一ノ瀬隆の名言

一ノ瀬隆のプロフィール

一ノ瀬隆、いちのせ・たかし。日本の経営者。「デクセリアルズ」社長。大分県出身。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、ソニーを経てソニーケミカル(のちのデクセリアルズ)に入社。常務、専務などを経て社長に就任。

一ノ瀬隆の名言 一覧

ソニー・グループを離れるに際して、社員には「真の独立企業として自分たちの力で成功の果実を得よう」と強いメッセージを発しました。独立からわずか3年弱で上場できたのは全社員の努力の賜物です。


当社の技術や製品を使うことで工程の歩留まりを改善するだけでなく、画期的な商品ができるというご提案を、ユーザー企業の技術者と一緒になって現場で考えています。今までになかったもの、まだ見ぬ価値を作り出すことが当社の使命であり、そのための投資は惜しみません。


研究開発力の高さが当社の強みであり、R&D(研究開発)投資は惜しみません。さらなる発展のためには外国人の新卒採用も積極的に行っております。情熱に溢れた優秀な若者を見ると将来が楽しみになります。


当社の強みは3つ。1つ目は接着技術を中心に、材料組成の技術が豊富であること。2つ目はナノオーダーでモノづくりができる高いプロセス加工技術があること。そして3つ目はお客様と共に課題を解決する顧客対応技術を持っていることです。これらの強みを複合的に合わせれば、お客様が製造する商品の付加価値を上げることができます。


一ノ瀬隆の経歴・略歴

一ノ瀬隆、いちのせ・たかし。日本の経営者。「デクセリアルズ」社長。大分県出身。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、ソニーを経てソニーケミカル(のちのデクセリアルズ)に入社。常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

片山正則

東南アジア事業の責任者としてタイに駐在していたとき、各地を回る中で驚いたのがマレーシアのパームヤシのプランテーションでした。品質に定評のある四輪駆動のトラックがすぐに壊れるというので現場に行ってみると、理由が分かりました。道路はただ荒野を切り開いただけ。現場では、重さ20kgはあろうかという巨大なパームヤシを次々に荷台に放り投げているのです。本社の開発部門は「使い方が悪い」で片付けてしまいますが、それでは顧客から信頼は得られません。今では、開発の担当者がお客様のサポートに入り、現地で手に入らない部品の代替品を提案するなど、現実的なサポートができるようになりました。


楠木新

40代後半になると、左遷やリストラ、または病気や家族の問題など、理不尽や不条理と思えることに直面することも。なかなか難しい時期です。しかし、見方を変えれば、会社中心の働き方から人生の後半戦を見据えた働き方へと移行するチャンス。


小山昇

皆が楽しく、尊敬しあって仕事ができる企業になるには、決して人を減らしてはいけません。人を減らさないで済む企業は必ず成長します。人材にコストをかけても、一定の利益さえ上がれば良いのです。そういう考えを社長が持てるかどうかは、21世紀のビジネスシーンを勝ち抜くうえで、極めて重要なカギになります。


パブロ・ピカソ

明日描く絵が一番素晴らしい。


出口治明

方向性がバラバラというのは、多くの会社で起こりうること。ただ、マネジメントの基本は「ワンボイス」。経営陣はワンボイス(同じ言葉)で方向を示すのが当たり前。


小笹芳央

私もモチベーションがずっと高いというわけではありません。問題はその下がった時に下がりっぱなしにせず、自分の力でグッと持ち上げることが重要です。


山本昌(山本昌広)

正直いって、悩みましたよ。みんなが期待してくれているのに応えることが出来ないわけですから。頭の中には、絶えず引退の2文字があったし、辛いことばっかりの1年でしたけど、応援してくれる人もいっぱいいましたから、「ここで諦めるわけにはいかない」と。
【覚え書き|200勝達成の前年、スランプに陥ったことについて】


塩田武士

デビューしてからの5年間は、一言でいえば、堪え忍んでいました。それまでの8作品も自分なりに一生懸命書いてきたんですが、なかなか部数には結びつかず、文学賞にノミネートされることもなかった。ただ、8作で完全に基礎固めができました。


クリス・ギレボー

時間が限られていればいるほど、大切に使いたいという気持ちは強くなる。少ない時間の中で集中して考えれば、いいアイデアが出てくることもある。


高城幸司

自己アピールするのと同時に、上司に好かれることも肝心だ。そのために心がけたいのは、上司の仕事のやり方を理解して、実践できる部下であるということだ。気を付けたいのは、上司が代わった場合。それまでの自分のやり方とまるで違ったとしても、新しい上司に合わせるのがいい。


似鳥昭雄

ロマンとは人のために何かをすること、したがってロマンチストとは人のために何かをしたいと思い、またそれを実行できる人のことです。


黒川光博

菖蒲(あやめ)の図柄を描いた菖蒲饅という菓子があるのですが、ひとつひとつ職人が手で葉を描きます。筆を上から入れても下から入れても見た目は変わりません。でも本物の葉は下から上に伸びるものです。それなら下から上に元気よく描くべきです。誰も見ていなくとも心を込めてそれをやる。そこに虎屋の存在価値があると社員に伝えています。


鳥塚亮

「地元の足を守る」という考え方だけではダメ。ローカル線に魅力を感じる都会の人たちを呼び込み、地域にお金を落としていってもらわなければならない。


盛田昌夫

誰も創ったことがないものを生み出す。誰もがやったことがないことを経験する。人間は未知のものに実際に触れ、自分で体験した時にドキドキする。


北川祐治

その時々で、私たちの持っている技術力やノウハウを活用して、地域や業界、そして社会全体に貢献できる事業を手がけてきた結果が現状につながっている。


ページの先頭へ