一龍斎貞鏡の名言

一龍斎貞鏡のプロフィール

一龍斎貞鏡、いちりゅうさい・ていきょう。日本の女性講談師。東京出身。祖父、父が講談師の家庭に生まれる。22歳のとき、父の八代目一龍齋貞山に弟子入り。講談の魅力を伝える活動を積極的に行った。

一龍斎貞鏡の名言 一覧

講談で人気の演目に「黒田武士」があります。いまから400年ほど前。筑前国、現在の福岡県の城主・黒田長政の家臣に、母里太兵衛(もり・たへえ)という武将がいました。ある日、太兵衛は勇将・福島正則のもとに使いを命じられます。正則は太兵衛をねぎらい、酒を勧めますが、太兵衛は主君の長政から「決して酒は飲むな」と忠告されていたため、これを固辞します。しかし酒豪の正則は「飲み干せたなら好きな褒美をやる」と執拗に酒を勧め、さらには「黒田武士は酒も飲めない、腰抜けか」と挑発。ついに太兵衛は、大盃で酒を3杯飲み干し、正則が豊臣秀吉から賜った名槍「日本号」を所望。後に引けなくなった正則は、家宝の槍を手放さざるをえませんでした。この逸話から民謡『黒川節』が生まれたといわれています。結果として太兵衛は、主君との約束を破ったわけですが、約束にこだわり続けていれば、黒田家の面子は潰れ、正則の怒りも収まらなかったかもしれません。ぎりぎりまで交渉を重ね、「ここぞ」というタイミングで動いたことで、大きな成果を手にしたわけです。


歌舞伎で人気の『忠臣蔵』。講談でも『赤穂義士伝』として盛んに口演されています。仇討ちの主導者である赤穂藩の筆頭家老・大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)は、事件の前から「昼行灯(ひるあんどん)」と嘲りを受ける「ダメ上司」でした。江戸城殿中の刃傷事件が起きてからも、すぐには立ち上がらず酒色に耽ります。ほかの浪士たちは苛立ちを隠しませんでしたが、それでも彼らは内蔵助を信じて、1年10カ月の間、決起を待ち続けました。なぜ彼らは内蔵助を待ち続けたのか。それは平凡な日常では「昼行灯」と呼ばれるような「ダメ上司」でも、非常時には力を発揮するタイプだと、周囲から一目置かれていたからだと思います。いざというときに人を動かすのは、立場ではなく、人間力でしょう。内蔵助には、一見ダメに見えても、部下が期待を寄せてしまう魅力がありました。


一龍斎貞鏡の経歴・略歴

一龍斎貞鏡、いちりゅうさい・ていきょう。日本の女性講談師。東京出身。祖父、父が講談師の家庭に生まれる。22歳のとき、父の八代目一龍齋貞山に弟子入り。講談の魅力を伝える活動を積極的に行った。

他の記事も読んでみる

角和夫

あるビジネスを起案した人間は、自分の案がどのように議論され、どんな評価を受けたかを知りたいものです。どの案が採用されるにせよ、潰されるにせよ、この過程が不透明だと、起案した人間は意欲を失ってしまいます。ですから弊社では、経営会議に起案する場合、担当役員には説明をさせないのです。説明は、起案の実際の責任者にやらせます。たいていは課長クラスですが、その案を実際につくった人間が経営会議で説明をする。そうすれば、自分の案に対してどのような意見が出て、どのような評価が下されたかを直接知ることができます。たとえマイナスの評価を受けても、納得感を持つことができます。


名越康文

人間関係について会社だけという状況は危険です。仕事で思いつめたら、それを相談できるようなプライベートの人間関係はきちんと継続しておきたいところです。週に2日休みがあるなら、1日は本当に会いたい人と会うために使った方がいいでしょう。とにかく親身になって話を聞いてくれる人との時間を絶やさないことが重要です。


朝倉千恵子

営業マンによっては、お客様の機嫌を損ねたくないために、差し障りのない言葉ばかり並べる人がいます。しかし友人関係でも、本音を出さないと親友になれないように、営業活勤も、正直な気持ちをお客様にぶつけないと、信頼関係は構築できないものです。


河野章宏

やり方次第では食べていける。


関根眞一

クレームの対応が仕事だというと、因果な商売と思う方もいるようですが、とんでもない。この仕事ほど人の心理を読む仕事はありません。苦情の軽重に関わらず、常に真剣勝負です。だからこそ、達成した時の充実感は大きい。


ダン・ケネディー

どんなマーケティング上の目標を追求するにせよ、どんなビジネスを興すつもりにせよ、どんな個人的願望を実現したいにせよ、どこかに必ず成功したお手本がある。注意深く研究すれば、誰でもそこから山ほどヒントを引き出せる。新しい革袋に、古い葡萄酒を入れることにより莫大な利益が生まれているのが実態だ。


橘フクシマ咲江

自分がどう見られるかを気にしてオドオドしたり、少しでもアピールしようと自分のことばかり話したりすると、かえって印象を悪くします。


榎本博明

会社から与えられる目標やノルマはあると思いますが、他人から基準を与えられて「これを達成しろ」といわれると、どうしても「やらされ感」が生まれます。このやらされ感こそ、やる気を失わせる大きな原因なのです。大事なのは、「能動感」をもって仕事をすること。そのためには、自分で目標設定する習慣をつける必要があります。


小杉俊哉

一流の人はみな自己効力感が高い。自分に対する信頼感です。最後はなんとかうまくいくと思って「まあ、やってみよう」と一歩を踏み出せる。二流の人ができない理由を探すのに一生懸命なのと真逆です。自己効力感は、仕事に限らず、小さな成功体験を積み重ねることで誰でも高められる。


大賀昭司

新店では、レジで「えっ、こんなに安いの!」と驚かれる方が多い。バスケットプライスが安く、お客様が望む商品を提供することが地域密着のポイントです。
【覚書き|カゴの中に入れた商品の合計額のこと。西友の造語】


冨田和成

ビジネスファッションでは外見と中身が一致していることも大切です。優秀なのに安いヨレヨレのスーツばかり着て第一印象で損をしている人や、中身が伴っていないのに服装でごまかそうとする人。この両極の中間でうまくバランスを取っている人は多くない気がします。


船越英一郎

2時間ドラマでやっと主役をもらえるようになったころ、自分の中での葛藤もあり、マネージャーをはじめ、スタッフたちと「2時間ドラマの仕事を減らして、3番手、4番手になってもトレンディドラマや映画に出演した方がいいんじゃないか」と何度も話し合いました。でもあるとき、「ここまで頑張ってきたんだから、とことん極めよう」と考え方が変わったんです。すると、ドラマの撮影によって人生の大半を忙殺されていると後ろ向きに捉えていた毎日の仕事が、楽しみに変わりました。


佐々木圭一

頭ごなしに否定する人も無愛想な人も、心の底では「周囲に認められたい」と思っています。だからこそ、相手を敬う言葉を伝えていく。認める言葉から始めてみる。すると、気むずかしい人でも話を聞く姿勢になる。


堀威夫

馬鹿丁寧な対応をする必要はないと思いますが、適切なスピード感と親しみやすさが必要です。テキパキとした電話対応に巡り合ったときには、とても気持ちがいいものですが、最近、そんな気分のいい対応に出合うことがめっきり減っているように思うのです。尊大な電話対応は、社員がおごり高ぶっている危険な兆候だと思うのです。


泉谷直木

リーダーに必要な能力は「戦略構築力」「目標達成力」「リーダーシップ」の3つです。このうち研修などで身につけられるのは戦略構築力だけ。残りの2つはコミュニケーションを通してしか習得できません。


ページの先頭へ