名言DB

9412 人 / 110637 名言

一圓克彦の名言

twitter Facebook はてブ

一圓克彦のプロフィール

一圓克彦、いちえん・かつひこ。日本のコンサルタント、経営者。ディエスファインダ社長。大阪出身。製造業、福祉事業、IT事業、飲食業など大小7種の企業経営を行い、実践の中で得たノウハウを通してコンサルティングを行っている人物。リピーターやファン創出による利益率の改善、離職率の低減、営業支援などを専門としている。主な著書に『0円で8割をリピーターにする集客術』など。

一圓克彦の名言 一覧

インターネットだから簡単、もしくは困難といった偏見は捨てるべきです。ネット市場もリアル市場も最終的に顧客の求めるものは同じなんです。


インターネットという幻想に惑わされてはいけません。eコマースといえども、結局介するのは人です。ネット上にいかにリアルな人が介在するサービスを提供できるかが重要です。


単なる開発・技術者ではなく、高いコミュニケーション能力を有し、あらゆる角度・視点からものごとを見据え、お客様とともに自発的にビジネスを生み出す力を持った人材を育成することに専念しています。知識武装ばかりでコミュニケーション能力が欠落していては意味がありません。現場でのリアルタイムな対応や、より理想に近いシステムを開発するためには、やはりコミュニケーション能力は不可欠です。


当社はITソリューション会社というよりサービス会社ですね。サービス提供後、どのような運用を行い、どのような手法で利益貢献ができるのかというところまでを提案・提供するのが、当社の課題であり、使命です。


SNSは人とつながるツールなので、売り込みに使うのはNG。商売の話ばかりをしていると、「また売り込みだ」と周囲をうんざりさせます。ネットだと相手の顔が見えず、ついずうずうしく振るまいがちなので注意が必要です。


メルマガは毎日発行が望ましいですね。ほとんどのメルマガはタイトルだけチラ見してゴミ箱行き。でも、それでいいのです。読者に自分の存在をちらりと意識してもらえれば、それが次のビジネスにつながります。


起業するとき、企業ホームページはプロの制作会社に任せた方がいい。素人が作ったホームページは、クオリティの低さが一目瞭然です。これでは、読者も不安になってしまうでしょう。また、独立直後は本業に集中したい。ホームページ作りに時間を費やす余裕などないのが普通です。


やりたいことが明確でない人は、ブログで独立への思いをつづるといいですね。人は、一生懸命な起業家を応援したくなるもの。起業前に悪戦苦闘したしるしであるブログ記事は、将来のあなたにとって、強力な営業ツールになります。


俗に「商品2割の売り8割」といわれます。多くの起業家は商品やサービスの質で勝負しようとしますが、実は、そこでは大きな差はつきません。むしろカギを握るのは、自社の商品・サービスの存在を効果的に伝える力。


一圓克彦の経歴・略歴

一圓克彦、いちえん・かつひこ。日本のコンサルタント、経営者。ディエスファインダ社長。大阪出身。製造業、福祉事業、IT事業、飲食業など大小7種の企業経営を行い、実践の中で得たノウハウを通してコンサルティングを行っている人物。リピーターやファン創出による利益率の改善、離職率の低減、営業支援などを専門としている。主な著書に『0円で8割をリピーターにする集客術』など。

他の記事も読んでみる

堀威夫

いまや女性が活躍できない企業は成長できない。そもそも購買の決定権は女性が持っている。女性の感覚が分かっていなければ、経営は成り立たない時代だ。


田村潤

出世の4つの心得。

  1. 出世は目標ではない。まずは、自分が会社の中でどういう仕事と立場を求めているのかを明確にしよう。
  2. 仕事の理念を常に考えよ。理念が定まれば、評価によって心が揺れ動くのを防げる。思うような評価が得られない時を機に見直そう。
  3. 自分の職務を全うせよ。自分が会社から何を期待されているのか常に考えよう。やるべきことに迷い出したら、現場に出向いてヒントを見つけよう。
  4. 出世は時の運、人事は理不尽。人事ごとは理不尽だし、巡り合わせの要素も大きい。まずは、目の前の仕事に打ち込むことに集中しよう。

ロバート・キヨサキ

人とコミュニケーションがうまくとれるようになればなるほど、そして、その相手が増えれば増えるほど、キャッシュフローは改善される。


原田武夫

半日ぐらいかけて万年筆で御礼や提案を書くこともあります。メールの時代だからこそ、手書きは一段と価値が増します。説得とはその場の瞬間的なものではなく、積み重ねの先にあると私は考えます。


猪瀬直樹

似たような種類の仕事はひとかたまりにしてスケジュールを組むと、集中力が持続して効率的に予定をこなせる。


イェンス・ブテナント

今後はニーズの高まりが予測される高齢者向けの製品やサービス業者向けの認証、企業が独自に行っているプラントの監査などにも積極的に参入していきたいと考えています。


高田明(ジャパネットたかた)

私自身がスタジオで「どうしたら伝わるんだろう」と悩みながら何度も試行錯誤して、1つの商品をどのようにしたら魅力が伝わるかと考え続けたから、工夫も生まれました。この過程を通して、段々成長をさせてもらいました。


押井守

僕が言いたいのは、仕事であれ、恋愛であれ、どんどん失敗せよということだ。そして失敗をしたら、敗因をきちんと分析することだ。二度と同じ過ちは犯さないようにする。それでも次の勝負には、違う敗因で負けるかもしれない。その次も、また違う理由で負けるかもしれない。だが、何連敗、何十連敗してもいいではないか。何度も負けても、勝負を続ける限り、いつかきっと一勝できる日はやってくる。


和田秀樹

悲観的になっても状況は改善されません。景気が悪い時期だって、全員が悪いわけではない。少しだけ見方を変えてみましょう。むしろ、不況のほうが起業はしやすいかもしれない。デフレ時代はなにをやっても売れないと考えるか、安くすれば売れると考えるか。好景気よりも、安くする方法論を確立しやすい面がありますよ。実際、人件費や設備投資などコストが安く済む時期と考えることはできます。


ビル・ゲイツ

プログラムを走らせるのは究極のテストだ。プログラムを書いて、試してみる。結果は動くか動かないか、どちらかしかない。


藤野清治

2代目ながら、1.5代目の気概を持ってきたことが、旺盛な事業意欲の源なのかもしれません。挑戦と試行錯誤の連続でした。


マイケル・ポーター

日本企業の歴史的な強みと個性は、組織の全部門が協力して企業全体の質を高めることができる「トータルクオリティー」の概念に体現されていたと思います。一方、日本企業は歴史的に、戦略の分野が弱かった。戦略というものがいまだに十分に理解されていません。


芳地一也

会議には主宰する立場と参加する立場がある。ビジネスで成果を上げるという目的に向かって、双方が役割を果たすのが、会議のあるべき姿だ。


酒井穣

あなたの人生で一番若い瞬間とは、「今」なのです。あとで「あのとき、こうしておけばよかった」と思わないような生き方をしたいものですね。


小林喜光

私がイスラエルに留学した当時、当時の日本は大学紛争の真っ盛り。それを冷めて見ていた私ですが、イスラエルで私は覚醒しました。日本人の大学院生は1年に1本の論文を書けば一定の評価を受けますが、ユダヤ人の研究者は5本も10本もの論文を書き、一流の学術誌に掲載されることも珍しくない。彼らは議論では徹底的に相手を論破してくる。世界にはすごい奴らがいる。厳しい競争を勝ち抜くためには、論理性と攻撃性が必要なことを身をもって感じました。