七五三木敏幸の名言

七五三木敏幸のプロフィール

七五三木敏幸、しめぎ・としゆき。日本の経営者。「クライスラー日本」「ポルシェジャパン」社長。一橋大学卒業後、群馬銀行、メルセデス・ベンツ日本、クライスラー日本営業部長・社長などを経てポルシェジャパン社長を務めた。

七五三木敏幸の名言 一覧

結局、実力以上の仕事なんてない。そういう(難しい)仕事に指名されたということは、その人は優秀なんだと思いますよ。


与えられた条件の中で前を向いて頑張っていれば、チャンスも回ってくる。


我を忘れるほど集中したときに潜在能力が発揮される。仕事も真剣勝負ですから、集中してやる気が高まれば自分が思っている以上に能力はストレッチする。


仕事の約束が守れなかったときに、コミットメントや目標値が高すぎると感じることもあるかもしれない。でも「どうせ自分には手が届かない」という自己否定的な考え方は仕事のプラスにはならない。


短いスパンでコミットメントが設定されていれば、守れないケースだって当然出てくる。それでいちいち悲観したり、自分の能力を低く見積もってしまうと、目の前の仕事にも影響してくる。反省は必要ですが、すぐに次のコミットメントに向けて動き出さなければならないわけですから、切り替えることも大切。


日本では出る杭は打たれますが、アメリカ、少なくとも私がいた会社は違う。出る杭はもっと出てくるようにと引っ張られる。出る杭しか上に引っ張り上げてもらえない。難しい仕事を託されたときは、「あなたにはできる」という保証書付きなんです。


営業本部長になればまた現場の付き合いが広がって、新しい知り合いがどんどん増える。新しい仕事をやって、信頼を得て新しいつながりができれば、もっといい仕事に巡り合えるかもしれない。そういう気持ちのほうが強かった。


私の友人でも、50歳過ぎて役職定年を迎えて、出向するケースが多い。大概は敗残兵みたいな気持ちで新天地に赴いて、リタイアする日を指折り数えて堪え忍ぶ。でもそうじゃない人も何人かいますね。行った先で前向きな目標をつくってチャレンジする。出向先で部長、役員、取締役、専務と上がって、今年から本社の副社長に復帰した友人もいる。


能力をストレッチするインセンティブは百人百様。「給料を何%上げてマネジャーにしてあげる」と声をかけで伸びた部下もいれば、伸びなかった部下もいます。「1年頑張ったらオレが本社に口を利いて、販売企画に戻してやる」と言ってぐっと伸びた営業マンもいる。与えるインセンティブとコミットメントのバランスを取るのがマネジメントの仕事。


銀行員時代にも大きな失敗をしていて、一度手形をなくしたことがあるんです。次長に打ち明けたら「何! おまえクビだぞ」と。進退窮まったと青くなっていたら、普段は昼行灯のような先輩が見違えるようにテキパキと処理の仕方を指示してくれた。自身の経験から、始末の仕方を誰よりもよく知っていて。リカバリーショットの打ち方を知っておくのも大事なこと。赤字を出すような失敗は学ぶチャンス、という受け止め方もあると思います。


モデル末期で月に10台くらいしか売れないクルマを500台くらい在庫で取ってしまったことがあります。「インセンティブの予算を数億つけるから」みたいな甘い言葉に釣られて。で、案の定売れない。追加予算をさらに使っても売り切れず、こっちの予算を使って処理しなければならなくなって、結局、十数億円にのぼる大変なお金を使って売り切った。当然ながら1台当たりの収益は大赤字です。当時ドイツ人の社長から「ボクシンググローブをつけてたら3発は食らわしている」とジョーク交じりに言われた。おかげで長期在庫を抱える怖さを身をもって学びました。


私は違いますけど、営業マンというのは自己中が多い(笑)。私が見たところ、優秀な営業マンほど自己中ですね。ある後輩の営業マンがいて、優秀なヤツなんですけど、何しろ言い訳がひどい。「すみません、聞いてくださいよ。これがこうだから……」と見事に全部他人のせいにする。「分析と称して人のせいにするのはやめておけ」なんて注意していましたけど、究極のポジティブシンキングだなとこっそり感心していました。そいつのように言い訳ばかりしていると人格を疑われるから、口に出して言う必要はない。内心で「今回は失敗したけど、こういう事情があったから。次は絶対大丈夫だ」と考えるくらいでいいんです。「あのディーラーが売らなかったからだ」と責任転嫁できれば、「よし、来月はもう1週間早くあの社長にコミットさせよう」と対応策も浮かんでくる。


七五三木敏幸の経歴・略歴

七五三木敏幸、しめぎ・としゆき。日本の経営者。「クライスラー日本」「ポルシェジャパン」社長。一橋大学卒業後、群馬銀行、メルセデス・ベンツ日本、クライスラー日本営業部長・社長などを経てポルシェジャパン社長を務めた。

他の記事も読んでみる

磯崎功典

もう右肩上がりの時代ではない。今こそゲームチェンジしなければならない。ルールや戦い方も変えていく。


和田完二

うちの会社もこれまで技術者や技術要員の獲得にはずいぶん悩まされてきた。しっかりした頭脳の持ち主なんてなかなかいないし、あったとしても精神の方がひねくれていたのではかえって困る。精神も健全で頭のいい者を採りたいのはやまやまだが、それには募集の方法がない。そこで私は、これは人任せや人頼みではいつまでたっても解決できないから、ひとつ自分の手で学校をつくろうということに踏み切った。


日野佳恵子

女性が活躍し始めた会社って、間違いなくお客様への気遣いが増えていくんですよ。お花を飾りましょうとかお礼のカード置きましょうとか。そういう細かいことに気がつき始める。もちろんビジネスである限り競争も必要だから、女性脳だけでもダメだけど。結果的に、女性性と男性性を合わせ持つ会社の方が、組織として強いはずですから。


ピーター・バラカン

英国人にとってマナーは、「自立した人間として、他人に不快な思いをさせないための自発的な行動」です。英国は個人主義を重んじる国ですから、一人ひとりが他人を最大限、尊重する。同時に自分も、他人から尊重してもらえるよう、普段から周りに良い印象を与えるべく努力します。だから意識せずとも、他人を気遣った行動ができるのです。


池田重喜

20年以上、コーチも務めましたが、コーチの仕事は、経験が大切。よく「名選手、名コーチならず」といいますが、今の選手は自分の体験(成功談)や精神論しか語れない人の話は聞きません。コーチとして多くの選手と接することで伝え方、タイミングがわかってきて、選手に合わせた話し方ができるようになるのです。


高橋フミアキ

大切になるのが、読み手の「快楽」「苦痛」のありかをきちんと見極めること。会議や商談で企画書や提案書を通すには、対面する相手の快楽か苦痛を刺激するのが一番。そのために、文章を作る前段階で、まずは雑談などでリサーチを重ね、相手のニーズを知ることが第一歩となります。それで初めて、言葉が効力を発します。


細谷英二

性格は思春期までにおおむね決まるものです。40代になった人が、人格的に優れたリーダーを目指そうと思ったら、相当自覚して努力する必要があるでしょう。そこで、人事評価の結果を本人に積極的にフィードバックするという仕組みをつくりました。社内での360度評価や、人材コンサルタントからのアセスメントも含めて、評価を本人に伝えるのです。短所を評価したうえで克服してもらうというわけです。


佐藤可士和

僕の場合は、妻が会社のマネジャーを務めているのですが、彼女が僕とは違う世界から、いろいろな情報を持ってきてくれています。


神宮司巧

目標は、より高付加価値・高品質な地図コンテンツをグローバルに提供し、豊かな位置情報サービスを世界中に普及させること。そのために、国内外の様々な企業や大学とパートナーシップを組み、将来に向けた事業や実証実験を展開しています。例えば自動運転の分野では、自動運転支援地図の開発と公道での実証実験を金沢大学と共同で行うほか、ダイナミックマップ基盤企画株式会社にも参画しています。


藤井孝一

最もリスクが低くて将来有望な「保険」は何でしょうか。それは、給与所得を維持しながら事業所得も得ることです。まずは1円でも給料以外のお金を稼ぐことを考えたい。自分だけの顧客を持っていれば、どんな不況でも収入がゼロになることはありません。小さなビジネスを自分で切り盛りすることで、会社員としての能力も高まる。まさに一石二鳥です。


木村清

全盛期は全国に5万店舗あったすし屋は、「すしざんまい」のオープン当時には1万5000店舗を切る事態に陥っていた。その原因は後継者不足にあった。すし屋に入っても耐えられなくて5、6年で辞めてしまい、10年たったら一人も残らないという話も多い。10年もかけないと一人前の職人が育成できないということが不合理なのは、明らかだった。


谷正人

デイトナ時代の不採算店舗のプロジェクトで販売の現場からPRや仕入れなどもして、私自身それが一番の経験になった。様々な業務を担当することでお客様の気持ちも分かるようになる。よく「店舗が増えてきたら、非効率でそんなことできない」と周りからは言われるのですが、そんなことはなくてむしろ昔より今の方が社員のレベルが高くなっています。


落合信彦

「人というのは、自分のイメージ通りには絶対動かないものだ」と知ることで、キミも人間として一回り大きくなれるのではないだろうか。


正垣泰彦

大切なのは自分で考えること。答えを誰かに聞いてはいけない。


國松孝次

日本の警察官には、大体において真面目で清潔という長所がある。ただ、ちょっと融通が利かないというか、世の中の変化についていっていない面があって批判される。だが、トップに先見性がないのは困るけど、現場は愚直でいい。「鈍重だ、頭が固い」と言われるくらいがちょうどいい。


ページの先頭へ