名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

一休の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一休のプロフィール

一休宗純、いっきゅう・そうじゅん。一休禅師として名で親しまれている室町時代の臨済宗大徳寺派の禅僧、漢詩人。6歳で京都安国寺の老師像外集鑑に入門。若干13歳のころから漢詩の才能を開花させた。その後、何人かの師のもとで修業し、寺を出て詩作と書画中心の生活に入る。応仁の乱後、後土御門天皇より大徳寺第47代住持に任命され、寺の外に住みながら大徳寺の再興に尽力した

一休の名言 一覧

門松は 冥土の旅の 一里塚 めでたくもあり めでたくもなし


自心すなわち仏たることを悟れば、阿弥陀願うに及ばず。自心の外に浄土なし。


極楽は西方(さいほう)のみか 東にも 北道(来た道)さがせ 南(皆身)にあり。
【覚え書き|極楽は西だけではなく東にも北にも南にもある。自らの歩んできた道を振り返り、自分の心の奥底を見つめれば、皆の身の内に極楽がある】


一休の経歴・略歴

一休宗純、いっきゅう・そうじゅん。一休禅師として名で親しまれている室町時代の臨済宗大徳寺派の禅僧、漢詩人。6歳で京都安国寺の老師像外集鑑に入門。若干13歳のころから漢詩の才能を開花させた。その後、何人かの師のもとで修業し、寺を出て詩作と書画中心の生活に入る。応仁の乱後、後土御門天皇より大徳寺第47代住持に任命され、寺の外に住みながら大徳寺の再興に尽力した

他の記事も読んでみる

伊藤高明

私は研究所で20人以上の部下がいても、部下の指導というのは仕事の半分ぐらいにしておいて、極力、部下には自由に仕事をやらせ、あとの半分ぐらいで個人としての研究をやっていました。蚊帳もそんな研究のひとつだったんです。


岩田松雄

人を治める前に自分を修める。まずは自分自身の徳を高め、まわりから信頼を得ることが大切。小さな約束を守っていくことで信頼関係はつくられていく。


浦勇和也

私は企業にとっての最大のリスクは、「中長期的なミッションや会社なりの勝ち方がはっきり見えているのか。さらにそれが末端にまで伝わっているのか」にあると思っています。


関家憲一

企業は大きくする過程で、どうしても組織に都合の良い、安易な方向に変化してしまう。そんなときに良質な価値観が確立されていれば、そこで悪い習慣や文化が芽生えてしまうのを防ぐことができるのです。


三浦展

いまの若い人は、「本当の自分を見つけてから働く」なんていうけど、僕の経験からしたら「とりあえず働いたら」って思います。それまで自分が「これが私だ!」と執着していた部分が、実は自分の一部分だったり、仕事をすることでもっと意外な側面が引き出されるなんてことはいくらでもあるわけですから。


青木功

若い頃は自分のゴルフにあれこれ言われるのは嫌だったけど、そういう人ほど自分のことを思ってくれていたということが、いまになってよくわかる。だって、どうでもいいヤツには声もかけないもの。


矢部輝夫

いかなる職業であっても、その職業に誇りを持ち、一生懸命にやっている人は素晴らしい。


匠英一

商品やサービスのよさをわかりやすく伝える手法に「メタファー」というものがあります。メタファーとは、簡単にいうと比喩です。たとえば、フラワーショップで「バラ3本300円」と表示されていても、とくに買いたいとは思いませんよね? でも、「パリセット300円」「オードリー風ブーケ300円」という名前がついていると、なんとなく惹かれる。これは、都市や有名人の名前などのイメージを借りることで、商品を魅力的に演出する方法なんです。


大谷博国

お菓子を食べながら喧嘩をする人はいません。だからお菓子は、平和の食べものなのです。


松田公太

百の理屈より、ひとつの行動が勝る。


小林豊(小林製薬)

誰もが同じように考えるはずという前提によって、クリエイティブな発想や、合理的な仕組みを思いつく力が失われているのではないかと思います。


西本甲介

リーマンショック後、受注は激減し、赤字に転落しました。固定費を引き下げていたこともあり、雇用に手をつけることなく乗り切ることができました。