名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

一戸敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一戸敏のプロフィール

一戸敏、いちのへ・さとし。日本の経営者。「エージェント」社長。北海道出身。明治大学商学部を中退後、大手会計事務所を経てサンインシュアランスデザイン(のちのエージェント)を設立。

一戸敏の名言 一覧

社員たちが何を求め、何を考え、何をしたいのか。直に話を聞きながら、自分の経験から活かせることを伝えていきたい。社員に対しては、経営者というよりメンターでありたい。


当社では「エージェントスピリッツ」という10の行動指針を掲げています。ただし、言葉だけではお題目で終わってしまいます。社員たちに意識を浸透させるには、日々の活動の中で熱心に助言する人間が必要です。だから、私自身が社員一人ひとりとのコミュニケーションを大切にしているのです。


当社の事業領域である金融・住宅・不動産という業界は、まだまだ縦割りの慣習が残るオールドビジネスです。しかし、新卒の学生はこうした慣習に染まっていないので、フラットな視点で業界を見ることができる。そこに大きな可能性を感じます。彼らは何も知らないぶん、とんでもない発想でアイデアを出してきます。


多くの保険ショップが駅ナカや大型商業施設にあるのに対して、当社のショップは商店街などに出店しています。なぜなら、街の皆さんと顔の見えるお付き合いを続けながら、末永く地域に貢献したいと考えているからです。スクラップ&ビルドの短期出店とは一線を画し、地域に根ざした息の長い店舗づくりを大切にしています。


僕が変わったきっかけは、あるお客様。僕にお客様になりそうな人を紹介してくださったんです。なぜ優しくするかわからず、理由を聞くと「素直で好きだから。何か役に立ちたいと思った」と。ハッとしました。そこで変わったんです。まずは目の前のお客様を好きになる。好きになった相手のために役立つことをやろうと。そうしたら、ウソみたいに契約がとれ始めた。役に立ちたいお客様が増えるから、もっと勉強してがんばった。


一戸敏の経歴・略歴

一戸敏、いちのへ・さとし。日本の経営者。「エージェント」社長。北海道出身。明治大学商学部を中退後、大手会計事務所を経てサンインシュアランスデザイン(のちのエージェント)を設立。

他の記事も読んでみる

山本祐揮

子供を抱っこする時もアームレスリングのフォームで抱き上げてキープしています。日常を練習に変えてしまう姿勢が強くなる秘訣です。


岩田松雄

明確なミッションを持つ必要があるのは、新人を受け入れる先輩社員や経営陣も同じです。自分たちは何のためにこの業務、この事業をしているのか明確に説明できなければ、人はなかなかついてきません。例えば簡単な表計算の仕事を新人に頼むとしましょう。その際に「これは役員会で使う資料だから、間違いがないようにして」とか、「現状を大まかにつかみたいだけだから、できるだけ早めに仕上げて」などといった言葉をつけ加えるだけで、依頼される方の印象は随分と異なります。


大久保真一

私は、26歳の頃から2年間欧米の流通業で働きながら当時最先端のチェーンビジネスモデルを学びました。クリーンケア事業が軌道に乗った後に、これからダイオーズ独自の事業で、どのように発展していくかを考えていた時に、米国での従業員休憩室に置いてあったコーヒーサーバーを思い出しました。いずれ日本でもこういう時代がくるだろうと、当時の日本にいち早く取り入れたのです。欧米で過ごした20代の経験がなければこの発想は生まれなかったでしょうね。


加藤諦三

将たる器という言葉があるが、将たるものは明確な意志を持ち、決断のできる人でなければならない。何事につけても「君に任すよ」と言いながらも、何事につけても不満な上役がいる。自分に意見があったうえで「君に任すよ」というのは相手に対する信頼感があるから言えることである。ところが、自分に意見がなくて、どうしていいかわからないから「君に任すよ」という上役がいる。こういう上役は要注意だ。上の人が自分に意見がなくて君に任すよというくらいなら、下の者としては隅々まで指図された方がずっとやりやすい。


満尾正

心を明るく保つことは意外に簡単に実践できます。たとえばストレスは、睡眠を改善するだけでも大幅に軽減できます。早寝早起きの「朝型生活」に切り替えれば通勤ラッシュも避けられ、静かなオフィスで仕事に専心できるなど、ストレスフリーかつ効率的な時間の使い方が可能となります。


森永卓郎

仕事で収入を増やす方策の一つは社内で困っている人や部署(人)を助けること。たとえば「人が足りず納期に間に合わない」という部署があるとします。そんな場合、異なるチームとはいえ、陰に日向にサポートすること。助けてもらった部署は恩に着ますし、その評判は直属の上司や人事部に伝わるかもしれません。それが、自身の評価アップ=昇進や昇給につながる可能性があります。


荻田築

仕事の基本は忠実。当たり前のことを当たり前にやることが大切。


松井忠三

能の世界では、古典的な演目を名優が演じ、最後にひと工夫が入って新しい「型」が作られることを「型破り」と言って賞賛します。一方、「型」のない人は「形なし」とバカにされます。「ムジグラム」の仕組みは「形なし」を戒め、「型破り」を推奨するものです。より良いやり方があれば、内容をどんどん改訂していく。


立川千紗

10代の頃から「社会において自分に何かできることはないか」と考えていました。起業はそのための手段でした。


塚越友子(水希)

成果を出したいときに一人でやると目立ちますから、上司と組んで出すべきです。


星野佳路

アイスホッケーと同じで、経営だって勝たなければ意味がありません。勝つためには「こういう方向に向かうんだ」というビジョンは絶対に必要です。じゃあ、それは誰が決めるのか。それこそ経営責任を担う者が決めなければならない重要な責務だと思うのです。


谷本有香

「ビジネスは浮き沈みが激しいものだ」と言われますが、浮いたり沈んだりするのは愛される成功者のみができること。周囲の引き立てがあるから、巻き返すことができるのです。利己的な人は、急浮上しても「沈んだまま戻ってこられない」ケースのほうが多いというのが私の実感です。