名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

一宮忠男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一宮忠男のプロフィール

一宮忠男、いちみや・ただお。日本の経営者。ヤマダ電機会長。宮崎県出身。創価大学法学部卒業後、ヤマダ電機に入社。商品部長、取締役、商品企画部長、常務、管理本部長、専務、副社長、営業本部副本部長、商品コンピュータ事業部統括、IT事業本部長、商品管理上本部長、子会社のヤマダハウジング社長などを経てヤマダ電機の社長となる。そのほかサトームセンの社長なども務めた経営者。

一宮忠男の名言 一覧

大事なのが企業理念なんです。企業理念というのは、創業者が頭で考えて「こういう会社にしたい」ということで生まれたものではなく、日常的な活動の中で行なってきたことを、言葉に置き変えたものだと思います。ありふれた言葉ですよね。「創造と挑戦」にしても「感謝と信頼」にしても。でも、なぜこれを大事にするかというと、我々が実際にやってきたことだからです。だから、大事にしたい。机の上の哲学じゃないんです。


現実に当社の役員は若いです、同規模の他社に比べれば。30代の役員もいますし、40代の取締役が非常に多い。能力のある人をどんどん登用していくためには、公平な人事評価が欠かせません。そのための制度が有資格制度であり、誰でもチャレンジできる。そして、正当な人事評価を受けられます。また、当社には改善提案制度というものがありますが、これも社員のモチベーションを高め、経営参加をしていくという意味から非常に重要なことであると考えています。これらは一例ですが、さまざまな面において、企業理念を具体化していくことが重要ではないでしょうか。


経営理念を引き継ぎ続ける会社にすることが大事なんです。我々がいなくなった後、どうなるか。永続性のある企業として育て上げていくことが大事なことだと思います。それがなくなったらダメですね。


企業理念を浸透させていくことは、非常に大切なことです。それには企業理念をいかに具体化し、事業に取り込んでいくかが重要なことだと思います。例えば当社には有資格制度があります。人事面において当社は平等ではありません、しかし公平です。やる気のある人、モチベーションの高い人、能力のある人はどんどん登用しています。


山田会長は常日頃から「ヤマダ電機は膨張ではなく、企業として持続成長し続けなければならない」といわれています。私はそのことが、超一流企業としての証であろうと思います。そのためにもまずは、私自身が常に意識改革をしないとダメだと、そう思っています。


売上や利益は当然のこととして、当社で働く社員も含めて一流を超える、超一流の企業にしていかなければと思っています。そのためには社員一人ひとりが経営理念をしっかり理解して、これを基にして企業として成長し続けることが大事だと思っています。


「ヤマダ電機の社員でよかった」という誇りを持つ社員を1人でも多く育てること。そして、周囲の方から「さすがヤマダ電機の人ですね。違いますね」といわれるような人間を育てていくことが重要じゃないかと思います。我々専門量販店で大事なことは、やはり接客なんです。お客様は商品を買いにきますけれども、人を通じて商品を買うということが基本ですので、教育に最大の力を注いでいかなければと思っています。


当社はCSR(企業の社会的責任)を推進していく上で、CS(顧客満足度)、労働問題、環境問題、コンプライアンス(法令遵守)の4点を掲げ、具体的に当社の事業の中で推進していますが、そのために大事なことは、人材だと思っています。人があって初めて、企業は成り立つ。そのように考えています。


現在、業界のリーディングカンパニーとして重要なことは、企業として社会的責任を持つということです。いままではがむしゃらに前へ進むことを考えていればよかったかもしれない。しかし、今後は社会的な責任を、なお一層自覚していかなければと思います。


近くに何店もつくれば自社競争になってしまうという意見もありますが、私たちの出店戦略は点ではなく面での展開です。私たちは覇権主義ではありません。マーケットの100%のシェアを取ろうとは思っていません。最大公約数のお客様の期待にしっかり応えていきたいのです。


現在、ヤマダ電機のすべての店員が情報の共有化を図るためPDA(小型情報端末)を持っています。この情報端末は、競合他社が同じ商品を何時何分に、いくらで販売しているかがリアルタイムでわかるだけでなく、在庫状況も正確に把握できるので、「自分の店では欠品していても他店には在庫があります」といった情報をお客様に伝えることができるのです。


競合店が来て、営業赤字が出て、大変な状態になりました。しかもそのとき、我々は大きな間違いをしました。相手と正面から戦わなかったのです。
【覚書き|ヤマダ電機が創業後、群馬県でトップをとったころ、コジマが出店してきて安売り攻勢をしかけてきたときを振り返っての発言。当時ヤマダはアフターサービスなどに力を入れ、価格で競おうとしなかったがそれが裏目に出てコジマにシェアを食われる事態に陥ってしまった】


失敗?もういっぱいあります。失敗と成功の繰り返しです。


一宮忠男の経歴・略歴

一宮忠男、いちみや・ただお。日本の経営者。ヤマダ電機会長。宮崎県出身。創価大学法学部卒業後、ヤマダ電機に入社。商品部長、取締役、商品企画部長、常務、管理本部長、専務、副社長、営業本部副本部長、商品コンピュータ事業部統括、IT事業本部長、商品管理上本部長、子会社のヤマダハウジング社長などを経てヤマダ電機の社長となる。そのほかサトームセンの社長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

島地勝彦

自分をさらけ出さないと。自分だけ鎧を被っていたら相手もオープンマインドになんてならないよ。失敗談でも何でも話さないと。


下地寛也

課題を与えられたら、最初は「なぜやるのか」の「WHY(なぜ)思考」で考えてみる。頭の回転が速い人は、まずそこから考え始める。相手の意図がわかれば、正解に近づいていける。


ジェームス・バーダマン

最初から完璧な英語を話そうとすることはありません。目標が高いのはいいことですが、達成期間までの時間が長すぎると、モチベーションは上がらないもの。無理のない目標を立て、「今週はここまで」と決めて、毎日コツコツと取り組む方がいい。


永守重信

「なぜ上司からいちいち聞かなければいけないんだ。下の者が報告すべきだ」と言う人がいますが、逆です。上に行くほど御用聞きに徹しなければダメ。


佐々木蔵之介(俳優)

20代では時間も自分の好きなようにはならないかもしれないけど、40代に入ってくると余裕が出てきます。先の分からない時代、当初の人生設計にとらわれずに時代の流れに合わせて柔軟に対応しつつ、今を充実させるのもいいんじゃないかな。


高田明(ジャパネットたかた)

日本の家電メーカーはライフサイクルが短いのが問題です。マイナーチェンジの新製品が多すぎる。たとえばカメラでも3カ月に1回、商品を替える必要が本当にあるのか。そのたびに値段が5割ぐらい上がるでしょう。お客様にどこを伝えればいいのかがわからない新製品が多く、すごく悩んでいます。


今村久美

経済状況が変わり、安定した就職先が存在しなくなった現在は、いい会社に入ることよりも、社会に出てから遭遇する様々なトラブルをいかに乗り越えられるかが大切です。学校では培えない、そんな底力を育む手助けになりたい。カタリバにはそんな思いも込められています。


施崇棠(ジョニー・シー)

1つの事業にとどまり続けることは危険。その時々のトレンドによって、手掛ける事業を変えていきたい。


大西実(大西實)

品質管理と新技術で、日本企業は戦後の高度成長を実現し、黄金の80年代を築きました。しかし、バブル崩壊後、低迷期に突入し、いまだに混乱したままです。こうした中で企業が生き残っていくには、やはり変わることを恐れず、事業構造の変革をそれこそ日々進めていくしかありません。事業も組織も技術も、一日過ぎれば、もう古くなっていくのです。


内田直

「部下の特質に合わない仕事をふること」と「仕事の目的を部下が理解していないこと」。この二つは効率を著しく下げます。誰にでも得意不得意はありますから、それぞれの特質を知って上手に活かす。ただし、これにはこまやかなコミュニケーションが前提となります。


佐々木常夫

私は講演でよく、「左遷を左遷にするのはおのれ自身だ」という話をしています。組織に所属していれば異動は付きものです。栄転するときもあれば左遷のときもある。肝心なのは、それを受けとめてどのように行動するかです。不本意な左遷ととらえてくさってしまう人は、はっきり言ってダメ。そこから先の人生は好転していきません。


津田秀樹

いま気掛かりなことは、たとえばネット上のやり取りをしていて「その人と関わっていて得るものがないなら、さっさと切ろう」という人が多いんですよ。「気に入らない相手とは会話をしない」ということが、一番会話力を弱めるんです。