一澤信三郎の名言

一澤信三郎のプロフィール

一澤信三郎、いちざわ・しんざぶろう。日本の経営者。「一澤信三郎帆布」社長。朝日新聞社を経て家業の一澤帆布に入社。同社4代目社長を務めた。

一澤信三郎の名言 一覧

製造直販をかたくなに守ってきたので流通経費がかかりません。その分、材料や手間にコストをかけています。目に見えていないところをきっちりと作ってあるので、長い間使うと差が出ます。それがお客さんの信頼につながります。


店舗も京都に1つしかありません。ありがたいことに出店の要請はいろいろといただきますが、自分たちの目の届かないところで売りたくありません。だからホームページはありますが、オンラインショップもありません。


ウチには専任のデザイナーもいなければ、営業部もありません。70人ばかりの小さな会社ですから、全員がかばんを作り、売ります。職人も売り場に立ちますから、お客さんの声をじかに聞きます。その声を生かして次の新作に生かします。


前身の「一澤帆布」が創業したのは1905年。初代の一澤喜兵衛がクリーニング店を営みながら、手に入れたミシンで職人向けに道具を入れるかばんを作り始めたのが始まりです。曲がりなりにも会社が110年以上も続いてきたのは、「無い無い尽くし」だったからじゃないですかね。


スマートフォンが入るポケットが欲しいといわれたら、デザインを変える。ウチは大量生産していませんから、細かな改良は頻繁にしています。だから、かばん作りのマニュアルもありません。こんないいかげんな会社が生き残ってこられたのも生活に密着したかばんを作ってきたからでしょうね。氷屋さん、牛乳屋さん、薬屋さんの配達袋や大工さんや左官職人向けの道具入れなど、それぞれの用途に合わせて、丈夫で長持ちするかばんを作ってきました。


信頼に助けられたことがありました。父が死去すると相続争いが起き、兄が持っていた遺言状が「偽造とまでは言い切れない」という理由で、20年以上も家業を手伝ってきた私は敗訴しました。私と妻は一澤帆布を追い出されることになりましたが、幸いにも職人すべてが私たちについてきてくれた。そこで、「一澤信三郎帆布」を立ち上げ独立しました。生地屋さん、お客さんも我々を支持してくれました。結局、再度起こした裁判で我々の主張が認められ、一澤帆布の屋号も含めて手元に戻ってきました。今では京都を代表するブランドの一つのように言っていただくこともあります。ただ、私どもができるのはいいかばんを作り続け、お客さんの信頼に応えることだけです。


一澤信三郎の経歴・略歴

一澤信三郎、いちざわ・しんざぶろう。日本の経営者。「一澤信三郎帆布」社長。朝日新聞社を経て家業の一澤帆布に入社。同社4代目社長を務めた。

他の記事も読んでみる

守屋淳

戦略・戦術書の二大古典『孫子』と『戦争論』を座右の書として成功を収めた人物は少なくないが、この二書は策略についてどう述べているか。一言でいえば「取扱注意」だ。策略はみだりに用いるべきではなく、応分の備えと心得が必要だという。


河野英太郎

メールはタイトルで用件がわかるようにすること。「ご相談」や「ご連絡」はダメです。開封する優先順位がわかりませんから。また、本文は長く書かずに、せいぜい2~3行にとどめること。結論から先に書き、そのあと、用件を簡潔に書く。メール処理で忙殺されて時間がない人は、自分や部下のメールを見直し、できるだけシンプルにするとよいでしょう。


岡野雅行(岡野工業)

いまの日本のモノづくりを見ていると、大丈夫かなと思うところはたくさんあるけれど、トヨタは凄いと思う。あの会社はものの考え方が違うからね。うちには難しい仕事ばかり持ってくる。それで失敗してもいいからっていって、本当に失敗してもちゃんと対価を払ってくれる。ただし、失敗の過程を全部レポートにしてくれと言うんだ。


盛田昭夫

我々は敗戦にあったから、これは大変だと思って奮起した。やはり敗戦のような乱世に巡りあったチャンスというのは滅多にない。そういう意味で非常な試練を受けた。あのなかで激しいスクリーン(選別)にかけられ、そのチャンスに出てこん人間はもうとうに消えている。


ジェームズ・マックナーニー

人が成長すれば、企業も成長していきます。企業は人が中心にあると、私は信じています。


矢部輝夫

制度や仕組みを取り入れても、上層部の真摯さが欠ければ効果は上がらない。


津谷正明

当社では社外取締役もあえて主力事業であるタイヤとは分野の異なる方々や、外国人の方々を迎え入れています。すると、経営にかかわる事項を説明しても「いま言われたことがわかりません」「それはどういう意味ですか」といった質問が相次ぎます。普段はタイヤ業界の内輪でものごとが進められていますから、自分たちのロジックや言葉で簡単に通じます。しかし、一歩外に出ればまったく伝わらない。内向きのロジックに閉じこもってしまっては、社外取締役はもちろん、お客様の声を聞きのがしてしまう可能性があるのです。


河野英太郎

はじめは時間がかかるかもしれませんが、部下に仕事を任せて、部下に仕事を早く覚えてもらうようにすることが、管理職にとっては重要なのです。


國貞文隆

ベンチャー企業家は淘汰され、いくつもの企業が生まれ、死んでいくのがベンチャーの世界です。したたかに生き残っていくには運と自己変革が必要です。失敗しても何度でも立ち上がらなければなりません。そのためにも折れない心を鍛えようとして、トライアスロンなど自己鍛錬を兼ねたスポーツをやる社長が多い。それを乗り越えることで、また自分に自信を取り戻すことができるのでしょう。


駒崎弘樹

短い時間で従来と同じかそれ以上のアウトプットを出し、生まれた可処分時間を自らの付加価値向上に投資する。そんなサイクルを持つ人が、今後求められる社員。


藤野英人

リーダーとは自分の幸せよりも周りの人の幸せを考えられる人。


桐生稔

後ろ向きの会議を見ると、その多くで参加者が受け身であることに気付きます。主体的でなければならない会議でなぜ受け身になるのか。原因を探ると、会議のルールが曖昧であることにたどり着きます。何のための会議かわからなければ、発言のしようがありません。さらに会議での役割分担が明確でなければ、事前に何をすればいいかもわからない。


牛場靖彦

危機管理の目標は、次の3点。

  1. プロアクティブ(先手必勝)に対応する。
  2. 局面を打開して、プラスの方向にもっていく。
  3. 危機からの悪影響を少なくし、しかも出来うる限り短縮する。

寺尾玄

私はこれまで、何度も可能性を使って不可能と思われていることに挑戦してきました。そのたびに「よくそんな無茶ができますね?」と言われますが、私にとっては無茶でも何でもありません。それはいつも「できるかもしれない」と考えているから。そのことを相手に説明するとさらに、「でも、○○と考えるのが普通ですよね」と聞かれます。実はこの質問が、可能性を使う時に立ちはだかる最大の障壁なんです。この質問の正体は何だと思いますか? それは「常識」です。


井原勝美

社会人になってからは、自分の時間の中でも大きな割合を占める仕事の時間をいかに充実して過ごすかということを大切にしてきました。仕事での充実感が、心身の健康に与える影響は大きいと思うからです。


ページの先頭へ