名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

一ノ瀬隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

一ノ瀬隆のプロフィール

一ノ瀬隆、いちのせ・たかし。日本の経営者。「デクセリアルズ」社長。大分県出身。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、ソニーを経てソニーケミカル(のちのデクセリアルズ)に入社。常務、専務などを経て社長に就任。

一ノ瀬隆の名言 一覧

ソニー・グループを離れるに際して、社員には「真の独立企業として自分たちの力で成功の果実を得よう」と強いメッセージを発しました。独立からわずか3年弱で上場できたのは全社員の努力の賜物です。


当社の技術や製品を使うことで工程の歩留まりを改善するだけでなく、画期的な商品ができるというご提案を、ユーザー企業の技術者と一緒になって現場で考えています。今までになかったもの、まだ見ぬ価値を作り出すことが当社の使命であり、そのための投資は惜しみません。


研究開発力の高さが当社の強みであり、R&D(研究開発)投資は惜しみません。さらなる発展のためには外国人の新卒採用も積極的に行っております。情熱に溢れた優秀な若者を見ると将来が楽しみになります。


当社の強みは3つ。1つ目は接着技術を中心に、材料組成の技術が豊富であること。2つ目はナノオーダーでモノづくりができる高いプロセス加工技術があること。そして3つ目はお客様と共に課題を解決する顧客対応技術を持っていることです。これらの強みを複合的に合わせれば、お客様が製造する商品の付加価値を上げることができます。


一ノ瀬隆の経歴・略歴

一ノ瀬隆、いちのせ・たかし。日本の経営者。「デクセリアルズ」社長。大分県出身。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、ソニーを経てソニーケミカル(のちのデクセリアルズ)に入社。常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

杉浦敏介

人は同じところに長くいるとマンネリになる。


箱田忠昭

つらい仕事、面倒な仕事を先にやってしまうと後が楽なんです。なぜなら「好・楽・円(好きで楽で円滑にできる)」仕事では味わえない達成感、充実感を得られるからです。気分爽快だから、次の仕事も一層スムーズにはかどります。


大塚哲芝

強みは当社独自のサービスです。無料で十数品のお惣菜をご提供している他、他社以上の設備を導入して、熱々のラーメンをご提供しています。味や接客なども、どうやったらお客様に喜んでいただけるかを追求しています。おかげ様で当社グループの店舗に対し、ファンになってくださるお客様がいらっしゃるほどです。


村上憲郎

当社には、「世界の情報を整理して、ユーザーにアクセスしやすくする」というコーポレート・ミッションがあります。ですから、自由といっても、そこから外れるようなことは認められません。
【覚書き|就業時間の20%を好きなテーマの研究に費やしていいというGoogleの20%ルールについて語った言葉】


川田達男

現場を知り、現場との接点を持てたことは、私にとって大きな財産になった。たとえば財務部門はエリートコースのひとつだったが、委託賃加工業の会社に在庫など存在せず、仕事はあってなきがごとしの状態。それでは真の意味でのキャリアを積めない。私にとって工場勤務は、まさに幸運な出来事だった。
【覚書き|入社直後の研修期間に上層部に意見したことをきっかけに島流しのような人事を受け、工場勤務にされたことを振り返っての発言】


安藤美冬

いつでもどこでも同じように仕事ができるようになるには、「会社のデスクに戻らないと仕事ができない」という状況ではいけません。そのためには、机周りを整理して、資料などを廃棄したりデータ化したりする必要があります。


小池百合子

私は日本の首都、東京のリーダーに選ばれたわけです。その重責を果たす必要がある。高度成長時代からの名残を、その延長戦でやっていくなんていうのは所詮、無理な話です。首都東京が元気であり続けるためには、変えるところはきちんと変えなければいけない。


広川慶裕

物忘れの中でも、危険水域に達していると思われるのは「まだらボケ」といわれる症状。たとえば、「昨日の部下との会話の一部を忘れた」レベルの物忘れではなく、「昨日、部下と会話したこと自体を覚えていない」と記憶の抜け落ちが起きている状態です。体験の一部が記憶からスコンと抜けているから、後で言った言わないの騒ぎになったり、ダブルブッキングをしたり、トラブルに発展しやすくなります。こうなったら初期の認知症を疑う必要があります。


守安功

生意気なことを言うにはルールがあります。人の意見を批判するだけでなく、きちんと対案を出して論理的に話す。だからこそ建設的な議論ができるのです。トップの立場からいえば、こうしたルールを踏まえたうえでの異論反論を認めない限り、組織の成長はありません。


柴山政行

数年前、私は「たい焼きが焼ける会計士」という風変わりな肩書を持っていた。会計士として独立すべく、5年間務めた監査法人を退職。しかし経営者の実体験を積まないままの独立には自分自身、万全ではないという思いがあった。帳簿を見て判断する会計士の仕事はできても、事業についての体系的な経験がないため、どこか腰が据わっていない。単なる帳簿屋にはなりたくないという思いが強かった。また、撤退の経験もしておきたかった。そこでたい焼き屋を開業した。


土居征夫

現場を知る多くの企業経営者は、最近の若者は英語力の前に、そもそも日本語で考える力が乏しいと嘆いているんです。入社してから鍛えようとしてもなかなか難しいと。なぜなら、自分の考えを持っていない若者が多いからです。英語教育によって英語でのコミュニケーションをとれるようにするという方向性は理解できますが、その前に国語で知的訓練をすることが先決ではないかというのです。


岩本哲夫

会社の盛衰は人で決まる。