一戸敏の名言

一戸敏のプロフィール

一戸敏、いちのへ・さとし。日本の経営者。「エージェント」社長。北海道出身。明治大学商学部を中退後、大手会計事務所を経てサンインシュアランスデザイン(のちのエージェント)を設立。

一戸敏の名言 一覧

社員たちが何を求め、何を考え、何をしたいのか。直に話を聞きながら、自分の経験から活かせることを伝えていきたい。社員に対しては、経営者というよりメンターでありたい。

当社では「エージェントスピリッツ」という10の行動指針を掲げています。ただし、言葉だけではお題目で終わってしまいます。社員たちに意識を浸透させるには、日々の活動の中で熱心に助言する人間が必要です。だから、私自身が社員一人ひとりとのコミュニケーションを大切にしているのです。

当社の事業領域である金融・住宅・不動産という業界は、まだまだ縦割りの慣習が残るオールドビジネスです。しかし、新卒の学生はこうした慣習に染まっていないので、フラットな視点で業界を見ることができる。そこに大きな可能性を感じます。彼らは何も知らないぶん、とんでもない発想でアイデアを出してきます。

多くの保険ショップが駅ナカや大型商業施設にあるのに対して、当社のショップは商店街などに出店しています。なぜなら、街の皆さんと顔の見えるお付き合いを続けながら、末永く地域に貢献したいと考えているからです。スクラップ&ビルドの短期出店とは一線を画し、地域に根ざした息の長い店舗づくりを大切にしています。

僕が変わったきっかけは、あるお客様。僕にお客様になりそうな人を紹介してくださったんです。なぜ優しくするかわからず、理由を聞くと「素直で好きだから。何か役に立ちたいと思った」と。ハッとしました。そこで変わったんです。まずは目の前のお客様を好きになる。好きになった相手のために役立つことをやろうと。そうしたら、ウソみたいに契約がとれ始めた。役に立ちたいお客様が増えるから、もっと勉強してがんばった。

一戸敏の経歴・略歴

一戸敏、いちのへ・さとし。日本の経営者。「エージェント」社長。北海道出身。明治大学商学部を中退後、大手会計事務所を経てサンインシュアランスデザイン(のちのエージェント)を設立。

ページの先頭へ