名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

一圓克彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一圓克彦のプロフィール

一圓克彦、いちえん・かつひこ。日本のコンサルタント、経営者。ディエスファインダ社長。大阪出身。製造業、福祉事業、IT事業、飲食業など大小7種の企業経営を行い、実践の中で得たノウハウを通してコンサルティングを行っている人物。リピーターやファン創出による利益率の改善、離職率の低減、営業支援などを専門としている。主な著書に『0円で8割をリピーターにする集客術』など。

一圓克彦の名言 一覧

インターネットだから簡単、もしくは困難といった偏見は捨てるべきです。ネット市場もリアル市場も最終的に顧客の求めるものは同じなんです。


インターネットという幻想に惑わされてはいけません。eコマースといえども、結局介するのは人です。ネット上にいかにリアルな人が介在するサービスを提供できるかが重要です。


単なる開発・技術者ではなく、高いコミュニケーション能力を有し、あらゆる角度・視点からものごとを見据え、お客様とともに自発的にビジネスを生み出す力を持った人材を育成することに専念しています。知識武装ばかりでコミュニケーション能力が欠落していては意味がありません。現場でのリアルタイムな対応や、より理想に近いシステムを開発するためには、やはりコミュニケーション能力は不可欠です。


当社はITソリューション会社というよりサービス会社ですね。サービス提供後、どのような運用を行い、どのような手法で利益貢献ができるのかというところまでを提案・提供するのが、当社の課題であり、使命です。


SNSは人とつながるツールなので、売り込みに使うのはNG。商売の話ばかりをしていると、「また売り込みだ」と周囲をうんざりさせます。ネットだと相手の顔が見えず、ついずうずうしく振るまいがちなので注意が必要です。


メルマガは毎日発行が望ましいですね。ほとんどのメルマガはタイトルだけチラ見してゴミ箱行き。でも、それでいいのです。読者に自分の存在をちらりと意識してもらえれば、それが次のビジネスにつながります。


起業するとき、企業ホームページはプロの制作会社に任せた方がいい。素人が作ったホームページは、クオリティの低さが一目瞭然です。これでは、読者も不安になってしまうでしょう。また、独立直後は本業に集中したい。ホームページ作りに時間を費やす余裕などないのが普通です。


やりたいことが明確でない人は、ブログで独立への思いをつづるといいですね。人は、一生懸命な起業家を応援したくなるもの。起業前に悪戦苦闘したしるしであるブログ記事は、将来のあなたにとって、強力な営業ツールになります。


俗に「商品2割の売り8割」といわれます。多くの起業家は商品やサービスの質で勝負しようとしますが、実は、そこでは大きな差はつきません。むしろカギを握るのは、自社の商品・サービスの存在を効果的に伝える力。


一圓克彦の経歴・略歴

一圓克彦、いちえん・かつひこ。日本のコンサルタント、経営者。ディエスファインダ社長。大阪出身。製造業、福祉事業、IT事業、飲食業など大小7種の企業経営を行い、実践の中で得たノウハウを通してコンサルティングを行っている人物。リピーターやファン創出による利益率の改善、離職率の低減、営業支援などを専門としている。主な著書に『0円で8割をリピーターにする集客術』など。

他の記事も読んでみる

出雲充

本当に新しい発想やアイデアは、何もない場所でこそ生まれる。


吉岡民夫

子会社の社長との経営報告会議では、終了時間を設けない「エンドレス経営会議」を導入した。トップ自身の経営スキルもさらに高めていく必要があった。


中村天風

運命に虐げられたとき、心がそれに打ち克てば、その人はその運命を乗り越えることができます。心が万が一それに負けてしまえば、その人は哀れ憫然(びんぜん=かわいそうなさま)、再びその運命から立ち上がることができない。


尾藤克之

企画書や稟議書を通すとき、つまり会社に大きなお願いをするときは、社内で発言力の大きい「実力者」を味方につけるのが一番の近道。


童門冬二

大切なのは、考えるだけにとどまらず、行動すること。


生月誠

嘆いたところで、状況は好転しません。まずは、身体の緊張を解きほぐし、リラックスすることがもっとも重要。いまジタバタしてもどうにもならないことならとりあえず脇に追いやる。そして楽しいと思えることだけに専念する。悩み続ける一日も一日、笑う一日も一日です。


荒川詔四

技術力や開発力、生産・販売体制といったハコの部分は整いましたが、問題は中身です。国籍、文化、民族など様々なバックグラウンドを持つ従業員が気持ちをひとつにして、名実ともに世界一になることが目標です。


安部修仁

(買収した企業のブランドを極力絞り込むのは)その部門ごとのトップブランドになってほしいからです。ただし、絶対売上と絶対利益を大きくしろという意味ではありません。一店当たりの来客数と利益率が、相対的に最も高いという意味でのブランドを指すのです。


永守重信

「上司の命令がなければ残業はできない」というルールを定めた。ポイントは、残業を許可制ではなく命令制にしたことだ。上役は毎朝、部下がその日に行う業務を考量し、残業が必要かどうかを判断する。どうしても必要であれば残業の命令を出すが、必要かなければ部下が残業を申請しても許可しない。こうすることで、上司は部下の仕事をきちんと管理することができ、サービス残業も防ぐことができる。これをグループ全社に徹底したら残業時間がみるみる減った。


寺田和正

消費はマインドなので、気持ちに訴えかけて買いたいという方向へ変えていくことこそ重要。


原晋

試合は準備の結果がすべて。仕事も同じで、パフォーマンスを最大限に発揮するには始業に向けて体と頭をベストな状態に持っていく準備運動が必須。


川村隆

社長とはある種の役割でしかないのです。「社長機関説」と言いましょうか。社長とは憧れるものでも、畏怖するものでも、嫉妬するものでも、そのイスを奪い合うものでもない、ただの機関なんです。カリスマ性も必要ありません。