名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヴィンセント・スミス(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヴィンセント・スミス(経営者)のプロフィール

ヴィンセント・スミス。「EYトランザクション・アドバイザリー・サービス」会長。

ヴィンセント・スミス(経営者)の名言 一覧

「政策的または地政学的な不確実性は、グローバル経済では当たり前」と受け入れることが重要です。企業はもはや、不確実性のなかで生きていくしかありません。


より大きなリスクは、ベンチャー企業がもたらすデジタル・ディスラプション(技術革新による破壊的変化)にあります。その適応への挑戦こそが、M&A市場において競争力をもたらします。


デジタル・ディスラプション(技術革新による破壊的変化)が既存のビジネスモデルの脅威となっています。そうした状況のなかで守りに入っていては瞬く間に競争力を失ってしまうことを、多くの企業が認識しているのではないでしょうか。成長への意欲と危機感が、不確実性の懸念を払拭していると考えられます。


日々変化するM&A市場において成功し続けるにはより多くの候補案件(パイプライン)を持つことが不可欠です。有効な資産を確保する機会を逃さないため、より多くの選択肢を持つこと、つまりパイプラインが企業を成功へと導く生命線と言えます。


ヴィンセント・スミス(経営者)の経歴・略歴

ヴィンセント・スミス。「EYトランザクション・アドバイザリー・サービス」会長。

他の記事も読んでみる

オマル・エル=アッカド

小説の場合だと、目の前の作品を本当に書き上げられるのかどうか、自分自身を疑うことはしょっちゅうです。むしろ私にとって、疑うことは仕事の中心といえるかもしれません。この書き方でいいのか、これが本当に言いたいことなのか。『アメリカン・ウォー』は草稿まで1年、完成までさらに1年をかけて徹底的に手直しをしました。その間はずっと、不安や疑いとの戦いが続きました。


鎌田實

「人のために」という意識に立って手がけた仕事は、ブーメランのように、巡り回って自分のところに帰ってくるものです。


野口実(ABCマート)

お客様に支持を頂けている理由として、価格がリーズナブルであるということがあげられると思います。価格調査にはかなり頑張ってやっていて、その地域で最安値になるようにしています。


藤田晋

苦境に陥っている最中でも、「最悪のケースにならなくてよかった」と考える自分の選択を前向きに捉える思考も実は重要です。それで現状に甘んじるのはよくありませんが、「まだまし」と考えて、次のチャンスをつかもうとする人には伸びしろを感じますし、実際、そういった考えが苦境を脱するカギになったりすることも、少なくありません。


小久保裕紀

(運は)正直、無茶苦茶強いと思いますね(笑)。プロの世界で実力を認めてもらえて、侍ジャパンの監督までさせていただいたわけですから。どういう環境にあっても、自分は運が強いと思える選手のほうが、伸びるでしょうね。


神野元基

中学生くらいになると、社会の在り方にも疑問を持つようになりました。たとえば警察官は駐車違反の切符を切っています。路上駐車がよくないことは確かですが、それは人が生きるうえでの高度なルール。本当はそれらを守る前に、人を殴るなとか、人を殺すなというような最低限のルールを守らないといけない。そのベーシックなところを達成しないかぎり、人間の生き方も何も語れないのではないか。ベーシックなところを変えるにはどうすればいいのかと考えて、政治や教育にも関心が広がっていきました。


古市幸雄

いい椅子を持つと、生産性が上がります。そこに座って勉強するのが楽しみになりますから。


竹内一郎

私はあるとき気づきました。内向的な性格は変えられないけれども、人前で堂々と話したほうが自分の考えが伝わりやすいのであれば、私は「非言語コミュニケーションの伝道師」の役割を演じればいいのだと。役者が今日は弁護士を演じ、明日はホームレスを演じるように、私も人前で話すときは伝道師を演じればいいのだと。


豊田佐吉

その大きな未開の宝庫は、早く扉を開けてくれと中から叩いて呼びかけている。


田中辰巳

危機管理にはまず何が起きたか事実を正確に掌握して、そのうえでそれが危機であることを感じ取る。多くの場合、ここからできていない。たとえば、事故が起きたときに、過去の事故事例も調べないで記者会見に臨む。何が起きたかきちんと調べていないので「わかりません」を連発して顰蹙を買う。事態を直視したくない心理も働くのだろうが、感知が遅れれば事態はさらに悪化する。


川上徹也(コピーライター)

人を説得し、動かすには3つの要素が必要です。ロゴスは理論立てて伝える。パトスは熱く語って情熱を伝える。エトスは実績や人柄、人間関係で、信頼を得る。この3つが揃うことで人は説得され、動かされるのです。その人の言っていることがいくら正しくても、それだけで人は説得されません。相手の熱意を感じ、その人が信頼できると思うから説得されるのです。


赤井益久

世界から日本を見ると、新たなイノベーションや開拓にもっとチャレンジする必要性を感じます。とはいえ、チャレンジには失敗が伴うので、それを恐れて無難になりがちです。これでは最先端のイノベーションは生まれてきません。失敗を恐れない姿勢をどう作るか、それが今の時代に大切だと考えています。