ヴィンス・ロンバルディの名言

ヴィンス・ロンバルディのプロフィール

ヴィンス・ロンバルディ(ヴィンセント・トマス・ロンバルディ)。アメリカンフットボール指導者。ニューヨーク州出身。フォーダム大学卒業。グリーンベイ・パッカーズ、ワシントン・レッドスキンズなどでヘッドコーチを務めた。

ヴィンス・ロンバルディの名言 一覧

勝敗は関係ないというなら、なぜ彼らはスコアをつけるのかね。


負けたのではない。時間が無くなっただけだ。


集団で取り組むことに一人ひとりが全力を注ぐ。これがチームワークを生む。


ヴィンス・ロンバルディの経歴・略歴

ヴィンス・ロンバルディ(ヴィンセント・トマス・ロンバルディ)。アメリカンフットボール指導者。ニューヨーク州出身。フォーダム大学卒業。グリーンベイ・パッカーズ、ワシントン・レッドスキンズなどでヘッドコーチを務めた。

他の記事も読んでみる

中嶋常幸

諦めないためにどうするか。強い選手を見ていると、いわゆるルーティン、スイングまでの一連の動作がしっかり固まっている。あとは抜群の集中力。こうした土台があって、それに気持ちが加わるから、「ここぞ!」というときに闘えるわけだ。


野口悠紀雄

AIが発達しても残るのは、たとえば、通訳という仕事です。優秀な通訳者は機械的に翻訳するのではなく、相手の意図やその場の雰囲気をくみ取り、あえて省略したり意図的に誤訳することがあるそうです。こうした技術を持つ人は、自動翻訳技術がいくら発達しても、仕事がなくなることはないでしょう。こうした、あえて正確ではない答えを出すような技術は、AIには期待しにくいところです。そして世の中には、正確な答えが正解ではないことが多々あります。病気の告知などがそれに当たるかもしれません。そうした複雑なコミュニケーションが求められる仕事は、置き換えられにくいと考えられます。


午堂登紀雄

日々の仕事のなかで新しい仕事を提案してみるのも、自分のコアコンピタンスを磨いていくには効果的です。


千葉智之

たくさんの人に会っても、長い付き合いになる人はごくわずか。100人中1人かもしれません。その1人を増やすには、100人を増やして確率を上げるしかありません。初対面を繰り返すことで量より質の「いい人脈」が広がります。億劫だった初対面がいつしか楽しいものに。初対面のグッドサイクルが、本物の人脈の第一歩です。


橋本雅治

企業は人の幸せを実現するための器であり、そして企業家に必要なことは「挑戦」と「創造」をし続けることです。


鑄方貞了(鋳方貞了)

会社経営で資産を守ろうとすると、たいてい徐々に目減りしていくものです。逆に前向きに成長を目指して攻めの姿勢を貫けば、逆境にあってもその苦難を乗り越えられる確率は高くなります。ポジティブ思考は経営者に不可欠の要素です。


川島永嗣

実は点を決めるチャンスの前に、ゴールキーパーがいいセーブをして、試合の流れをつくっていることが多いんです。そこにやりがいを感じます。


大城太

陰陽思想では対極の性質を持つ「陰」と「陽」が互いに作用し合って万物を生み出すと教えます。そして儒教の経典「四書五経」の1つ、『中庸』では陰と陽も含めて、何事も常に入れ替わると説いています。華僑はこれらを人間関係に応用しているから強いのです。例えば、人と争わずに成功を収めるには、自分は陰に回り、相手を陽に置いて目標達成のために代わりに動いてもらえばいいと考えます。陽は脚光を浴びますが、それゆえに失脚の危険もある。物事には良い面と悪い面が必ずあって、その良い面だけを「うらやんではいけない」と考えます。ちなみに、「うらやむ」とは「心」が「病む」という意味。大切な処世訓です。


長榮周作(長栄周作)

社長はいつもニコニコしているほうが、仕事ははかどると思っています。社員が率先して意見を言い合いますし、会議も前進します。


小池百合子

私は人生までマーケティングしてしまう人間です。今、「都民ファースト」と言っているのも、まさしく都民が何を考え、何を求めているのか。それを分析し、方策を考え、実行に移しているのです。


ジェーン・オースティン

君の心の庭に忍耐を植えよ。その根はにがくとも、その実は甘い。


伊原保守

グループ内で重複する事業の整理は順調に進んでいる。今後も、調達の共通化や共同開発、人事制度の一本化など、一緒に進められるところはどんどんやっていきたい。


村田昭治

多くの経営者に第一に考えていただきたいのは、仕事とは何かということだ。私は仕事をするとは人間に役立つことで、社会にプラスすることだと思う。


笛吹雅子

時間を効率的に使うには、あえていえば、クヨクヨしないことでしょうか。というのもニュースの仕事は、毎日、反省だらけなんです。反省にはキリがない。課題を見つけて解決することは重要ですが、クヨクヨすることに時間を使っては仕方がないです。


鍵本忠尚

組織が大きいと、組織を説得するところにエネルギーを取られてしまいます。一方、ベンチャーは創薬に納得している人しか入らないので、「この薬、どうですか」などという稟議はいらない。シリコンバレーでそのことを学びました。


ページの先頭へ