名言DB

9490 人 / 112001 名言

一戸敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一戸敏のプロフィール

一戸敏、いちのへ・さとし。日本の経営者。「エージェント」社長。北海道出身。明治大学商学部を中退後、大手会計事務所を経てサンインシュアランスデザイン(のちのエージェント)を設立。

一戸敏の名言 一覧

社員たちが何を求め、何を考え、何をしたいのか。直に話を聞きながら、自分の経験から活かせることを伝えていきたい。社員に対しては、経営者というよりメンターでありたい。


当社では「エージェントスピリッツ」という10の行動指針を掲げています。ただし、言葉だけではお題目で終わってしまいます。社員たちに意識を浸透させるには、日々の活動の中で熱心に助言する人間が必要です。だから、私自身が社員一人ひとりとのコミュニケーションを大切にしているのです。


当社の事業領域である金融・住宅・不動産という業界は、まだまだ縦割りの慣習が残るオールドビジネスです。しかし、新卒の学生はこうした慣習に染まっていないので、フラットな視点で業界を見ることができる。そこに大きな可能性を感じます。彼らは何も知らないぶん、とんでもない発想でアイデアを出してきます。


多くの保険ショップが駅ナカや大型商業施設にあるのに対して、当社のショップは商店街などに出店しています。なぜなら、街の皆さんと顔の見えるお付き合いを続けながら、末永く地域に貢献したいと考えているからです。スクラップ&ビルドの短期出店とは一線を画し、地域に根ざした息の長い店舗づくりを大切にしています。


僕が変わったきっかけは、あるお客様。僕にお客様になりそうな人を紹介してくださったんです。なぜ優しくするかわからず、理由を聞くと「素直で好きだから。何か役に立ちたいと思った」と。ハッとしました。そこで変わったんです。まずは目の前のお客様を好きになる。好きになった相手のために役立つことをやろうと。そうしたら、ウソみたいに契約がとれ始めた。役に立ちたいお客様が増えるから、もっと勉強してがんばった。


一戸敏の経歴・略歴

一戸敏、いちのへ・さとし。日本の経営者。「エージェント」社長。北海道出身。明治大学商学部を中退後、大手会計事務所を経てサンインシュアランスデザイン(のちのエージェント)を設立。

他の記事も読んでみる

大前研一

異質が集まるからこそ、エネルギーが生まれる。


山内溥

コンピューターグラフィックスを教える専門学校を作れればと考えている。採算重視のビジネスではなく、若い力からいまだかつてない創造性あるゲームを生み出すことに力を注ぎたい。
無名だが優れたゲームの発掘にも興味がある。クリエーターの登竜門として文学賞のようなものを設け、表彰作品を入札にかける。それを落札したソフトメー カーが商品化して売るというのも手だろう。ゲームビジネスは今や混沌の状況にある。経営者を引退しても、業界の発展について思いを巡らせてしまう。


藤岡頼光

成功したいなら「みんながやらないこと」「やりたくないこと」を自ら率先して行うことが重要。そういう所にこそ、実は一番おいしい旨味がたくさん詰まっている。


小笹芳央

多くの人は、「努力した時間に比例して、だんだんと実力も伸びていく」と考えがちです。しかし、これは大きな誤解です。成長は階段状に訪れます。そこを理解しているかどうかが、まず大きな分かれ目です。


坂東眞理子

ビジネス文書は文学作品ではないのですから、名文、美文である必要はありません。身についていない難しい言葉を使うのは、かえって見苦しいものです。意思の疎通を図るために、きちんとした日本語をツールとして使いこなせているかどうかがポイントになります。


松本光一(経営者)

みんなが使うものであるなら、なおさら安心感のあるものでなければならない。当時の(アダルト)製品にはその安心という要素がひとつもありませんでした。世の中に無いなら僕が作るしかないと思ったのが起業のきっかけです。


平野洋一郎

プランニングは当然1、2年後がメインですが、5年後を意識する癖がつくと、逆に目標に対して1、2年後やるべきことがよくわかる。


樋口武男

事業家になることを目標にしていた私は、大学卒業後、中小の鉄鋼商社に就職しました。商社は業務の幅が広いし、中小なら全体的な仕事の仕組みや流れを身につけやすいと思ったからです。私にとって会社は経営者修行の場であり、大学ノートに会社のすべての書類を書きだすなどして、商業文書の書き方を徹底的に勉強しました。


秦建日子

年を取るにつれて、初めての経験は減りますよね。僕自身、せっかくサラリーマンを辞めて自由業になったのに、いつの間にか毎日がルーチンになってしまっていました。だから、ある時「これからは似合わないことをしよう」と決めました。


秋山智史

特に、保険会社は商品に形がない。そこにお金を払ってもらうには、信頼しかないんです。だから背伸びをせず、着実に「質」を高めていく。派手な宣伝も打ちません。


風間八宏

現役を引退したときは、ちょっと困りました。サッカー以上に本気になれることが思い浮かばなかったんです。そこで、「これからは、とりあえずなんでもやってみよう」と頭を切り替えました。だから、フジテレビから解説者の話がきたときも、「マスコミ嫌いといわれた俺が?」という思いはあったけど、一年契約でやらせてもらうことにしたんです。やる以上はとことんやりたいタイプなので、最初のころは週に12~13本も解説をしていました。さすがに目が悲鳴を挙げましたけど、とてもいい勉強になったと思います。


戸田覚

仕事の効率を上げていくには、そうせざるを得ない状況に自分を追い込むことも必要です。極端な話、3日かかる企画書を仕上げるのに、そのうちの2日間を風邪で寝込んでしまった人は、最後の1日でなんとか企画書をつくってしまうものです。そういった「火事場の馬鹿力」を出し続けていると、それが当たり前になり、短時間でより多くの仕事ができるようになります。