名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

一圓克彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一圓克彦のプロフィール

一圓克彦、いちえん・かつひこ。日本のコンサルタント、経営者。ディエスファインダ社長。大阪出身。製造業、福祉事業、IT事業、飲食業など大小7種の企業経営を行い、実践の中で得たノウハウを通してコンサルティングを行っている人物。リピーターやファン創出による利益率の改善、離職率の低減、営業支援などを専門としている。主な著書に『0円で8割をリピーターにする集客術』など。

一圓克彦の名言 一覧

インターネットだから簡単、もしくは困難といった偏見は捨てるべきです。ネット市場もリアル市場も最終的に顧客の求めるものは同じなんです。


インターネットという幻想に惑わされてはいけません。eコマースといえども、結局介するのは人です。ネット上にいかにリアルな人が介在するサービスを提供できるかが重要です。


単なる開発・技術者ではなく、高いコミュニケーション能力を有し、あらゆる角度・視点からものごとを見据え、お客様とともに自発的にビジネスを生み出す力を持った人材を育成することに専念しています。知識武装ばかりでコミュニケーション能力が欠落していては意味がありません。現場でのリアルタイムな対応や、より理想に近いシステムを開発するためには、やはりコミュニケーション能力は不可欠です。


当社はITソリューション会社というよりサービス会社ですね。サービス提供後、どのような運用を行い、どのような手法で利益貢献ができるのかというところまでを提案・提供するのが、当社の課題であり、使命です。


SNSは人とつながるツールなので、売り込みに使うのはNG。商売の話ばかりをしていると、「また売り込みだ」と周囲をうんざりさせます。ネットだと相手の顔が見えず、ついずうずうしく振るまいがちなので注意が必要です。


メルマガは毎日発行が望ましいですね。ほとんどのメルマガはタイトルだけチラ見してゴミ箱行き。でも、それでいいのです。読者に自分の存在をちらりと意識してもらえれば、それが次のビジネスにつながります。


起業するとき、企業ホームページはプロの制作会社に任せた方がいい。素人が作ったホームページは、クオリティの低さが一目瞭然です。これでは、読者も不安になってしまうでしょう。また、独立直後は本業に集中したい。ホームページ作りに時間を費やす余裕などないのが普通です。


やりたいことが明確でない人は、ブログで独立への思いをつづるといいですね。人は、一生懸命な起業家を応援したくなるもの。起業前に悪戦苦闘したしるしであるブログ記事は、将来のあなたにとって、強力な営業ツールになります。


俗に「商品2割の売り8割」といわれます。多くの起業家は商品やサービスの質で勝負しようとしますが、実は、そこでは大きな差はつきません。むしろカギを握るのは、自社の商品・サービスの存在を効果的に伝える力。


一圓克彦の経歴・略歴

一圓克彦、いちえん・かつひこ。日本のコンサルタント、経営者。ディエスファインダ社長。大阪出身。製造業、福祉事業、IT事業、飲食業など大小7種の企業経営を行い、実践の中で得たノウハウを通してコンサルティングを行っている人物。リピーターやファン創出による利益率の改善、離職率の低減、営業支援などを専門としている。主な著書に『0円で8割をリピーターにする集客術』など。

他の記事も読んでみる

菅井敏之

将来の不安を解消するには、自著のタイトル『金の卵を産むニワトリを持ちなさい』が一つの答えです。例えば毎月一定の収入をもたらす賃貸住宅を所有する――。やはり定期的に入ってくるお金が安心感をもたらし、人生を豊かにします。


寺田千代乃

上場しようと考えたのは、一つには、上場に必要な改革を行なうことで、それまでなかなか変えられなかった旧来の習慣ややり方を変えるためでした。きちんと規模に見合った企業としての態勢を整えたということです。上場できた時、「これで我が社も大学入試に通ったな」と思いました(笑)。

【覚え書き|上場当時を振り返って】


野村克也

私は野球のことしかわからないんですが、野球に関していえば、一流と二流の差は努力と頭脳の差だと思います。


町田勝彦

系列販売店に日参した。すると、あることがわかってきた。販売店には積極的にモノを売ろうという発想が、あまりないのである。高度成長期は並べているだけで商品が売れたから、販売促進という考えは、メーカーにも販売店にもなかったのだ。いままではそれでよかったかもしれないが、モノが売れない時代は確実にやってくる。そこで私は、商品情報を販売店に提供しようと考えた。
【覚書き:係長として近畿営業部に配属された当時を振り返っての発言】


宇野康秀

リクルートという会社が急成長していった源泉は何かが知りたくて入りましたが、企業カルチャーやその作り方、人の奮い立たせ方といったことは、1年ちょっとの間でもすごく勉強になった。


竹田和平

株であれ何であれ、自分で判断して自分の責任において買うべきです。株は自己反省であり、日々、勉強だと思います。


佐藤等

「やめる」「任せる」「組織的な問題を見直す」の3つの視点で業務を整理することは、自分がなすべき大事なこととは何なのかを見直すことにもつながる。私は毎年元日に、「今年は何をやめようか」と必死になって考える。


蝶野正洋

自分のなかでは、ヒール(悪役)に転向するというより、神輿の「担ぎ手」のほうに回る、という意識だった。当時は、武藤敬司選手、橋本真也選手、佐々木健介選手、馳浩選手と、「担がれる側=ヒーロー」をめざす選手が豊富だったから、自分は担ぐ側のトップになってやろうと。いい担ぎ手がいなければ、どんなヒーローも輝けないからね。


酒井穣

調子の悪い時は、同僚に仕事を任せることも重要なミス対策。日頃からメンバーが、「今日は調子が悪いので、担当を外してください」などと言いやすい環境を作っておこう。「無理して頑張ってミスした人より、調子の悪い時は勇気を出して任務から降りた人を評価する」「チーム全体のパフォーマンスが上がれば、一人ひとりの評価にも反映される」ということを、日頃からチームのメンバーに伝えよう。


黒川茂

計画した数値にこだわり、年々落ち込む数字にまずは歯止めをかけたい。そして、単にITを提供するだけの会社ではなく、お客様の事業変革、事業創造に共に貢献できる会社として成長していける会社にしたい。


藤井孝一

目的意識を常に高く持っておくためには、見える化が重要です。私は以前、目覚まし時計に「早起きして起業家になる」と書いた紙を貼っていました。


樋口博美(経営者)

私が27歳の時に母には引退してもらいました。それからは必死です。母の右腕だった社員が一斉に辞めたこともありました。2代目は7年で会社をつぶす、というジンクスがあるそうで、とにかく7年は続けようと朝から晩まで仕事です。