名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

一力健の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一力健のプロフィール

一力健。日本の経営者。電通の子会社として発足したシステムインテグレーター企業である電通国際情報サービスの社長・会長。同社で13年間経営の陣頭指揮にあたった。そのほか、社団法人テレコムサービス協会会長なども務めた経営者。

一力健の名言 一覧

当社のような情報技術(IT)の業界はもともと個人主義的な色彩が強いのですが、トップがさらに鼓舞するものだから、若い人たちはそれこそいろいろな提案を持ってきてチャレンジするようになりました。中には別会社を作りたいという社員も出てきました。実際、2つほど社員提案で会社を作りましたが、それらの業績は上々です。こうした個人主義の称揚効果には、言い出した私の方が驚いてしまいました。日本人にも個人主義は適応するのです。


日本の問題も、高い専門性に裏打ちされた製品なりサービスを売らなければならなくなったのに、会社の体質は汎用製品を大量販売する仕組みのままというところに根がある気がします。そのミスマッチを変えることができれば、日本は必ず復活すると思います。


当社は顧客に最も合った情報システムを構築する会社で、汎用的なシステムを売る会社ではありません。高い能力と専門性を持ったプロの社員が最大の資産です。こうした会社は、汎用品を大量生産するような体質では事業は伸びません。


私は会社を移って10年後に社長になり、それから13年間社長を務めましたが、その間に一貫して社員に示してきたのが「個人主義」です。組織の中に埋もれず、年齢に関係なく自分の意見を言い、頭を絞り事業プランを提案し行動しろと言ってきました。


個人主義というと、日本人の体質に合わないのではないかと懸念する人がいますが、私は逆だと思います。案外、自分の会社がそうなってくれればいいと思っている社員は多いのではないでしょうか。「もっと自分に大きな仕事と責任を与えてほしい」と。


大企業の組織の中にいては、必要性を痛感していても、集団主義で凝り固まっている経営の仕組みを変えるのは容易なことではありません。しかし、新しい会社ならしがらみがないので何にでも挑戦できます。


人生、何が幸運を呼ぶかわかりません。振り返ってみると、私にとって新しい会社へ移ったことは幸運でした。電通での営業経験が生かせる職場ではありませんが、企業というものに対する考え方、人生観といったものが、電通より新しい会社に合っていたのです。日本の大企業の年功序列や集団主義というものに、どこか釈然としないものを感じていました。また、ゴルフ、マージャンとカラオケという、大組織の中では重要な潤滑油とされるものが大嫌いだった私にとって、新しい会社は過ごしやすい環境でした。
【覚書き|設立されたばかりの電通子会社、電通国際情報サービスに移籍し、まったく異分野の仕事に飛び込んだ時を振り返っての発言】


一力健の経歴・略歴

一力健。日本の経営者。電通の子会社として発足したシステムインテグレーター企業である電通国際情報サービスの社長・会長。同社で13年間経営の陣頭指揮にあたった。そのほか、社団法人テレコムサービス協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

田村哲夫

米国は第1次大戦後に大学制度の抜本的な改革を行いました。膨大な数の移民が欧州から来た。民主主義とは、オバマ大統領も言っているように、「何にでもなれることを保証する制度」です。だから大学に進学したいという子が出てくれば行けるようにする必要があった。そこで、ラテン語を中心にエリートを対象に教育していたハーバード大学やエール大学なども巻き込んで、大学入試を高校までのカリキュラムに応じたものに大改革したのです。


佐藤義雄

昔は講習を受けさせてすぐに現場に出し、現場で仕事を覚えさせるというやり方をとっていましたが、離職する人が多かった。これでは既契約者を守ることはできないし、きっちりしたアフターサービスもできません。そこで、四半期採用に切り替え、みっちり三か月間教育したうえで現場に出すように変えたのです。現場の管理職からは、営業職員を三か月も現場に出さないのでは戦力ダウンだという反対意見が多かったのですが、あえてそこに踏み込みました。本格的に手ごたえが出てくるのはこれからだと思いますが、少なくとも定着率は飛躍的に向上しています。


宮田亮平

子供が芸術家になりたいと言い出したら、答えは決まっています。そりゃ、やってみろと言います。それしかないでしょう。そもそも芸術家は特別な存在ではありません。恋をすれば人は誰でも詩人になります。生きとし生ける者は誰もが芸術家なんです。それを生業にするかしないかの違いだけです。


石川善樹

「人間が一日に使える意思決定の量は限られている」。これは心理学の定説です。朝、何を着るか、何を食べるかと検討する。いちいちそんなことをやっていたら、決める作業の連続で心はすっかりすり減ります一日に許された意思決定の総量を使い果たすと、あとは理性ではなく欲望に支配されてしまいます。ちょっとしたことでイライラし、生産性を著しく損なうことも多いのです。


安田登

吸う息を意識すると気持ちは広く明るくなり、頭の中も活性化します。吐く息はあなたを落ち着かせ、重みと信頼感をもたらします。呼吸によって世界は変わっていく。


稲垣浩之

賃貸経営は事業であるという意識を持つことが大事。具体的には、入居者が顧客となるサービス業。いかに物件に住む人の目線で物事を考えられるかがポイント。


加藤俊徳

脳は年と共に劣化すると思われていましたが、他の臓器と同じで、使わなければ劣化します、脳を満遍なく使って鍛えれば、100歳まで成長し続けることも可能だと思います。


唐沢穣

素行に問題アリとされた生徒を指して「札付き」などということがある。すると、その生徒は自分が問題児として見られていることを感じ、強く反発する。その結果、乱暴な言葉や暴力が目につきがちになる。すると、「ほら、やっぱり」と偏見が裏付けされ、正当化されてしまう。


泉谷直木

相手から学ぶという姿勢が大事です。お客さまだけでなく敵に対しても謙虚でなければいけません。もちろん勝負ですから、それだけではなく傲慢なところも必要です。ただ、忘れてはいけないのは、我々の目的は敵と戦うことではない、ということです。根幹の仕事は、あくまでもお客様との満足関係を高めることです。結果として勝ち負けがつきますが、敵だけを意識しているとお客様が見えなくなってしまう。それだけは避けなければいけません。


新井田傳

経営は人を育ててなんぼの世界だと思うんです。スピードを重視するのであればフランチャイズに勝るものはない。これは間違いありません。それに多くの経営者は店舗数を自慢したがりますよね。でも、ややもすると人が育たずに店舗だけが増えていく結果に終わってしまうのです。どんどん増えていく他社を端で見ていて、スピードの誘惑に駆られたことがないかと言われると、そりゃあ葛藤はありましたが。


貝原益軒

節制には七養あり。これを守るべし。
一には言すくなくして内気を養う。二には色欲を戒めて精気を養う。
三には滋味を薄くして血気を養う。四には津液(唾液)をのんで臓気を養う。
五には怒りをおさえて肝気を養う。六には飲食を節にして胃気を養う。
七には思慮をすくなくして心気を養う。
これ寿親老書(明時代の医学書)に出たり。


春香クリスティーン

美しくまとめたノートの価値ももちろんわかっていますが、私の場合は、「役に立てばいいじゃない」と思う部分はあります。最終的にきれいであろうとなかろうと使えなければ意味がない。