名言DB

9413 人 / 110706 名言

一ノ瀬隆の名言

twitter Facebook はてブ

一ノ瀬隆のプロフィール

一ノ瀬隆、いちのせ・たかし。日本の経営者。「デクセリアルズ」社長。大分県出身。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、ソニーを経てソニーケミカル(のちのデクセリアルズ)に入社。常務、専務などを経て社長に就任。

一ノ瀬隆の名言 一覧

ソニー・グループを離れるに際して、社員には「真の独立企業として自分たちの力で成功の果実を得よう」と強いメッセージを発しました。独立からわずか3年弱で上場できたのは全社員の努力の賜物です。


当社の技術や製品を使うことで工程の歩留まりを改善するだけでなく、画期的な商品ができるというご提案を、ユーザー企業の技術者と一緒になって現場で考えています。今までになかったもの、まだ見ぬ価値を作り出すことが当社の使命であり、そのための投資は惜しみません。


研究開発力の高さが当社の強みであり、R&D(研究開発)投資は惜しみません。さらなる発展のためには外国人の新卒採用も積極的に行っております。情熱に溢れた優秀な若者を見ると将来が楽しみになります。


当社の強みは3つ。1つ目は接着技術を中心に、材料組成の技術が豊富であること。2つ目はナノオーダーでモノづくりができる高いプロセス加工技術があること。そして3つ目はお客様と共に課題を解決する顧客対応技術を持っていることです。これらの強みを複合的に合わせれば、お客様が製造する商品の付加価値を上げることができます。


一ノ瀬隆の経歴・略歴

一ノ瀬隆、いちのせ・たかし。日本の経営者。「デクセリアルズ」社長。大分県出身。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、ソニーを経てソニーケミカル(のちのデクセリアルズ)に入社。常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

佐藤誠治(経営者)

顧客目線を養うという意味では、様々な立場の経験を積んできたことが役に立っています。最初は商社に入って、実際にお金を稼ぐ、経験をしました三井銀行に移ってからはタイで海外ビジネスの実態や日本企業が直面している問題に肌で触れることができました。大和証券SMBCに出向し、M&A(合併・買収)のアドバイザリー業務を経験しました。銀行に戻ってから、大企業を担当して様々な経営者の考え方を知ることができたことは大きな糧になっています。


永守重信

社員の意識が変われば会社も変わる。


保志忠彦

余人をもって代え難し。周囲にそうささやかれたからか、あるいは本人がそう思い込んだからか、最近、トップの座に長く居座って老醜をさらしてしまう経営者が目立ちます。とくに創業者の場合、いかにタイミングよく身を引くかは大切なことです。外から見て早すぎると思われる時期に、決断しないといけない。


高島宏平(髙島宏平)

今後は、発想力より「目利き力」が必要になると思います。ネットに転がる大量のアイデアの中から、自分の課題を解くのに最も参考になるアイデアはどれか、探し当てる力ですね。この能力が高いほど、解決策を的確に導き出すことができ、速やかに課題を解決できます。


敷田正法

お客様の求めるものは千差万別でたいへん読みにくい。それを解決する方法の一つが、選択肢を多く提示して、お客様に選んでいただくことです。


中田亨

有効なダブルチェックは、一人が責任を持ってチェックし、その人の行動をチェックするためにもう一人が「突っ込み役」になること。「なぜこの数字なんですか?」「これで正しいのですか?」といった突っ込みに対して、もう一方はその理由を説明しなければなりません。その過程で曖昧さや思い込みが排除され、ミスが発見されやすくなるというわけです。


田中健介(経営者)

我々はバブルに踊らないで本業に集中していましたが、それでも不良債権は時価にして数十億円はありました。この不良債権を処理しないことには、銀行が振り向いてくれません。そこで本業で稼いだ利益をまわしたり、リストラを行うことで、不良債権を短い期間で処理し、他社に先駆けてビルやホテルのオーナー事業への足がかりをつけたのです。


鈴木喬(経営者)

非常時になったら、心を鬼にしなければ、生き残れないことだってある。


ウィリアム・エックハート

取引上の大罪の二つは『損失に幅を与え過ぎること』それから『早々に利益を確定してしまうこと』だ。しかし、いずれも現在のポジションを成功させようとして犯してしまう罪なんだ。


内田和成

よく「ビジネスマンが読むべきものは何か」と聞かれるが、一律の答えはない。特定の目的で情報を集める場合は別だが、自分の感性に合うものを読めばいい。5分しかない日は5分を使った読み方、週末など時間があれば1時間を使った読み方をする。読むべきものや読み方を固定せず、感性の赴くままに目に留まったものを読めばいい。


永守重信

小さな事業で成功して満足したり、長期政権が不必要に続いたりすると、経営がマンネリに陥る。このマンネリが会社を潰す。


大西賢

採用の際には、あなたはこのJALフィロソフィ(JALの在り方を40項目にわたって明文化したもの)の精神に賛同できますか、共感できますか、これに向かって全力投球できますかと問いかけています。漠然とした基準で採用するのではなく、今後はJALフィロソフィという明瞭なゲートをくぐって入社していただく。このゲートをくぐりたくないという人は、我々の仲間にふさわしくありません。


山本一力

仕事も遊びも中途半端は何もやっていないことと同じ意味なんだ。やるなら極める気持ちでやる。そうすると、貪欲になれるし、人からの評価もあがるもの。


米山久

外食産業は特にそうですが、まず人の意識ありきでないと長続きしない。意識が高ければそれだけ売り上げに連動します。


渡辺大

刑事役をやるようになって勉強のためにと買ったのが、『自分を鍛える働き方 刑事五十訓に学ぶ』という本です。これはドラマ『臨場』の刑事監修を務めてくださっている、元警視庁捜査一課の飯田裕久さんの著作で。その中に「刑事は高い飯を食え」という一文があるんですね。その心は、捜査に煮詰まったときこそ、うまい飯を食い、気持ちをリセットするべきだ、と。