名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

七五三木敏幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

七五三木敏幸のプロフィール

七五三木敏幸、しめぎ・としゆき。日本の経営者。「クライスラー日本」「ポルシェジャパン」社長。一橋大学卒業後、群馬銀行、メルセデス・ベンツ日本、クライスラー日本営業部長・社長などを経てポルシェジャパン社長を務めた。

七五三木敏幸の名言 一覧

結局、実力以上の仕事なんてない。そういう(難しい)仕事に指名されたということは、その人は優秀なんだと思いますよ。


与えられた条件の中で前を向いて頑張っていれば、チャンスも回ってくる。


我を忘れるほど集中したときに潜在能力が発揮される。仕事も真剣勝負ですから、集中してやる気が高まれば自分が思っている以上に能力はストレッチする。


仕事の約束が守れなかったときに、コミットメントや目標値が高すぎると感じることもあるかもしれない。でも「どうせ自分には手が届かない」という自己否定的な考え方は仕事のプラスにはならない。


日本では出る杭は打たれますが、アメリカ、少なくとも私がいた会社は違う。出る杭はもっと出てくるようにと引っ張られる。出る杭しか上に引っ張り上げてもらえない。難しい仕事を託されたときは、「あなたにはできる」という保証書付きなんです。


短いスパンでコミットメントが設定されていれば、守れないケースだって当然出てくる。それでいちいち悲観したり、自分の能力を低く見積もってしまうと、目の前の仕事にも影響してくる。反省は必要ですが、すぐに次のコミットメントに向けて動き出さなければならないわけですから、切り替えることも大切。


営業本部長になればまた現場の付き合いが広がって、新しい知り合いがどんどん増える。新しい仕事をやって、信頼を得て新しいつながりができれば、もっといい仕事に巡り合えるかもしれない。そういう気持ちのほうが強かった。


私の友人でも、50歳過ぎて役職定年を迎えて、出向するケースが多い。大概は敗残兵みたいな気持ちで新天地に赴いて、リタイアする日を指折り数えて堪え忍ぶ。でもそうじゃない人も何人かいますね。行った先で前向きな目標をつくってチャレンジする。出向先で部長、役員、取締役、専務と上がって、今年から本社の副社長に復帰した友人もいる。


私は違いますけど、営業マンというのは自己中が多い(笑)。私が見たところ、優秀な営業マンほど自己中ですね。ある後輩の営業マンがいて、優秀なヤツなんですけど、何しろ言い訳がひどい。「すみません、聞いてくださいよ。これがこうだから……」と見事に全部他人のせいにする。「分析と称して人のせいにするのはやめておけ」なんて注意していましたけど、究極のポジティブシンキングだなとこっそり感心していました。そいつのように言い訳ばかりしていると人格を疑われるから、口に出して言う必要はない。内心で「今回は失敗したけど、こういう事情があったから。次は絶対大丈夫だ」と考えるくらいでいいんです。「あのディーラーが売らなかったからだ」と責任転嫁できれば、「よし、来月はもう1週間早くあの社長にコミットさせよう」と対応策も浮かんでくる。


能力をストレッチするインセンティブは百人百様。「給料を何%上げてマネジャーにしてあげる」と声をかけで伸びた部下もいれば、伸びなかった部下もいます。「1年頑張ったらオレが本社に口を利いて、販売企画に戻してやる」と言ってぐっと伸びた営業マンもいる。与えるインセンティブとコミットメントのバランスを取るのがマネジメントの仕事。


銀行員時代にも大きな失敗をしていて、一度手形をなくしたことがあるんです。次長に打ち明けたら「何! おまえクビだぞ」と。進退窮まったと青くなっていたら、普段は昼行灯のような先輩が見違えるようにテキパキと処理の仕方を指示してくれた。自身の経験から、始末の仕方を誰よりもよく知っていて。リカバリーショットの打ち方を知っておくのも大事なこと。赤字を出すような失敗は学ぶチャンス、という受け止め方もあると思います。


モデル末期で月に10台くらいしか売れないクルマを500台くらい在庫で取ってしまったことがあります。「インセンティブの予算を数億つけるから」みたいな甘い言葉に釣られて。で、案の定売れない。追加予算をさらに使っても売り切れず、こっちの予算を使って処理しなければならなくなって、結局、十数億円にのぼる大変なお金を使って売り切った。当然ながら1台当たりの収益は大赤字です。当時ドイツ人の社長から「ボクシンググローブをつけてたら3発は食らわしている」とジョーク交じりに言われた。おかげで長期在庫を抱える怖さを身をもって学びました。


七五三木敏幸の経歴・略歴

七五三木敏幸、しめぎ・としゆき。日本の経営者。「クライスラー日本」「ポルシェジャパン」社長。一橋大学卒業後、群馬銀行、メルセデス・ベンツ日本、クライスラー日本営業部長・社長などを経てポルシェジャパン社長を務めた。

他の記事も読んでみる

猪子寿之

将来、いまよりもずっと、共同的で創造的であることが重要になっていく。


栗山英樹

監督が選手を信じられなければ、本当に結果が出なくなってしまう。選手が自分を信じられないとしても、「俺はおまえをできるやつだと思っている」と選手に言う。だって、本当にできる可能性が人間にはあるのですから。


大塚周一

叩き上げの人がチャンスを与えられるには、一番難しいテーマに挑戦して結果を出していくしかないんですよ。安穏として過ごす仕事人生というのは、もう自分の中では考えられなくなっているわけです。


渡瀬謙

ひそかな趣味をさらけ出すことは「人に心を開く」こと。あなたが心を開けば、職場の人たちが寄ってくるもの。


中野貴史

初対面の人にいきなり営業話をしでも相手は引きます。まずは自分に興味を持ってもらうため、趣味から生い立ちまで、2つ折りの観音開きの名刺を自分の情報で埋め尽くしました。すると、その形状と内容の濃さから、約30%の方から、「すごい名刺ですね。感動しました」と連絡をくれるようになったんです。その結果、人脈が広がり、約100社の契約を獲得できました。


毛利輝元

家中の者どもなどに対して、どこまでも言葉を丁寧にすることが大切である。人がありがたいことだと思うように、丁寧にしてやるのが、何より大切である。


千本倖生

第二電電(のちのKDDI)のときも、たった数名でNTTという国家企業に立ち向かう僕たちを、マスコミは皆、ドン・キホーテのように扱ったけど、僕は勝てると確信していました。当時、日本の市外電話料金は、いまの携帯電話と一緒で、世界と比較するとものすごく割高でした。でも僕は、周到に計算して、NTTの抱える無駄をそぎ落とせば、料金を必ず下げられるとわかっていたんです。


大橋徹二

売上高が伸びない中で、利益率を高めるためには、収益性の高い事業を成長させて、固定費を削減しなければなりません。


平田進也

歴史のある会社って、強いものに巻かれろ的な風土があって、少しでも目立つと叩かれます。どこの会社もそうだと思いますが……。ある時、ツテを使い、テレビに出てツアーの宣伝をしたんです。それも仮装したり。オモロい方が、ツアーが売れると思ってね。予想通り、出演するたびに数百人の集客に成功しました。でもね、結果を出したのに、反発もありました。「業界の恥」「面白くない」なんてこともいわれました。要するに、嫉妬ですわ。でも、人生は一度きり。親を見ても老いるのは早いものです。短い人生、やりたいこともやらずに、上司のご機嫌を伺っていたら、もったいないですよ。


張本邦雄

若い社員には「君くらいのポジションで失敗しても、会社にとっては大した問題じゃないよ。あんまり怖がるな。責任を取るのは上司の仕事。だから思い切ってやれ」というメッセージを伝えます。これは口でいうだけでなく、マインドの距離が近くないと伝わりません。


原田まりる

哲学は「AとBという選択肢のほかに、CやDもある」ということを教えてくれる。見方を変えるだけで救われる人も多いのではないでしょうか。


アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)

私がCEOに就任した当時、我々には、ポートフォリオを変えて生き残るしか選択肢がありませんでした。あるいは、死を待つかです。