名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

一澤信三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一澤信三郎のプロフィール

一澤信三郎、いちざわ・しんざぶろう。日本の経営者。「一澤信三郎帆布」社長。朝日新聞社を経て家業の一澤帆布に入社。同社4代目社長を務めた。

一澤信三郎の名言 一覧

製造直販をかたくなに守ってきたので流通経費がかかりません。その分、材料や手間にコストをかけています。目に見えていないところをきっちりと作ってあるので、長い間使うと差が出ます。それがお客さんの信頼につながります。


店舗も京都に1つしかありません。ありがたいことに出店の要請はいろいろといただきますが、自分たちの目の届かないところで売りたくありません。だからホームページはありますが、オンラインショップもありません。


ウチには専任のデザイナーもいなければ、営業部もありません。70人ばかりの小さな会社ですから、全員がかばんを作り、売ります。職人も売り場に立ちますから、お客さんの声をじかに聞きます。その声を生かして次の新作に生かします。


前身の「一澤帆布」が創業したのは1905年。初代の一澤喜兵衛がクリーニング店を営みながら、手に入れたミシンで職人向けに道具を入れるかばんを作り始めたのが始まりです。曲がりなりにも会社が110年以上も続いてきたのは、「無い無い尽くし」だったからじゃないですかね。


スマートフォンが入るポケットが欲しいといわれたら、デザインを変える。ウチは大量生産していませんから、細かな改良は頻繁にしています。だから、かばん作りのマニュアルもありません。こんないいかげんな会社が生き残ってこられたのも生活に密着したかばんを作ってきたからでしょうね。氷屋さん、牛乳屋さん、薬屋さんの配達袋や大工さんや左官職人向けの道具入れなど、それぞれの用途に合わせて、丈夫で長持ちするかばんを作ってきました。


信頼に助けられたことがありました。父が死去すると相続争いが起き、兄が持っていた遺言状が「偽造とまでは言い切れない」という理由で、20年以上も家業を手伝ってきた私は敗訴しました。私と妻は一澤帆布を追い出されることになりましたが、幸いにも職人すべてが私たちについてきてくれた。そこで、「一澤信三郎帆布」を立ち上げ独立しました。生地屋さん、お客さんも我々を支持してくれました。結局、再度起こした裁判で我々の主張が認められ、一澤帆布の屋号も含めて手元に戻ってきました。今では京都を代表するブランドの一つのように言っていただくこともあります。ただ、私どもができるのはいいかばんを作り続け、お客さんの信頼に応えることだけです。


一澤信三郎の経歴・略歴

一澤信三郎、いちざわ・しんざぶろう。日本の経営者。「一澤信三郎帆布」社長。朝日新聞社を経て家業の一澤帆布に入社。同社4代目社長を務めた。

他の記事も読んでみる

松岡修造

試合で負けて不安で押しつぶされそうになったとき、1か月先までの予定を立てました。そうすれば、とにかくそこまでは目的意識をキープできたからです。みなさんも行き詰ったときには少し先まで視線を伸ばしてみてください。その間に、弱気の虫を封じることも可能ではないかと思います。


戸塚隆将

何を準備すれば成果につながるのかを考えることが大事。1日24時間しかなく、どんな優秀な人も頭脳は1つしかない。優先順位を日々明確にし、上位のものに集中して準備する意識こそが、結果が大きく花開くための近道。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

「石の上にも三年」というけれど、どんなにつまらない作業でも、真剣に三年も続けていれば、見えない景色は見えてくる。30代を過ぎて、「仕事がつまらない」なんて言っている人は、自問してみたらいい。自分は仕事の面白さを見つける努力をしてきたのかと。


池田育嗣

「常に前倒しで動く」のが私たちの流儀。スピード感をもって挑戦していく考えです。


柳井正

外に出ないと生き残れない。だから、宇部を出て広島へ、東京へと出て行き、世界にも店舗を広げていったのです。


辻慎吾

複数の企画書からベターなものを選ぶことは誰にでもできます。しかし求められることは「こういうものをつくりたい」という強い思いと明確なイメージをもとに、あらゆる分野のプロを活かし、束ね、新たな道を切り開いていくことです。


北島康介

水泳一色だった今までの自分をリセットしたかったんです。競泳の世界にいると視野が限られて、物事を自己中心に捉えてしまう。環境を変えれば今まで見えていなかったものが見えるかもしれない。自分の状態や考えを把握し、何に向かってどうすべきか。人生の節目に、じっくり考えたかった。でも、日本では何をしても注目され、ストレスを感じてしまう。とにかくストレスフリーな環境が必要でした。場所はどこでもよかった。

【覚え書き|単身でロサンゼルスに渡ったことについて】


日覺昭廣

手元にある技術の「引き出し」を総点検したところ、医療関連に使えるものが多いことが分かりました。今年発表した、着るだけで心拍・心電波形などの生体情報が取得できる素材は代表例です。


鈴木茂晴

最近、女性が集まる場所でうちの社員に話すのは、とにかく辞めたらいかんと。自分たちだけの問題ではないぞと言っているんです。せっかく新規採用でも男女比率を五分五分にしているのに、女性がどんどん辞めていくと、やっぱり女性は駄目だということになってしまいます。君たちの力を、この社会に還元してほしい。自分の能力を信じて、意欲を持って生きていってほしいと強く言っているんです。


永守重信

開発でも研究でも、諦めずにずっとやり続ける人間が必ず成功するんですよ。創業した頃の我が社は知名度がなかったから、偏差値の低い大学の学生しか採用試験を受けに来なかった。しかし、そんな人材が我が社の基礎研究や開発を全部やってくれた。そして今や、みんな重役クラスになっていますよ。


鈴木敏文

どうやったら新しいものを生み出せるかと聞かれることがありますが、正直、新しいものを生み出そうと思っているわけではありません。ただ、世の中が変化する以上、こちらも変わらねばならない。そして、それをとことん追求すると、自然と先を行くことになる。オムニチャネルだって、お客様の利便性を追求すればこそ生まれた発想です。


迫俊亮

世界中に「誇りの持てる雇用」というのを創造していくことができたら、とずっと心に期しています。世界をより素晴らしいものにしていこうと願うならば、すべての人が誇りを感じられるような職業に就く必要があります。その部分について、ビジネスを実行する立場から何とか貢献していきたい。そう考えています。