名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

一龍斎貞鏡の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一龍斎貞鏡のプロフィール

一龍斎貞鏡、いちりゅうさい・ていきょう。日本の女性講談師。東京出身。祖父、父が講談師の家庭に生まれる。22歳のとき、父の八代目一龍齋貞山に弟子入り。講談の魅力を伝える活動を積極的に行った。

一龍斎貞鏡の名言 一覧

講談で人気の演目に「黒田武士」があります。いまから400年ほど前。筑前国、現在の福岡県の城主・黒田長政の家臣に、母里太兵衛(もり・たへえ)という武将がいました。ある日、太兵衛は勇将・福島正則のもとに使いを命じられます。正則は太兵衛をねぎらい、酒を勧めますが、太兵衛は主君の長政から「決して酒は飲むな」と忠告されていたため、これを固辞します。しかし酒豪の正則は「飲み干せたなら好きな褒美をやる」と執拗に酒を勧め、さらには「黒田武士は酒も飲めない、腰抜けか」と挑発。ついに太兵衛は、大盃で酒を3杯飲み干し、正則が豊臣秀吉から賜った名槍「日本号」を所望。後に引けなくなった正則は、家宝の槍を手放さざるをえませんでした。この逸話から民謡『黒川節』が生まれたといわれています。結果として太兵衛は、主君との約束を破ったわけですが、約束にこだわり続けていれば、黒田家の面子は潰れ、正則の怒りも収まらなかったかもしれません。ぎりぎりまで交渉を重ね、「ここぞ」というタイミングで動いたことで、大きな成果を手にしたわけです。


歌舞伎で人気の『忠臣蔵』。講談でも『赤穂義士伝』として盛んに口演されています。仇討ちの主導者である赤穂藩の筆頭家老・大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)は、事件の前から「昼行灯(ひるあんどん)」と嘲りを受ける「ダメ上司」でした。江戸城殿中の刃傷事件が起きてからも、すぐには立ち上がらず酒色に耽ります。ほかの浪士たちは苛立ちを隠しませんでしたが、それでも彼らは内蔵助を信じて、1年10カ月の間、決起を待ち続けました。なぜ彼らは内蔵助を待ち続けたのか。それは平凡な日常では「昼行灯」と呼ばれるような「ダメ上司」でも、非常時には力を発揮するタイプだと、周囲から一目置かれていたからだと思います。いざというときに人を動かすのは、立場ではなく、人間力でしょう。内蔵助には、一見ダメに見えても、部下が期待を寄せてしまう魅力がありました。


一龍斎貞鏡の経歴・略歴

一龍斎貞鏡、いちりゅうさい・ていきょう。日本の女性講談師。東京出身。祖父、父が講談師の家庭に生まれる。22歳のとき、父の八代目一龍齋貞山に弟子入り。講談の魅力を伝える活動を積極的に行った。

他の記事も読んでみる

坂本孝

外食産業を研究し、元気な店をピックアップしたところ、ミシュランの星を獲得した店舗と立ち飲み業態が不況の飲食業界にあって例外的に繁盛していた。そこで考えたのが、この2つをうまくコラボするということでした。


桐山一憲

業界が変わっても、何かにものすごくエネルギーを注げるというのが活躍するための第一条件でしょう。


佐藤洋治

未来に対する夢を持つ。この夢と希望があれば、現状がどんなにつらくても、超えることは可能。


手代木功

医療のゴールはどこにあるのか。最近、それについて考えることが増えました。非常に難しい問題ですが、私はやはり「健康寿命の延伸」だと思います。健康で過ごす時間が長くなるほど、人間は幸せですし、国としても活気が出てくるでしょうから。では、どうやってそこにたどり着くのか。少しでも薬が貢献できれば製薬企業としてはうれしいですが、薬だけでは健康寿命は延ばせません。食事や睡眠、あるいは社会福祉の基本的な仕組みなど、様々なものと組み合わせて議論していく必要があります。社会全体でそうした議論を盛り上げていくために、家族や身近な人と最期の過ごし方や死生観について話す土壌ができてほしいと願っています。


坂根正弘

課長として最初に任されたのが、商品企画課でした。商品企画課長は、営業や開発から上がる様々な意見を調整するのが仕事の1つです。しかし、商品企画会議で様々な意見を集約しようとすると、最後には「平均点より少し上の、面白みに欠ける商品」に決まってしまう、ということが、たびたびありました。この経験から、「最初に犠牲にするものを決める」ことの大切さを学びました。


岩崎隆夫(岩﨑隆夫)

当社のモノづくりを「農耕民族的モノづくり」と私は呼んでいます。農業と共通点が多いからです。農耕民族の特徴は、まず安定していること。当社もいくつかの得意分野に立脚しています。いたずらに技術の蓄積や製造ノウハウのない土地に移ることはしていません。そして、時間をかけて育て、収穫を得ようとしています。


山田淳

会社では登山用具のレンタルのほか、情報誌の発行や初心者向けツアーの催行に取り組んでいます。私の目的は「登山人口の増加」と「安全登山の推進」。だから別の手段で目的が達成できるのなら、会社が潰れてしまってもいいとさえ考えています。現状に固執していれば、成長は望めません。


マイケル・ゲルブ

ダ・ヴィンチはたくさんの間違いを犯し、真実や美を追求していく中でひどい逆境を経験した。身に覚えのない責めを負い、権利を侵害され、追放され、自分の作品を理不尽にも破壊された。しかし、一番深刻な逆境は、時代の先を読みすぎたことからくる深い孤独感だったに違いない。


石田退三

外見だけ立派でも、中身は大して進歩していない。これが一番、私の嫌いなことである。


ジェレミー・ハンター

神経の状態に支配されるのではなく、自らが神経をマネジメントすると、認識していなかった感情や思い込みを意識することができます。その上で、興奮せず、自分の中にある不満や不安を明確にすると、問題にどう対処すべきかの解決案を見つけやすくなります。


赤塚保正

私は6代目の社長になりますが、初代赤塚安次郎を筆頭に代々の経営者は、祖業に縛られることなく、様々な事業に挑んできました。


似鳥昭雄

従来と同じ方法では解決できないことが多いですし、基本は現状否定の姿勢で臨んでいます。