名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヴェルナー・バウマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヴェルナー・バウマンのプロフィール

ヴェルナー・バウマン。ドイツの経営者。「バイエル」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州出身。アーヘン工科大学、ケルン大学卒業後、バイエルに入社。CFO(最高財務責任者)などを経てCEOに就任。

ヴェルナー・バウマンの名言 一覧

米モンサントの買収提案を発表した時から、私は買収完了までの道のりは短距離走ではなく、マラソンだと言ってきた。実際の審査は長距離のトライアスロンのようだった。


年55億ユーロの研究開発費用のうち、多くを米国に投資することになる。医薬品や大衆薬、農業の研究開発の大部分は欧州にあるが、今後は米国を含めてバランスをとる。(買収したモンサントとの)統合を進めることで、米国の研究開発関連で何千人もの雇用を生み出すだろう。


評判と現実は、分けて考えなければならない。モンサントが健全な経営のもと、とても安全な製品を提供している組織でなければ、我々は買収しなかった。ただし、少なくともコーポレートブランドは我々に比べて少し劣っているので、バイエルという名称に一本化することにした。業界全体としても事業や製品の説明を強化し、批判している人々とも対話を深める必要がある。


両社(バイエルとモンサント)の技術を組み合わせ、今後10年間で農業者の問題解決に適した製品ポートフォリオを開発していく。我々はこれを「顧客最適の農業ソリューション」と呼んでいる。ビッグデータを解析して人工知能を使うことで、収量増加、環境負荷の低減に貢献できる。


ヴェルナー・バウマンの経歴・略歴

ヴェルナー・バウマン。ドイツの経営者。「バイエル」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州出身。アーヘン工科大学、ケルン大学卒業後、バイエルに入社。CFO(最高財務責任者)などを経てCEOに就任。

他の記事も読んでみる

伊井哲朗

なんとなく生きるよりもチャレンジしたい。


増田紀彦

独立・起業の心得で極めて重要であるにもかかわらず、意外に語られる機会が少ないことがあります。心身の健康です。「体は資本」とはよく聞きますが、いくらビジネスのノウハウを体得したところで体調が悪ければ仕事どころではなくなります。また、店を閉める理由にも、儲からないからつい働きすぎて体を壊した、というケースが多いもの。


天野浩

「社会を変える」という目標があれば、革新的な技術がなくてもイノベーションは起こせます。米シリコンバレーのIT企業は既存技術を活用して社会を変えています。


桜田厚(櫻田厚)

仕事だけでなく、人間として成長してほしいと思う。人間としての成長なしにいい仕事はできません。


米山公啓

人間の集中力は、約1時間が限度。集中した後には適度な休息が必要ですが、ビジネスマンは何度も休憩を取れないため、1日の後半になるとどうしても脳に疲労がたまってきます。その点では朝が有利といえます。


加藤宣明

当社では「事業グループ事業部制」と「地域本社制」という「縦軸」と「横軸」の関係でうまく話し合いながら事業を進めていくことを目標にしています。一方の軸だけでは、単眼的な見方になってしまいます。これだけ組織が大きくなると、事業軸だけでも、また地域軸だけでもマネジメントは不十分で、2つの軸を両立させつつ、本社の権限を極力、事業部および地域に渡していかなければならないと考えています。


西成活裕

あるひとつの分野で研究を重ねて究める。そういう人は割とどの分野にもたくさんいるわけです。ただ、あるひとつの分野をやったあとに別の分野に飛びこんでみる。すると、ひとつの分野だけをやっていても見えてこなかったものに気づいたりもするんです。


阿部観

どれだけビジネスモデルがよかろうと、やはり人次第。対応の悪いコンビニに行かなくなるのと同じ。近くに別のがあるのならそっちに行こうとなってしまう。


山口陽(経営者)

今は業界何位になろうといった気持ちはありません。過去に量を追い求め、1位にこだわり過ぎた結果、財務体質が悪化し、経営再建を余儀なくされました。


小林章浩

時間をかけて大きな変革を成し遂げなければならない場面も出てきます。その意味で、長期的な視点から戦略を考える同族経営の良さはあると思います。卸事業という祖業からの撤退も、創業家の経営だからできた決断かもしれません。


宮内義彦

バッドリスクはギャンブル。グッドリスクは、専門知識としっかりした財務基盤を持った上で新しいことにチャレンジするという、極めて当たり前の話。


大竹のり子

同じ節約でも男性と女性では得意とするところが違います。男性は長期的なお金の流れを把握するのに長けているので、住宅ローンや保険の見直しは得意。反面、細かな食費や生活費を削るのは苦手。逆に女性はそういう日々の節約が得意な反面、10円安く買うためにスーパーをハシゴしたりと時間対効果の薄い節約をしがち。夫婦一緒にやって両方の強みを上手く組み合わせれば、節約効果は大きく上がります。