名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

七五三木敏幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

七五三木敏幸のプロフィール

七五三木敏幸、しめぎ・としゆき。日本の経営者。「クライスラー日本」「ポルシェジャパン」社長。一橋大学卒業後、群馬銀行、メルセデス・ベンツ日本、クライスラー日本営業部長・社長などを経てポルシェジャパン社長を務めた。

七五三木敏幸の名言 一覧

結局、実力以上の仕事なんてない。そういう(難しい)仕事に指名されたということは、その人は優秀なんだと思いますよ。


与えられた条件の中で前を向いて頑張っていれば、チャンスも回ってくる。


我を忘れるほど集中したときに潜在能力が発揮される。仕事も真剣勝負ですから、集中してやる気が高まれば自分が思っている以上に能力はストレッチする。


仕事の約束が守れなかったときに、コミットメントや目標値が高すぎると感じることもあるかもしれない。でも「どうせ自分には手が届かない」という自己否定的な考え方は仕事のプラスにはならない。


日本では出る杭は打たれますが、アメリカ、少なくとも私がいた会社は違う。出る杭はもっと出てくるようにと引っ張られる。出る杭しか上に引っ張り上げてもらえない。難しい仕事を託されたときは、「あなたにはできる」という保証書付きなんです。


短いスパンでコミットメントが設定されていれば、守れないケースだって当然出てくる。それでいちいち悲観したり、自分の能力を低く見積もってしまうと、目の前の仕事にも影響してくる。反省は必要ですが、すぐに次のコミットメントに向けて動き出さなければならないわけですから、切り替えることも大切。


営業本部長になればまた現場の付き合いが広がって、新しい知り合いがどんどん増える。新しい仕事をやって、信頼を得て新しいつながりができれば、もっといい仕事に巡り合えるかもしれない。そういう気持ちのほうが強かった。


私の友人でも、50歳過ぎて役職定年を迎えて、出向するケースが多い。大概は敗残兵みたいな気持ちで新天地に赴いて、リタイアする日を指折り数えて堪え忍ぶ。でもそうじゃない人も何人かいますね。行った先で前向きな目標をつくってチャレンジする。出向先で部長、役員、取締役、専務と上がって、今年から本社の副社長に復帰した友人もいる。


私は違いますけど、営業マンというのは自己中が多い(笑)。私が見たところ、優秀な営業マンほど自己中ですね。ある後輩の営業マンがいて、優秀なヤツなんですけど、何しろ言い訳がひどい。「すみません、聞いてくださいよ。これがこうだから……」と見事に全部他人のせいにする。「分析と称して人のせいにするのはやめておけ」なんて注意していましたけど、究極のポジティブシンキングだなとこっそり感心していました。そいつのように言い訳ばかりしていると人格を疑われるから、口に出して言う必要はない。内心で「今回は失敗したけど、こういう事情があったから。次は絶対大丈夫だ」と考えるくらいでいいんです。「あのディーラーが売らなかったからだ」と責任転嫁できれば、「よし、来月はもう1週間早くあの社長にコミットさせよう」と対応策も浮かんでくる。


能力をストレッチするインセンティブは百人百様。「給料を何%上げてマネジャーにしてあげる」と声をかけで伸びた部下もいれば、伸びなかった部下もいます。「1年頑張ったらオレが本社に口を利いて、販売企画に戻してやる」と言ってぐっと伸びた営業マンもいる。与えるインセンティブとコミットメントのバランスを取るのがマネジメントの仕事。


銀行員時代にも大きな失敗をしていて、一度手形をなくしたことがあるんです。次長に打ち明けたら「何! おまえクビだぞ」と。進退窮まったと青くなっていたら、普段は昼行灯のような先輩が見違えるようにテキパキと処理の仕方を指示してくれた。自身の経験から、始末の仕方を誰よりもよく知っていて。リカバリーショットの打ち方を知っておくのも大事なこと。赤字を出すような失敗は学ぶチャンス、という受け止め方もあると思います。


モデル末期で月に10台くらいしか売れないクルマを500台くらい在庫で取ってしまったことがあります。「インセンティブの予算を数億つけるから」みたいな甘い言葉に釣られて。で、案の定売れない。追加予算をさらに使っても売り切れず、こっちの予算を使って処理しなければならなくなって、結局、十数億円にのぼる大変なお金を使って売り切った。当然ながら1台当たりの収益は大赤字です。当時ドイツ人の社長から「ボクシンググローブをつけてたら3発は食らわしている」とジョーク交じりに言われた。おかげで長期在庫を抱える怖さを身をもって学びました。


七五三木敏幸の経歴・略歴

七五三木敏幸、しめぎ・としゆき。日本の経営者。「クライスラー日本」「ポルシェジャパン」社長。一橋大学卒業後、群馬銀行、メルセデス・ベンツ日本、クライスラー日本営業部長・社長などを経てポルシェジャパン社長を務めた。

他の記事も読んでみる

岩波貴士

ヒットするアイデアは何気ない日常にたくさん潜んでいる。それをいかにしてすくい上げるか。これには少しのセンスとコツが必要。


ロバート・ルービン

効果的な政策は金で買えるものではないが、資金を渋るよりは余るほど投入するほうがよいときがある。


井上高志

私はよく社員たちに向けて、かの「薩摩の教え」を引用し、挑戦することの大切さを語っています。人として一番価値があるのは「何かに挑戦し、成功した者」。二番目が「何かに挑戦し、失敗した者」。三番目が「挑戦した人の手助けをした者」。とにかく、どんな結果やかたちであっても挑戦することが大事であり、たとえ失敗しても、挑戦を続けなければ人も組織も成長しないと。


三浦将

英語を学ぶ本当の目的が明確であれば、英語を学ぶことに「快」の感情を持てるはず。そうなると「快」を求めて学ぶ習慣もつく。


上田比呂志

心を込めた接客をして、お客から「ありがとう」と言われる。同僚から感謝される。この喜びが、ものすごいエネルギーになる。


松重豊

『孤独のグルメ』は深夜にひっそりスタートした作品なので、まさか海外の方も観てくださっているとはびっくりしました。役者は僕一人で、最初はスタッフも少なく、普通の連続ドラマに比べたらはるかに小規模なチームでした。たとえるなら小さな町工場。小規模でも職人たちが良い商品を作っていたら、少しずつ売れてお客さんが増えて、海外の大企業までもが買いつけに来てくれた、という感じでしょうか。


似鳥昭雄

ロマンを持っていると何歳になっても人生の密度が変わらず濃いのです。ニトリの社員には80歳までの年間計画を書かせています。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

ゴールイメージを描けない人間は仕事が遅くなるし、面白さも感じられない。


宮内義彦

監視があると経営者は楽なんですよ。株主の監視だけではなく、いろんな仕掛けがあって縛られたほうが経営者は楽です。業績を落とすと怒る株主がいる。難しい会計原則で縛られる。顧問弁護士や監査役に注意を受ける。チェックする人と確認する仕組みが多いと、ミスは減ります。


中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)

幸運にも、これまでの創意工夫がお客様に受け入れられてきたから、今も伝統芸能として認められているだけであって、ただ同じことを繰り返してきていたら、今頃、歌舞伎はなくなっていたと思う。


鶴野充茂

プレゼンや会議の場で人が退屈するケースは3つあります。ひとつは、新しい情報が出てこないとき。もうひとつは、話が理解できないとき。最後は、話の内容が自分に関係ないときです。これらの要素が重なると、人は不快になって話を聞き続けることができなくなるのです。


香川真司

自信と過信は紙一重。「やれる」という強い気持ちを持たないと、こっち(海外)ではやっていけない。だからといって「俺ってすごい」とも思わない。ドイツでは、いい意味で自信をつけることができたけど、反面、ここで結果を残しても、全く満足できない自分もいる。