一力健の名言

一力健のプロフィール

一力健。日本の経営者。電通の子会社として発足したシステムインテグレーター企業である電通国際情報サービスの社長・会長。同社で13年間経営の陣頭指揮にあたった。そのほか、社団法人テレコムサービス協会会長なども務めた経営者。

一力健の名言 一覧

当社のような情報技術(IT)の業界はもともと個人主義的な色彩が強いのですが、トップがさらに鼓舞するものだから、若い人たちはそれこそいろいろな提案を持ってきてチャレンジするようになりました。中には別会社を作りたいという社員も出てきました。実際、2つほど社員提案で会社を作りましたが、それらの業績は上々です。こうした個人主義の称揚効果には、言い出した私の方が驚いてしまいました。日本人にも個人主義は適応するのです。


日本の問題も、高い専門性に裏打ちされた製品なりサービスを売らなければならなくなったのに、会社の体質は汎用製品を大量販売する仕組みのままというところに根がある気がします。そのミスマッチを変えることができれば、日本は必ず復活すると思います。


当社は顧客に最も合った情報システムを構築する会社で、汎用的なシステムを売る会社ではありません。高い能力と専門性を持ったプロの社員が最大の資産です。こうした会社は、汎用品を大量生産するような体質では事業は伸びません。


私は会社を移って10年後に社長になり、それから13年間社長を務めましたが、その間に一貫して社員に示してきたのが「個人主義」です。組織の中に埋もれず、年齢に関係なく自分の意見を言い、頭を絞り事業プランを提案し行動しろと言ってきました。


個人主義というと、日本人の体質に合わないのではないかと懸念する人がいますが、私は逆だと思います。案外、自分の会社がそうなってくれればいいと思っている社員は多いのではないでしょうか。「もっと自分に大きな仕事と責任を与えてほしい」と。


大企業の組織の中にいては、必要性を痛感していても、集団主義で凝り固まっている経営の仕組みを変えるのは容易なことではありません。しかし、新しい会社ならしがらみがないので何にでも挑戦できます。


人生、何が幸運を呼ぶかわかりません。振り返ってみると、私にとって新しい会社へ移ったことは幸運でした。電通での営業経験が生かせる職場ではありませんが、企業というものに対する考え方、人生観といったものが、電通より新しい会社に合っていたのです。日本の大企業の年功序列や集団主義というものに、どこか釈然としないものを感じていました。また、ゴルフ、マージャンとカラオケという、大組織の中では重要な潤滑油とされるものが大嫌いだった私にとって、新しい会社は過ごしやすい環境でした。
【覚書き|設立されたばかりの電通子会社、電通国際情報サービスに移籍し、まったく異分野の仕事に飛び込んだ時を振り返っての発言】


一力健の経歴・略歴

一力健。日本の経営者。電通の子会社として発足したシステムインテグレーター企業である電通国際情報サービスの社長・会長。同社で13年間経営の陣頭指揮にあたった。そのほか、社団法人テレコムサービス協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

高橋勝浩(コンサルタント)

企業間の取引の現場では、おもてなしマナーが良い結果を生むとは限らない。企業間取引における発注の基準は、個人の満足感ではなく、組織としてのメリットの多寡に尽きるからだ。


鎌原正直

英ルーサイト社買収のとき、社内から「いまやらなくてもよいのではないか」という意見がありました。しかし、私は逆に「いまこそ世界一になれる機会」と考えました。ルーサイト社の買収については、90年代後半から検討していたことで、さまざまな理由で実現しなかった買収のチャンスが、やっと巡ってきたと考えたからです。
【覚書き|リーマンショック真っただ中の状況で買収に乗り出したことについて語った言葉】


糸井重里

いい状態で仕事をするためには、健康も大事。僕は、気になっていることをそのままにしないようにしています。この前は産業医の先生に「本当に物忘れがひどくて」って相談したら、脳ドックをすすめてくださったので、すぐに受けてきたんですよ。何にも異常はなく、健康だってわかりました(笑)。体調が悪いのは、体のせいじゃなく、自分のせい。体を言い訳にしないことです。


高橋克徳

突きつけられているのは、企業は何のために存在するのかということです。社員を幸せにできない会社が、存続していくことができるのでしょうか。働く人たちが心を押し殺して、耐え続けている会社からイノベーションが生まれるのでしょうか。改めて社員が主体的に動き出したくなる、そんな原動力を見出さなければなりません。


一瀬邦夫

僕は若い頃から勝負事には本当に弱かった。でも、そのおかげでここまで来られたと最近では感じています。勝負には「勝ち」と「負け」があるけれど、商売のコツは相手に勝たせることです。いかにしてお客様に得をしてもらい、満足感を持ってもらうか。勝ったお客様が、その後も二度三度と足を運んでくれれば、巡りめぐって僕の「勝ち」ですからね(笑)。


飯島勲

どんな仕事でも「この人に頼めばうまくいく!」というキーマンが組織の内外にいる。そういう人物と良好な関係を維持することが、自分の仕事の質を向上させていく。無能な同僚はこの際無視して、そういう人物との信頼形成に集中してみよう。


伊藤隆行

「型にはまる」という言葉がある通り、楽だから人間は型にはまりやすいんですよね。そして、次第にその型が窮屈に感じるようになって、消極的な気持ちになったり、会社を辞めてしまう。でも、それは逃げ出すことと同じです。転職先でも同じ状況になるのは目に見えています。窮屈に感じるなら、型から思い切って飛び出ればいいじゃないですか。上司や会社とぶつかってみる。勝てば新たな道が開けるし、勝てないなら、自分はまだまだだと未熟さを謙虚に受け入れられます。


古川武士

スイッチング(代替)のポイントは、今に集中できる行為であること。人間は没頭する対象ができれば、意識が切り替わり、ストレスから自分を切り離すことができるのです。いくつかの行動を試してみて、意識を集中させてくれる代替行動を見つけてください。自分が好きなスイッチング行動が見つかれば、悪い習慣の負のスパイラルを断ち切っていくことができるはず。


永六輔

若いうちは貧乏がいいです。貧乏は歳をとってから経験するものではありません。


ジェームス・スキナー

自分の夢に到達するまでの道が見えていなければ、行動を起こせばいい。あなたの支援をしようと現れてくる資源の多さに驚くに違いない。


鍜治真起

売上や利益の数字が増えた方がいいとは思いません。毎年、決算数字が変わらないのが僕の理想です。その方が、税金の額もすぐにわかるし、突然仕事が増えたりもしないから楽ですよ。僕は根っからのギャンブラーで、お金なんてどれだけあっても、しょせんあぶく銭だって知っているから、お金のために働こうとは思いません。


守島基博

わが国企業の人材育成の基本は、今でも現場育成である。仕事の遂行を通じて仕事を覚える。それが基本だ。だが、こうした現場育成は体系づけられたものではないことが多く、現場の状態や現場の上司に大きく依存する。言い換えると、状況が人の育成を可能にしない状態では、現場育成は機能しないのである。


吉山勇樹

ゴールは、「目的・目標」という言葉でも言い換えられます。目的とは「何のためにやるのか」、目標は「どうなれば成功と言えるか」を意味します。段取りとは、この2つを明確にして、そこに向けた最短経路をたどるプロセスと言えます。


山本寛(経営学者)

積極的に「異業種研修」を取り入れることもお勧めします。他業界の、同じようなポジションの同世代との交流や、グループ内企業同士での研修の機会を作ることで、新しい刺激を受けたり悩みを共有したりでき、そこから新たな視点や仕事の工夫を学ぶことができます。


小瀬昉

組織のリーダーたるものこそ体温を上げよう。リーダーが日ごろ、体から発している熱量が周囲の人に伝わり、その組織の勢いになる。


ページの先頭へ