名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヴェルナー・バウマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヴェルナー・バウマンのプロフィール

ヴェルナー・バウマン。ドイツの経営者。「バイエル」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州出身。アーヘン工科大学、ケルン大学卒業後、バイエルに入社。CFO(最高財務責任者)などを経てCEOに就任。

ヴェルナー・バウマンの名言 一覧

米モンサントの買収提案を発表した時から、私は買収完了までの道のりは短距離走ではなく、マラソンだと言ってきた。実際の審査は長距離のトライアスロンのようだった。


年55億ユーロの研究開発費用のうち、多くを米国に投資することになる。医薬品や大衆薬、農業の研究開発の大部分は欧州にあるが、今後は米国を含めてバランスをとる。(買収したモンサントとの)統合を進めることで、米国の研究開発関連で何千人もの雇用を生み出すだろう。


評判と現実は、分けて考えなければならない。モンサントが健全な経営のもと、とても安全な製品を提供している組織でなければ、我々は買収しなかった。ただし、少なくともコーポレートブランドは我々に比べて少し劣っているので、バイエルという名称に一本化することにした。業界全体としても事業や製品の説明を強化し、批判している人々とも対話を深める必要がある。


両社(バイエルとモンサント)の技術を組み合わせ、今後10年間で農業者の問題解決に適した製品ポートフォリオを開発していく。我々はこれを「顧客最適の農業ソリューション」と呼んでいる。ビッグデータを解析して人工知能を使うことで、収量増加、環境負荷の低減に貢献できる。


ヴェルナー・バウマンの経歴・略歴

ヴェルナー・バウマン。ドイツの経営者。「バイエル」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州出身。アーヘン工科大学、ケルン大学卒業後、バイエルに入社。CFO(最高財務責任者)などを経てCEOに就任。

他の記事も読んでみる

吉永泰之

企業風土を根本的に変えるのはもちろん簡単なことではありませんでした。最初に我々が取り組んだのは、「スバルとは何者なのか」を徹底的に考え抜くことでした。スバルの世界シェアは1%ですが、では1%の企業が生き残っていくためにはどうすればいいのか。1%ということはどう考えてもニッチャーだから、個性を大切にして差別化を志向しなければ存在意義がなくなってしまうだろう。では、大手に比べて乏しい経営資源のなかで個性を発揮するにはどうすればいいのか。当然、何かに集中せざるを得ないだろう……、と。


実藤裕史

起業することには、すごく不安がありました。ビジネスを始めた頃は、どれも上手くいかなかったので毎日悩んでもがきながら、なんとか頑張っていたという感じですね。


金井英之

気の利いた話を考える以前に、社内では常に明るく、ハキハキと挨拶することが大切です。


森川亮

迷ったら、子どもや若い女性など、直感力のありそうな人に「これ、どう思う?」と聞いてみるといい。誰も乗ってこないようなら、優先順位を下げる。間違ってもおじさんに聞いてはダメですよ。肩書があって捨てられないものが多い人は、既成概念にとらわれがちで、直感力も鈍い。LINEのときも、おじさんから「やめとけ」って、さんざん言われましたから(笑)。


ウィル・ロジャース

正しい道にいるとしても、座っているだけじゃトラックに轢かれちまうよ。


斉藤惇

大人はエネルギーを持った若者が舞い上がれる環境を用意することができるはず。


藤田寛之

トーナメント終了日の練習は、バカみたいな練習量をこなすわけではなく、自分の気持ちを落ち着かせるための儀式です。10球でもいいし、20球でもいい。結果、300球打つことになるときもありますが、抱えた不安は解消しておく。試合が終わっても、ゴルフ人生はその瞬間も続いているわけですから。


岡野雅行(岡野工業)

適正な値段で仕事をすれば儲かるよ。だけど、自分だけ儲けようなんて狭い了見じゃいけない。仕事を持ち込んでくれた人、仕事がまとまるまでに尽力してくれた人、あらゆる関係者にしっかり利益を還元しなきゃ駄目だよ。商売の一番のポイントは、他人を儲けさせることだって俺は思う。お裁きは「三方一両損」の大岡越前流がいいのかもしれねえけど、商売に限っては「三方一両得」が極意なんだよ。俺のところも儲かる。間に入った人も儲かる。仕事を出した方も儲かる。そんな三方一両得をいつも考えなきゃ。


渡邊剛

手の能力がさらにすごく向上したのは金沢大学の医局から横浜の病院への出向を経て、ドイツの病院に留学した頃でした。ここでの仕事の量は半端じゃなかった。そもそも、病院に着いた日からさっそく手術に参加していましたから。その前にいた日本の病院での心臓外科手術は年に100例ぐらいだったけれど、ドイツでは年に1500例でしたね。しかも働きはじめて3ヶ月ほど経ったら「前立ち」と言って教授の前で補助をやる第一助手を務めることになりました。その量と状況が今の自分を作りあげるきっかけになったのだろうとは思います。


金美齢

石の上にも三年と言いますが、まさにそのぐらい腰を据えて向き合ってみなければ、仕事の適性は判断できません。結果、どうしても向かなければ仕切り直すチャンスはいくらでもあるはずです。


仙田満

学生時代、登山をしていましたが、「山登りの3分法」というものがあります。自分のエネルギーの3分の1は登り降りするために、3分の1は景色や天候など山の状況を把握するために使い、残りの3分の1は温存しておく。山の天気が変わりやすいのと同じように、起業の世界も想定外のピンチに遭うことがある。しっかり状況を見極めながら、温存した体力を使って時にはビジネスを撤退、縮小する勇気と備えと覚悟が必要。


竹中平蔵

参入障壁がある業界は、飛び込んでしまえば得。そうしたところにビジネスの鉄則性がある。