名言DB

9419 人 / 110788 名言

三ツ井創太郎の名言

twitter Facebook はてブ

三ツ井創太郎のプロフィール

三ツ井創太郎、みつい・そうたろう。日本の飲食店コンサルタント。「スリーウェルマネジメント」社長。料理家アシスタント、飲食企業飲食部門統括責任者などを経てスリーウェルマネジメント社長。著書に『飲食店経営 人の問題を解決する33の法則』。

三ツ井創太郎の名言 一覧

よくある間違いは、業績悪化の要因分析をせずに行動するパターン。指標とすべき数字を把握せず、見当違いをしているケースが多い。


経営者の成長意欲をスタッフに伝染させていけるかどうかにかかっている。スタッフを巻き込んでワクワク感がある会社は業績も伸びている。


現場の人は何かしなければと焦り、頑張り間違いをしています。気合と根性で店が良くなるわけではありません。そのうちにスタッフが疲弊していく場面を多く見てきました。


流行っていた店の売上げが落ちる、または一時的に赤字になると、多くの店長は「今は大変だけど頑張ろう!」と精神論で切り抜けようとします。しかし、これは間違いで、さらに重症なのは、問題のすり替えが起こっていることです。問題が起こったときにすべきは、問題の本質を探ることです。


儲かっていない飲食店は99%は「人」が原因。人の悩みは、仕組みで解決できます。理念浸透や人材採用、人件費の抑制、社長の右腕人材育成。まずは1つでも出来るところからでいいので取っ掛かりにしてもらえたら嬉しいです。


スタッフを教育する立場のリーダーには、分かりやすく説明する為に「宣教師のフランシスコ・ザビエルみたいになりなさい」と話しています。異国の地に行って、外国語で布教活動するって難しいことですよね。人を育て、会社の理念を浸透させるのは同じくらい難しいことです。


経営者や店長は自分がやってきたので、考えなくても出来るのですが、人に伝える機会を得ることで、改めて仕事の意味を理解することになります。そのプロセスを経て、業務の仕組み化や人を成長させる土台が出来ることを知ります。


優秀な人材が欲しいと誰でも言いますよね。その場合もどのような人材を優秀とするのか定義することを勧めます。店長がざっくり優秀な人材をイメージしていても、それではコミュニケーションが取れず、伝わりませんよね。その時も堅苦しく考えるのではなく、「優秀な人材ってこういう人かな」と書き出していく。「こんなスタッフがいたら店が良くなるな」とワクワクしながら作る。


よくある失敗パターンの一つは、現状分析が間違っているケース。原因が分からなければ、有効な仮説が立てられません。PDCAが重要と分かっていても、現場の人間は、振り返りが苦手で、優先順位が低いのです。店舗の業務では、今、目の前にいるお客への接客が最も優先順位が高くなり、意識的に振り返りの時間を作らなければ、せっかくのノウハウも蓄積されません。振り返りの習慣を作ることが改善の一番のポイントです。


現場に入り、店長から話を聞くと一見事実のように聞こえるが、全てフィルターがかかっています。店長は少なからず自己弁護するものです。事実とは違うという認識が必要です。問題は現場に有ると言っても、闇雲に現場に入ればいいというものでもありません。ある程度、数値化したデータや仮説を得てから、本当の課題を洗い出します。


問題の本質を探らず、小手先のマーケティング戦略で短期的に売上げを回復させても、むしろ問題を広げてしまい、逆効果になります。そこで私は、まずは「経営の土台」を作ろうと提案します。目先の出血を止めることにだけ集中すると同じ問題がまた起こります。本来、店をどうしたいのか、土台がしっかり固まり、その後で穴を塞げば、販売促進の効果が出て利益が出るようになります。


会社を良くしたいという志があっても、それを周りの人に理解してもらうには、業務を見える化したマニュアルや体系化されたメソッドなど、共通言語にあたるシートやシールが必要になります。自ずとリーダーの立場の人は、スタッフの仕事を棚卸しして、伝える準備をしていくようになります。一度、自分の仕事と向き合うきっかけになります。


大学生だった頃、父の経営する会社が倒産しました。資金繰りに苦労する姿を見ていましたので、いつか経営コンサルタントになって、父のように困っている経営者を助けるのが私の夢でした。


三ツ井創太郎の経歴・略歴

三ツ井創太郎、みつい・そうたろう。日本の飲食店コンサルタント。「スリーウェルマネジメント」社長。料理家アシスタント、飲食企業飲食部門統括責任者などを経てスリーウェルマネジメント社長。著書に『飲食店経営 人の問題を解決する33の法則』。

他の記事も読んでみる

関秀明

気をつけているのは、数値目標には根拠があると理解してもらうこと。単に「数字を右肩上がりに伸ばせ」と言われても、現場はとまどってしまうし、いずれ無理が出てきてしまう。


澁谷誠(経営者)

社員が一堂に会する月一回の朝礼で「○○さんはこんなカイゼンをして、こんな成果がありました。また△△さんはこんな素晴らしいカイゼンを提案してくれました。今月の提案件数は何件、今年はこれまでに何件、そして累計で何万件になりました」と伝えています。


松橋良紀

雑談をとおして「この人は信頼できそうだな」と顧客に感じてもらえて初めて、本気で話を聞いてもらえるのです。売れる営業マンは、商談の前だけでなく、契約がとれたあとにも雑談をして、人間関係を強固にしているもの。そうして解約を抑えるとともに、リピートにもつなげているのです。


越石一彦

手土産を持っていったからといって、ビジネスの話がまとまるわけではありません。しかし、手土産を持っていけば、ビジネスの話をする下地ができます。お互いの距離が縮まるからです。かといって、どこのコンビニでも売っている菓子折りでは、相手との距離は縮まりません。相手のことを考えて用意した手土産だからこそ、喜んでくれて、胸襟を開いてくれるのです。


田崎正巳

長年同じ仕事を続けていると、人間はどこに問題の本質があるかを見極める能力が次第に低下してきてしまう。また、ひとつの経験が深くなってくればくるほど、新しいことを学ぶ能力も落ちてくる。そうしたことから、私は問題解決能力や学習能力、思考力を磨くためには、積極的に過去を捨てて、新しいことにチャレンジすることが一番良い方法であると思っている。


杉本一成(東海電子)

1999年に、東名高速道路で渋滞のため停車中の乗用車に飲酒運転の大型トラックが追突する事故が報じられました。乗用車は炎上。後部座席の幼い子供さん2人が亡くなったのです。あまりの痛ましさに、「なんとかして飲酒運転をなくせないか」「まず運輸・旅客業界向けに、飲酒したドライバーは運転できない仕組みをつくろう」と考えました。今日では、ユーザー企業の事業所に備え付けるタイプだけでなく、車載型のシステムも提供しています。これはアルコールインターロック装置といって、アルコールを検知すると、エンジンを作動させないシステムです。純国産としては、当社が初めて手がけました。


堀場雅夫

トンやキログラム単位で販売するのではなく、高付加価値品をグラム、ミリグラム単位で販売するビジネスモデルへ転換することが大切。たとえばセラミックは茶碗ならキログラム単価だが、コンデンサーにすればグラム単価へと付加価値が上がる。


佐々木毅

学問は対象のある部分を切り取ってきて、人工的に操作をして、「これは法則だ、因果関係だ」と確定する作業だから、ある意味ではそれだけのものだ。だから、それだけで分かったと言われるのでは話がおかしくなるのは当然ではないだろうか。


中山善郎

明るい会社にするために不可欠なのは、公平な人事である。適材適所、一番合った人を登用するのが、理解を得るうえで最善の道なのである。【覚書き:大協石油と丸善石油との合併でコスモ石油を創設した時を振り返っての言葉。両社とも赤字企業で、合併時は企業内の雰囲気が沈み込んでいた。そこで適材適所の人事を行い、組織の立て直しを行った】


エラン・カッツ

どんな勉強も乗馬と同じで、最初は乗っては落ちるの繰り返しですが、「できそうだ」と自信がつくところまでいけば、後は学習のスピードが加速度的についてきます。メンタル面の壁を崩して自信をつけるところまでが、学習の過程で最も難しいところです。