名言DB

9419 人 / 110788 名言

一澤信三郎の名言

twitter Facebook はてブ

一澤信三郎のプロフィール

一澤信三郎、いちざわ・しんざぶろう。日本の経営者。「一澤信三郎帆布」社長。朝日新聞社を経て家業の一澤帆布に入社。同社4代目社長を務めた。

一澤信三郎の名言 一覧

製造直販をかたくなに守ってきたので流通経費がかかりません。その分、材料や手間にコストをかけています。目に見えていないところをきっちりと作ってあるので、長い間使うと差が出ます。それがお客さんの信頼につながります。


店舗も京都に1つしかありません。ありがたいことに出店の要請はいろいろといただきますが、自分たちの目の届かないところで売りたくありません。だからホームページはありますが、オンラインショップもありません。


ウチには専任のデザイナーもいなければ、営業部もありません。70人ばかりの小さな会社ですから、全員がかばんを作り、売ります。職人も売り場に立ちますから、お客さんの声をじかに聞きます。その声を生かして次の新作に生かします。


前身の「一澤帆布」が創業したのは1905年。初代の一澤喜兵衛がクリーニング店を営みながら、手に入れたミシンで職人向けに道具を入れるかばんを作り始めたのが始まりです。曲がりなりにも会社が110年以上も続いてきたのは、「無い無い尽くし」だったからじゃないですかね。


スマートフォンが入るポケットが欲しいといわれたら、デザインを変える。ウチは大量生産していませんから、細かな改良は頻繁にしています。だから、かばん作りのマニュアルもありません。こんないいかげんな会社が生き残ってこられたのも生活に密着したかばんを作ってきたからでしょうね。氷屋さん、牛乳屋さん、薬屋さんの配達袋や大工さんや左官職人向けの道具入れなど、それぞれの用途に合わせて、丈夫で長持ちするかばんを作ってきました。


信頼に助けられたことがありました。父が死去すると相続争いが起き、兄が持っていた遺言状が「偽造とまでは言い切れない」という理由で、20年以上も家業を手伝ってきた私は敗訴しました。私と妻は一澤帆布を追い出されることになりましたが、幸いにも職人すべてが私たちについてきてくれた。そこで、「一澤信三郎帆布」を立ち上げ独立しました。生地屋さん、お客さんも我々を支持してくれました。結局、再度起こした裁判で我々の主張が認められ、一澤帆布の屋号も含めて手元に戻ってきました。今では京都を代表するブランドの一つのように言っていただくこともあります。ただ、私どもができるのはいいかばんを作り続け、お客さんの信頼に応えることだけです。


一澤信三郎の経歴・略歴

一澤信三郎、いちざわ・しんざぶろう。日本の経営者。「一澤信三郎帆布」社長。朝日新聞社を経て家業の一澤帆布に入社。同社4代目社長を務めた。

他の記事も読んでみる

立花陽三

球団は、現場の選手・監督そしてコーチと、フロントと呼ばれる球団職員で成り立っています。現場とフロントがお互いに尊敬し合える関係づくりに努めてきました。その一環から引退した草野大輔を球団職員として採用し、「アンバサダー」に任命しました。草野の役割の一つが、球団スタッフと選手の橋渡しです。


金児昭

有価証券とは簡単に言えば、お金が別の紙切れになっただけのものです。株券は、買った株式を発行する会社の株主としての権利、つまり「株主であるぞよ」ということを示すものです。現金は物価の上下に伴ってその実質的な価値が上下します。これに対して有価証券は市場の人気によって価値が上下します。


巻誠一郎

シュートミスはアーッとなりますよ。でも、ひきずるのは試合の後。試合中にネガティブになったら、いいことはひとつもない。その代わり、試合後までドンマイドンマイと楽観視するのはマイナスです。冷静に自分のプレーを見つめ直して、ここがよくないと考えることも必要。どんなミスもポジティブに忘れようでは、前進しないと考えてます。


木村尚義

アウェイな場所に行くと、「この場をなんとかして切り抜けよう」という生存本能が働くのか、頭がフル回転してきます。すると、思考がリセットされるのでしょうか。仕事でも、今までと違った発想が思い浮かぶことが少なくないのです。「超一流ホテルのラウンジでコーヒーを飲んでみる」「見知らぬ街の赤ちょうちんに一人で入ってみる」「格闘技道場に体験入学してみる」など、ハードルが高いと感じている場所ならどこでも構いません。


小川仁志

楽観的になるとは、怒りや絶望から生まれた緊張状態の「結び目」を解くことにほかならない。その方法の一つが微笑むこと。


岡田唯男

大事なのは睡眠時間の「長さ」より、睡眠の「質」の部分です。「朝スッキリ目覚められない」「熟睡感が乏しい」「昼間強い眠気を感じる」といった場合には、睡眠に何らかの問題を抱えている可能性が高いといえます。


村田紀敏

消費は、かつてのような楽しみではなくて効率が大事になっている。


渡辺喜美

温故知新というのは、「先祖の残した思いに立ち返る」という意味ではなく、「先祖の知恵の中にいまの答えがある」ということ。


澤田秀雄

運は自ら掴むもの。運は「運ぶ」と書くように、自分の力で引き寄せなくてはならない。


南淵明宏

どんな職業でも、いろんな経験をして、地獄の底を見ること。難局の最たるものは何なのか、その先にある破局までを実際に目で確かめるという経験は重要だと思います。