一戸敏の名言

一戸敏のプロフィール

一戸敏、いちのへ・さとし。日本の経営者。「エージェント」社長。北海道出身。明治大学商学部を中退後、大手会計事務所を経てサンインシュアランスデザイン(のちのエージェント)を設立。

一戸敏の名言 一覧

社員たちが何を求め、何を考え、何をしたいのか。直に話を聞きながら、自分の経験から活かせることを伝えていきたい。社員に対しては、経営者というよりメンターでありたい。


当社では「エージェントスピリッツ」という10の行動指針を掲げています。ただし、言葉だけではお題目で終わってしまいます。社員たちに意識を浸透させるには、日々の活動の中で熱心に助言する人間が必要です。だから、私自身が社員一人ひとりとのコミュニケーションを大切にしているのです。


当社の事業領域である金融・住宅・不動産という業界は、まだまだ縦割りの慣習が残るオールドビジネスです。しかし、新卒の学生はこうした慣習に染まっていないので、フラットな視点で業界を見ることができる。そこに大きな可能性を感じます。彼らは何も知らないぶん、とんでもない発想でアイデアを出してきます。


多くの保険ショップが駅ナカや大型商業施設にあるのに対して、当社のショップは商店街などに出店しています。なぜなら、街の皆さんと顔の見えるお付き合いを続けながら、末永く地域に貢献したいと考えているからです。スクラップ&ビルドの短期出店とは一線を画し、地域に根ざした息の長い店舗づくりを大切にしています。


僕が変わったきっかけは、あるお客様。僕にお客様になりそうな人を紹介してくださったんです。なぜ優しくするかわからず、理由を聞くと「素直で好きだから。何か役に立ちたいと思った」と。ハッとしました。そこで変わったんです。まずは目の前のお客様を好きになる。好きになった相手のために役立つことをやろうと。そうしたら、ウソみたいに契約がとれ始めた。役に立ちたいお客様が増えるから、もっと勉強してがんばった。


一戸敏の経歴・略歴

一戸敏、いちのへ・さとし。日本の経営者。「エージェント」社長。北海道出身。明治大学商学部を中退後、大手会計事務所を経てサンインシュアランスデザイン(のちのエージェント)を設立。

他の記事も読んでみる

家守伸正

つたない英語でも直談判した方が覚悟が伝わる。


南場智子

最近気をつけていることは、「理屈で話しすぎない」ということです。特に外部の方から誤解に基づくクレームを受けたり、あるいは折衝事において意見が異なる時、私のような元経営コンサルタントは正論やロジックで直接的な反論をしてしまいがちです。しかし実際は相手も理屈は十分に分かっていることが多く、ほかに言いにくい不満があったり、感情のやり場がなかったり。そんな時に分かりきった正論を振りかざしても「こと」はなせないどころか、火に油を注いでしまいます。


北畑稔

ビジネスの世界は、不確実性とリスクを減らす努力をしていきながら、しかし、どこかのタイミングで思い切って選択して前に進むしかない世界であり、しかも、自分の選択に対して結果責任を持たなければならない世界です。


斉藤惇

金融は黒子なんですね。金融はモノの流れる後ろに付いてるものでありますから、そのモノの流れ方をしっかりウォッチし測っていく。測る道具が金融なんです。だから金融というのは常にサインを出すんです。モノというのは製造業だけでなくて、医療や介護などのサービスも含めた意味ですが、効率が悪いよ、曲がっているよ、無駄をやってるよとなると、株価が下がる、あるいは金利が上がるといった形でサインが出る。そうしたサインをしっかり出すことが我々の仕事なんです。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

運動経験がない人は、まず運動をすることへのハードルを低くすること。いきなりジムに通う、道具一式を揃えるなど、形から入ろうとすると長続きしません。ですから、「生活の延長線上」でできるトレーニングから始めるのがベストです。通勤時にひと駅手前で降りて歩く、エスカレーターではなく階段を使う。慣れてきたら毎晩10分のストレッチを加える、それにも慣れたらジムの初心者用レッスンを試してみる――というふうに、少しずつ負荷を上げていくと良いでしょう。


堤浩幸

社長の業務や経営のやり方、人との付き合い方など様々なことを間近で学んだ。
【覚え書き|NECで社長秘書を務めたたことについて】


金井英之

人間は人と会ったときに、話すよりも先に相手の表情やお辞儀の仕方を見て、「この人は、私のことを大切に考えてくれているな」、あるいは「私のことを軽く見ているな」などと直感的に判断します。その印象は後々まで続きます。初対面であれば、第一印象は非常に大事です。


蔵田理

営業マンが商品を説明するとき、相手の表情などをよく見て「ここに興味を持っていそうだな」という部分があれば、そこに的を当ててポイントを3点に絞って伝えること。相手の顔色を見ながら、「このあたりはわかっていないかな」と思うところがあれば、そこをわかりやすく重点的に説明するのです。


児玉光雄

結果を他人と比較してはいけません。モチベーションを高められない人たちの共通点は、他人を意識しすぎだということです。いつも誰かを気にしていて、「勝った」「負けた」と過剰に反応する。だから、勝っているときはいいが、そうでなくなると、急にモチベーションが下がってしまうのです。


小嶋雄介

最近、特にマーケットが拡大し需要が増えているのは動画を活用したプロモーション。動画はテレビや雑誌に近く、テレビや雑誌のスキルも持つ社員がいることで魅力的な動画が制作できます。また、最近では商品の魅力を動画で紹介することで従来ウェブでは訴求が難しかった商品やサービスの魅力が伝えられ、クライアントの売り上げ向上にも貢献しています。


茂木健一郎

今日という日は、二度と帰ってこない。だからこそ、日々の足元を見直すことが、幸せにつながる。


作山若子

同じ内容量でも、農薬をまいたことで人では一人で済んだ500円のお茶と、有機栽培のため収穫期に10人の人手がかかったお茶ではどちらに需要がありでしょうか。お茶には味の良さだけでなく、効能という付加価値もあります。コーヒーにしても、価格が高い理由を開示していけば、内容が不明瞭なブレンドコーヒーより、原産国やブレンドのパーセンテージまで明確な商品の方が、手に取ってもらえると思います。


萩原吉太郎

悪いことは全部自分が被るから、処分してくれ。が、ただその前に私の気持ちだけ聞いてもらいたい。
【覚書き|太平洋戦争終結後、追放令違反容疑でGHQで取り調べを受けたときの発言】


大山健太郎

お客さま目線で、お客さまの満足する価格帯で満足する商品を作る力が重要です。それが今まで需要を創造してきた最大のポイントです。


立川志らく

私も必死に気をまわして、「師匠が求める以上のことをやってやろう」と決めました。例えば師匠が「月に2席、噺を覚えろ」と言えば4席覚え、「俺はこれが好きだ」と言った映画を全部観て、好きな懐メロも聴いて……という具合に。同じものを好きになればそりゃ師匠も可愛がってくれます。


ページの先頭へ