名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

一澤信三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一澤信三郎のプロフィール

一澤信三郎、いちざわ・しんざぶろう。日本の経営者。「一澤信三郎帆布」社長。朝日新聞社を経て家業の一澤帆布に入社。同社4代目社長を務めた。

一澤信三郎の名言 一覧

製造直販をかたくなに守ってきたので流通経費がかかりません。その分、材料や手間にコストをかけています。目に見えていないところをきっちりと作ってあるので、長い間使うと差が出ます。それがお客さんの信頼につながります。


店舗も京都に1つしかありません。ありがたいことに出店の要請はいろいろといただきますが、自分たちの目の届かないところで売りたくありません。だからホームページはありますが、オンラインショップもありません。


ウチには専任のデザイナーもいなければ、営業部もありません。70人ばかりの小さな会社ですから、全員がかばんを作り、売ります。職人も売り場に立ちますから、お客さんの声をじかに聞きます。その声を生かして次の新作に生かします。


前身の「一澤帆布」が創業したのは1905年。初代の一澤喜兵衛がクリーニング店を営みながら、手に入れたミシンで職人向けに道具を入れるかばんを作り始めたのが始まりです。曲がりなりにも会社が110年以上も続いてきたのは、「無い無い尽くし」だったからじゃないですかね。


スマートフォンが入るポケットが欲しいといわれたら、デザインを変える。ウチは大量生産していませんから、細かな改良は頻繁にしています。だから、かばん作りのマニュアルもありません。こんないいかげんな会社が生き残ってこられたのも生活に密着したかばんを作ってきたからでしょうね。氷屋さん、牛乳屋さん、薬屋さんの配達袋や大工さんや左官職人向けの道具入れなど、それぞれの用途に合わせて、丈夫で長持ちするかばんを作ってきました。


信頼に助けられたことがありました。父が死去すると相続争いが起き、兄が持っていた遺言状が「偽造とまでは言い切れない」という理由で、20年以上も家業を手伝ってきた私は敗訴しました。私と妻は一澤帆布を追い出されることになりましたが、幸いにも職人すべてが私たちについてきてくれた。そこで、「一澤信三郎帆布」を立ち上げ独立しました。生地屋さん、お客さんも我々を支持してくれました。結局、再度起こした裁判で我々の主張が認められ、一澤帆布の屋号も含めて手元に戻ってきました。今では京都を代表するブランドの一つのように言っていただくこともあります。ただ、私どもができるのはいいかばんを作り続け、お客さんの信頼に応えることだけです。


一澤信三郎の経歴・略歴

一澤信三郎、いちざわ・しんざぶろう。日本の経営者。「一澤信三郎帆布」社長。朝日新聞社を経て家業の一澤帆布に入社。同社4代目社長を務めた。

他の記事も読んでみる

レイ・クロック

信じるものがあるなら、徹底的に信じぬけ。そうすれば、失敗は不可能となる。何であろうと絶対に成功する!


中尾浩治

「モノづくり」と言うと、何となくひとつひとつの部品を安く作るというイメージがありますが、今、私は「コトづくり」という言葉をいろんなところで使っています。多くの新聞、雑誌などのメディアではモノづくりばかりが前面に出てきますが、それだけでは付加価値を高められません。もっと価値を提供できるイノベーションを起こさないといけない。


堀場雅夫

日本人の課題は、持てる力を120%発揮して具体的なアクションにつなげられないことなんですよ。積極性、アクティビティーが低いわけ。本質的な能力があるんだから、これをいかに引っ張り出すか。日本人に「こんなのやれ」と言ったら「いや、私にはできませんわ」。こう言います。だけどアングロサクソンの方は「おまえには無理やな」と言っても「やらせてくれ」と言う。こういう考えに変えたらいいだけ。それで日本は限りなく明るい。


松下幸之助

いかに学問、知識に優れ、人格的に一点も非の打ちどころのない人であっても、経営者として成功するかというと、必ずしもそうとは限りません。成功するためには、やはりそれに加うるに経営のコツというものをつかんでいなければならないと思います。


アンドレ・モーロワ

忘却なくして幸福はあり得ない。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

教育の秘訣は、生徒を尊敬することにある。小中学校や大学で教える事柄は、教育ではなく教育の手段である。


寺田千代乃

女性経営者として「自分が女性だからできなかった」とは絶対に言わない、考えないようにしてきました。昔は銀行に行ってもお金が借りられないことがありましたが、その理由を「私が女性だから」と考えたら、二度と借りに行くことはできません。そうではなく、「銀行がお金を貸してくれるような会社にしよう」と考えを切り替えたのです。むしろ女性だから得をした場面もたくさんありますので、女性経営者だから損をしたとか、男性よりも不利だということはなかったと思いますよ。


小笹芳央

学生時代、試験を受ける際に「まず、すべての問題に目を通し、解きやすそうなところから手をつけなさい」と言われた経験があるでしょう。仕事もこれと同じ要領です。一通りできたら、時間が許す限り各項目の完成度を高めていきます。


小宮山宏

ある東大の先生と、これだけネットの時代になったいま、子供に自然と遊べと言っても無理だよねという話になったんです。外に出なくなったことで人と接する機会が減った子供たちのコミュニケーションツールが必要になるよねと。それが実はネットじゃないのかと思うのです。インターネットは人間関係を疎遠にすると思われがちだけれど、意外にその回復に役立つのではと考えるわけです。


鹿島泰孝

逆境に負けそうになっている人は、目先のことから目を離さないといけない。目先の作業の階層から飛び出して、少し上の目線で考えると気づけることがある。


齋藤孝(教育学者)

伝えたい情報はそう簡単には伝わらないという意識を持つことが大切。「十分に伝えた」「これだけ言えば分かるはず」という思い込みが、ミスの温床となる。確認と修正を習慣化するのが基本。


堀切功章

やはり当社が会社になる前を含めた300年の歴史の重みは無視できないと思います。この間、明治維新という歴史の転換点があり、二度の世界大戦があり、関東大震災という災害もありました。世の中がひっくり返るような大変化を幾度も経験しているわけです、そんな経験を積む中で、経営を長期的に見る視点が養われたのではないかと想像します。