一宮忠男の名言

一宮忠男のプロフィール

一宮忠男、いちみや・ただお。日本の経営者。ヤマダ電機会長。宮崎県出身。創価大学法学部卒業後、ヤマダ電機に入社。商品部長、取締役、商品企画部長、常務、管理本部長、専務、副社長、営業本部副本部長、商品コンピュータ事業部統括、IT事業本部長、商品管理上本部長、子会社のヤマダハウジング社長などを経てヤマダ電機の社長となる。そのほかサトームセンの社長なども務めた経営者。

一宮忠男の名言 一覧

大事なのが企業理念なんです。企業理念というのは、創業者が頭で考えて「こういう会社にしたい」ということで生まれたものではなく、日常的な活動の中で行なってきたことを、言葉に置き変えたものだと思います。ありふれた言葉ですよね。「創造と挑戦」にしても「感謝と信頼」にしても。でも、なぜこれを大事にするかというと、我々が実際にやってきたことだからです。だから、大事にしたい。机の上の哲学じゃないんです。


現実に当社の役員は若いです、同規模の他社に比べれば。30代の役員もいますし、40代の取締役が非常に多い。能力のある人をどんどん登用していくためには、公平な人事評価が欠かせません。そのための制度が有資格制度であり、誰でもチャレンジできる。そして、正当な人事評価を受けられます。また、当社には改善提案制度というものがありますが、これも社員のモチベーションを高め、経営参加をしていくという意味から非常に重要なことであると考えています。これらは一例ですが、さまざまな面において、企業理念を具体化していくことが重要ではないでしょうか。


経営理念を引き継ぎ続ける会社にすることが大事なんです。我々がいなくなった後、どうなるか。永続性のある企業として育て上げていくことが大事なことだと思います。それがなくなったらダメですね。


企業理念を浸透させていくことは、非常に大切なことです。それには企業理念をいかに具体化し、事業に取り込んでいくかが重要なことだと思います。例えば当社には有資格制度があります。人事面において当社は平等ではありません、しかし公平です。やる気のある人、モチベーションの高い人、能力のある人はどんどん登用しています。


山田会長は常日頃から「ヤマダ電機は膨張ではなく、企業として持続成長し続けなければならない」といわれています。私はそのことが、超一流企業としての証であろうと思います。そのためにもまずは、私自身が常に意識改革をしないとダメだと、そう思っています。


売上や利益は当然のこととして、当社で働く社員も含めて一流を超える、超一流の企業にしていかなければと思っています。そのためには社員一人ひとりが経営理念をしっかり理解して、これを基にして企業として成長し続けることが大事だと思っています。


「ヤマダ電機の社員でよかった」という誇りを持つ社員を1人でも多く育てること。そして、周囲の方から「さすがヤマダ電機の人ですね。違いますね」といわれるような人間を育てていくことが重要じゃないかと思います。我々専門量販店で大事なことは、やはり接客なんです。お客様は商品を買いにきますけれども、人を通じて商品を買うということが基本ですので、教育に最大の力を注いでいかなければと思っています。


当社はCSR(企業の社会的責任)を推進していく上で、CS(顧客満足度)、労働問題、環境問題、コンプライアンス(法令遵守)の4点を掲げ、具体的に当社の事業の中で推進していますが、そのために大事なことは、人材だと思っています。人があって初めて、企業は成り立つ。そのように考えています。


現在、業界のリーディングカンパニーとして重要なことは、企業として社会的責任を持つということです。いままではがむしゃらに前へ進むことを考えていればよかったかもしれない。しかし、今後は社会的な責任を、なお一層自覚していかなければと思います。


近くに何店もつくれば自社競争になってしまうという意見もありますが、私たちの出店戦略は点ではなく面での展開です。私たちは覇権主義ではありません。マーケットの100%のシェアを取ろうとは思っていません。最大公約数のお客様の期待にしっかり応えていきたいのです。


現在、ヤマダ電機のすべての店員が情報の共有化を図るためPDA(小型情報端末)を持っています。この情報端末は、競合他社が同じ商品を何時何分に、いくらで販売しているかがリアルタイムでわかるだけでなく、在庫状況も正確に把握できるので、「自分の店では欠品していても他店には在庫があります」といった情報をお客様に伝えることができるのです。


競合店が来て、営業赤字が出て、大変な状態になりました。しかもそのとき、我々は大きな間違いをしました。相手と正面から戦わなかったのです。
【覚書き|ヤマダ電機が創業後、群馬県でトップをとったころ、コジマが出店してきて安売り攻勢をしかけてきたときを振り返っての発言。当時ヤマダはアフターサービスなどに力を入れ、価格で競おうとしなかったがそれが裏目に出てコジマにシェアを食われる事態に陥ってしまった】


失敗?もういっぱいあります。失敗と成功の繰り返しです。


一宮忠男の経歴・略歴

一宮忠男、いちみや・ただお。日本の経営者。ヤマダ電機会長。宮崎県出身。創価大学法学部卒業後、ヤマダ電機に入社。商品部長、取締役、商品企画部長、常務、管理本部長、専務、副社長、営業本部副本部長、商品コンピュータ事業部統括、IT事業本部長、商品管理上本部長、子会社のヤマダハウジング社長などを経てヤマダ電機の社長となる。そのほかサトームセンの社長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

久恒啓一

そもそも何を勉強したらいいのかについて迷う人もいるでしょう。社会人は勉強を強制されているわけではありませんから、案外ここで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。絶対に外せないポイントは、「自分の好きなテーマを勉強する」ということです。


丸山栄樹

1回の人生ですから、今度は看板なしでどれだけ自分が通用するか、違う人生を歩みたいと思った。
【覚え書き|起業したことについて】


西田弘次

人間は誰もが、自分が大事にしているものが一番だと思っています。上司は仕事で成果を出すことが何より大事だと考えていても、部下は休日に旅行するのが楽しみで働いているのかもしれない。上司にとって成果が第一なのと同様、その部下は旅行が人生の最優先事項なのです。だから、それを認めて、「そうなのか。だったら、次の休みは旅行を存分に楽しめるように頑張ろう」と言ってあげてください。そこで「バカなことを言うな!」と否定すれば、部下のモチベーションは一気に失われてしまいます。


冨安徳久

相手を思いやるには、根底には感謝がなくてはいけない。


石井ふく子

縁あって一緒に仕事をした人達ともずっといい関係を続けていきたい。石井ファミリーとよく言われるのは、私がそういう人間関係を育んできたからでしょうね。時代も家族のかたちも変わりましたが、家族を思う心は変わらないと私は信じています。


清水克彦(報道キャスター)

毎週木曜日を「ないもの」として予定を一切入れないようにしています。天引きするんです。すると、月~水の間に仕事が滞ったり、予定が狂っても、天引きした木曜日で調整ができます。体調に影響されずに仕事がはかどるわけです。天引きすると他の曜日がハードになるようですが、逆です。「月火水金で終わらせなきゃ」とかえって集中でき、ダラダラしない。時間管理が下手な人にお勧めの仕組みです。


アルビン・ロス

魅力的な結婚相手を見つけたかったら、男性も料理など、妻の手助けができるように訓練する必要がある。家事は、二人で分担すべきものだ。すでに結婚している共働き家庭の男性にとっても、妻の手助けは必須要件。さもなくば、結婚生活は長続きしないと覚悟しよう。


守屋淳

私の知り合いの社長さんが、ダメになる中小企業の社長を見分ける2つの方法があると言っています。豪邸を建てて、周囲に見せびらかすこと。もうひとつは飲み屋の女性を愛人にすること。この2つを兼ね備えると、だいたいその会社はもうダメらしい。これは、自分の成功と権力に満足して緊張感を失い、自己節制ができなくなった人の象徴的な姿です。同時に、男性が成功しておごると、何をするかを表わしています。


江上治

自分への投資は一切せず、お金と時間を浪費してしまっていては、成長できるはずがない。


武田信玄

およそ戦というものは、五分をもって上とし、七分を中とし、十分をもって下とす。五分は励みを生じ、七分は怠りが生じ、十分は驕りを生ず。


徳重徹

新興国では、最初に開発費を安く抑えられるプロトタイプを販売し、それから2回、3回と改良を重ねるようにしました。つまり、顧客の声を聞き、「売れる」商品に変えていったのです。


八城政基

老人はもう、黙っていればいいんだ。退職金をもらってさっさと辞める。それが一番大切だよ、日本再生には。


寺田直行

商品開発のベースは「自然」です。自然の恵みを活かす技術が強みとなっています。その強みを生かすことで健康寿命の延伸に貢献できると考えています。例えば、地方自治体と連携し、県産品を使用した商品を開発したり、野菜摂取や減塩促進に係る啓発活動を進めたりしています。


吉留学

確かに、オフィス需要が今後も高いままだとは言い切れません。幸い我が社は成長率が高く、投資をする体力があるので「次の収益の柱」を準備しております。具体的には、私たちが「3K事業」と呼ぶ「高齢者・環境・観光」の事業を伸ばし、成長を加速させることを目指します。


北野武(ビートたけし)

暴力シーンは淡泊に撮るが、音には凝っている。俺の映画で使っている銃の発射音はすべて本物だ。役者がトカレフを撃っているときは、ちゃんとトカレフの音がしている。床に転がる薬莢の音までが本物だ。俺のところには、世界に出回っているほとんどの銃やマシンガンの発射音の、膨大なコレクションがある。音響さんがアメリカに行って、ものすごい苦労をして録ってきてくれたのだ。言わなきゃ誰もわからないだろうけれど、不思議なもので、観客は無意識にその違いを感じている気がする。


ページの先頭へ