようになったのです。その中で「経営理念」の大切さを知り、経営理念を策定しました。新しくつくったというよりは、当社の事業のベースに元々あった考え方です。ただ、それを明文化したのは初めてでした。


父はほとんど個人の力量で事業を推進してきました。同じようなことが私にできるかというと、とてもできない。そこで私は、組織の力を高めることによって会社を経営していくという選択をしたのです。


三ツ木孝の経歴・略歴

三ツ木孝、みつぎ・たかし。日本の経営者。「調布みつぎ不動産研究所」社長。

他の記事も読んでみる

青木仁志

雑談があるかどうかで、仕事の成果や人間関係は大きく変わります。営業や交渉の場面では、雑談の先に仕事を成功させるというハッキリとした目的があります。そのためには、相手をよく知り、信頼関係を築くことが欠かせません。相手が目上の人なら、雑談を通して「こいつ、可愛い奴だなあ」と思ってもらえたら、しめたものです。雑談によって気持ちのやり取りができれば、信頼関係が生まれていきます。


松尾昭仁

上司が忙しそうにしているときや、重要な会議に臨む前などピリピリしているときに相談を投げかけてはいけません。普段ならYESの案件でもNOになってしまう。


荻上チキ

ネット社会では特定メディアを叩くことがゲーム化している。間違ったメディアを正してやろう、ネットに書き込んでやろう、そうしたことが市民運動化してきている現状をみて「みんな落ち着けよ」と私は思うのです。結局彼らの求める「真実の報道」も自分が好んで摂取している偏ったメディアにすぎないのだから。


藤野英人

私は長年、ファンドマネジャーとして様々な企業を見て実際に投資してきて、投資すべき企業を見極めるうえで重要なことがあると考えています。それは、「人の可能性に着目して投資をする」こと。会社は人の集まりなので、その会社が長期的に成長できるかどうかは、人にかかっているのです。


赤瀬川原平

アキラメというのは人生的なものである。体験に基づくというか、体験の集積というか、いずれにしろ体に発するというか、体からじわりと湧き出る。それにひきかえ、シラケというのは、体験からのものとは違う。じーっと頭で考えさせられて、右も駄目、左も駄目、上に行ってもしょうがない、やる気がしない、シラける、というものではないのかな。


安藤広大

弱者にばかり迎合する現在の日本は危機的な状況ですが、経営者がしっかりと未来を見て収益を上げることが結果として末端の人々の幸せにつながります。まずは企業側から文化を変えていくことができれば、いずれは政治の世界も変化するのではと期待しています。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

「自立」のためには、「自律」が必要であり、自分が失敗しがちなことや、苦手なことを克服したいとき、また逆に何かをやりきらなくてはいけないというときに、自分なりのルールをつくることができる人こそが、自立した人なのだと言えるでしょう。


高田明(ジャパネットたかた)

この歳になってサッカーという、新たなスポーツ・ビジネスと出会うとは。幸せというか、いい勉強させてもらってますよ。これまでの仕事とは違う、いろんな刺激と課題を与えられて。


江崎玲於奈

科学や技術の進歩に重要なのは、先入観にとらわれず、良い物を良いと評価することです。私が60年に渡米した理由の一つは、当時の日本はエサキダイオードを正しく評価できなかったから。日本では発見そのものよりも、研究者や研究所が立派であるかどうかなど、周辺的な事柄に重きが置かれていました。それに対し米国では、厳しくも公平に成果を評価するウィズダム(英知)がありました。


岩田松雄

偉業を成し遂げるリーダーは、壮大なミッション(使命)を持っています。ビジネスパーソンの場合、「自分がこの世に生かされている理由」「何のために働くのか」といったことを考え、自分のミッションを再確認してください。


内田和俊

マネジメント経験の長い支社長、支店長クラスの方は、よく「管理職の仕事は、部下に『言う』ことではなく、『言い続ける』ことだ」と話します。「内田さん、3年間言い続けてようやく聞いてもらえるようになった」「やっと言い続けてきたことが浸透した」などなど。まさにその通りで、部下を変えるには「言い続ける」しかありません。


菊間ひろみ

俳優の渡辺謙さんは43歳のときに米映画『ラストサムライ』出演のオファーを受け、英語を猛勉強、あっという間にマスターしました。目標が明確なら、何歳からでも上達します。