一戸明美の名言

一戸明美のプロフィール

一戸明美、いちのへ・あけみ。日本の経営者。「SYMAコーポレーション」社長。青森県出身。短大を卒業後上京。OL、美容師などを経てSYMAコーポレーションを設立。そのほか、アジア美容技術振興協会理事長、ベトナムWest university美容技術学科長、日本ヘッドスパ協会理事などを務めた。

一戸明美の名言 一覧

顧客本位にとことん徹しています。「ある程度満足してもらえればそれでよし」なんて絶対ダメ。お客さまの喜ぶ顔を見たいから、私をはじめスタッフ全員が常に全力投球です。


成長著しいベトナムでブライダル事業をまもなく開始する予定です。現地のサロンに行き、持ち前の明るさを生かして身振り手振りでスタッフとコミュニケーションしたり、専門の調査チームを動員したりするなど、現地攻略作戦は順調です。今年もいろいろなことに挑戦していきます。


プライベートでマッサージをよく受けるのですが、私はサービスにとてもわがまま。自分が満足できるマッサージをすれば、お客さまが必ず喜んでくれるという自信があります。


ヘッドスパサロンを開設したきっかけは、マッサージが上手だけど美容師としてのセンスが不足していた男性スタッフに、活躍の場を与えたかったから。採用した従業員をプロデュースして、輝かせるのが私の使命。


一戸明美の経歴・略歴

一戸明美、いちのへ・あけみ。日本の経営者。「SYMAコーポレーション」社長。青森県出身。短大を卒業後上京。OL、美容師などを経てSYMAコーポレーションを設立。そのほか、アジア美容技術振興協会理事長、ベトナムWest university美容技術学科長、日本ヘッドスパ協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

宋文洲

経営者は企業の中で、経営という役割を果たしています。その意味では営業とか開発などの役割を分担している社員と対等なんです。それなのに「経営者は偉い人だ」と誤解している人が多い。だから昔の殿様みたいですよ。偉い人はカゴに乗せられて、そこのけそこのけで通るわけですね。でも、担がれているから、降りたいと思ってもなかなか降りられない。


リスト・シラスマ

悪いニュースは良いニュース。
良いニュースはニュースではない。
そして何もニュースがないことが悪いニュース。
【覚え書き|部下から上がってくる報告についての発言】


泉谷しげる

すんなり上手くいってもダメ。アクシデントに遭うことがラッキーなことだったりする。


越智直正

私は、メード・イン・ジャパンにこだわり続けることで、職人たちのプライドを取り戻したいのです。幸いにも、タビオの協力工場は売り上げが伸びているので、最近では倒産した工場にいた若い職人たちの再雇用の場にもなっています。「若手」といっても、45歳とか、そういう年齢なのですが。


大江英樹

二次会を断って嫌な顔をされるのであれば、「子どもが熱を出した」「仕事が残っている」などと多少嘘をついても構いません。それを繰り返すうちに、次第に周りからは「二次会には行かない人」と認識されます。


松尾豊

産業と結びついて大きな価値を生み出さない限り、研究も進歩しない。大きな産業をつくり出したものが学問でも勝つのだと思います。


夏野剛

携帯電話を海外で売ろうとした際に、日本メーカーはわざわざダウングレードしてしまった。でも、アップルは米国で売ってる商品をアフリカにも持って行って大ヒットさせています。自らをガラパゴスと卑下することによって、海外に持っていく商品のレベルを落とす日本メーカーとは対照的です。一番価値があるのは、新しい価値を創造し、広げていくことなのに、日本はわざわざ価値を落として、結局失敗してる。


安藤俊介

怒りが中レベルになると、冷静さを失い、ジワジワと怒りが膨らみます。それを止めるためには「思考停止」が有効。何も考えないのではなく、手元のペンや資料に意識を集中させたり、利き手と逆の手で作業をすることで、脳の怒りの居場所をなくすのです。


中村貞裕

夢は自分の限界を決めてしまう。だから今できること全てを限界までやってしまいたい。やりたいことだらけ。


内藤剛志

徹夜で撮影でも苦にならないし、まだまだ飽きないというか、いつまでたっても撮影の現場は楽しいですから、「趣味は仕事」と言っていいんじゃないでしょうか。だって、仕事をおろそかにして、遊んでいるほうが僕にとっては恐ろしいんですよ。ゴルフもしませんけど、多分、遊んでいるときのほうが心臓がドキドキするんじゃないかな。それより、まともに仕事と対峙しているほうが安心というか、ホッとしますから。


稲盛和夫

いい商売、悪い商売があるのではなく、それを成功に導けるかどうかが重要。屋台を大きなフランチャイズチェーンに発展させる人もいるし、十何年屋台を引いても財産を残せない人もいる。


宮田真里子(経営者)

どんな方向で会社を軌道に乗せるか。思い悩んでいた最中、突然、主人が亡くなったのです。目の前は真っ暗。それでも決して子供や人前で涙は見せず明るく振る舞いました。ただ、当時の記憶はほとんどありません。毎日を淡々と過ごしていたのですが、ある日、気がついたのです。それは帰る家がある、電気や水も通って生活できる、さらに子供がいる。私は世界一幸せなんだと。主人の死もきっと意味があって起こったんだと考えられるようになったのです。2人の子供を抱えた一家の大黒柱となった私は身をもって実感した女性が仕事をしながら子育てのできる環境づくりにエネルギーを費やしていこうと決意しました。女性が生き生きと活躍できる社会をつくり、ワーキングマザーを応援したいと思うようになったのです。


内藤國雄

わたしは将棋以外になんにも知らん。知らんから人に聞く。人に頼んでいろんな話を聞かしてもらうことにしている。それもごく肝心なところだけを話してくれ、楽な話をせずに、なるだけ苦しんだ話をしてくれ。3、4枚皮をひんむいて人間にならなけりゃならないから。


佐々木圭一

日本人ほど勤勉で勉強熱心な国民はいません。一人一人と話してみると、みんなすごくしっかりと物事を考えています。頭の中には、知識も、知恵も、アイデアも、豊富に詰まっています。ところが、その知恵やアイデアを他者に伝える力が弱い。だから、潜在能力を十分に発揮できずにいるのです。


川北英貴

余計なことを言ったばっかりに、銀行から融資が出なくなるケースを時々、目にします。経営者の中には、自分の武勇伝として余計なことを銀行に言ってしまう人もいます。昔はやんちゃだったとか、不倫をしているとか、そのような話でも、銀行員や銀行の体質によっては、それを大きくとらえることもあります。そしてその銀行から融資が受けられなくなることがあります。1つの銀行から融資が受けられなくなれば、やがて他の銀行もその事実に気付くため、どの銀行でも融資が受けられなくなる可能性が高いでしょう。余計なことは銀行に言わないこと。武勇伝を話したがる経営者は特に気を付けなければなりません。


ページの先頭へ