一倉定の名言

一倉定のプロフィール

一倉定、いちくら・さだむ。日本の経営コンサルタント。群馬県出身。

一倉定の名言 一覧

優れた社長は、「うちの社員はよくやってくれる」と人に語り、能力のない社長ほど社員の無能ぶりを他人にこぼす。


会社の赤字は、お客様を忘れたのが原因である。目標不達成の原因究明よりも、どうすれば達成できるかを考えよ。


会社に良い会社、悪い会社はない。良い社長、悪い社長しかない。


ボロ会社ほどスローガンが多い。事業は学問でもなければ理論でもない。事業の存続を実現する戦いなのである。


経営とは「外部」に対応するものであって、断じて企業の「内部」に対応するものではない。


一倉定の経歴・略歴

一倉定、いちくら・さだむ。日本の経営コンサルタント。群馬県出身。

他の記事も読んでみる


笹川祐子

一つ一つの問題に正面から向き合い、時には厳しい決断をして問題を解決していくことで、社長になる覚悟ができた。


夏野剛

仕事の数字を読むときに大事なのは、自分の哲学や主張です。それを貫くためにどう活用するかと考えることで初めて、仕事の数字は活きてくるのです。


城山三郎

我が道を行く気概。しかし気概だけではいけない。それを裏付ける見識も必要です。我が道を行く気概と見識を兼ね備えてこそ、真のリーダーと呼べるのではないでしょうか。


江口洋介

役者って、自分のやりたい役柄をやっているだけだと、いつか限界が来ると思うんですよ。僕はもともと、アウトローな役柄が好きで、ネクタイを締める役なんて自分には絶対に似合わないと思っていました。でも、ある程度の年齢になるとそういう役柄のオファーをいただくようになり、勇気を出して挑戦してみたら、演技の幅が広がって役者として一回り大きくなれた。


坂本孝

会社はお客様のことを考えなければなりませんが、そこで働く人全員が、この仲間と過ごして良かった、自分の人生最高に幸せだったと言える会社を作りたい。


間塚道義

「とにかくやってみろ」という気風は、いまでも会社のDNAとして受け継がれています。


田原総一朗

経営者に資質で大事だと思うのはチャレンジ精神。ホンダもソニーも松下も、創業者たちはみんな勝負師。経営者が勝負に行くか行かないか。それが企業の行く末を左右する。


ページの先頭へ