三ツ木孝の名言

三ツ木孝のプロフィール

三ツ木孝、みつぎ・たかし。日本の経営者。「調布みつぎ不動産研究所」社長。

三ツ木孝の名言 一覧

社員が経営者的な感覚で自分の仕事にあたることは、会社のためというよりもむしろ、自分自身の成長に大変役に立つこと。


私が船長役を担うことになりましたが、正直なところ、どのように舵を取っていったらいいかわからなかった。そこで初めて、経営者としての勉強をするようになったのです。その中で「経営理念」の大切さを知り、経営理念を策定しました。新しくつくったというよりは、当社の事業のベースに元々あった考え方です。ただ、それを明文化したのは初めてでした。


父はほとんど個人の力量で事業を推進してきました。同じようなことが私にできるかというと、とてもできない。そこで私は、組織の力を高めることによって会社を経営していくという選択をしたのです。


三ツ木孝の経歴・略歴

三ツ木孝、みつぎ・たかし。日本の経営者。「調布みつぎ不動産研究所」社長。

他の記事も読んでみる

小川賢太郎

親たちの勝手な理屈や価値観によってではなく、本人が「将来これをやりたいから絶対にこの学校に行きたい」といった強烈な自己実現の欲望を持たない限り、受験などさせるべきではない。


草開千仁

いつまでも昔のように気象庁と張り合ってばかりではいけない。喧嘩するよりも、お互いを高めていくための議論をする時期に来ているんじゃないかと思っています。


出雲充

やるべきことはむしろ、失敗しても再チャレンジできる環境を整えること。そして、起業しようとする若者に余計なアドバイスをして志をくじくようなことをしないこと。


渡邉美樹

私は、相手の都合で日程を確定できない仕事や、いつでも自由に時間を設定できる仕事でも、ひとまず確定した予定として手帳に書き込みます。決まってから書き込めばいいという考え方は間違いです。日程を曖昧なままにしておくと目標がぼやけてしまい、そこに到達するまでのパワーも湧いてこないからです。


坪田信貴

分からない状態を認識できると、どうすれば答えが見つかるかを考えるようになる。


宮内義彦

失敗して萎縮し、伸びなくなる人がいる。だから救いのない怒り方をしてはいけない。


池口龍法

心を見つめて不安を静めれば、ひらめきが湧いてくる。


澤上篤人

自分がバリバリと働きたい、成長したいという気概があるなら、一度、めちゃくちゃに勉強して、めちゃくちゃに働いてみろといいたい。世界には信じられないほど勉強して、働いてトップに登りつめていこうとしている連中がいっぱいいます。そこで競争するとものすごい成長ができます。


福沢諭吉

独立の気なき者は、必ず人に依頼する。人に依頼する者は、必ず人を恐れる。人を恐れる者は、必ず人にへつらう。


五嶋みどり

支援活動を通じて一番学んだことは、私たちはすごく裕福な生活をしているということです。ただ、それが精神的な幸福とは結び付かないのではないかと感じています。欲を捨てないと、本当の意味での生きる理由が見つけられないのではないかと考えるようになりました。


永田豊志

経営者は業績が悪くなると新規事業をやれと言いますよね。しかし、失敗を奨励しないと新しい発想なんて思いつきません。新規事業に関わる失敗は、人事考課に影響しない、とか、挑戦した件数を評価するようにすれば、思いもよらない新しいビジネスが出てくるでしょう。


久保田裕也

オーディオブックは、人生になかったとしても生きてはいけますが、1冊の本との出会いは生きる活力になることもあるくらいのエネルギーを持っています。私は国、人種、障がいの有無にかかわらず、コンテンツは誰にでも分け隔てなく体験されるべきものだと考えています。オトバンクは、そのコンテンツを提供できるインフラになりたいと思います。


山本晴義

大切なのは、その日のストレスはその日に解決することです。趣味の時間を作る、運動する、美味しいものを食べる、早めに寝るなどして、積極的にストレスを解消する時間を持ちましょう。この「ストレス一日決算主義」を心掛けることが、心の健康を保つ秘訣です。


阿部正次

城をかように高く築いてあるものも、かほどに堀を広く設けてあるのも、みな戦争の備えなのだぞ。西国の敵がこの城を奪わんとしたときは、徳川の武人の屍が、この塁をもっと高め、戦士の血がこの池をなお深くするはずである。死を忌みごとと思う了見なら、最初から城など造らぬがよい。【覚書き|城代として勤めていた大坂城で病にかかったとき、息子の重次がやってきて正次を私宅に下がらせようとしたときの発言】


平山みき

仕事では東京と京都を往復してますが、最近は予定を固めて月に1、2度上京する感じ。観光客の視点でいるので京都は今でも面白いですよ。逆にたまに東京に戻ってくるのも新鮮だし、行ったり来たりはワクワクします。


ページの先頭へ