名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

一ノ瀬隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一ノ瀬隆のプロフィール

一ノ瀬隆、いちのせ・たかし。日本の経営者。「デクセリアルズ」社長。大分県出身。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、ソニーを経てソニーケミカル(のちのデクセリアルズ)に入社。常務、専務などを経て社長に就任。

一ノ瀬隆の名言 一覧

ソニー・グループを離れるに際して、社員には「真の独立企業として自分たちの力で成功の果実を得よう」と強いメッセージを発しました。独立からわずか3年弱で上場できたのは全社員の努力の賜物です。


当社の技術や製品を使うことで工程の歩留まりを改善するだけでなく、画期的な商品ができるというご提案を、ユーザー企業の技術者と一緒になって現場で考えています。今までになかったもの、まだ見ぬ価値を作り出すことが当社の使命であり、そのための投資は惜しみません。


研究開発力の高さが当社の強みであり、R&D(研究開発)投資は惜しみません。さらなる発展のためには外国人の新卒採用も積極的に行っております。情熱に溢れた優秀な若者を見ると将来が楽しみになります。


当社の強みは3つ。1つ目は接着技術を中心に、材料組成の技術が豊富であること。2つ目はナノオーダーでモノづくりができる高いプロセス加工技術があること。そして3つ目はお客様と共に課題を解決する顧客対応技術を持っていることです。これらの強みを複合的に合わせれば、お客様が製造する商品の付加価値を上げることができます。


一ノ瀬隆の経歴・略歴

一ノ瀬隆、いちのせ・たかし。日本の経営者。「デクセリアルズ」社長。大分県出身。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、ソニーを経てソニーケミカル(のちのデクセリアルズ)に入社。常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

宮﨑大輔(宮崎大輔)

身体が小さいということは、僕にとってはメリット。取り柄のひとつなんですよ。大柄な人が多いからこそできるプレーは、たくさんある。


佐藤治彦

休眠状態になっているスポーツジムの会費を、何年も払い続けていたりしませんか? スポーツジムに通って健康を維持するのはいいことですが、年間10万円以上も払って数回程度しか通っていないなら、ビジター料金での利用や、利用回数に応じた料金プランなどに変更したほうが安くあがります。他にもプロバイダー料金、不要なクレジットカードの年会費、ケーブルテレビのチャンネル契約など、あまり利用していないのに長年放置している「ムダな固定費」がないか、チェックしてみるとよいでしょう。


岡野雅行(岡野工業)

ゼロを10だっていうのは嘘になるけど、1を100は嘘じゃない。大風呂敷ってやつだ。大風呂敷を広げとけば、皆の話題になる。自分をアピールできるんだ。嘘から出た誠じゃないけど、どんなに突飛な話でも、いつ現実になるかわからないんだ。遠慮なんかすることない。大風呂敷でも嘘でも、堂々と胸を張って吹いちまえ。


谷原誠

相手への質問以前に、自分にどんな質問をするかが重要。相手と会話するにあたって「この人はどんな人だろう?」のような質問を自分にしてしまうと、相手の良いところも悪いところも見えてきますが、「この人から何を学べだろう?」のように自問すると、その人の良いところを探す方向でしか考えられなくなります。質問が持つ強制力を利用して、相手に好意的なマインドセットに自分を導くことができるわけです。


吉村英毅

元々は旅キャピタルという会社を創業し、オンライン旅行事業をスタートしました。その後、海外でシステム開発を行うITオフショア事業を開始し、「旅行に限定することがない社名にしよう」ということで現社名に変更をしました。


保木将夫

上場のために経理の現場を見て歩いたとき、出荷、在庫管理の数字に間違いが多いことに気づきました。原因は入力時のミスです。自分でもやってみましたが、入力は間違えるし、チェックでも見逃してしまう。決算になぜ何日もかかるかというと、そうした間違いを修正するのに時間がかかるからです。これではダメだと思いました。そこで2人同時に伝票を入力させ、2つの数字が一致したときだけ有効としたのです。すると間違いがすぐわかります。2人が同じ作業をするダブル入力はコストが高いと社内でも反対されましたが、結果としては断然安い。人員も少なくて済みます。さらに出荷の際の間違いをなくすために自動倉庫をつくり、コンピュータシステムも一新しました。


井口尊仁

僕は情報を隠したり、出し惜しみしたりするのをやめた。さすがに契約上で言えないことは言わないが、それ以外はオープンにする。すると相手も呼応して、一緒に面白いことをやろうとなる。


冨山和彦

いかなる本も批判的に読むことが大事です。情報や考え方そのものを鵜呑みにするのではなく、著者が提示する問題意識や、ものを考えるときの方法論を学ぶのです。


戸塚隆将

短期出張で東京を訪れた米国人シニアバンカーの靴が、毎日ピカピカだったのには驚きました。ホテルの夜間サービスを利用しているのか、自分で磨いているか。いずれにしても、手入れの行き届いた靴ほど印象のいいものはありません。


松﨑暁(松崎暁)

「これが必要」「このサイズがお客様にいい」と考えて商品を提供しますが、購入を決めるのはお客様です。衣生食にわたって同じような考え方で提供します。


佐々木常夫

仕事しかない人生を送ってきた人は、定年を迎えた瞬間に何もかも失います。その後に待っているのは、寂しい老後です。私はそれが嫌だったから、管理職時代から毎日夕方6時に退社し、病気の妻の看病と3人の子供の世話をしながら、家族ときちんと向き合ってきた。家族だけでなく、会社以外の友人や地域社会とのつながりも大事にしてきました。70代になった今、そうした人たちとの横の結びつきが、私にとって非常に大きな財産になっています。


近藤史朗

鉄壁を誇ったビジネスモデルも、いずれは大きく方向が変わることも考えながら進まなければいけません。