名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヴヤディン・ボシュコヴの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヴヤディン・ボシュコヴのプロフィール

ヴヤディン・ボシュコヴ。プロサッカー選手(MF)、監督。セルビア・ベゲチュ出身。ユーゴスラビア代表チームキャプテンを務めた。引退後、ユーゴスラビア代表チームや、欧州の多くの強豪チームで監督を務めた。

ヴヤディン・ボシュコヴの名言 一覧

全ての試合は0-0から始まる。


ヴヤディン・ボシュコヴの経歴・略歴

ヴヤディン・ボシュコヴ。プロサッカー選手(MF)、監督。セルビア・ベゲチュ出身。ユーゴスラビア代表チームキャプテンを務めた。引退後、ユーゴスラビア代表チームや、欧州の多くの強豪チームで監督を務めた。

他の記事も読んでみる

筒井義信

指揮官は軸をブレさせず、反復して同じことを言い続けることが大事だと思います。現場の方は敏感ですから、言っていることにブレがあると、それがすぐに伝わってしまいます。


朝倉孝景(朝倉敏景)

どうしても勝たなくてはならぬ合戦に際し、また、どうしても取らなくてはならぬ城を攻め落とす場合に、吉日を選んだり、方角のことを考えていて、いたずらに時日を遅らせることは、はなはだ無駄なことで、不満足なことといわなくてはならない。いかに吉日だからといって、大風の日に船を出したり、また、大勢の敵に対してひとりで手向かったりしたのでは、それが無益なことは火を見るよりも明らかである。たとえ、困難な場所に向かおうとも、悪日であろうとも、その情勢を細かに洞察して、どれが虚かどれが実かを考え、臨機応変に兵を動かし、敵に察せられぬように謀をめぐらしたならば、必ず大勝を招くものである。


小池利和

しつこさのある仕事には、いつか挽回のチャンスが巡ってくる。


根本次郎

確かに欧米人から見れば終身雇用という日本的な制度はエキセントリックに映るかもしれませんが、それは短期雇用であるのか、中期雇用であるのか、長期雇用であるのかという違いにすぎません。終身雇用は長期雇用のたくさんある中の一つなんです。


和田博(ヴァリアント社長)

結果的に失敗したなら、それは仕方ない。でも、振る前にはあくまで「こういう風にしたら上手くいく」というイメージは持っておかないと、結果がどうであれ、そこから何も得られなくなっちゃう。はい。そうでないと、失敗そのものに恐怖感が増しちゃって、失敗を恐れてさらに失敗するという悪循環に入っちゃいますから。一度そうなったら、抜け出すのは大変ですよ。


浅野秀則

経営者にとって必要なことは、自分が興味を持ち続けること、気付き続けること。経営では一つの現象が起きたら、それで終わりではなく、その後ろには何が隠されているのか、そのもとが何なのかということを見極めていかなくてはいけません。そのためには、経営者自ら気づき続けていないとだめですね。


芳井敬一

少年時代は野球に没頭していましたが、進学先の高校には野球部がなく、代わりに入部したのがラグビー部。大阪から上京した大学時代も寮生活でラグビーに明け暮れ、まさに汗にまみれた青春時代を過ごしました。日々の過酷な練習を通して、ラグビーが教えてくれたことは多くありますが、中でも「物事に正対すること」は今もなお、私の行動指針となっています。


野田一夫

前途のある全ての若い人たちに声を大にして叫びたい。「どうか、老人の僕を感激させるような君の志を信じて、毎日を生きなさい!」と。


山田賢治(経営者)

長い間ビールが売れない原因は、我々メーカーの努力不足。ビール本来の美味しさを提供し切れていなかった。


山極毅

生産性向上は、企業のなかで人事が担う大きな課題です。また、経営計画とも密接な関係があり、並行して改革を進めていくと大きなプロジェクトになります。たとえば、企業理念を浸透させたい、従業員のコミュニケーションを改善したいなどの課題は、人事だけで解決できる問題ではありません。また、採用について立案する場合も、現在どのような従業員が業務に就いているのかを正確につかむ必要があります。


内藤誼人

人間関係のトラブルは、どちらかが100%悪いということはあり得ません。こちらにも必ず何か原因があります。


三原邦彦

昭和20年代の発売当初、日本人はコカ・コーラを「醤油みたいな色で薬臭い」と嫌いました。その時、営業担当者は「味はうまい」ということをわかってもらうために、とにかく人が飲んでいるシーンを見せてPRしたそうです。「隣の人が飲んでいるなら、うまいのだろう」と心理のハードルを下げさせたのですね。うちもそれを利用しました。まずA社で実績を挙げたら、それを取材して事例を作り、それを持ってB社、C社へ営業する。そうして何十社も続け、広げていったんです。