名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

一力健の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一力健のプロフィール

一力健。日本の経営者。電通の子会社として発足したシステムインテグレーター企業である電通国際情報サービスの社長・会長。同社で13年間経営の陣頭指揮にあたった。そのほか、社団法人テレコムサービス協会会長なども務めた経営者。

一力健の名言 一覧

当社のような情報技術(IT)の業界はもともと個人主義的な色彩が強いのですが、トップがさらに鼓舞するものだから、若い人たちはそれこそいろいろな提案を持ってきてチャレンジするようになりました。中には別会社を作りたいという社員も出てきました。実際、2つほど社員提案で会社を作りましたが、それらの業績は上々です。こうした個人主義の称揚効果には、言い出した私の方が驚いてしまいました。日本人にも個人主義は適応するのです。


日本の問題も、高い専門性に裏打ちされた製品なりサービスを売らなければならなくなったのに、会社の体質は汎用製品を大量販売する仕組みのままというところに根がある気がします。そのミスマッチを変えることができれば、日本は必ず復活すると思います。


当社は顧客に最も合った情報システムを構築する会社で、汎用的なシステムを売る会社ではありません。高い能力と専門性を持ったプロの社員が最大の資産です。こうした会社は、汎用品を大量生産するような体質では事業は伸びません。


私は会社を移って10年後に社長になり、それから13年間社長を務めましたが、その間に一貫して社員に示してきたのが「個人主義」です。組織の中に埋もれず、年齢に関係なく自分の意見を言い、頭を絞り事業プランを提案し行動しろと言ってきました。


個人主義というと、日本人の体質に合わないのではないかと懸念する人がいますが、私は逆だと思います。案外、自分の会社がそうなってくれればいいと思っている社員は多いのではないでしょうか。「もっと自分に大きな仕事と責任を与えてほしい」と。


大企業の組織の中にいては、必要性を痛感していても、集団主義で凝り固まっている経営の仕組みを変えるのは容易なことではありません。しかし、新しい会社ならしがらみがないので何にでも挑戦できます。


人生、何が幸運を呼ぶかわかりません。振り返ってみると、私にとって新しい会社へ移ったことは幸運でした。電通での営業経験が生かせる職場ではありませんが、企業というものに対する考え方、人生観といったものが、電通より新しい会社に合っていたのです。日本の大企業の年功序列や集団主義というものに、どこか釈然としないものを感じていました。また、ゴルフ、マージャンとカラオケという、大組織の中では重要な潤滑油とされるものが大嫌いだった私にとって、新しい会社は過ごしやすい環境でした。
【覚書き|設立されたばかりの電通子会社、電通国際情報サービスに移籍し、まったく異分野の仕事に飛び込んだ時を振り返っての発言】


一力健の経歴・略歴

一力健。日本の経営者。電通の子会社として発足したシステムインテグレーター企業である電通国際情報サービスの社長・会長。同社で13年間経営の陣頭指揮にあたった。そのほか、社団法人テレコムサービス協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

本間宗久

足らぬものは余る、余るものは足らぬと申すことあり。但し、多きものは諸人沢山と心得、油断して覚悟せず、それゆえ極意不足するなり。不足なる物は人々、油断無く、覚悟してととのへ置く故、極意は余るなり。


深澤祐二

40代では投資・財務を行う部署に配属され、未来にどう繋げるかということを常に考える習慣がついた。先を見据えスパンの長い事業とどう向き合うか、それを考えるのが社長の仕事だと思っている。


庄野直之

価値を数値として、しっかり示していくことが大切。


中野信子

本当の適性を知るには、自分を客観的に見つめる必要があります。それには自分がどんなときに喜びどんなときに怒ったかなどの感情の動きを日記につけたり、信頼できる人に客観的意見を言ってもらうのも有効です。


相良暁(経営者)

スピード、スピードと言い続ける中から新たな取り組みが生まれてきた。


茂木健一郎

仕事柄、いろいろな方にお目にかかる。経営者やベテランのビジネスパーソンの場合もあるし、若い社会人や、学生さんとも会うことがある。そんな中、「できる人」と、「できない人」を比較したときに、見分けるための一つの指標になることがある。「できる人」の特徴。それはずばり、自分の目標をやたらと人に言わないこと。逆に言えば、「私はこれを目指しています」「ぼくはこんなことをしたい」と言い続けている人は、結果が出ていないことが多いのである。どうやら、目標を言うことで、すでに満足してしまっているようなのだ。


俣野成敏

上司が質と量のどちらを重視するのかを知っておくことも大切です。仕事は量を追求すれば質が落ち、質を求めれば量が減る傾向にあります。上司の期待に沿った仕事をするには、上司が求めるバランスを知ることも必要です。


村田昭治

人生はテキストのない創作。だから、難しいが面白い。すてきな創作を楽しみたいものだ。


山田洋太

年1回のストレスチェックでは限界もある。日頃から一人一人が自分のストレス状況を把握し、セルフケアなどの対処を早めに講じることが重要だ。元気がない、いらいらする、疲れている、という段階まではセルフケアで対処すれば改善する余地がある。


外山滋比古

現代の知識偏重社会はやっぱり不自然です。ある程度の知識は必要ですが、勉強しすぎるとダメになりますよ、人間も。40歳過ぎたらギアをシフトチェンジする。本当に楽しければ自然に努力をするし、自然と知識も得る。でも自然に忘れてしまう。発見をし、思索が深まる。その繰り返しでいいんじゃないかな。人間、知識をため込むだけではダメ。生活に根ざした自分なりの考えを持ってこそ人間なのです。


鈴木おさむ

何かを思いついても、行動に移さないとアイデアとは言えません。アイデアが浮かばない人は多分、浮かんでいるのに行動しないだけだと思う。


堀切功章

昔は作れば売れた時代でしたが、今は需要を創らなければいけません。今までなかったマーケットや需要を生むことが食品会社の喜びであり、最も重要なこと。