名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

一力健の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一力健のプロフィール

一力健。日本の経営者。電通の子会社として発足したシステムインテグレーター企業である電通国際情報サービスの社長・会長。同社で13年間経営の陣頭指揮にあたった。そのほか、社団法人テレコムサービス協会会長なども務めた経営者。

一力健の名言 一覧

当社のような情報技術(IT)の業界はもともと個人主義的な色彩が強いのですが、トップがさらに鼓舞するものだから、若い人たちはそれこそいろいろな提案を持ってきてチャレンジするようになりました。中には別会社を作りたいという社員も出てきました。実際、2つほど社員提案で会社を作りましたが、それらの業績は上々です。こうした個人主義の称揚効果には、言い出した私の方が驚いてしまいました。日本人にも個人主義は適応するのです。


日本の問題も、高い専門性に裏打ちされた製品なりサービスを売らなければならなくなったのに、会社の体質は汎用製品を大量販売する仕組みのままというところに根がある気がします。そのミスマッチを変えることができれば、日本は必ず復活すると思います。


当社は顧客に最も合った情報システムを構築する会社で、汎用的なシステムを売る会社ではありません。高い能力と専門性を持ったプロの社員が最大の資産です。こうした会社は、汎用品を大量生産するような体質では事業は伸びません。


私は会社を移って10年後に社長になり、それから13年間社長を務めましたが、その間に一貫して社員に示してきたのが「個人主義」です。組織の中に埋もれず、年齢に関係なく自分の意見を言い、頭を絞り事業プランを提案し行動しろと言ってきました。


個人主義というと、日本人の体質に合わないのではないかと懸念する人がいますが、私は逆だと思います。案外、自分の会社がそうなってくれればいいと思っている社員は多いのではないでしょうか。「もっと自分に大きな仕事と責任を与えてほしい」と。


大企業の組織の中にいては、必要性を痛感していても、集団主義で凝り固まっている経営の仕組みを変えるのは容易なことではありません。しかし、新しい会社ならしがらみがないので何にでも挑戦できます。


人生、何が幸運を呼ぶかわかりません。振り返ってみると、私にとって新しい会社へ移ったことは幸運でした。電通での営業経験が生かせる職場ではありませんが、企業というものに対する考え方、人生観といったものが、電通より新しい会社に合っていたのです。日本の大企業の年功序列や集団主義というものに、どこか釈然としないものを感じていました。また、ゴルフ、マージャンとカラオケという、大組織の中では重要な潤滑油とされるものが大嫌いだった私にとって、新しい会社は過ごしやすい環境でした。
【覚書き|設立されたばかりの電通子会社、電通国際情報サービスに移籍し、まったく異分野の仕事に飛び込んだ時を振り返っての発言】


一力健の経歴・略歴

一力健。日本の経営者。電通の子会社として発足したシステムインテグレーター企業である電通国際情報サービスの社長・会長。同社で13年間経営の陣頭指揮にあたった。そのほか、社団法人テレコムサービス協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

過去に、論文を書くのが仕事であるのにもかかわらず、2年間にわたってまったく書けなかったという苦い経験をしました。当時は「驚くほど質が高くて画期的な論文を目指す」という目標を掲げていたのですが、いまにして思えば、この目標設定自体がつまずきの原因でした。高い理想を掲げても目標の内容そのものが具体的な実効性に欠けていては、行動にはなかなかとりかかれませんし、モチベーションも上がりません。それに気づいて、2か月に1本論文を書くという目標に設定し直しました。


野村萬斎(二世)

狂言や能は、血統というか、血筋や家柄も大事にしてきている。だからこそ、恵まれたポジションにいる人が頑張ってやらないと、後に続くものが出てきません。


山口貞一郎

中小企業にとって最も大切なことは、私は品質へのこだわりだと確信しています。私どものように食品を扱う企業にとっては、製品の味が全てだと思います。


高橋俊介

業績が悪い企業ほど社風が生産性を低下させている傾向が読み取れる。会社や上司の命令に忠実に従っていることが評価される企業風土では、意味のない仕事に時間が費やされ、つきあい残業もせざるをえない雰囲気が醸成されやすい。そのような社風から脱却して、限られた時間に主体的にアウトプットを出していくという風土を作り上げることが必要なのである。


稲盛和夫

不運なら、運不運を忘れるほど仕事に熱中してみなさい。


長野慶太

米国のビジネスパーソンは時間給の意識が高い。とくに専門職の人ほど顕著。時間給で考えれば、時間とお金の関係が一目瞭然です。自分の仕事の時間給がいくらなのか、明確にしてみるといろいろ見えてきます。


宮本亜門

103歳で亡くなった料理研究家の飯田深雪さんに「どんな思いで年を重ねてこられたんですか」と、生前、お尋ねしたことがあります。答えは、「楽しくて年なんか忘れてしまったわよ」でした。僕はその言葉に深く共感しました。年齢を気にするよりも、生き生きと人生を楽しんでいる人の方が魅力的だし、目や言葉に前向きなエネルギーが溢れている。


細川茂樹

常に相手に気を遣わせてはいけないと思っています。だから「自分は人見知りで……」と言って気を遣わせる人を見ると「だったら帰れ!」とツッコミたくなります(笑)。


秋元康

若い人、とくにそれなりの責任を負うようになった30代の人の中には、失敗をしたくないと考える人も多いかもしれません。しかし、どれだけ慎重になろうが、人に聞こうが、データを調べようが、残念ながら人は必ず失敗します。でも、そう考えたとき大事なことは決めるということ、それも「瞬時に決める」ということではないかと思います。


石川康晴

アパレル業界の異端児と言われ続け、新しい分野に挑戦していますが、「成長が見込めない分野には進出しない」のが僕の経営哲学で、その手法は「地道」かつ「理詰め」だと思っています。


佐藤優

じつは著作の仕事を始めてから守っていることがあります。それは講演をできるだけ引き受けないこと。ギャラが安いからじゃない、良すぎるからです。たとえば本を一冊書いても最近は初版3000部なんてザラ。すると本が2000円として印税は60万くらい。ところが講演ならば1本で60万円、80万円なんて依頼が来る。人間は易きに流れるものですから一度講演で味をしめたら、怠け者の僕などは本が書けなくなってしまうんじゃないかと。


酒巻久

いつも「忙しい、忙しい」と言っている人の多くは、あれもこれもやらなければと焦り、悩むだけで、一向に手を動かしていなかったりします。その結果行き詰まり、ついネットサーフィンをして時間を浪費し、さらに悶々とする……。時間に追われている人というのは、実は単に仕事の整理ができていないことが多いのです。