名言DB

9490 人 / 112001 名言

ヴヤディン・ボシュコヴの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヴヤディン・ボシュコヴのプロフィール

ヴヤディン・ボシュコヴ。プロサッカー選手(MF)、監督。セルビア・ベゲチュ出身。ユーゴスラビア代表チームキャプテンを務めた。引退後、ユーゴスラビア代表チームや、欧州の多くの強豪チームで監督を務めた。

ヴヤディン・ボシュコヴの名言 一覧

全ての試合は0-0から始まる。


ヴヤディン・ボシュコヴの経歴・略歴

ヴヤディン・ボシュコヴ。プロサッカー選手(MF)、監督。セルビア・ベゲチュ出身。ユーゴスラビア代表チームキャプテンを務めた。引退後、ユーゴスラビア代表チームや、欧州の多くの強豪チームで監督を務めた。

他の記事も読んでみる

山本良平

もちろん成功ばかりではありません。2店目の網焼き屋は1年で撤退しました。しかし、大きな損失にならなかったばかりか、そこで学んだことが飲食店支援業へのきっかけにもなったのです。


伊藤真(弁護士)

常に心の中で「なぜ」と問う習慣をつける。このトレーニングは、「考える」ことすべての基礎となる練習でもあります。なんでも「なぜ」を問う子供の純粋さは、ものを考えることの原点です。だからこそ、ギリシャの哲学者ソクラテスも「なぜ」と問い続けたのでしょう。


窪山哲雄

ホスピタリティーの根本的精神は、お客様を愛する気持ち、すなわち愛情です。ここでいう愛情には二種類あって、ひとつは「母性愛」。母親が子を思うように、見返りを求めず、奉仕する心です。そして何でも許す心です。もうひとつは「父性愛」です。これは技術ということもできます。プロとして高い技術を持っていないと、お客様に奉仕することはできません。このふたつの愛情が両輪になり、バランスよく回って、ホスピタリティーは初めて可能になります。


石川朋之

自分のライバルは自分。まず自分に勝たなければ。


横山秀夫

私は小説の中で外的要因を与えることで、普通の人間に「顔」を与えたいと思っています。『64』を書き始めたのはデビュー間もないころで。初めての長編でしたし、私も力んでいたんですよ。短編の主人公の場合でも、かなりの負荷をかけて、その推進力で物語を展開していくので、長編になったらどれほどの負荷をかけなければいけないのかな、と。なので、度を超した重荷を背負わせてしまいました。


川田修(ライフプランナー)

お客に役立ちそうな情報を、雑談でさりげなく提案するといい。例えば経営者のお客様には、他社でうまくいった報奨制度を教える。多くの経営者が欲する情報ですからね。「まず悩みは何かを知ることから」です。


桐山一憲

相手を信頼し、仕事を与えていく、権限を委譲していくことができないと、なかなかうまくいかない。


岩倉昌弘

ビジネスマンとしての原点を問われれば2004年に当社の前身であるカネボウが実質的に経営破綻したことでしょう。私は大阪でせっけんや洗剤などホームプロダクツの営業部長をしていました。当時会社は、とにかく売り上げを伸ばして資金を作ることが最優先になっており、上司ともぶつかりました。異常な状況でしたね。取引先に大変な迷惑をおかけしました。辞める社員も少なくありませんでしたが、私は最後までやり尽くして見届けたいと思っていました。まだ40代だったこともあり、破綻しても人生は続くと、楽観的でいられたのです。


前中ひろみ

日本の高校を卒業して大学へ入学したばかりの学生へ、その答えが「なぜ正しいのか」と質問すると、「正しいと習ったから」と返ってくる。これではダメだと思う。実社会では正しい答えが常に用意されているわけではない。


熊谷正寿

私は20歳のころから新聞のスクラップを続けています。オフィスには約20年分のスクラップを保管しています。きっかけは会社を経営していた父から勧められたこと。いまは日本経済新聞、日経産業新聞を中心に4誌を購読しています。


ジェニー・ダロック

変化していく過程では、世代交代も必要。特に、新しい技術、新しい市場が発展する今は、その必要性を理解する若い人材を積極的に登用すべき。


桜井弘(櫻井弘)

互いの人となりを知ることは、ビジネスではとくに重要。相手がどんな人かわからないまま、いきなり商談をするのは、誰しも不安なもの。雑談は相手と良好な関係を構築することは不可欠なプロセス。