名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヴィヴェーカーナンダの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヴィヴェーカーナンダのプロフィール

スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ。インドの宗教家、ヨガの指導者。ラーマクリシュナ僧院とラーマクリシュナ・ミッション協会の創設者。インドの宗教と哲学を西側諸国に広める活動を行った。形骸化した宗教を批判し、宗教の実践を重要視した。様々な無償の奉仕活動を行った。

ヴィヴェーカーナンダの名言 一覧

権力、その他なんであろうとも、それらに対する欲望を満たすがよい。欲望を満たしてしまうと、それがみんなくだらないものであることがわかろう。


服従を知る者は、命令する術を知っている。まず第一に服従することを学べ。我々は組織を求めている。その秘訣は服従である。


真理は古代であろうと近代であろうと、社会に対して敬意を払うものではない。社会が真理に敬意を払わなければならない。


理想的な人間は、最大の沈黙と孤独の中にあって、最強の活動力を見出す人物であり、最強の活動力の中にあって、砂漠の沈黙と孤独を見出す人物である。


すべての人間は、他人のために自分を犠牲にする覚悟のある者に対して尊敬と畏敬を覚える。これこそ宗派や教条の問題ではない。


人々に精神的援助を与える人間こそ、人類最大の恩人なり。


ヴィヴェーカーナンダの経歴・略歴

スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ。インドの宗教家、ヨガの指導者。ラーマクリシュナ僧院とラーマクリシュナ・ミッション協会の創設者。インドの宗教と哲学を西側諸国に広める活動を行った。形骸化した宗教を批判し、宗教の実践を重要視した。様々な無償の奉仕活動を行った。

他の記事も読んでみる

野村克也

よい会談をするなら環境作りも大事。ヤクルト時代、アメリカ・ユマでのキャンプ時のミーティングは最高だった。田舎で周囲に何もないから、話を聞くしかなかった(笑)。


稲垣精二

日本が抱える少子高齢化などの課題は、これからほかの先進国やアジア各国が直面する課題でもある。我々の業界が情報技術を活用した新商品開発やサービスコストを抑える仕組みづくりを進め、そのソリューションを外国に提供すれば、日本企業がグローバル展開するうえで武器になる。日本が「課題先進国」から「課題解決の先進国」に変わるために、業界全体で取り組んでいく。


塚越寛

社員の安全と健康を守り、幸せを感じられる仕組みを整えることで、常にだれもが喜びを感じながら前向きに努力する組織ができあがるのです。この20年間で、会社がいやで辞めた社員がわずか一名だったというのは、わが社のささやかな誇りです。


山崎元

年賀状の交換は意味のない儀礼だという人もいるが、私の場合、毎年明らかにプラスの費用対効果を、年賀状をきっかけとして得ている。まだまだ、捨てたものではない。


飯島彰己

国づくりの基礎は人の育成と産業を興すことです。これはどこでも一緒です。我々が会社をどうしたいかと考えるのと同じで、このデザインを考えるのが国のトップです。


濱田純一

かつて、日本が「追いつけ」「追い越せ」と欧米をモデルにしていた時代は、知識を海外から取り入れ、国内でうまく使いこなせる人材を育てればよかった。しかし、もうそれは通用しない。


堀威夫

「いかにも芸能界の人」という行動は、人に対してマイナスの印象しか与えません。他業種の方とビジネスをする時に失礼がないように、ということも意識しました。


小笹芳央

今の企業は若者を戦力化しなければならない。社会に出て間もない人はまだ、自分を「壊される」機会が少ない。小さな世界の中心に自分がいて、その周辺に自分を心地良くさせてくれるものだけを配置した環境で育っているので、そのままでは使い物にはなりません。そんな若者を「社会人」にすることは、それほど難しいことではない。集団としての「重力」が強くはたらく場所に放りみ、右往左往させる。そして失敗させて叱責する。それを繰り返す中で、徐々に彼らは自らを相対化することができるようになる。


松本晃(経営者)

社長に就任してすぐ、「ノーミーティング、ノーメモ」と号令をかけた。つまり会議不要、資料不要。これはカルビーだけではないです。私は資料を作る人よりも、それを褒める人のほうがもっと悪いと思うんです。ろくでもない資料を、キレイに作ったからと褒める人がいますね。確かにキレイに作るんですよ、今はパソコンを駆使して。ところが中身はない。資料は1円も生みませんから。


小路明善

思い切ってリスクに立ち向かった結果、失敗したとしても構わない。その場合は社長の私が責任をとるから、あなたたちは前例をつくるためのチャレンジをしてくれと。トップがそういうメッセージを発信すれば、組織も前を向くようになります。


茂木友三郎

戦略のフレームを崩さないでやっている。崩しはじめたらガタガタになる。


柚木治

ファーストリテイリングに入社した理由は、お客様に近い仕事がしたかったからです。実家が八百屋で、そこからできるだけ遠ざかろうと、でかい組織や商社マンに憧れて大学卒業後は伊藤忠商事に入社しましたが、結局、原点に戻ってきてしまいました。もう一つは本気で「日本発世界一をめざす」と掲げている会社でしたから、そのチームの一員でやりたかったのです。