ヴィルヘルム・ミュラーの名言

ヴィルヘルム・ミュラーのプロフィール

ヴィルヘルム・ミュラー。ドイツの詩人。ドイツ・アンハルト公国出身。シューベルトの歌曲集「美しき水車小屋の娘」と「冬の旅」のテキストの作者として知られている。

ヴィルヘルム・ミュラーの名言 一覧

チャンスを待て、しかし時を待つな。


ヴィルヘルム・ミュラーの経歴・略歴

ヴィルヘルム・ミュラー。ドイツの詩人。ドイツ・アンハルト公国出身。シューベルトの歌曲集「美しき水車小屋の娘」と「冬の旅」のテキストの作者として知られている。

他の記事も読んでみる

林野宏

人は皆、自分の中にクリエーティビティーやイノベーションを生み出す「知の泉」を持っています。この泉を広げ深めていくのも、遊びであり、学びであり、仕事です。そして、その源泉にあるのが、好奇心でしょう。


所ジョージ

人の顔色をうかがって、結果なんて出せるわけありません。いい評価を得るのが目的になると、無難な仕事にだけ手を出すようになる。そうなると、1個のことだけをくり返して「これが僕の魅力です。光ってるでしょ?」って押しつけがましくなってしまう。


谷原誠

いつも交渉に勝てないと悩んでいる人の多くは、自分の気弱な性格に問題があると考え、そんな自分を変えたいと思うのでしょう。けれど、私が声を大にして言いたいのは「自分を変える必要はない」ということです。ずっと強気な自分を演じ続けられるのならそれはそれでいいでしょう。しかし、多くの場合、本来の自分と演技している自分が矛盾しているとストレスが溜まります。ですから、心の健康のためにも性格は変えない方がいいと思います。また変える必要もありません。


ケリー・グリーソン

私自身は長いこと、間違いのない経験則に頼っている。何かを任せなければならない時は、「忙しい人間に任せろ」というものだ。怠け者は仕事を与えられても、怠け者のままでいることが多い。忙しい人間は、絶えず、休みなく働いているから忙しいのであり、任命するにはぴったりの人間だ。


スティーブン・コヴィー

問題の見方こそが問題なのである。「問題を一刻も早く解決してくれるような手っ取り早い解決方法はないだろうか」自らの問題に直面したとき、あなたはいつもこう思ってはいないだろうか。こうした即効性ばかりを求める問題の見方こそが問題なのである。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

(1)社運をかけた大胆な目標を持つこと。(2)カルト(自社や自社の商品・サービスへの熱狂的な信仰)のような文化をもつこと(3)大量に試し、上手くいったものだけを残していく(4)生え抜きの経営陣を持つ(5)決して満足しない。


横山美弥子

うつになれば、本人のみならず、上司も同僚も大きなダメージを被ります。職場の生産性も損なわれる。上司は、「うつが出たらどうする」ではなく「うつを出さないためにどうする」という日頃の取り組みが必要な時代なのです。


宇治原史規

勉強で重要なのは、毎日継続すること。1日でも空けてしまうと、記憶が抜けてしまい、余分に勉強し直す必要が出てきます。だから、1分でもいいから、毎日やったほうが良いですね。


恩蔵直人

マーケティングの本を何冊も読むぐらいなら、フィリップ・コトラーの『マーケティング・マネジメント』を1冊通読する方が理解、習得の近道。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

僕は相手が怒ったり、機嫌を損ねたら、私のどこが悪かったんですかと正直に聞いちゃんうです。それで顔が怖いといわれたら、家に帰って鏡の前で優しく見える表情の研究をしたりしてね(笑)。


小林栄三

新入社員時代、私は鬼軍曹とも呼ぶべき上司にボコボコにされました。受話器で殴られ、定規で叩かれることなど日常茶飯事でした。現在の感覚からするとビックリされる方もいるでしょう。私も会社が嫌で嫌でしょうがなかった。しかし、いま当時を振り返ると、それは鬼軍曹の愛だったことに気づきます。やはり愛情なくしてあそこまで真剣に怒ることはできないでしょう。


森川亮

企業もユーザーも、双方が喜べるエコシステム(生態系)みたいなものをつくらないと、ビジネスとして長く続かないと思います。


芝谷浩

「整理のマイルール」を作ると、キレイな状態を維持できます。機械的に動くことが好きな人は、1日1回、週lなど、自分のリズムで「整理時間」を設けましょう。ベースの固定化が嫌な人は、「引き出しが満杯になったら」といった決まりをつくりましょう。


松岡修造

病気をしてから覚えた僕流の治療法は、笑うことです。退院してすぐは、ほんの1分ボールを打っただけでヘトヘトになりましたが、それでもとにかく笑うようにしていると、不思議と段々疲れなくなっていきました。笑いが免疫系にプラスに作用したのだと思います。


橋本孝之

常に自分は何ができるかを真正面からアピールしておいて、上司が選んでくれた仕事に邁進することが一番です。一番いけないのは自分で何ができるかがよくわからず、上司もその人材をどう使えばいいかわからない状態に陥ってしまうことです。こうなってしまうとちょっと厳しいですね。


ページの先頭へ