一休の名言

一休のプロフィール

一休宗純、いっきゅう・そうじゅん。一休禅師として名で親しまれている室町時代の臨済宗大徳寺派の禅僧、漢詩人。6歳で京都安国寺の老師像外集鑑に入門。若干13歳のころから漢詩の才能を開花させた。その後、何人かの師のもとで修業し、寺を出て詩作と書画中心の生活に入る。応仁の乱後、後土御門天皇より大徳寺第47代住持に任命され、寺の外に住みながら大徳寺の再興に尽力した

一休の名言 一覧

門松は 冥土の旅の 一里塚 めでたくもあり めでたくもなし


自心すなわち仏たることを悟れば、阿弥陀願うに及ばず。自心の外に浄土なし。


極楽は西方(さいほう)のみか 東にも 北道(来た道)さがせ 南(皆身)にあり。
【覚え書き|極楽は西だけではなく東にも北にも南にもある。自らの歩んできた道を振り返り、自分の心の奥底を見つめれば、皆の身の内に極楽がある】


一休の経歴・略歴

一休宗純、いっきゅう・そうじゅん。一休禅師として名で親しまれている室町時代の臨済宗大徳寺派の禅僧、漢詩人。6歳で京都安国寺の老師像外集鑑に入門。若干13歳のころから漢詩の才能を開花させた。その後、何人かの師のもとで修業し、寺を出て詩作と書画中心の生活に入る。応仁の乱後、後土御門天皇より大徳寺第47代住持に任命され、寺の外に住みながら大徳寺の再興に尽力した

他の記事も読んでみる


木村尚敬

上司の地位を利用したパワーマネジメントで部下を動かすのは得策とはいえない。納得していない部下を権力で無理やり動かそうとしても、面従腹背を招くリスクがある。


逢坂剛

定年後に何の目標も持てずに無為な時間を過ごしている元ビジネスマンが多いといいます。もし、小説を書いてみたいという気があるのなら、できるだけ早い時期から挑戦してほしい。


赤塚保正

私が外出するときには同行した社員にも一流のものを食してもらっています。自分と同じ目線で話をしようと思ったら一度は経験させてやらないと何を社長は言っているのか分からないとなります。食べ物に対する投資は自分も含めてかなり出しています。


朝倉千恵子

部下を好き嫌いで見るのではなく仕事で見ることが重要です。好き嫌いで見ると、「たぶん、彼(彼女)なら大丈夫だろう」「彼(彼女)にかぎって」という甘さが生じます。でも、この「たぶん」「かぎって」が命取りになるのです。


後藤卓也(花王)

社長の一言ですべてが決まるような組織は誰も判断せず、お伺いを立てるようになってしまいます。いまはトップダウンで先頭の機関車が車両を引っ張っていく時代ではなく、新幹線みたいに個々の車両にモーターがついて、みんなで動かしていかなければなりません。


嶋津良智

部下が不満を感じるのは、処遇の差より、機会の差でしょう。結果で差がつくのは仕方ないが、実力を発揮するチャンスは平等に与えて欲しいというわけです。


スティーブン・コヴィー

多くの人は誰かが助けてくれることや、何かが起こることを持っているだけだ。しかし、最終的に良い仕事に就けるのは、主体的に問題解決に貢献している人だけなのである。こうした人たちは、正しい原則の範囲内で「望む結果を達成するのに必要なことは何でもする」という率先力を持っている。


ページの先頭へ