一川誠の名言

一川誠のプロフィール

一川誠、いちかわ・まこと。日本の心理学者。「千葉大学」教授。宮崎県生まれ、大阪育ち。大阪市立大学文学部人間関係学科卒業、同大学院文学研究科後期博士課程修了。カナダ・ヨーク大学研究員、山口大学工学部講師・理工学研究科助教授、千葉大学文学部行動科学科助教授・教授を務めた。

一川誠の名言 一覧

「いつまでに何をする」という期限付きの目標を立て、こなしていく癖がつけば、仕事にムダは生じにくい。必要なのは、まずは1日の計画を立てること。


自分の能力で時間通りにできる範囲で計画を組むと、仕事の内容を取捨選択せざるをえなくなる。その結果、仕事にムダがなくなる。


重要な仕事や頭を使う仕事は、1日のうちのなるべく早い時間に持ってくる。早いうちに始めることで、「難しい仕事は後回しにしたい」という逃げの心理を断ち切る。


通常の状態で集中力が続くのは、長くてもおよそ90分。その程度を一つのブロックとして、スケジュールを組むとよいでしょう。


「空き時間には何をしようか」とその都度考えるのは生産性の低い働き方。手帳にはミーティングや顧客訪問などの約束だけではなく、一人でやる仕事もすべて記入しましょう。


スケジュールは細かすぎても大雑把すぎても上手くいかない。集中力が持続する限界、90分1コマと考えて、仕事の時間割を組むのがお勧めです。


人間をはじめとする生き物には体内時計が備わっています。このリズムに従ってその時間帯にふさわしい行動をとれば、同じことをしても、ほかの時間帯に比べて効率よくできるし、成績もよい。反対にこれに逆らえば効率も悪くミスをしやすくなります。


働きすぎは命を削る。短気で負けず嫌い、成功意欲が強く、常に時間に追われているような人を心理学では「タイプA」といいますが、心筋梗塞や突然死のリスクが高まります。一番の原因は残業など、仕事の詰め込みすぎによる生活リズムの乱れです。


どんな作業でも進めば進むほどモチベーションが上がり、積極的になるというのは人間にも動物にも共通した行動的特性の一つです。重い仕事を先に終わらせてしまえば、1日の後半はいいモチベーションのまま、比較的簡単な仕事をこなしていくことができるでしょう。


タイムスケジュールを作成するときに注意すべきは、自分の能力を過信し、仕事を詰め込みすぎないこと。不測の事態が起こることも考え、少し余裕を持った計画を立てたほうがいいでしょう。


作業効率を高めたいときは、邪魔なものを遮断した環境をつくりましょう。「LANケーブルを抜く」「電話をオフにしておく」というのは非常に効果的です。オフィスがフリーアドレスであれば、人に話しかけられないような場所に移動するのがよいでしょう。


仕事ができる人の共通点として、他人に物事を任せるのが上手いことが挙げられます。求められるのは、仕事を他人に頼むときの「あなたに任せた」という適当な広い度量。そして、他人の仕事への繊細な評価なのです。繊細さや適当さが、そのように上手くハマっている人こそ、できる人といえるでしょう。


仕事というのはすべてうまくいくことは稀ですから、常に見直しを迫られます。不測の事態が起こったときには、あまりに細かく時間を決めていると対応できないケースが出てくる。適当なタイプのほうが、臨機応変に物事に対応できるというメリットもある。


時間の使い方が上手くなるポイントは、タイムスケジュールに成果を書き込むこと。予定通りに終わったら「○」。終わらなかったら、「何に時間がかかったか」「どんな失敗があったのか」というメモを残す。すると、「自分はどういう仕事の仕方が向いているのか」「どんなイレギュラーが起きやすいのか」「このタイプの仕事はどの時間帯にやればはかどるのか」といった傾向が見えてきます。自分の行動と効率を可視化することで、行動を修正し、効率をより高めていくことができる。


「メール応対で午前が終わる」という人がいますが、非常に効率が悪いので重要なメール以外は午後に回しましょう。パソコンを使う仕事は、自分が感じている以上に時間が早く経過するので気を付けてください。パソコン操作はあちこちに短い待ち時間が潜んでいるため、時間制限を設けたほうがよいです。


心理学では、人間は常に集中することは無理で、「助走」が必要と考えられています。「この時間は自分の仕事をする」と決めて、たとえば15時から16時までは他人と接触せずに、デスクワークなどに打ち込む。そういった時間の使い方は、仕事を効率化してくれる。


繊細な人でも、あまりに効率を追い求めるタイプには問題ありの人もいます。緻密に計画をたて、できるだけ短い時間で大きな成果を得ようとする人は、過剰なプレッシャーから非常にストレスフルになります。このタイプは、仕事はできるのですが、自分の行動規範を他人にも押し付けてしまう傾向があります。組織の中でも、生真面目な性格の上司が決めた厳しいルールやタスクに、部下が参ってしまうこともあるでしょう。そうして、職場全体としては雰囲気が悪化してしまう。このタイプは、周りが付いてこられないことを、自分のストレスにしてしまいます。また、こうした人は、メタボリック症候群や循環器系の疾患のリスクも高いのです。


一川誠の経歴・略歴

一川誠、いちかわ・まこと。日本の心理学者。「千葉大学」教授。宮崎県生まれ、大阪育ち。大阪市立大学文学部人間関係学科卒業、同大学院文学研究科後期博士課程修了。カナダ・ヨーク大学研究員、山口大学工学部講師・理工学研究科助教授、千葉大学文学部行動科学科助教授・教授を務めた。

他の記事も読んでみる

道幸武久

人脈を広げたいなら、その人を仕事に利用しようという欲を捨てること。みんな順番が逆なんです。できない営業マンほど、パーティで名刺交換しただけの相手に商品を売ろうとする。まずは仕事を抜きにして、個人的な関係をしっかり築くことです。


青野慶久

諦めるというとネガティブに響くかもしれませんが、見方を変えれば、厳しい現実を受け入れる能力があるということ。


原晋

年齢を経て、気力と体力の低下を感じている人にとって、ランニングは自信を取り戻す絶好の機会。ランニングでやりがいと自信を得られれば、仕事も前向きに取り組めます。


関口康

失敗から学ぶためのヒントは、過去の記録との比較です。失敗の分析は、仮説の前提条件やシナリオと現実の差を見つけるのがセオリーです。私も20~30代のころは、数日おきに日記を書いていました。メモ程度でいいから、仕事に取りかかる前に自分の考えや仮説を立てた経緯を書いておく習慣をつけると、原因分析がスムーズに進みます。


出口治明

人は表向きは賛同して、裏では足を引っ張るようなことを平気でする。それが人間社会だ。だが共感してくれるメンバーを何人か得ることができれば、それでチームを引っ張っていける。


伊東孝紳

「求められているから売れる」ではなく、商品そのものが社会に対する新しい提案でなければならない。


イエンス・ペーター・ヤコブセン

人は誰しも、おのれ一人の生涯を一人で生き、おのれ一人の死を一人で死ぬものである。


マーク・ザッカーバーグ

僕がやりたいのは会社を経営することではありません。世界をより良い方向に変えていくことです。フェイスブックはその手段です。


成田靖也

営業スタッフに強制的に頑張らせるのではなく、自らが行動し、頑張りたくなる仕組みづくりが営業組織には必要。スタッフが自然と「頑張りたい!」と思える環境をつくること。


福沢諭吉

事を行うには、時機の善し悪しがあります。チャンスに恵まれなければ、どんなに有能な人でもその力を発揮することはできません。


ジョン・キム(法学者)

いまの自分は不完全で修行中の身だとしても、目標設定の全権は自分にあります。そういう絶対不可侵領域としての自己を確立することが、自分の人生を生きるということなのだと思います。


日野原重明

政府は75歳以上のお年寄りを後期高齢者などと呼びますがね、あれはダメです。高齢者という言葉には「物理的に年を取った人」という意味しかない。おまけに「後期」などと線引きをする。あれはお役人の発想ですよ。そう呼ばれた人たちがどう感じるか、人の気持ちを考えていない


井上礼之

他人のフィルターを通さず、自分の目で現場を見て情報を集めれば、自然と直観力は磨かれていきます。


國村隼

数字は何かを表現しているようで、何も表現していない。視聴率とかね(笑)。


加谷珪一

同じことの繰り返しでは、脳は成長しない。考えているだけでは何も変わらない。まずは行動してみること。


ページの先頭へ