ヴィヴェーカーナンダの名言

ヴィヴェーカーナンダのプロフィール

スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ。インドの宗教家、ヨガの指導者。ラーマクリシュナ僧院とラーマクリシュナ・ミッション協会の創設者。インドの宗教と哲学を西側諸国に広める活動を行った。形骸化した宗教を批判し、宗教の実践を重要視した。様々な無償の奉仕活動を行った。

ヴィヴェーカーナンダの名言 一覧

権力、その他なんであろうとも、それらに対する欲望を満たすがよい。欲望を満たしてしまうと、それがみんなくだらないものであることがわかろう。


服従を知る者は、命令する術を知っている。まず第一に服従することを学べ。我々は組織を求めている。その秘訣は服従である。


真理は古代であろうと近代であろうと、社会に対して敬意を払うものではない。社会が真理に敬意を払わなければならない。


理想的な人間は、最大の沈黙と孤独の中にあって、最強の活動力を見出す人物であり、最強の活動力の中にあって、砂漠の沈黙と孤独を見出す人物である。


すべての人間は、他人のために自分を犠牲にする覚悟のある者に対して尊敬と畏敬を覚える。これこそ宗派や教条の問題ではない。


人々に精神的援助を与える人間こそ、人類最大の恩人なり。


ヴィヴェーカーナンダの経歴・略歴

スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ。インドの宗教家、ヨガの指導者。ラーマクリシュナ僧院とラーマクリシュナ・ミッション協会の創設者。インドの宗教と哲学を西側諸国に広める活動を行った。形骸化した宗教を批判し、宗教の実践を重要視した。様々な無償の奉仕活動を行った。

他の記事も読んでみる

櫻田毅(桜田毅)

独立1年目は試行錯誤する時期だと割り切りましょう。成功した起業家ほど何度も失敗し、その中から正しいやり方を見つけて収入増につなげていくものです。


ウィンストン・チャーチル

イギリス人は最悪を聞くことを好む人々である。将来、もっと悪くなる可能性があり、より以上の不運のため準備しなければならないことを聞いて喜ぶ国民である。


菅野誠二

自由な討議の場では、出席者から意見を引き出しつつ、一緒にゴールに向かっていく雰囲気づくりが重要。意見をもっておくことは大切ですが、議論の余地のない提案言を用意するのは得策ではありません。


海部俊樹

湾岸戦争については反省もあります。開戦の直前に中東を訪問しサウジアラビアの首脳から「戦争はない」との情報を得ていました。だから戦争が起こった時にはかなり驚きました。情報は裏を取ることが肝要です。


近藤史朗

現在起点ではなく、未来起点でお客様がどう変化して、どういう固有価値がトレンドになるかを考えるべき。


寺井和彦

とくに組織づくりなど、経験でしかわからないことがたくさんあります。村井さんの経験を聞かせていただき、参考にさせていただいています。
【覚書き|株式の店頭公開後、コンパック会長村井勝氏を会長として迎えた理由について語った言葉】


藤本やすし

情報を削ぐという感覚も大事だと思っています。情報過多な時代の中で、僕は「情報を整理して余分なものは省く」という考えで雑誌をデザインしてきました。たとえば、ひとつの見開きの中で、いくつもの書体を使うことはしない。そういう情報を削ぐ引き算的発想のデザインは、いまという時代の気分を表していると思います。


山﨑賢人(山崎賢人)

「智」じゃないですかね、知識が足りてないから(笑)。でも、欠けていることがむしろ強さの源になるっていうこの物語のように、あんまり頭でっかちで考えすぎるよりも、知らないからこそ突き進んでいける強みもあるんじゃないかって。できない奴って思われていたほうが、結果を出したときにより評価してもらえますし(笑)。

【覚え書き|舞台『里見八犬伝』に出演したとき、「授かるとしたらどの玉か」と問われて】


富野由悠季

何事にも、偶然上手くいくことはあるものです。しかし、偶然に上手くいくことなどは、二度三度と起こるものではありません。


中原淳

上司は、権限移譲されたという実感を部下に持たせることが大切です。やっつけ仕事ではなく、まとまった仕事を任されたという実感、自分の仕事に対するオーナーシップを持たせることです。


仮屋薗聡一

ベンチャー企業に投資するか決める際の、平均2か月をかける事前のデューデリジェンス(適正評価手続き)では、経営者や役員の方たちと話すのはもちろん、過去に経営者と一緒に仕事した人や、元上司といった人にも会い、印象を尋ねます。そういった作業を通じて、経営者の人間性が浮かび上がってくるのです。「100%信頼できる」と確信できない限り、投資することはありません。


青山祐子

ほとんどの時間を取材時間にあてています。スポーツニュースの質を決定づけるのは、放送時間よりもむしろ取材時間にあるといっても過言ではありません。取材が不十分だと面白い番組作りはできませんから、そこに手間と時間をかけています。


佐藤一郎(コンサルタント)

あらかじめ社内でネゴ(対話)を済ませておき、落としどころを決めておけばいいんです。そうすれば、ギリギリの条件を提示されたときにも「上に話しても通りません」と強く断ることができます。どこまで引いても大丈夫か理解しておく必要があります。相撲に例えれば、土俵際を知れということです。


小山田隆(銀行家)

危機のときこそ次の成長への礎が築ける。


アルバート・アインシュタイン

専門的な知識を習得することではなく、自分の頭で考えたり判断する一般的な能力を発達させることが、いつでも第一に優先されるべきです。


ページの先頭へ