名言DB

9412 人 / 110637 名言

七村守の名言

twitter Facebook はてブ

七村守のプロフィール

七村守、ななむら・まもる。日本の経営者。インターネット広告代理店「セプテーニ・ホールディングス」創業者。人材採用コンサルティング会社サブ・アンド・リミナル(のちのセプテーニ・ホールディングス)を設立。

七村守の名言 一覧

当グループでは判断が外れ2年連続減益になると社長交代です。社長たちも交代にならないよう策を練り、成功確率の高い即断をしようと心がける。こうしてグループ全体の経営速度と質が高まっていく。


七村守の経歴・略歴

七村守、ななむら・まもる。日本の経営者。インターネット広告代理店「セプテーニ・ホールディングス」創業者。人材採用コンサルティング会社サブ・アンド・リミナル(のちのセプテーニ・ホールディングス)を設立。

他の記事も読んでみる

南壮一郎

管理職候補を採用するときの失敗パターンは、自社に必要なスキルに注目し、ピンポイントで採用してしまうケース。たとえば英語が堪能だとか、ブラジルに進出したいので現地でビジネスを経験したことがある人がほしいなど。もっと細かいところでは、「アメリカで商標登録をした経験がある法務に通じた人がほしい」という超ピンポイントの依頼もあった。確かにビジネスの変化が激しいので、今必要な人材をすぐにでもほしいという気持ちはわかるが、それだけで決めてしまうと危ない。


糸井重里

手帳を発売してから5年ほどたつと、事業の規模も大きくなってきます。リーダーとしての自覚も出てきた。でもまだビジネスのことはよく知りませんでした。この当時、読んだのが、アップルにジョン・スカリーが入り、スティーブ・ジョブズを追い出し、ダメになっていく過程を描いた本でした。スカリーが会議に出ると、ウサギの着ぐるみを着ている社員がいる。スカリーはそれが我慢できなかったそうです。この本を読んでから、働くとはどういうことなのか。ウサギを着ているのはいいのか悪いのか。普通の会社とはどんな会社なのか。いろんなことを考えました。それで目指したのが、きちんとした会社でありながら、ウサギを着てもかまわない会社です。この2つは相反するものではなく、両立するのではないかと考えたのです。現にシリコンバレーでは、成長し続ける会社でも、社員がモノを食べながら自由な服装で社内を歩いている。ほぼ日もそれを目指そう、と。


日下公人

歴史的に見れば、金使い、技術使い、人使いへと経営者の資質は変化している。なぜいま人使いの名人でなければならないのか。金も技術も余ってきたからだ。経営者自身がお客の心を理解できないにしても、それをわかる社員がだれかを見抜かなければならない。


青木紘二

私くらいの年齢になると、長く生活させてもらってきた写真界をよくしたいという気持ちが強くなります。そのためには、度を越した競争はやめて、利益率を上げることが必要です。これは、私と同じカメラマンを守るためでもあります。私たちフォトエージェントが安売り競争をすると、カメラマンが食べられなくなるし、結局はフォトエージェントも立ち行かなくなる。私たちは、絶対に過当競争をやってはいけないんです。ここにこそ、私は今、勝負をかけています。


クリス・アンダーソン

ウェブは主に2つの非貨幣単位で構成されている。注目(トラフィック)、評判(リンク)だ。両方とも、無料のコンテンツとサービスにおいてとても重要なものだ。そして、この2つの通貨のどちらかでも金銭に換えるのはとても簡単なのだ。


田代康憲

顧客に対する提案力も当社の強み。世界中から収集した情報を基に、当社の食品製造器で作れる新商品のレシピを食品会社に提案している。


斎藤広達

誰に何を売るのか。その時に、相手が比較対象とするものは何か。そこを自分の価値基準で判断しては戦略を誤る。


ジェフ・ベゾス

私たちのビジョンのひとつは、「この世界で印刷されたすべての書籍、すべての言語で書かれた書籍を60秒でダウンロードできるようにする」ことです。こんなに素晴らしく、こんなにクールなことはないはずです。


市川秀夫(経営者)

これ以上政策だとか、あるいはマクロの経済関係に期待するのはもう間違いだ。あとは我々がどう自分達の事業を変えていくか。


千本倖生

良きパートナーを得て下さい。やはりチームワークがない会社は本当に長続きしません。


奥山清行

ある職種のプロであるほど忘れがちになるのは、プロであるほど業界の常識に縛られているということです。つまり、プロの発想は前例の集積になりやすい。しかし、それではまず発案者本人が興奮できません。発案者が興奮できないものに、他人が興奮するわけがないですよね。だから「自分以上」になる道具が必要ですが、僕にとってはそれが「手描きの絵」なんですよ。機械を使って描く図面は非常に正確ですが、発想のはじめから機械で描くと、僕の場合は細かいところの不備が気になって前に進めなくなります。でも、手のスケッチなら、細かいところはコチョコチョと曖昧にしておき、アイデアの核心については力強く描ける。初期衝動の印象をかなりそのまま形にできる道具なんです。しかも、手はなかなか思い通りにはなりません。それで偶然に引いた描線が、自分の意図を越えていいものになる可能性もある。そういう意味で僕にとっての手描きの絵は、本人も興奮できる企画を作るための道具になるんですね。


山本梁介

身だしなみ、接客、清潔感、朝食の4つをキーワードにしてお客様にアンケートを実施しています。月に1万通弱集まるのを10日ごとに集計し、全社で共有して各店舗に点数をつけています。105店のうち下位20位に2カ月間とどまっていると、ゴールド作戦チームというのが派遣されて研修します。それでもダメなら本社の研修センターで問題点の洗い出しをします。


渡邉美樹

緊急ではなくて大事なことというのは、わりと基礎的なことが多い。営業でも、担当のお客様に対してメンテナンスを定期的にしっかりとやっていれば、いきなり「おい、なにやってんだ! すぐ来い!」などと怒鳴られるようなことはなくなります。つまり、顧客管理が常日頃からきちんとできていれば、急な苦情に慌てることはありません。自分で時間を組み立て、仕事に向かっていくことができるようになります。


中井政嗣

人間って、欠けてるからこそ伸びるものなんですよ。


虚淵玄

アニメ制作会社のGONZOさんから持ち込まれた企画があって、自分が企画書を書いていたんです。それは「呪いのバイクに乗った若者たちのバトルロイヤルもの」で、当初はその通りにオリジナルアニメをつくるはずだったんですけど、板野(一郎)さんが監督として入ってきて内容がガラッと変わりました。板野さんにコテンパンにされたんですね。それまで自分は独学でやってきて、自分よりキャリアと経験があるクリエイターから説教された経験がなかったんです。行き詰まりを感じていた自分にとって、違う世界で違うことをやっている人と出会うことは大きな刺激になりました。