名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヴォーヴナルグの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヴォーヴナルグのプロフィール

リュック・ド・クラピエ・ド・ヴォーヴナルグ。18世紀フランスのモラリスト。ロマン主義の先駆者。ルソーなどに大きな影響を与えた。南フランスの貧しい貴族の家に生まれ、18歳で軍隊に入る。ポーランド継承戦争に従軍。凍傷で退役。天然痘と貧しさに抗いながら文学の道に入る。『人間精神認識のための序論、種々の問題に関する省察、若き友への忠告、数人の詩人に関する批判的省察、散文作家に関する断章、信仰についての瞑想、祈り、箴言』31歳でこの世を去る。

ヴォーヴナルグの名言 一覧

死の観念は我々を欺く。それは、我々をして生きることを忘れしめるからである。


平等は自然の法則ではない。自然はなにひとつ平等なものをつくってはいない。自然の法則は服従と隷属である。


浪費とは、貧者が物惜しみしないことを言う。


哲学とは、ある種の人々が大衆を馬鹿にするために装う古い流行である。


我々に「人から尊敬される価値がある」という自信がもっとあったなら、人々の尊敬を得ようという野心をそんなに持たないだろう。


高慢は弱者の慰めの手段である。


我々は、我々自身を冷笑しないために、自分以外のものを冷笑する。


人は大きな計画を軽蔑する。その計画を大成功させることが、自分にはできないと感じるときに。


軽蔑の中には、自分の名誉を危うくしないために、感じないふりをせねばならない軽蔑がある。


偉人たちが偉大なことを企てるのは、彼らが偉大だからである。しかるに、馬鹿者たちが偉大なことを企てるのは、それを容易だと思い込むからである。


格言は、哲学者たちの機知のほとばしりである。証明のいる箴言は、表現の下手な箴言である。箴言は書き手の心を暴露する。


革新するのがあまりにも難しい場合、革新が必要ないという証拠である。


ヒロイズムは虚栄と相いれない。また、ヒロイズムと虚栄は同じ原因と結果を持たない。虚栄が大きければ、それだけ栄光から与えられる愛は小さい。


うそつきは、あざむく術を知らない人である。へつらう人間は、愚かな人々のみをあざむく人である。


ヴォーヴナルグの経歴・略歴

リュック・ド・クラピエ・ド・ヴォーヴナルグ。18世紀フランスのモラリスト。ロマン主義の先駆者。ルソーなどに大きな影響を与えた。南フランスの貧しい貴族の家に生まれ、18歳で軍隊に入る。ポーランド継承戦争に従軍。凍傷で退役。天然痘と貧しさに抗いながら文学の道に入る。『人間精神認識のための序論、種々の問題に関する省察、若き友への忠告、数人の詩人に関する批判的省察、散文作家に関する断章、信仰についての瞑想、祈り、箴言』31歳でこの世を去る。

他の記事も読んでみる

イングヴァル・カンプラード

私の中の悪魔が「仕事はまだまだあるぞ」とささやきかけてくる。


ジェイ・エイブラハム

ビジネスで卓越した人物・企業になるための9ステップ

  1. 顧客の問題を解決し市場の信頼を勝ち取る。
  2. 自分の強みにマッチし市場と共鳴する人物像・キャラクターを確立する。
  3. 顧客や市場に関するビジョンを打ち立てる。
  4. あなた自身の来歴を物語る。
  5. 業界やライバルの悪い部分に対極的な立場をとる。
  6. 独自用語を開発する。
  7. ブログやニュースレターなど独自のコミュニケーションルートを使い、市場と独自につながる。
  8. 顧客にVIP待遇を味わわせる。
  9. メンター(師)に手伝ってもらう

岩田松雄

スターバックスの成長を支えているのは、なんと言っても、そのミッションです。


井阪隆一

鈴木(敏文)会長と私は、いわば師匠と弟子の関係です。鈴木会長との様々な商品開発を通して、「トップは妥協してはいけない」ことを学びました。その意味では、セブンは経営と現場とが近い会社だと思います。


寺田直行

社員の価値観をガラッと変えなければイノベーションは起きない。そのためには長期的に向かうべきビジョンを共有することが大事。


江頭匡一

忘れてはならないのは企業らしさだ。個性という一本の筋が通っていなければならない。創業者というのは頑固で、判断を間違えてお客さんが離散してしまうあぶなさもある。それでも、「らしさ」を維持する頑固さが必要だ。


松下雋

いまや日本企業といえども滅私奉公は必ずしも報われない時代です。ヘトヘト社員は、本人と会社の双方にとってもマイナスです。早めに原因を見つけて本人と会社がともにプラスになる手を打つことこそ、上司の腕の見せ所です。


三上延

私の中には、自分の小説を厳しく吟味する「内なる読者」が常に存在します。小説によってその「読者」は異なるのですが、ビブリア・シリーズの場合は、3人います。「50代の偏屈な親父で無類の古書好き」「あまり本を読まない20代女性」。そして「小説家になっていない40代のもう1人の私」。この3人が執筆中にいちゃもんをつけてくるんですね。ディテールが甘い、リアリティーがない、話がたるい、独り善がりだ、などと。小説を100点満点で出せたことはありません。内なる読者のお眼鏡にかなうよう、次作も念を入れて構想中です。


加藤俊徳

孫(正義)さんだって、いきなり億単位のお金を動かせるようになったわけではないと思います。最初は100万円、次は1千万円、そして1億円といった感じで、ビジネスに投じる金額を少しずつ増やしていったはずです。徐々に大きなお金を動かす経験をして、それを脳も経験してきた。つまり、経験することによって脳やお金のキャパシティを多くしてきたのでしょう。


植木理恵

うなずかない相手に話すより、うなずきを入れる相手に話すほうが「発話数」が増える。そんな実験結果があるんです。とくに女性は「自分がたくさん喋った時」にこそ楽しいと感じるもの。つまり、うなずき上手を前にすると、女性は「楽しい」「相性がいい」と感じてくれる。


藤原智美

表現力を高めるにはまず言葉を自分のものにする必要があります。私は若いころ、ある作家の作品を手書きで何度も書き写しました。文章が気に入っていたからですが、結果的にその作家の言葉が血となり肉となり、自分の文章にも違和感がなく使えるようになりました。


荒川詔四

リーマンショックで世界経済が急減速し、ブリヂストンの業績も悪化した時のことです。世界中で何が起きているのかという情報を短期間で吸い上げ、意思決定する必要がありました。世界各国の社員が意見を出しやすい風土は、正確な情報を集める力になりました。一部の工場を閉鎖するなど難しい判断も迫られましたが、効率化を進める一方で攻めの投資を実行して、短期間で業績はV字回復しました。