名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

一龍斎貞鏡の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一龍斎貞鏡のプロフィール

一龍斎貞鏡、いちりゅうさい・ていきょう。日本の女性講談師。東京出身。祖父、父が講談師の家庭に生まれる。22歳のとき、父の八代目一龍齋貞山に弟子入り。講談の魅力を伝える活動を積極的に行った。

一龍斎貞鏡の名言 一覧

講談で人気の演目に「黒田武士」があります。いまから400年ほど前。筑前国、現在の福岡県の城主・黒田長政の家臣に、母里太兵衛(もり・たへえ)という武将がいました。ある日、太兵衛は勇将・福島正則のもとに使いを命じられます。正則は太兵衛をねぎらい、酒を勧めますが、太兵衛は主君の長政から「決して酒は飲むな」と忠告されていたため、これを固辞します。しかし酒豪の正則は「飲み干せたなら好きな褒美をやる」と執拗に酒を勧め、さらには「黒田武士は酒も飲めない、腰抜けか」と挑発。ついに太兵衛は、大盃で酒を3杯飲み干し、正則が豊臣秀吉から賜った名槍「日本号」を所望。後に引けなくなった正則は、家宝の槍を手放さざるをえませんでした。この逸話から民謡『黒川節』が生まれたといわれています。結果として太兵衛は、主君との約束を破ったわけですが、約束にこだわり続けていれば、黒田家の面子は潰れ、正則の怒りも収まらなかったかもしれません。ぎりぎりまで交渉を重ね、「ここぞ」というタイミングで動いたことで、大きな成果を手にしたわけです。


歌舞伎で人気の『忠臣蔵』。講談でも『赤穂義士伝』として盛んに口演されています。仇討ちの主導者である赤穂藩の筆頭家老・大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)は、事件の前から「昼行灯(ひるあんどん)」と嘲りを受ける「ダメ上司」でした。江戸城殿中の刃傷事件が起きてからも、すぐには立ち上がらず酒色に耽ります。ほかの浪士たちは苛立ちを隠しませんでしたが、それでも彼らは内蔵助を信じて、1年10カ月の間、決起を待ち続けました。なぜ彼らは内蔵助を待ち続けたのか。それは平凡な日常では「昼行灯」と呼ばれるような「ダメ上司」でも、非常時には力を発揮するタイプだと、周囲から一目置かれていたからだと思います。いざというときに人を動かすのは、立場ではなく、人間力でしょう。内蔵助には、一見ダメに見えても、部下が期待を寄せてしまう魅力がありました。


一龍斎貞鏡の経歴・略歴

一龍斎貞鏡、いちりゅうさい・ていきょう。日本の女性講談師。東京出身。祖父、父が講談師の家庭に生まれる。22歳のとき、父の八代目一龍齋貞山に弟子入り。講談の魅力を伝える活動を積極的に行った。

他の記事も読んでみる

中村獅童(二代目)

相容れない仕事相手と会うときは、視点を変えて、「こいつとは求めているものが違うだけだ」と思うようにすることです。そうすれば自分も楽だし、お互い嫌な気持ちにならない。例えば、モノ作りの職人で、見た目の美しさを求める人と、速さを求める人がいたら、お互い相容れないですよね。同じ土俵で、同じ価値観で見ようとするから、相容れない点に腹が立つんです。


津田秀晴

営業マンにとっては、話す内容もさることながら、話す姿勢や態度も重要である。実際、「営業は福の神でなければならない」といわれるが、売れる営業マンというのは、話していると、なぜかこちらが元気になったり、前向きになれる雰囲気をもっているものだ。


赤井益久

教育の手法も時代によって変わります。大切なのは学生が社会を身近に感じ、アンテナを張ること。そのためには学生に多くの感動や共感を与えるべきです。それが社会への興味、アンテナになりますから。だからこそ本学では「本物」と接して刺激を受ける機会を作っています。


鈴木喬(経営者)

POSデータの数値を見ているだけでは、その商品が売れているかどうか、本当のことはわからない。店頭の棚のどこに、どれだけ置かれて、どれだけ売れたのか、販売価格はいくらか、ライバル商品はいくらでどのように売られているのか。そうしたことも踏まえなければ、その商品の本当の売れ行きは掴めない。


奥島孝康

僕にも、学生時代の生活のためのアルバイトに明け暮れる4年間の苦闘、教師時代の革マル派との12年間におよぶ死闘という試練があった。しかし、いずれも「絶望」とはほど遠く、「夜は必ず朝を迎える」との確信が揺らぐことはなかった。


野本弘文

昔から、情報とお金は、人が集まる所に集まるとよく言われますけど、まさしくそういう形の場所をつくらなければ。


渡邉美樹

忘れてはいけないのは目標の数値化です。目標を数値化しない限りは、それを達成するための行動も具体化しません。


近藤誠一

明治以降、欧米の列強に対する危機感があった時期には、「富国強兵」を掲げます。これは一応成功しましたが、その後大戦へと突入し、行きすぎて失敗しました。戦後は、「経済復興」や「所得倍増」などの目標を掲げました。日本人は目標が明確にあると、それに向かって努力する国民性があり、目標を達成する能力は他の民族にも引けを取りません。


午堂登紀雄

気が散って仕方がないときには、オフィスを飛び出し、「仕事をひとつだけ持って、電車に乗ること」をお勧めします。集中力を強制的によみがえらせるコツは、邪魔が入らない環境をつくりだすこと。「会議室にこもる」のはそのひとつですが、何度もやっていると、慣れてきてしまいます。そこで、電車を活用するのです。ひとつしか仕事を持ってこなければ、他にやることがありませんから、その仕事に没頭しやすくなります。また、電車の中は、適度に他人の視線があるので、自分しかいない部屋に比べて緊張感を保ちやすいのです。


高城幸司

明らかな無理難題を相手に納得してもらわなくてはならないとき、簡単なテクニックがあります。それは、相手に自分の言葉で話させることです。質問し、相手に自分の言葉で話しをさせて、当事者意識を持ってもらうというプロセスを踏むことで、禍根を残さず、結果的に仕事の効率をあげることができるのです。


石渡美奈

モノを売る時に大切なのは、社員の気持ちが同じベクトルを向き、組織としてその能力を十分に発揮することで、顧客の心に訴えかけることができるかどうか。


渡辺健太郎(経営者)

大切なのは一言で言うと「多様性」。私はよく「統制のとれたサファリパーク」と言っています。色々なタイプの人がいて、それぞれが同じ目的を目指して進んでいく、というのが理想。みんなが一律というのは気持ち悪いな、と思います。