ヴィンセント・スミス(経営者)の名言

ヴィンセント・スミス(経営者)のプロフィール

ヴィンセント・スミス。「EYトランザクション・アドバイザリー・サービス」会長。

ヴィンセント・スミス(経営者)の名言 一覧

「政策的または地政学的な不確実性は、グローバル経済では当たり前」と受け入れることが重要です。企業はもはや、不確実性のなかで生きていくしかありません。


より大きなリスクは、ベンチャー企業がもたらすデジタル・ディスラプション(技術革新による破壊的変化)にあります。その適応への挑戦こそが、M&A市場において競争力をもたらします。


デジタル・ディスラプション(技術革新による破壊的変化)が既存のビジネスモデルの脅威となっています。そうした状況のなかで守りに入っていては瞬く間に競争力を失ってしまうことを、多くの企業が認識しているのではないでしょうか。成長への意欲と危機感が、不確実性の懸念を払拭していると考えられます。


日々変化するM&A市場において成功し続けるにはより多くの候補案件(パイプライン)を持つことが不可欠です。有効な資産を確保する機会を逃さないため、より多くの選択肢を持つこと、つまりパイプラインが企業を成功へと導く生命線と言えます。


ヴィンセント・スミス(経営者)の経歴・略歴

ヴィンセント・スミス。「EYトランザクション・アドバイザリー・サービス」会長。

他の記事も読んでみる

大串亜由美

相手が「それはどんな意味?」と聞き返してくるような質問は、そこで会話がよどんでしまうのでNGです。


丸山健二

とりわけ鼻持ちならんのは、本来ならば最も自由な道を進まなければならないはずの芸術家たちの群れ。これは何なんだ。芸術家の自由な生き方とは、要するに独りでどこまでツッパレルかを実践することではないのか。そうした姿勢から強烈な個性が生まれ、個性的な芸術作品が生まれ、芸術の幅がぐっと広がるのではないのか。


野尻哲史

「卵は1つのかごに盛るな」という分散投資を説明する投資の格言は、単に分散投資の話だけでなく、長期投資と結び付けて説明してほしいと思います。また長期投資の対象として考えるべきなのは、より信頼感を増すためにも「資産を分散した対象」のはず。分散投資と長期投資は不可分なものと言えます。


高須武男

社員の失敗は、それを了承した経営判断のミスでもあります。お互い様です。本人が一生懸命やっての失敗なら、次は周りがサポートして失敗させないようにします。サラリーマンは挑戦し続け、失敗を重ねながらも、最後に切り札を会社に提案できることが大事です。


村尾和俊

私のデスクは社内の誰よりもきれいだと自信があります。きれいというよりも、物がありません。我が社の幹部の中には、山のように書類を積み上げて仕事をしているふりをしている人もいますが、そういう人に限って仕事は遅いと思われます。


マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)

チームメンバーは皆、経験豊かなプロフェッショナル集団であり、自分たちで判断し問題を解決できます。ですから、私が夜中に呼び出されるような事態は過去1年間に1回だけ。私の役割は彼らに指示を与えるというよりサポートすること。皆が同じ方向を向いて働くための環境づくりであり、私のスケジュールもそのために組み立てているのです。


松沢幸一

決断をする際には、成功体験を引きずらないようにしています。たとえば、10年前のことがいまも通じるとは思えません。世の中の変化のスピードはものすごく速いですから。


山口絵理子

頑張り方が間違っているから業績が上がらないスタッフを、感情的に怒ってもダメです。合理的に、丁寧に説明しないと、やり方を変えてもらうことはできません。納得しないと動かないのは日本人も同じです。


山本大介(経営者)

それまでの有田焼の営業といえば、いわゆる「御用聞き営業」でした。九州の片田舎で「有田焼でございます。11代続く窯元です」といくら声を張り上げても、今の時代、誰も見向きもしてくれません。こちらから出向き、頭を下げ、とにかく自分の足で稼ぐ営業に徹しました。


鈴木和夫(経営者)

作業の機械化が進むにつれて一段と必要になってくるのが心のネットワーク。役員間、社員間のこころのネットワーク作りはリーダーの大切な仕事です。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

加齢による体力の衰えに抵抗しようと、いきなりランニングやジム通いを始める人がしばしばいますが、これは考えものです。適度な運動ならば問題ないのですが、過去の自分を目指し、その頃と同じ体力をつけようと一念発起するのはケガのモト。運動をしすぎて体力が消耗し、仕事に支障が出るリスクもあるので要注意です。


小島順彦

苦労することに意味がある。人に尽くす、社会に尽くす、国に尽くすという発想が今の教育に余りないのではないかと思います。


安永竜夫

トップダウンで話を進めないと、今の時代のスピード感に合わない。


ジェームズ・ダイソン

成功している企業を見渡してみると、リスクを取る決断ができる経営者がいる点で共通しています。


内藤明人(内藤進)

リンナイは世界中のどのライバルメーカーも取り組んでいなかった「ガス器具のアナログとデジタルの融合」に乗り出しました。バルブの閉会で出力を調整するアナログのメカニズムを、デジタル技術で制御するのです。そうすれば、微妙な火加減調整が簡単になり、コンロの消し忘れを自動消火することもできて安全性が高まります。安全性という品質を少しでも高めようとする勇断が、並み居る大企業の機先を制することにつながりました。


ページの先頭へ