ヴヤディン・ボシュコヴの名言

ヴヤディン・ボシュコヴのプロフィール

ヴヤディン・ボシュコヴ。プロサッカー選手(MF)、監督。セルビア・ベゲチュ出身。ユーゴスラビア代表チームキャプテンを務めた。引退後、ユーゴスラビア代表チームや、欧州の多くの強豪チームで監督を務めた。

ヴヤディン・ボシュコヴの名言 一覧

全ての試合は0-0から始まる。


ヴヤディン・ボシュコヴの経歴・略歴

ヴヤディン・ボシュコヴ。プロサッカー選手(MF)、監督。セルビア・ベゲチュ出身。ユーゴスラビア代表チームキャプテンを務めた。引退後、ユーゴスラビア代表チームや、欧州の多くの強豪チームで監督を務めた。

他の記事も読んでみる

小早川智明

何も見たことのない人間が伝聞で何かを語るのは危ない。勘違いで物事が進む恐れがある。現場の第一線に出て、汗をかいて、腹に落ちるまで見て回りたい。


松井道夫

社長の仕事は考えること、瞑想することだというのが私の持論です。社長がやるべきことは、きわめて哲学的なことです。部下が持ってきた選択肢からどれかに決めるのが社長の仕事だという人もいると思いますが、私は全然違うと思います。


山西健一郎

三菱電機という会社が成長してきた理由のひとつは、「風通しの良さ」にあったと思っています。社内の風通しが悪ければ、悪い情報ほど隠したり、わからないことをわからないと言えない部下が増え、本質的な問題が見えなくなってしまうのです。


大西賢

ハードウエアはいつか追い越されます。一方、ソフトウエア、人間としての魅力やJALというブランドはマネができるものではない。ですから、生き残っていくためには、JALという名前を聞いたときに、お客様の心で感じていただくものを提供できる会社にならなければいけないのです。


角山剛

あまりに叱る機会が多いということは、叱る側にも原因があると考えられます。ですから部下を戒めるときは、自戒の念を込めることも忘れないようにしてください。


石井久(立花証券社長)

一夜で大成功を成した相場師たちは何年か後には転変の波に流されていきました。それはなぜかというと「奢り」です。相場という一種の「虚」の世界で積み上げた富を、虚のままで浪費してしまったためです。株で一発当てたという人は、悲しいかなその金の活かし方を知りません。お大尽のごとくふるまって使い果たすか、その後の勝負で敗退するかのいずれかです。


立川談慶

無茶ぶりへの対処は主体性をどこに置くかがポイントだと思います。師匠は晩年、二つ目への昇進基準に「歌舞音曲」を追加しました。落語だけではなく、歌と踊りが新たに課せられ、弟子にすれば大変な負担です。最初の頃は、師匠から「歌を三曲覚えろ」といわれても、二曲しか覚えられないような状態でした。バイトもあるし、練習時間がなかなかとれないからです。しかし、気持ちを切り換えて、倍やることにしました。「三曲覚えろ」といわれたら、六曲覚える。昇進基準にないタップダンスを身につけたりもしました。そうすることで主体的になれる。つまり、主導権が握れます。


佐伯泰英

死ぬまで書き続けられれば、作家として、これほどの幸せはないでしょうね。


弘兼憲史

管理職にあるものの必須条件は公正さだと思う。複数の部下を持つ管理職は何はなくとも公正であってほしい。公正とは偏りがなく、正しい事だ。同じ二人の部下とはいえ、キャリア半年の新人とキャリア3年の部下を公平に扱うのは問題がある。だから公正に扱う。相手に合わせて対応するがなぜ対応に違いがあるかを理論的に説明できるのが公正さだと思う。


齋藤孝(教育学者)

文章を最後までひととおり書いたら、その中から文章の核となるキーフレーズを3つ探します。キーフレーズは、問いと答えでいうと答えにあたる部分でもあります。本来であれば、「この文章は何のためにあるのか」という問いは、たとえ漠然としたものであっても書く前から浮かんでいるはずです。ただ、それを文章という形で表現することに手間取るなら、逆に答えの方から問いを明確にしていくアプローチがあってもいい。キーフレーズが見つかったら、逆にキーフレーズから問いを立てていくことにより、問題意識を読み手と共有できるような一文をつくるのです。あとは、それを頭に持ってきて二文目以降を整理するだけです。


北尾吉孝

才能はそんなに大きな差はなく、努力をするかしないかの方がよほど重要です。


アンディ・ジャシー

ほとんどの企業はIT人材の不足に悩んでいる。ITインフラをクラウドに移行すれば、貴重な人材を保守ではなくサービス開発に集中させられる。これは、企業全体の競争力にプラスに働くはずだ。


若林雅樹

残業が多い人の手帳は、「乱雑なメモ」「何も書いていない」の両極端。


沢渡あまね

何か目標を定めてそれに突き進む肉食系ビジネスマンにはなれませんでした。転機は転職。改めて自分のキャリアを詳細に振り返ると、気がついていない強みやスキルが。それを自分資産として組み合わせることで、新しい可能性が見えてきました。


真鍋精志

当社では「マイ・フエイバリット関西」というWebサイトで、グルメ情報や観光スポット紹介など関西での過ごし方や遊び方を発信しています。隠れた街の魅力を積極的にPRすることは鉄道事業にも好影響を与えます。実際、岡山~大阪間の新幹線割引チケットをネット会員限定で販売したところ、若い方を中心に大変好評を得ました。都市型観光を目的に遠くからも来ていただけるということをまさに証明しています。


ページの先頭へ